35937786 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

天狗で食事(8207テ… New! わくわく303さん

いわゆる消化試合3 New! MEANINGさん

征野ファンドの運用… New! 征野三朗さん

2021年7月月次 New! GoldmanSacheeさん

メモ New! 4畳半2間さん

2021年7月の運用結果 New! snoozer8888さん

プレナス New! reformer21さん

10年ぶりに七十七銀… Night0878さん

slowlysheepさん

コロナ隔離日記(1… モンゴル2008さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jun 6, 2021
XML
カテゴリ:株式投資全般
​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト117位






 ヘッジファンドのアクティブ投資戦略(ラッセ・ヘジェ・ペデルセン著、金融財政事情研究会、2019年)










 の第7弾です。







 今日も、第7章 裁量的株式投資 から。















 
 クオリティ投資と適正価格のクオリティ



 バリュー投資は買うものの価格に注目するが、一方でクオリティに注目する投資もある。クオリティ投資とは、簡単に言えば「よい」会社を買うことである。クオリティ投資をバリュー投資と組み合わせることができ、これを「適正価格のクオリティ」と呼ぶことができよう。


 










 ​
 バリュー投資とクオリティ投資の双方が機能するため、これらの概念を組み合わせればさらに優れたものにできる。期待される成長率と比較して割安な成長企業を買うことを目指す投資は「適正価格の成長株」(growth at a reasonable price, GARP)投資と呼ばれることがある。



 この考え方は、「適正価格のクオリティ」(quality at a reasonable price,QARP)投資、すなわち割安な価格で高クオリティ株式を買う戦略として一般化できる。












 ペデルセンのこの
​QARP投資と言う概念を読んだ時、私は「おっ、これはガチで使える。強力な武器になる。」と確信しました。何故かというと、それまでにも「指標的に安くて、同時にマイルドではあっても確かな成長力があって利益率が高い、結局そういう銘柄って時が流れると上昇することが多いよな。結果として正解である確率が高いな。」とおぼろげに感じていたからです。









 そしてペデルセンの文章を読んで、「霧がかかっていた頭の中が瞬時に晴れた。1つの重要な真実に辿り着いた。」という確かな感覚を覚えたからです。








 それ以来、バリュー株であると同時にクオリティ株としての資質を満たしているQARP銘柄群を優先してポートフォリオ上位に多く組み込むようにやり方を変更しました。2021年6月現在で言うと、








2153E・Jホールディングス​ 





3020アプライド​ 





3228三栄建築設計





3467アグレ都市デザイン



6073アサンテ
​​



7185ヒロセ通商



7228デイトナ




7508G-7ホールディングス



7520エコス



7533グリーンクロス



7605フジ・コーポレーション



7846パイロットコーポレーション



8591オリックス



8928穴吹興産



9027ロジネットジャパン



9057遠州トラック









 あたりが該当しますね。 (続く)







Last updated  Jun 6, 2021 10:34:52 AM
コメント(1) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.