34746314 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

イルミナ(ILMN)---遺… New! 征野三朗さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

澤田ホールディング… New! モンゴル2008さん

マクドナルドで食事(… New! わくわく303さん

認知症社会 New! slowlysheepさん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

前日比▼61,500円 かぶ1000さん

進撃の巨人 MEANINGさん

ゴルフドゥ mk4274さん

4月第2週、年初来では ossanpowerさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Feb 21, 2021
XML
カテゴリ:優待株について

 さて今日は当ブログ1番人気の 2020~21主力株概況シリーズ です。ちなみにここまでポートフォリオ​の準主力株を長らく紹介してきましたが、今回がその最終回となります。

 

 

 

 

 

33位 9035 第一交通産業 (福証、3・9月優待) ◎◎

 

 

 

 

 

 PF時価総額33位&「準主力株最後の1席」は、九州小倉地盤でタクシー事業を全国展開する第一交通産業です。2014シーズン9位、2017シーズン2位、2019シーズン11位と長年ポートフォリオ最上位の一角を占め続けてきたのですが、新型コロナによるダメージが甚大かつ無限大∞で総合戦闘力が大きく低下し、無念のランキングダウンとなりました。
















 

 ところで「福証単独上場銘柄」というのはどこも流動性が極めて低いことからそれが嫌気されて「逆プレミアム」が乗って指標的に安いところが多いんですね。具体的に言うと、





​​ 1771日本乾溜工業




 3943大石産業




 ​7533グリーンクロス​




 ​8398筑邦銀行​ 





 あたりですが、どれも優待付きですし、それぞれの方の予算に応じて1枚ずつ拾うというのは悪くない投資アイデアなのではないでしょうか? ま、株価が上昇するかは私には全く分かりませんが。(笑) ​​

 

 

 



 

 

 また最近福証から東証への流出銘柄が非常に多いことを考えると、第一交通産業は、






「福証、最後の大物」






 と言っても過言ではないとも感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在の株価は700円、時価総額274億円、PBR0.57、自己資本比率21.6%とやや悪いのが最大の欠点、ついでに言うと「福証上場」のせいで会社の規模は大きいのに流動性が非常に低いのも大きな欠点、コロナのせいで今期最終赤字予想、配当利回り3.6%(25円)、総合利回り5.9%(25+16=41円、優待券はヤフオク平均落札価格の額面の80%で換算)で、優待は年2回、100株で1000円相当、600株で2000円相当、1000株で3000円相当、2000株で5000円相当、10001株で30000円相当の優待クーポン券です。また保有期間3年以上だと所有株数に応じて更に優待券が追加されます。








 



 

 

 私はここをポートフォリオ上位銘柄としている関係で、毎回優待MAXとなる45000円分のクーポン券を戴いています。凄いボリュームですね。















 



 



 そしてこの優待クーポン券は「通販取り扱い商品」と引き換えすることが出来るのですが、その商品内容がかなりいいんですね。今日は実際の優待品とその使用例を2つ御覧頂きましょう。

 





 第一交通産業優待のまぐろ丼

















​  広島八天堂のパン







​ 








 「ふわふわの天空の雲」のようで、滅茶苦茶美味しい。!!!











 



 

 さて第一交通産業は不人気な福証銘柄ですが、指標的には割安です。またタクシー業界ではすでに最大手の1位であり、同時に毎年M&Aを続けてゆっくりと着実に成長し続けています。





(上記データは2020年7月21日の会社説明会資料より引用)








 
 ところで、著名なバリュー投資家で「トゥイーディー、ブラウン・カンパニー」の ​ウィリアム・ブラウン は、ホームラン級の名著 価値の探求者​ たち の中で、










「低取引株には特徴がある。それは、運転資本であろうが、資産の簿価(PBR)であろうが、利益(PER)であろうが、どんな尺度においても非常に割安であるという事だ。」と述べました。







 タクシー業界最大手のナンバーワンなのに、超不人気市場である地味な「福証」暮らしが長く続き、毎日の出来高が「枯れ枯れの枯山水」でほとんどない第一交通産業は、ブラウンが指摘する「低取引株の特徴」を全て、そして同時に非常に分かりやすく満たしています。








 、、、
多分、第一交通産業は、そして 代表取締役創業者会長で1922(大正11)年1月31日生まれ&現在100歳!の黒土始さん は、​自分達を育ててくれた福証のことをとても深く愛し、恩義を感じていらっしゃるのだろうと思っています。








 でも、今や第一交通はタクシー業界ナンバーワンに成長しており、その「入っている箱」が実力に対してちょっとあまりにも小っちゃくなっているのではないか?と個人的には感じています。 「幼稚園のぴちぴちの制服を着た、すね毛丸出しのおっさん」 になっているんですね。​








 以上、日の丸バリュー投資家として「2021第一交通産業 春の陣」を引き続き戦っていく所存です。​









2021主力株概況シリーズ 免責事項



2021主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次の無重力の自由過ぎるステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに絶対に必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこい独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。







Last updated  Feb 21, 2021 11:52:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
[優待株について] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.