26906909 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みきまるの優待バリュー株日誌

PR

Profile


みきまるファンド

Free Space

免責事項 : 当ブログは私が少しでも成長し、「より良い投資家」 になるための私的な勉強の場として運営しています。記事内容は一般的に入手可能な公開情報に基づいて作成していますが、同時に諸々のバイアスのかかったあくまでも個人的な見解であり、特定銘柄の売買の推奨を目的としたものでは全くありません。また市場の未来がどうなるかは誰にも分からないため記事内容の正確性は保証しません。そのため当ブログの記事に基づいて投資を行い損失が発生した場合にも当方は一切の責任を負いません。投資はくれぐれも100%ご自身の判断と責任の元で行って頂きます様、伏してお願い申し上げます。

Calendar

Favorite Blog

メモ2 New! 4畳半2間さん

プロトコーポレーシ… New! らすかる0555さん

お家騒動の季節 New! slowlysheepさん

イハラサイエンス(59… New! 征野三朗さん

3924ランドコンピュ… New! わくわく303さん

前日比△713,650円 かぶ1000さん

ネオバ CASHFLOW101さん

新潟高校同窓会、大… モンゴル2008さん

ダイヤモンド・ザイ… reformer21さん

株式投資においても… MEANINGさん

Recent Posts

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News

Category

Rakuten Ranking

Rakuten Card

全1355件 (1355件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

株式投資全般

Mar 26, 2019
XML
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト86位






ティリングハストの株式投資の原則 (ジョエル・ティリングハスト著、パンローリング社)











 の第7弾です。​​








 今日は、危険な企業の見極め方に関して述べている、 第11章 悪い奴らは黒い帽子をかぶるのか から。












 ​
​​ 企業が売り込みに躍起になるのは悪い知らせ であるが、それは不正が行われている可能性が高いからということではない。 売り込みが激しいということは、たいていの場合、資金繰りが切迫していることを示唆する のだ。​​​








 このティリングハストの指摘は鋭いですね。日本でも私の観察によると、どうでもいいようなニュースでも自社の成果の様に過剰に強調する企業は、大体ろくでもないことが多いです。






​​ 災難は避けられる。




 経営者に前科があったり、投資家をだました過去があったり、さらには彼らが自らは法の埒外にあると考えているとしたら、私はその場で立ち止まる。 詐欺師が急に受託者の義務に目覚める事などない のだ。




 たとえ不正が行われていなくても、企業構造が複雑だと分析が難しくなる。




 だれかが懸命に推奨しているものを買ってはならない。 悪い奴らの株式とその一覧を避けることで、私は壊滅的な結果となる可能性を小さくしているが、そうすることで投資機会が減るということはほとんどない。​​


 






 いやあ、ティリングハスト節炸裂で気持ちいいですね。(笑) そして彼の警句はここ日本市場でもそのまま当てはまると感じています。







 詐欺師的な経営者がトップにいる会社の末路は悲惨なものになることが多いですし、そういう会社は何故か必要以上に内部を複雑な構造にしていますし、ツイッターなどで声高に連呼されている銘柄のパフォーマンスも結果として劣悪なことが多いんですね。(続く)






Last updated  Mar 26, 2019 07:50:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 25, 2019
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト86位





ティリングハストの株式投資の原則 (ジョエル・ティリングハスト著、パンローリング社)









 の第6弾です。​​








 今日は、第7章 シンク・スモール から。













 ​
​​ ほとんどの投資家は、経済の変動によって株式市場がどのようになるかが分かるというが、それは逆である。 株式市場によって、経済がどうなるかが分かる のだ。


 ​株式市場が低迷すれば、アニマルスピリットは落ち込み、不況の原因となる。​​








 なるほど、このティリングハストの指摘は一理あります。そういえば日本も株式市場がもう30年も低迷しているせいで、ある意味ずっと不況ですからね。(笑)








 ​
​ バリュー投資家も資本を保全したいと考えているが、私はインカムをほとんど生まない(現金など)資産や、まったくインカムのない(金など)資産を保有することに伴う機会費用を懸念している。


 心配するのは結構だが、最も悲観的な分析が最も賢明な分析ではないのである。









 私は持っている資産の大体99%くらいは株式市場に突っ込んでいるのですが、これは投資を始めた19年前からもうずっとそうしています。それが一番効率良く資金を増やせると思っているからですし、またティリングハストが言うように「現金は何も生まない」のも嫌なんですね。(続く)






Last updated  Mar 25, 2019 07:53:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 20, 2019
カテゴリ:株式投資全般
​ 私は昨年の厳しい個人成績を受けて、今年に入ってから今までとは違う発想で、必ずしも自分の好みのタイプではない毛並みの違う銘柄を意識的に主力株に組み入れるようにしています。










 優待株バブル、東証1部昇格狙いバブルは既に遠くに弾け去ったものと考えており、自分はこれまでとは異なる投資アイデア・アプローチを用いて株式市場に相対していかなくてはならないと覚悟しています。










 今日も新たに主力候補として仕込み中の銘柄を多角度から分析し続けていました。慣れない手法を用いることによる疲労感はありますが、今までのレベルに留まっていてはこれからのマーケットでは生き残れないと直感しており、ひたすら未来だけを見て懸命の努力を続けています。






Last updated  Mar 20, 2019 10:46:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 19, 2019
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト86位






ティリングハストの株式投資の原則 (ジョエル・ティリングハスト著、パンローリング社)











 の第5弾です。​​








 今日は、 第6章 私にはシンプルな人生 から。











 ​
 私は十分に理解していない分野は避けたい。。。これをコンピタンス領域(自分が賢明な判断ができる分野)と呼ぶ投資家もいる。



 私が言いたいのは、「コンピタンス領域」は特別な能力や洞察力の領域であるべきということだ。。。序列が重要なのだ。



 成功する人々というのは、人生を簡略化し、最も重要な事柄や行動に集中する。



 私のファンドはたいてい800銘柄ほどを保有している。「コンピタンス領域」と「広い視野」とのバランスを取ろうとしているのだ。












 私も本日現在で670銘柄を保有しています。常に広い視野を保ちながら、たくさんの石ころをひっくり返して裏側に宝石が隠れていないかを探しています。






 また自分のコンピタンス領域に関しては「小売業」であると考えています。実際の店舗を注意深く観察して、これから伸びそうな銘柄を発見するのが得意であると、自己分析しています。(続く)






Last updated  Mar 19, 2019 07:46:09 PM
コメント(1) | コメントを書く
Mar 15, 2019
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト86位






ティリングハストの株式投資の原則 (ジョエル・ティリングハスト著、パンローリング社)












 の好評第4弾です。​​








 今日は、第2章 愚かな人間の錯覚 から。














 ​
 ​アルゴリズム、ボット、スクリーニングは投資から感情を排除することになる。クオンツ投資家(クオンツ)たちがますます利用するようになっているこれらのツールは、、、単純な仕事をめちゃくちゃにする ​サバン症候群​ の人々のように機能することが多い。例えば、「フラッシュクラッシュ」によって、常識的な価値の推定値を大幅に下回る水準にまで、株価を一時的に下落させることになる。​



→ このティリングハストの指摘はまさにその通りですね。最近の株式市場は、アルゴの暴走によって上にも下にも極端に走り過ぎます。私たちはそういうAIが巣食っている新世代のマーケットで戦っているという認識が大切ですね。







 ​
​ ​投資家は、 行動、興奮、喜び、満足、社会的な評価、人気、社会的独占といった、普通の個人が求めるあらゆるものには隠れたコストが存在している ことを認識していないことが多い。​



​ また、 忍耐、退屈、心配、勇気、痛み、孤独、専門バカ、また愚かだと思われることには目に見えない利益がある のだ。​



→ このティリングハストの指摘は深いですね。そういえば私は投資家として、「自分が賢いように絶対に見せかけない。愚かで不様な本当の姿を、隠さずそのままダイレクトにブログに叩きつける。」ことを常に意識しています。そうしないと、投資家として成長できないと思うからです。













 ​
 ​不快かもしれないが、投資家は一時的に非難の的になっている銘柄を保有したほうがうまくいく。人気もなく、尊敬もされず、社会的にも受け入れられていない銘柄は、たいていの場合、安値で売られている。​








 、、、今の日本株市場だと、不動産関連、ノンバンクを中心とした金融・地方銀行、地方スーパーあたりでしょうか。ただ私はこれらの銘柄をポートフォリオ上位に大量に組み込んでいて、不快なだけでなく実際にちょっと死にそうですが、、、(滝汗)






 

 ​
 ​可能な限り将来を見通そうとすべきである。勇敢かつ狡猾でなければならない。税金と手数料と取引コストを最小化しなければならない。​

 







 ティリングハストは繰り返し、ポートフォリオの回転率を下げて
税金と手数料を節約することの大切さを説いてくれます。証券会社は絶対にこんなことは口が裂けても言わないですが、(笑) 本当に重要なことですね。(続く)






Last updated  Mar 15, 2019 05:17:09 PM
コメント(2) | コメントを書く
Mar 14, 2019
カテゴリ:株式投資全般
​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト86位






ティリングハストの株式投資の原則 (ジョエル・ティリングハスト著、パンローリング社)











 の第3弾です。​​








 今日はいきなり極上の出来である、第1章 マッドワールド から。














 
 私は、1989年からイントリンシック・バリュー・アプローチ(企業の本源的価値に注目した投資手法)に基づいてフィデリティ・ロープライスト・ストック・ファンド(FLPSX)を運用しているが、 ​ラッセル2000​ にも ​S&P500​ にも、年に4%ほど上回るパフォーマンスを上げてきた。


 
FLPSXに投じられた1ドルは27年間で32ドルになったが、インデックスに投じられた1ドルは12ドルにしかなっていない。

 








(上記データは、株式投資18の勝ち技 日経ホームマガジン P90より引用)​​






 いやあ、ティリングハストの成績は改めて素晴らしいと思いますし、ファンドの純資産総額が大きくて運用が難しいことを考えれば驚異的ですらあります。そして、







 長期間で見てインデックスに打ち勝つアクティブファンドは、このように現実にきちんと存在している​







 という事実は重要ですね。








 ​​
​​​ もし急いで売らなければならないとしたら、手にするのは時価であって、価値ではない。



 私自身も推奨しているバリュー投資の中心思想は、株価と価値とは常に等しいわけではないが、将来のある時点で等しくなるはずだというものである。それがいつかは分からないので、 忍耐力は必須 である。


 
 ​多くの場合、実際の結果は長い時間をかけて実現する。​
。。忍耐力を持ち、回転率を低く維持することが求められる。。。回転率が高まるほど、ファンドのパフォーマンスは悪くなる。​​
​​








 頻繁な売買による手数料と税金が、ポートフォリオのパフォーマンスを蝕む最大の原因なのは明らかです。そして私も一度「優待株いけす」に入れた銘柄はよほどのことがない限り売ることはありません。 回転率を極限まで下げるように常に意識 しています。








 ​​
​ 私は効率的市場仮説を教訓ととらえている。平均的な人間が平均的な結果を得ることは真実だが、ほかのあらゆる取り組みと同様に、ほかよりも能力の高い者や利害の大きい者に存在する。競争のあるあらゆるゲームにおいて、勝者と敗者が生まれるのだ。​









 そう、 投資も他のゲームと同じ です。勝つものも負ける者もいます。かける熱量・努力・才能によって結果が異なるのは当然のこと ですね。






 
 ​
 われわれはまだ見ない未来に取り組んでいるのであり、真実ははっきりとはしない。



 われわれにできる最良のことは、注意深く判断し、システム2を活用し(スローに考え)、数は少なくとも、より良い選択を目指すことである。



 直接的に言えば、これは過剰な回転率を避け、「次に何が起こるか」よりも「それにはどのような価値があるのか」ということに基づいて投資を行うことだ。
​​








 私もブログの更新は頻繁ですが、実際の投資では常にゆっくり・じっくり・まったりと考え、売買をすることは稀です。繰り返しになりますが、 過剰な回転率は投資家としての致命傷になりやすい んですね。(続く)

​​​
​​






Last updated  Mar 14, 2019 07:42:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 12, 2019
カテゴリ:株式投資全般
​​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト86位





ティリングハストの株式投資の原則 (ジョエル・ティリングハスト著、パンローリング社)











 の第2弾です。​​








 今日は、伝説のファンドマネジャー、ピーター・リンチによる、素晴らしい序文から。







 ​
​​  私は文字通り、人生を通してアクティブ運用のストックピッカー(銘柄選択者)であり続けた。それゆえに、批評家たちが「アクティブ運用のファンドマネジャーはベンチマークに勝つことができない」と、すべてを一くくりにして口にするのを聞くのが嫌である。それが真実ではないことを読者に伝えるために筆を執った。


 長期にわたりベンチマークを上回る業績を上げる有能なプロの投資家が大勢いる のだ。 ティリングハストはそのなかでもトップクラスの存在 である。​​









 私自身も、「投資家として極限の努力を傾け続ければ、長い期間で見ればベンチマークを上回る成績を残すことが出来る。」と固く信じています。








 ​
  彼をフィデリティで採用したのは私。



 過去のパフォーマンスが将来の結果を保証するものではないが、ティリングハストはおよそ28年に及ぶ期間を通じて、自らのファンドの受益者に素晴らしい成果を届けてきた。



 彼はまさに市場に打ち勝つことのできるアクティブ運用者の好例である。



 彼は忍耐強く、柔軟で、融通無碍である。



 また、独自の調査を行う意欲を持ち、自分が間違っているときは進んでそれを認めて撤退する。彼は粘り強いが、頑固ではない。


 





 いやあ、ピーター・リンチ、直弟子のティリングハストをべた褒めですね。この序文を読んだだけで、この本への期待がグングンと高まっていきます。♬








 ​
  ほとんどの投資家は、株価が10~15%上昇すると利喰いをして、ほかの銘柄に移ろうとしがちである。しかし、株価が上昇したとしても、10~15%の上昇はさらなる成長余地を否定するものではない。成功する投資家は長期間にわたって保有し、基礎となるストーリーを観察し続け、依然として有効であればとどまり、そうでなければほかへと移るのである。



 偉大な投資家になる方法を学ぶことはできないが、間違いを避け、投資家として成功する術は学ぶことが出来る。



 注意深く行動し、間違いを避け、忍耐強くあることのほうが、大胆な投資を行うよりも利益を手にする可能性は高い。









 この後の本文を読めば明らかですが、ティリングハストの手法は「極めてオーソドックスなバリュー投資」で、平凡でありきたりのものです。それでも過去の28年間でベンチマークを圧倒的に上回る驚異的な成績を収めてきました。







 ​突出した能力がなくても、忍耐力や謙虚さ・常に学ぶ姿勢があれば、投資家として大成することは可能​







 という事なんですね。






 
 
 ​
​  大部分の銘柄は公正な価格付けがなされている。10の銘柄のうち、投資に値するのは1つだけだと私は常々述べてきた。20の銘柄であれば2つ、100銘柄であれば10という具合である。最も多くの岩をひっくり返した人物が勝つのである。



 ティリングハストは、最も多くの岩をひっくり返しているばかりでなく、彼は偉大なる地質学者でもあるのだ。









 ​
フィデリティ・ロープライスド・ストック・ファンドは常に大体1000弱もの銘柄を保有しています。広い視野を持ち、岩をひっくり返しまくり、宝物を探し続けているわけです。







​ そして私の 




 優待株いけす理論




 も、実はこのピーター・リンチ → ジョエル・ティリングハストの哲学に影響されて生まれたものでもあります。多くの銘柄を保有しそれらを比較・観察し続けることによって、総合戦闘力のずば抜けて高い銘柄を抽出しようというアイデアなんですね。(続く)
​​​






Last updated  Mar 12, 2019 07:38:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 11, 2019
カテゴリ:株式投資全般
​ さて今日は株式投資本オールタイムベストシリーズです。






 第86位は、
ティリングハストの株式投資の原則 (ジョエル・ティリングハスト著、パンローリング社)











 です。​​










 ティリングハストは、あの





 ​ピーター・リンチ






 の直弟子で、日本市場でも中小型のバリュー株を中心に多くの銘柄を組み入れてくれている「フィデリティ・ロープライスド・ストック・ファンド」のポートフォリオマネジャーです。







(上記データは、株式投資18の勝ち技 日経ホームマガジン P88より引用)










 彼の投資実績は下記の通りで、長年に渡りベンチマークを圧倒的に上回っています。つまり、ティリングハストは「本物の中の本物」ということですね。






​(上記データは、株式投資18の勝ち技 日経ホームマガジン P90より引用)​










 
 ちなみにティリングハストが運用している「フィデリティ・ロープライスド・ストック・ファンド」は、私が四季報オンラインプレミアムで調べたところでは、現時点で日本株では133銘柄に投資をしているのですが、その中には私がポートフォリオ上位で戦っている銘柄として、





5982マルゼン(保有比率8.0%)



2737トーメンデバイス(同7.9%)



3228三栄建築設計(同5.7%)



8167リテールパートナーズ(同0.9%)





 などがあります。











 またティリングハストは、同じく、「フィデリティ・イントリンシック・オポチュニティズ」のポートフォリオマネジャーでもあるのですが、こちらでも日本株では152銘柄に投資しています。そしてその中では、同じく私がポートフォリオ上位で戦っている銘柄として、





7605フジ・コーポレーション(保有比率6.7%)



7533グリーンクロス(同6.1%)



3228三栄建築設計(同3.0%)



7614オーエムツーネットワーク(同2.9%)



5185フコク(同1.5%)



8167リテールパートナーズ(同1.3%)



9956バローホールディングス(同1.2%)





 などがあります。














 そしてこれはもちろんただの偶然ではありません。何故なら私は世界トップクラスのファンドマネジャーであるティリングハストが日本株市場で買っている銘柄を、常に「目を皿の様にして」徹底的に解析し、調べ尽しているからです。(笑)










 つまり、ティリングハスト先生は私にとって「師匠の一人」でもあるわけですね。それでは次回からは、そんな師匠の哲学がたっぷりと詰まった極上の一冊をじっくりと見ていくことと致しましょう。(続く)






Last updated  Mar 11, 2019 08:23:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 7, 2019
カテゴリ:株式投資全般
 さて今日は株式投資本オールタイムベスト85位







 暴落を買え (阿部修平著、ビジネス社)










 の後編です。







 
​ 最近はインデックス運用が盛り上がっているが、これもお金を雑に扱うことの典型例 である。




​​​ これはまさに 玉石混合の投資 といってもよい。東証1部の上場銘柄数は、2017年4月28日時点で2019銘柄を数える。これだけの銘柄数があると、なかには 上場しておく価値のない企業もかなり含まれている のだ。 TOPIX型のインデックスファンドを買うと、こうした銘柄にも投資する羽目になる のだ。

​​​



 本当にいい企業で、合理的な株価形成がなされている企業には投資するけれど、非合理的な株価形成の企業には手を出さない。それは、ミネラルウォーターという本質的な価値に対して、割安な価格がついている製品を買うのと同じことだ。お金を丁寧に扱うからこそ、株式投資でも成功する道が開かれるのである。











 投資本を読んでいて爆笑することってほとんどないと思うのですが、この阿部氏の「インデックス投資はお金を雑に扱う事の典型例」という表現は鮮烈かつ強烈で思わず声を出して笑ってしまいました。それは「めっちゃ決めつけてるな。相当自分のビジネスの邪魔になるインデックス投資への怨念が募ってるんだろうな。」と思ったのと、その表現に「堪えきれない激情」を感じ取ったからです。







​ そして確かに、





​「投資すべきでない企業」にも自動的に投資してしまうのが、インデックス投資の欠点の1つ​





 なんですね。​








 

 ​
 ​近年、「銘柄選択などする意味がない」というような考え方が、資産運用の世界を跋扈(ばっこ)するようになった。インデックス投資がそれだ。​















 
 日経平均に連動するインデックスファンドを買っている投資家は、極めて一部の資金ではあるが、お世辞にもよいとはいえない企業にも投資している。



 正直、私は、そのような杜撰な投資をするつもりは毛頭ないし、自分が理解できていない企業に、1円たりとも投資しようと思わない。それは投資家である以上、当然のこと。



 私が考える丁寧にお金を使う、ムダ金は絶対に使わないとは、まさにこういうことなのだ。

 









 このインデックス投資は「杜撰な投資」という表現は、言われてみると確かにそうだなと思います。実際私はコテコテのアクティブ投資家で現在約670銘柄を保有していますが、その中に「嫌々持っている。」銘柄など1つもありません。何故なら「この銘柄はホールドしていく価値がない。」と感じたら即座に売り払うからです。でもインデックス投資だと「絶対に、1秒たりとも保有したくない。」銘柄も強制的に持つことになるんですね。









 
 確かに、インデックスファンドはコストが安いが、それは「安かろう、悪かろう」という面もある。










​​ うーん、この表現はちょっといただけないですね。私は アクティブファンドでももっとコストを大幅に削減することは出来る と思いますし、毎年の法外な信託報酬に代表されるアクティブファンドの「高コスト構造」がそのパフォーマンスを大きく蝕んていることは紛れもない事実だと思います。阿部氏は自分のところのファンドの高い信託報酬を正当化したいのだろうと思いますが、これは言わない方が良かったのではないか?と個人的には感じました。






 またこの点に関しては、





​「ウイスキー好きと激しいアクティブファンド攻撃」で知られる強面経済評論家の山崎元氏と是非対談して欲しい​






 なあと以前からずっと感じています。​​きっとすごく勉強になる対談になると思うんですよね。











 ただ阿部氏がこういう表現をするのには、確かな実績を出してきたという自負もあるのだろうとも思います。実際、スパークスの基幹ファンドである「​スパークス・新・国際優良株日本株ファンド​(愛称:厳選投資)」は対TOPIXでまずまず良好な成績を収め続けています。













(上記データはスパークス・アセット・マネジメントのHPより引用)









 後、これは完全に余談になるのですが、スパークス傘下の





スパークス・プレミアム・日本超小型株式ファンド(愛称:価値発掘)





 の運用報告書はネットで簡単に見れて、且ついい銘柄が見つかることがあるので私はたまにチェックしています。
















 さて、これでこの本の紹介は終わりです。日本のアクティブ投資の第一人者としての自負と気概に溢れた、素敵な一冊です。サラッと簡単に読めますので、未読の方は是非。​​​






Last updated  Mar 7, 2019 07:50:03 PM
コメント(2) | コメントを書く
Mar 2, 2019
カテゴリ:株式投資全般
​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト84位







ファクター投資入門 (アンドリュー・L・バーキン ラリー・E・スウェドロー 著、パンローリング社)











 の最終回第11弾です。​​










 今日は非常に良い出来の付録A トラッキングエラーリグレットー投資家の敵 から。









 ​
 ​投資で成功するにはいくつか鍵となる要素がある。​













  
 投資のリターンを検討するにあたり、典型的な投資家は3~5年を長期と考え、10年に至っては永遠だとするようだ。しかし、リスクのあるアセットクラスのリターンに関しては、3~5年という短い期間のリターンは雑音以外のなにものでもないと考えるべきである。さらに10年でさえ、比較的短い期間なのだ。

 

​ 今世紀の最初の10年におけるS&P500のリターンは年マイナス1% であることを記せば十分であろう。株式投資家は、この10年の経験を理由に、株式が安全なTビルをアウトパフォームするという信念を捨て去るべきではない。​




​ 投資家は、 リスク資産やファクターに投資するときには、それら資産やファクターが長期にわたりアンダーパフォームする可能性がある ことを考慮すべきだ。​




​ アンダーパフォームする可能性がないとしたら、そのファクターに投資することに伴うリスクはなくなり、プレミアムは消滅してしまう ことであろう。​















​​ これは素晴らしい指摘です。






 ファクター投資は極めてエヴィデンスレベルの高い、超合理的な手法ですが、それが効力を発揮するには「長期の時間」という魔法のスパイスが必要 






 ですし、短期間で見れば市場平均に負けてしまうことも当然にあり得るんですね。​​











 いやあ、「ファクター投資入門」、とにかく最高の一冊でしたね。未読の方は是非。(終わり)






Last updated  Mar 2, 2019 01:30:50 PM
コメント(0) | コメントを書く

全1355件 (1355件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.