Jan 2, 2021

メンタルは中世が最適解。

カテゴリ:株式投資全般
​​ 昨年末に、両者ともに軽く3桁億を超える資産を運用している五月さんとぱりてきさすさんの「個人投資家界、頂上ツイキャス」を聞いていました。












 3時間に及ぶ長大な内容でしたが、 ​「日本最高峰の凄腕たちは完全に頭がおかC(もちろん誉め言葉)」​  ということが改めて実に良く分かりました。いや元々認識はしていたのですが、想像以上でした。








 
 後、投資に直接役立つ話はほとんどなかったのですが、とにかく会話がキレキレで抜群に面白いことも特徴でした。当たり前ですが、超凄腕は「地頭がべらぼうに良い」んですね。












 ただ一つだけ抜群にいい話があって、それはぱりてきさすさんが「メンタルは中世が最適解」と考えて戦っているという事でした。自分が理解したところでは、「法の支配の外の”リアル北斗の拳””の世界観で戦い、自分以外は全員確実に皆殺しにする。」というメンタリティをもって相場に臨む必要がある、という感じです。












 これは素晴らしい発想で、私は、「そうか、ポートフォリオ上位に据えている銘柄達は、言ってみれば、一人一人が戦国大名みたいなものだ。彼らは凄くて当然。ベンチマークを殺せないような銘柄は絶対に上位で持っちゃダメなんだ。」という風に考えました。












 また、もう少し大きい話で言うと、私は毎年「TOPIX+20%」を目標に戦っているわけですが、これも「必ずTOPIXを殺る。」という強い気持ちを持って、「日々戦国武将」のつもりで過ごさなくてはならないんだな、とも肝に銘じました。











 それにしても、かつては決して「見えなかった、その気配を感じることも出来なかった。」天才たちの肉声が、思考法の一端が、僅かではあっても実際に体験できる今の時代と言うのは凄いですね。







 そしてこの頂点対談を聞いて、「自分は、リスクを取る力、視点の広さ、株式投資に賭ける気持ちの強さと狂い方がまだまだ全然足りないなあ。」と痛感しました。資産3桁億には一生届かない気がしますが、それでも少しでも高いところを目指して、今年も精一杯頑張ろうと思いました。





TWITTER

Last updated  Jan 2, 2021 07:36:22 AM
コメント(0) | コメントを書く