35873652 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

4635東京インキ(時… New! わくわく303さん

全国保証(7164)---住… New! 征野三朗さん

週間パフォーマンス… New! らすかる0555さん

コロナ隔離日記(9… New! モンゴル2008さん

インスタグラムと連… New! 楽天ブログスタッフさん

味わう New! slowlysheepさん

メモ 4畳半2間さん

前日比▼1,957,000円 かぶ1000さん

涼しい fuzzoka085さん

いわゆる消化試合2 MEANINGさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jun 6, 2021
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​ さて今シーズンは、主力株概況シリーズを例年よりも意識的に多めにオラオラで書いています。









 「このシリーズはどこまで書くんだ。じれったいな。早く2021年の1位から新規にやれよ。」と思われている方がもしかしたらいらっしゃるかもしれないですが、実は過去のデータ上、PF時価総額50~80位のあたりに、「次世代のスター株がちょこんと目立たず静かにお行儀よく鎮座していた。」ことがとても多かったという事実があります。








 これが何故かと言うと、その銘柄が現時点ではピカピカ・キラキラと輝いていなくても、潜在ポテンシャルが高い「ブラッドダイヤモンド」の場合は、「20年間の優待族としての経験と直感」でその匂いを嗅ぎ取っていて、無意識のうちにポートフォリオの相対上位にまでは買い進めていることが多いのです。







 
 でもその魅力が未だはっきりとは顕在化はしていないために、
伸び切れずに結局50~80位辺りで燻っていた、ということなのでした。










 ところが 







 ​次の青い鳥​​








 が目の前のすぐ手の届くところにいたのに、主力株概況シリーズの執筆をその直前で「足切り」してしまったために、きちんと調べきれずに見逃してしまったということが複数回あり、今回の2020~21シーズンはそこの「取りこぼし」を避けるためにも、念を入れてちょっと深めに見ているのです。






 


 、、、ということで、2020~21主力株概況シリーズはもう少しの間続きます。「多分80位までは書くな。場合によっては100位までもあり得るな。」と今のところ考えています。御了承下さい。。。







Last updated  Jun 6, 2021 09:24:19 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.