Feb 15, 2019

5. サイズファクター。

(4)
カテゴリ:株式投資全般
​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト84位







ファクター投資入門 (アンドリュー・L・バーキン ラリー・E・スウェドロー 著、パンローリング社)










 の第5弾です。​​








 今日は第2章 サイズファクター から。






 
 サイズファクターは、小型株の年平均リターンから、大型株のそれを差し引くことで算出される。



 それゆえ、このファクターはSMB(Small minus Big)とも呼ばれる。

 
​ 1927~2015年の、アメリカのサイズプレミアムは年率3.3% であった。​














 ​
 ​それほど大きなものではないにしても、世界中の先進国または途上国の株式市場においてサイズプレミアムを確認することができる。​












 はい、バーキン&スウェドローの検証でも、サイズプレミアムは明白に存在するということです。







 そしてサイズプレミアム=小型株効果は、私がずっとメインにしている投資手法の1つでもあるので、「自分はマーケットに対して間違いなく有効な戦略を取れている」という安心感がありますね。♪








 ちなみにこのサイズプレミアムに関しては、以前にまとめた記事がありますので、是非合わせて御覧下さい。 ↓







 ​​小型株効果についてのまとめ 永久保存版【2018年度版】​​






TWITTER

Last updated  Feb 15, 2019 07:02:16 PM
コメント(4) | コメントを書く