34613826 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

しつこさ New! slowlysheepさん

伊藤忠商事(8001)---… New! 征野三朗さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

3028アルペン(時価… New! わくわく303さん

ゴルフドゥ mk4274さん

週刊パフォーマンス… らすかる0555さん

4月第2週、年初来では ossanpowerさん

[金の流れを追え] MEANINGさん

フィリップの会とは? モンゴル2008さん

前日比△622,000円 かぶ1000さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Feb 25, 2021
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト114位





コナーズの短期売買戦略 (ローレンス・A・コナーズ+シーザー・アルバレス著、パンローリング、2012年)










 の第2弾です。










 今日はいきなり最高な第1章 株式市場におけるエッジ から。

















 読者は本書に共通するテーマがひとつあることに気づくだろう。それは、過去15年間を見ると、短期的に下落したときに買うほうが、短期的に上昇したときに買うよりもパフォーマンスが良かったということだ。














 ​
​ 最も重要なテーマは、短期的に売られ過ぎの相場はその後、数日間上昇する傾向があり、短期的に買われ過ぎの相場はその後、数日間下落する傾向があるということだ。​











​ マーケットは「短期的には平均回帰する」 ということですね。そしてこの考え方は、天才コナーズの投資哲学の根本を成すものでもあります。​









 
​ マーケットは変化するものだと人は言いたがる。私たちはこれに賛成しない。テクノロジーは変化していくが、マーケットの動きはめったに変化しない。短期的な動きでは特にそういえる。 マーケットは個人の集合であり、どの10年あるいはどの世紀であろうと、人は同じ感情に駆られて動く ものだ。​



 確かに、知性は大いに発達した。だが、どんな時間枠で見ようと、決断は恐れと強欲に駆られてなされるものであり、マーケットが両極端に動いたときはなおさらそうだ。私たちの目標はこれら参加者の感情を定量化することである。















 ​人間の根源的な様々な行動バイアスに基づいた「恐怖効果」は決してエッジを失わない ということですね。後年の彼の大傑作 「恐怖で買って、強欲で売る」短期売買法 で結実した考え方ですが、そのエッセンスは既にこの頃の著書にはっきりと出現しているのが興味深いですね。(続く)






Last updated  Feb 25, 2021 07:21:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.