36643041 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

オリックス(8591)---… New! 征野三朗さん

前日比△712,297円(… New! かぶ1000さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

和食さとでテイクア… New! わくわく303さん

イオンのさきいかに… New! mk4274さん

月は綺麗でした slowlysheepさん

SBI証券にMy資産が出… MEANINGさん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

"エラー チャンネル… ペタジーニ昭さん

この迷惑メールの目… モンゴル2008さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Jul 14, 2021
XML
カテゴリ:優待株について

 さて今日は2020~21主力株概況シリーズです。







69位 8381 山陰合同銀行 (東1、3月優待) ◎~◎◎







​ PF時価総額69位の上位銘柄は、山陰地盤で鳥取、島根で預金高1位の山陰合同銀行​です。

















 現在の株価は555円、時価総額871億円、PBR0.23、自己資本比率は6.0%、今期予想PER7.46、配当利回り4.7%(26円)、総合利回り4.9%(26+1=27円)で、優待は1000株保有で1000円相当のVJAギフトカードです。​​












 ただし1年以上継続保有(株主名簿に連続3回以上記載)の場合、優待は鳥取・島根県特産品5000円相当にランクアップするので、私は当然それを目当てに2018年3月に1000株買いました。​そしてその後株価が順調に下落し超低PBRになったので、2021年3月に更に4000株追加しました。そのため現在は優待MAXとなる5000株を保有しています。
















 さてそれでは今日は、私が2020年に頂いた5000円相当の鳥取・島根県特産品の実際を見ておきましょう。「浜崎直祐商店のあなご蒲焼」です。














 早速食べてみましょう。





 山陰合同銀行優待のあなごの蒲焼丼です。











 パリパリとした噛み締めがあって、食べ進める毎にじんわりと深い山陰の滋味が溢れ出します。美味しい。












 
​さて以前にも言及しましたが、最近の私は低PBR、低PER、魅力的な優待の3拍子が揃った地銀株を多品種買い集めて、その行く末を勝手に生暖かく見守ろうという、









​ ​​優待地銀株バルクプロジェクト





 


 を立案&即実行中です。








 ここで改めてプロジェクトについて説明をすると、​これは現在の株式市場でダントツナンバーワンの不人気セクターとなっている地方銀行株の中で、指標的な割安感が濃厚でかつ優待内容に力のある銘柄を多品種&少量ずつ買い集めて「ひとかたまり」として運用し、その中期パフォーマンスを楽しく愛でて見ようという、









 ​​逆張り系優待族としての出自を賭けた、遊び心と冒険心溢れるビッグプロジェクト​​







 です。(笑)​








 そしてその大切な上位構成銘柄である山陰合同銀行をこれからも楽しくホールドしながら応援していく予定です。






2021主力株概況シリーズ 免責事項



2021主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこくて執念深い独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。私には未来を予見する力は一切ありません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

 






Last updated  Jul 14, 2021 05:40:18 PM
[優待株について] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.