37604782 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

X

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

1726Br.HD(時価総額… New! わくわく303さん

与えられたものの中で New! slowlysheepさん

花王(4452)---22年12… New! 征野三朗さん

前日比▼132,575円 New! かぶ1000さん

メモ New! 4畳半2間さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

帝国の墓場アフガニ… モンゴル2008さん

11月末運用成績&PF mk4274さん

2021年11月月次 GoldmanSacheeさん

2021年11月の運用結果 snoozer8888さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Oct 18, 2021
XML
カテゴリ:株式投資全般

 さて今日はPF上位銘柄を紹介する 2021~22主力株概況シリーズ です。






 

13位 7508 G-7ホールディングス (東1、非優待株) ◎~◎◎

 

 

 

 

 

 

 PF時価総額13位の準主力株は、いわゆる「オートバックス4兄弟」次男で、「メガフランチャイジー」企業としては最大級の成功事例となっているG-7ホールディングスです。





 2020シーズンは26位でしたが、株価上昇により大きく順位を上げて今シーズンはここで登場してきました。




















 最近はオートバックスよりも業務スーパーの方がメイン業態となってきていますね。










 

 

 

 

 

 

 現在の株価は2187円、時価総額964億円、PBR4.57、自己資本比率は43.1%、今期予想PER19.27、配当利回り1.6%(35円)で、優待はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも実はG-7は以前は優待株でした。そしてその頃には私は、







 G-7ホールディングスを「初代絶対基準優待バリュー株」として深く信頼し、投資判断の礎・ベンチマークとなる銘柄として極めて高く評価していた





 
のです。

 

 

 

 










 




 







 

 G-7優待廃止の衝撃

 

 

 

 

 

 

 

 

 は自分にはあまりにも大きな物でした。私は開示情報を見たその瞬間からショックで全身が硬直し、悪寒がして歯の根がガチガチいって合わず、大量の汗が目に入り曇ってパソコンの画面はまともに見えず、おまけに手も震えてマウスもまともに動かせないという悲惨な状況に突然にして陥りました。そして何とか正気を取り戻した直後には今度は強烈な吐き気に襲われ、そのままトイレに駆け込んで激しく嘔吐しました。







 それまで全く自覚していなかったのですが、優待バリュー投資家として、G-7は私の「絶対に攻め込まれてはならないダメダメゾーン」だったのです。「真の、本当の急所」だったんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 さて、優待族的には「優待廃止は原則として即売り」な訳ですが、私はその後G-7を売り切ることはしませんでした。ファンダメンタルズが超良好な優良株なので、自分の中にどうしても売却の理由を見出せなかったのです。ただG-7に関しては「考えるとすぐに胃液が込み上げて来る。」という精神的に瀕死の重傷だったので、優待廃止後、私はしばらくの間G-7に日記で言及することはありませんでした。。。。。。

 

 

 

 

 


 

 

 、、、、、、それから長い月日が流れました。私は今ではすっかり当時の精神的なダメージから元気に回復し(笑)、依然として楽しくご機嫌でG-7をホールドしています。そして2019年には久方ぶりにお替りして買い増しまでしました。何故ならG-7は非優待株となった今でもとっても良い銘柄であり続けているからです。








 G-7の着実で力強い成長と流れるように美しいキャッシュフロー推移を見ると、







(上記データはかぶたんプレミアムより引用)






「フランチャイジービジネスだけでもこれほどの成功を収めることが出来るんだな。」と改めて目を開かされる思いがします。上場している「メガフランチャイジー企業」では他にも 3177ありがとうサービス なんかも非優待株ですがとてもいい銘柄と思いますし、私達投資家は常識に囚われず、柔らかい頭で広く市場を見渡して銘柄を探索し続けていかなくてはならないんだな、と改めて痛感しますね。








2021~22主力株概況シリーズ 免責事項




2021~22主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに絶対に必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこい独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きますよう、伏してお願い申しげます。







Last updated  Oct 18, 2021 07:55:40 PM
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.