38122589 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

俺は岸田を信じる New! mk4274さん

学歴フィルター New! slowlysheepさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

ピックルスコーポレ… New! 征野三朗さん

1446キャンディル(… わくわく303さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

ベンジャミン・グレ… reformer21さん

前日比△3,002,364円 かぶ1000さん

モンゴルを訪問した… モンゴル2008さん

マザーズ指数暴落で Night0878さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

Dec 6, 2021
XML
カテゴリ:優待株について

 さて今日は当ブログの「看板記事」で大人気の 2021~22主力株概況シリーズ です。​

 

 

 

 

26位 9324 安田倉庫 (東1、3月優待) ◎◎

 

 

 

 

 PF時価総額26位の上位銘柄は旧財閥系の倉庫準大手の安田倉庫です。




(上記データは会社ホームページより引用)





 

 現在の株価は960円、時価総額291億円、PBR0.36、自己資本比率は51.3%、今期予想PER10.30、配当利回り2.5%(24円)、総合利回り3.4%(24+8.8=32.8円)で、優待は100株保有で2キロ分のお米券などです。
















​ さて安田倉庫は今の株価位置は非常に安いと思います。その理由は以下の通りです。









1. 賃貸不動産だけでも約268億円の含み益がある こと。




​(上記は 安田倉庫 第153期有価証券報告書 P70より引用)​









2. 同業の倉庫業で優待付きの他の銘柄と比較した場合の相対的な割安感が濃厚である こと。尚IRも「株価的な評価が低いという認識は社内にある。」ということでした。具体的に他の銘柄も併せて見ておくと、





9305ヤマタネ​ (PBR0.39×PER9.76=3.81 ただしここは実に安い)



9319中央倉庫 (PBR0.43×PER14.81=6.37)



9322川西倉庫 (PBR0.47×PER15.38=7.23)



9324安田倉庫 
(PBR0.36×PER10.30=3.71)​​​





 となります。それにしても倉庫業というのは万年不人気なので、 グレアムのミックス係数 が非常に低い所が多いですね。ちなみに「正統派バリュー投資家 (・・? 」である私の基準だと、上記のすべてが「余裕で買えるレベル」となります。なので当然ですが全部保有しています。 









3. アマゾンに代表されるインターネット通販(EC)の爆発的な増加により配送拠点としての重要性が高まっており、 いつの間にか倉庫業界は「隠れ成長産業」になっている こと。




 実際にここ 安田倉庫の過去の業績推移を見ても、この数年で売上高が大きく伸びている ことがわかる。




(上記データはかぶたんプレミアムより引用)





 そしてその割に、我々投資家サイドには「倉庫業界なんてもうオワコン。」という強い固定観念が残っていること。つまり、 「実態と認識のギャップ」が存在しており、そこに大きな投資チャンスを感じる こと。








​​​


 ま、ここはのんびりと持っていればたまに「含み資産関連株」として吹くこともありますし、武運が無くて何もなくても、そもそも「資産バリュー株」として十二分に死ぬほど割安ですし、「ローリスク・ミドルリターン」でリスク・リワード比に優れた、 「プチ宝くじ」感覚で保有していける実に良い銘柄 であると考えています。​​​​




2021主力株概況シリーズ 免責事項




2021~22主力株概況シリーズ は私が主力で勝負している銘柄について、本当にその価値はあるのか、私を投資家としての次のステージに連れていけるだけの力があるのか、「リスク・リワード比」が優れた最強で最上の頑健な銘柄なのか、何か見逃している弱点はないか、戦い続けるのに絶対に必要な「銘柄としての鮮度」が落ちていないか、などを多角的に検討する目的で書くものです。記事内容は一般的に入手可能な公開情報(ただしIRへの蛇の様にしつこい独自の取材内容を含む)に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場と個別銘柄の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当シリーズに基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100.0%御自身の判断と責任の元で行って頂きますよう、伏してお願い申しげます。

 






Last updated  Dec 6, 2021 08:05:09 PM
[優待株について] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.