35003754 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

コムキャスト(CMCSA)… New! 征野三朗さん

澤田ホールディング… New! モンゴル2008さん

メモ New! 4畳半2間さん

やまやで買い物(999… New! わくわく303さん

大雨の日 New! slowlysheepさん

ヘルプページ 一時利… New! 楽天ブログスタッフさん

投資の極意 New! MEANINGさん

シダックス上方修正 mk4274さん

ホリエモンのYoutube… Night0878さん

前日比△570,300円 かぶ1000さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Apr 22, 2021
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト116位






 アノマリー投資(ジェフリー・A・ハーシュ著、パンローリング 2013年)








 の第3弾です。








 今日はアメリカ株式市場の歴史について淡々と語っている 第3章 活況と低迷の1世紀 から。















 ​
 1932年7月8日に付けた安値までに、ダウ平均は価値の89.2%を失い、1929年の高値である381.17ドルの水準を超えたのは、25年以上もあとの1954年11月のことだった。














 ​
 ダウ平均は1973年1月11日にベトナム戦争中の高値1051.70ドルを付けた。この高値はその後の10年間、抜かれなかった。















 最近の10年間の米国株式市場の好調・活況を受けて、「世界一の覇権国家で人口動態も優れ、長期的に見て確実に成長し続けている右肩上がりの市場なので、投資はアメリカ株だけでオールOK。オワコンの日本株はドブに捨ててオールOK。」と断言する米国株ブロガーやファイナンシャルプランナーが散見されますが、実際には過去に上記の様な「長く続く低迷期」も経験しています。









 もしも1929年のすっ高値でアメリカ株を全財産はたいて買い込んでいたら、人生のライフサイクルから考えてその投資家の成績は目も当てられないような悲惨なものになったことでしょう。そして今だ記憶に新しい所では、1989年のすっ高値で日本株を全財産はたいて買い込んだ投資家にも悲惨な結果が待っていました。









 ​株式投資ではバリュエーションとサイクルを意識することが大切​








 ということですね。(続く)​​​​






Last updated  Apr 22, 2021 08:00:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.