39934992 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

ルッキズム New! slowlysheepさん

2022年6月末運用成績… New! mk4274さん

コーナン商事(7516)-… New! 征野三朗さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

上半期終了 New! bluebonnet7385さん

3252地主(時価総額2… New! わくわく303さん

2022年6月の運用結果 New! snoozer8888さん

運用成績・ポートフ… New! lodestar2006さん

現在中国と呼ばれる… モンゴル2008さん

週間パフォーマンス… らすかる0555さん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Card

May 16, 2022
XML
カテゴリ:株式投資全般
さて今日は株式投資本オールタイムベストです。第130位は、





間違いだらけの投資法選び(ラリー・E・スウェドロー著、パンローリング、2002年)







 
 です。






 ちなみにこの本の題名を見ると私は、大好きで凄く尊敬していた自動車評論家の徳大寺有恒(とくだいじありつね)先生の事を思い出します。私の文体には徳大寺先生の影響が少し出ているんじゃないかな?と自分では思っています。それが何故かというと、徳大寺先生のベストセラーである「間違いだらけの車選び」シリーズが大好きで学生時代の頃から何度も何度も繰り返し読んでいたからです。(笑)







 さて著者のスウェドローは、ホームラン級の名著である、 ​ファクター投資入門​ 







 の共著者ですが、これは今から20年前に彼が放った快作です。






 
 この本は、「投資家がして良いこととしてはいけないこと。」を多くの論文やデータを基にしてクリアカットに歯切れよく解説してくれている名著です。今回書評を書くにあたって久方ぶりに読み返したのですが、「全然古くなっていないな。そのまま丸っと今の2020年代の相場でも通用するな。」と感じました。それだけ普遍的で王道的な内容という事ですね。







 さてこの本の印象をサクッと簡潔に言うと、インデックス投資家のバイブルとして知られる ​チャールズ・エリス​ の ​「敗者のゲーム」​ をより専門的に、かつマニアックにした感じです。
 









 また全体的に辛辣で毒舌が多く、その点ではあの ​ウォーレン・バフェット​ が激賞した名著、 ​投資家のヨットはどこにある?​ に近いフレーバーもあります。





 






 さて最初にこの本の注意点を述べると、前半の第1部・第2部は、出版から20年経った今では、「かなりありきたりだな。」と感じる部分が多く、投資初心者の方以外にはちょっと眠くなると思います。










 なので、中級者以上の方は、後半の第3部・第4部から読んだのでもいいと思います。このあたりから一気に面白くなりますし、現代でも120%通用する素晴らしいクオリティです。















 それでは次回からは、この本のベストオブベストの所だけをこれまたサクッと見ていきましょう。(続く)






Last updated  May 23, 2022 05:47:12 PM
[株式投資全般] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.