May 13, 2021

8. 1月バロメーター。

カテゴリ:株式投資全般
​​​ さて今日は株式投資本オールタイムベスト116位






 アノマリー投資(ジェフリー・A・ハーシュ著、パンローリング 2013年)








 の最終回第8弾です。









 今日も、素晴らしい出来である 第9章 満足の冬 から。
















 
 素晴らしい1月バロメーター



 1月バロメーターは1972年にイェール・ハーシュが考案した指標だ。1950年以降に大きく誤ったのは7回だけで、精度は88.7%だった。



 この指標は、年間の相場は1月のS&P500の動きに似るという格言に従っている。















 1年の動きは1月の動きに似るー騰落率順で見たS&P500の1月のパフォーマンス















  
まとめ



 歴史的に見て、株を保有する最高の連続3か月である11~1月に買いポジションを取るべきだ。



 1年間のS&P500の動きは1月の動きに似る。
















​ さて自分の個人的な感覚としても、この「1月バロメーター」は絶対にあると思っています。そして私はそれを前提とし更に一歩進めて、 「1月だけは何があっても絶対に好成績を出したい。」 という所まで既に精神的には進化(・・? しています。​









 経験上、1月の成績が良かった年は大体そのまま年間成績がいいし、逆に1月の成績が悪いと年中苦しんだ挙句最後も酷い、ということが多いからです。(笑)









 さてこれでこの本の紹介はおしまいです。とても歯切れが良くて分かりやすく、実践的で役立つ最高の1冊です。読んでいない方は投資家人生を損しています。今すぐに街で一番大きな本屋さんかアマゾンで買いましょう。満足することを100%ギャランティ、私が保証します。(終わり)





​​​





TWITTER

Last updated  May 13, 2021 07:40:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資全般] カテゴリの最新記事