126196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

花夫婦いろいろ日記〜我が家の花たち

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

サイド自由欄

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

家族

2014年01月17日
XML
カテゴリ:家族
おはようございます。

それにしても毎朝寒いですね>_<
でも今年はまだ雪が降らないので助かっていますが…。
毎年この時期は真っ白な山もこの通り。




雪がほとんどありません。

今日一日頑張ったら、お休みだからがんはらなくちゃ〜^_^


もうすぐこのブログ始めて一年。
いろいろ変わったことがある。
一番変わったのは休日の過ごし方かな。
出掛けることが多くなった。
一人のことも多いけど、友達と会うことも実際に増え、ブロ友さんとの出会い、そしてツーリングも…。

昨夜、息子とこんなやり取りがありました。

お母さん土曜日出かけるんだけど、どっかでかける〜?

いや。

じゃあお昼、お弁当作っておけばいいよね。

あ、うん。で、どこ行くの!?

女子会。

また〜〜?まったく、最近出かけてばかり、女子会女子会って。
そんなお金あるなら
俺の小遣い値上げしてよー( ̄Д ̄)ノ
5000円を6000円に〜(=^ェ^=)
って、出かけすぎだよ、おふくろ。
言い訳しないでね。


な、なぬー??
言い訳しないでだと〜〜(−_−#)


しばらく沈黙が続き…

内心、すいませんf^_^;)と思いつつ、反撃に出た。

お母さんは自分で働いて稼いだお金で出かけるんだからいいじゃん、別に〜!!
お前たちが大人になって巣立ってからの過ごし方の準備をしてるんだよ〜。

内心はえへへf^_^;)


じゃあ、俺が出て行ってからでもいいじゃん!

それじゃ、遅すぎ。ちゃんと準備しておかないとね〜f^_^;)


とまぁこんな感じだったんですが。


彼の賃上げ交渉に応じるのは、それほど難しいことではない。
逆に1000円アップを要求するところなんか、可愛いすぎ(笑)

だけど、子供の要求にホイホイと応じ言いなりになるような母ちゃんは、この家には居ないと釘を刺しておかないといけない。
ここは父さんの出番。
父さんが良いと言えば値上げしてあげよう。
小遣いあげるのもあと三ヶ月だしf^_^;)


部活に追われ、バイトしたことない彼は、
1000円を手にするための労力や忍耐を知らない。
たかが1000円。されど1000円。

彼が父親になった時に子供の言いなりになる親になってしまわないように、そんなことを教える良い機会が巡ってきた。

1000円の重みと、そういった親子の立場というものを教えておこう。

入隊に向けて、今日、制服の採寸表を提出する。
彼の巣立ちの準備は着々と進んでいる。

子供の成長は嬉しくもあり寂しくもある。
だから、せめて週末くらいは自分の時間を大切にしないとね^_^

明日は晴れたらバイクで行きたいと思う。
頼りない覚悟でありますがf^_^;)























最終更新日  2014年01月17日 12時41分36秒
2014年01月08日
カテゴリ:家族
こんにちは。

今日から、我が家の息子も新学期が始まりました。
また、お弁当作りの日々です。
と、言っても息子のお弁当を作るのもあとひと月足らず。
今月いっぱいで終わり、二月になればほとんど登校しなくなります。

そう考えると、残りわずかだから少しは腕をふるいたい気持ちが湧いてくるのだけど…。

朝がですねーf^_^;
寒くて起きられないんですね。
ま、あと一回くらい、彼の茶色いお弁当UPしますかね(≧∇≦)

今朝はお弁当を包むと同時に、ついつい世話を焼いてしまいました。

あれ〜?新学期って、何か持って行くもの無かったっけ〜?

上履きや新しい雑巾、ゴミ袋にするスーパーの袋、通知表など、小学校の時を思い浮かべながら。


すると
無表情のまま、こんな返事が返って来た。

心構え的なもの〜( ̄^ ̄)ゞ


娘と私でまたまた大爆笑〜


中学生の時、夏休みの計画表の志という欄に
ウルトラマンになりたい、そう書いていた息子だったけど、
ほんの少しだけ成長したのか(笑)


そうそう、この冬休み彼は二輪の教習にも通い、
昨日晴れて新たな免許証を取得してきました。

二輪の教習前に、
家の前で父さんがセローで発進の仕方、半クラッチの使い方だけ教えていました。
家の前の数十メートルを何回か往復しただけなんですね。原付にも乗ったことなくて。

半クラッチができると、そこそこ乗れちゃうんですね。
そのせいか、教官や一緒に教習始めた子に、
無免で乗っていたと思われたみたい。

結局乗り越し無しで、すんなり取れちゃいました。

私なんか車も二輪も何時間オーバーしたかわからないくらいでしたからねf^_^;
しかもバイクは小型中型大型とそれぞれに、これでもか、というくらい教習料金をつぎ込みました。
でもまぁ、おかげで今がこうしてあるわけですからね。無駄にはなっていません^_^


息子が高校卒業したら何処かへ、プチツー行けたらいいなぁと思っています(^o^)
こわいけど〜(≧∇≦)


ビオラがまたひと花、開花しました(*^_^*)
これはなかなか良い色です〜。
画像でどのように映るかわかりませんが、まさに赤ワインの色をしています(*^_^*)

きっと江原ビオラの子孫だわね。




真冬の赤紫は明るい気持ちになりますね。



寒さで弱っていくお花も出始めたけど、
ストックは頑張っています♪










最終更新日  2014年01月08日 22時50分31秒
2013年12月06日
カテゴリ:家族
続きを下書きしてから
upするかずっと迷っていました。
実際にあったその物語は、短い文章でまとめるのは難しく、自分のことではなく娘の事なのでどうしたものか…などと思ったりして…。

後で削除するかもしれません。

重い話なので、読んでも楽しくはないと思うので、それを承知してくださる方のみ読んでいただければと思います。



その投稿記事を読んで思い出した二つ目は

イジメのことです。


心の奥深くまで傷ついて、何年経ってもその傷は消えることなく心の何処かに潜んでいる、それがイジメの爪あとです。

娘が六年生の二学期数日目にそれは突然始まりました。
新学期2日目体調を壊して昼頃迎えに行き早退した娘。
その後登校してから、友達に変化が表れたらしく、
帰宅した娘は、友達が目を合わせてくれない、話してくれないと、こぼしていました。

無視というやつです。
クラスでも部活でもみんなに無視されるようになったようでした。

それから数日して、彼女は帰宅するなり、ソファーに突っ伏して号泣しました。

我が子のそのような姿を見るのは本当に辛いものでした。
すぐに担任の先生に電話しました。
先生からは、
イジメがエスカレートするといけないので、すぐには動けない。今は帰宅後にその日の様子がどうだったかを娘に確認するように、
と言われました。
先生の対応は我が子の様子を見ることを私に指示しただけで、
今思うと…?な感じで、相手の子供達や周囲への確認、事情を聴くことなどは一切ありませんでした。


何日かしたら、娘は自分から言いました。

お母さん、私は教室で本を読んで過ごすから大丈夫、って。

思い出すだけでも涙が出てきますね。
たった12歳の子供が自分でそうすることを決めなくてはならなかったその状況を考えると…。


そんなことがあったのが9月の初旬。
下旬の運動会の日、仲良しだった友達が謝ってきました。

娘は嬉しそうに、お母さん、Mちゃんが無視してごめんねって謝ってくれた、と走っていいに来ました。

冬休みになり今度は別の友達2人に娘は呼びだされました。
今度は何?と心配でしたが帰宅した娘は笑顔でした。
NちゃんとRちゃんがあの時のことを謝ってくれた、と。
それからまた別の友達が家に遊びに来た時に直接聞いた話なんですが、
娘が早退した日の午後、集会のために皆が集まった体育館で、Sちゃんがが◯◯を無視しようぜ、とみんなに言って回っていた。自分はなんでそんなことをSちゃんに言われてそれに従わなくちゃいけないの?って思ったから言いなりにはならなかった、と。
陰湿な指示に従わずに、娘を無視せずにいてくれた友達がいたことを、私はその時に初めて知りました。
娘が学校に行けていたのは、その子がいてくれたおかげかもしれませんね。


結局のところ、命令に逆らえなかった子が、面白半分もあって、そのようなイジメが成立してしまったようです。

主謀者のSちゃんはその3年後に引越して行きました。
Sちゃん一家は、我が家から数十メートル先に住んでいましたが、近所への挨拶もなく…。

その子の家庭は、母親がゴルフ場のキャディをやっていたので、土日に母親が不在でした。

我が家は、娘が小学校入学の半年前にこの土地に引っ越してきて、娘はその子と一年生の時から仲良くしていました。

土曜日はその子の父親も仕事の時もあり、その子は我が家で過ごすことも多く、出かける時には一緒で、公園や牧場に行ったり、海や川に行ったり、キャンプに行ったり、我が子と同じように思ってましたから私も相当ショックでした。
その子のお母さんはクールな方で、会えば会話はありましたが、わざわざ家に来ることも、私が行くことも電話で話すことさえもほとんどありませんでした。
見返りなど何も不要でしたからそれでよかったんです。
以前に私が他の方にしていただいた親切へのご恩返しと思っていましたから。


ただ、その子は普段の生活の中で女王様的な振る舞いが多かったので、少しワガママな子だと感じてはいました。なので、そういった事をするのもあり得ないことでは無いという感もありました。
どうして娘を無視しようぜ、って思ったのか、何か理由があったはずです。
娘にもいけないところがあったのだと思います。
別の友達と仲良くしたり、いじわるされている子をかばったり。別に悪いことではないけれどSちゃんにとってはムカつくことだったのかもしれないし、
他にも彼女がムカつく何かをしていたのかもしれません。
あとは寂しさの裏返しだったのかもしれません。

結局、娘に残ったのは傷跡です。
これが結構深いようです。

普段明るく生活していても、そのような事を背負って生きている人は娘だけではないと思います。


私達が子供の頃はこんな陰湿なものは無く、いじめる、いじめられる、があっても自分達で解決できていたように思います。

世の中が変わり、時代が変わり、色々なことに変化が起きていますが、イジメのない子供社会となるように変わって欲しいものです。


以上です。
かなり重い話を読んでくださりありがとうございました。



今日は(昨日)、心を無にして熱中してきました。
ライディングスクールに、参加しました。
少しずつ上達できるよう頑張ります。


初級コースです。
私は、小回りとUターンを不安なくできるようになりたい。


今度はCB750が欲しくなりました(笑)


日暮れ近くまで走りこみました。




終了後、旧友と食事して帰宅、流石に帰る途中で眠くなり。高速のパーキングで仮眠して午前様。
疲れたけれど楽しかったし、これはハマりそうです♪











最終更新日  2015年04月16日 23時31分47秒
2013年12月03日
カテゴリ:家族
おはようございます。

昨日、一分で幸せになる魔法の言葉、という投稿記事を、フェイスブックで見ました。
涙の出るお話でした。

俺が守ってやる。

本当に魔法の言葉ですね。
兄妹愛ってすごくいいですね。

それで二つ思い出したことがあります。

我が家の子供達の話ですが…。

長女が六年生、長男が二年生の時

雨の朝、学校に到着し息子が校門入ってすぐの木の植え込みの間を通ったときに、上級生の兄弟二人に、傘で突つかれ泣いたそうです。
それを見た娘が、
ちょっとあんたたち、あたしの弟に何すんのよ、と、止めに入り
あんたたち何年何組?名前は?と聞いて、
それを先生に報告その兄弟は指導を受けた、とそんなことがあったのを思い出しました。

普段はケンカも多く、そんな風に弟をかばうような娘ではなかったから正直びっくりしました。
ここぞという時に姉ちゃん風を吹かしたな〜、と。

当時、ヤンチャな息子はお友達に手を出してしまうことが多く、家では絶対に手を出したらダメ!と口を酸っぱくして教えていました。
なのに、この話を聞いた父さんは、
やられたらやり返せ!と息子に言っていました。
ちょっとやめてよ、何言うのよ、と私は言いました。
父さんは更に強く息子に言いました。
傘でやられたら傘でやり返せ!

そんな事して相手が怪我したらどうするのよ。
武器でやられたら武器でやり返さなかったら負けるだろう?
それは今の◯◯に教えることじゃないでしょう?
じゃあやられたらやられっぱなしでいいのかよ?
そうじゃなくってー。

と、ここから私達夫婦の大げんかが始まったのは言うまでもありません。

私としては娘がそれを見ていて弟を助けたのだからそれでいいんじゃないか、
そういう時は周りに助けを求めなさい、
自分が傘でやられて怖い思いをしたんだから、お前も絶対に傘を武器として使ってはいけないんだよ、と、それでいいんじゃないか
って思って、父さんに話しても父さんはカッカしちゃって伝わりませんでした。

今思うのは、こうした経験を元に、親である私達も子供達に成長させてもらったんだな〜って事です。

そして、一つ目のそれは良い思い出に変わりました。

二つ目の思い出。
これは次に書くことにします。



読んでくださってありがとうございました。













最終更新日  2013年12月03日 10時06分40秒
2013年11月30日
カテゴリ:家族
おはようございます。

今朝の気温は1度。朝8時現在で。
寒いわけです(>_<)

先日、久しぶりに女子会と称する飲み会がありました♪

主婦が集まると、話が絶えずそれはそれで楽しいのだけれど、バイクの話ってできないんだな。
そこがちょっと物足りないっていうか何というか…。

で、別れ際にこんなことを言われました〜。

○○さんちって単身赴任なんだってね。いいよねえ〜!!
と。

ま、これまでも度々言われてきた言葉ではあるけれど…。

私のブログを見ている方で、単身赴任生活を経験されたご夫婦はいるだろうか。


確かに亭主元気で留守がいい♪
という言葉があるように、一般的にはそう捉える人が多い。

私自身、急に帰ってくると言われると、ええ?って思うこともあるのが事実ですけどねf^_^;)

じゃあ、実際に「留守でいい」と思えるのは、何かと言ったら、
食事の支度と洗濯物くらい。


あとは、結構いろいろあるんですよね。

まずは経費がかかる。食費も含めて。
会社で全部負担してくれるような企業に勤めていれば(そういう企業あるのかな?)そんな心配はいらないだろうけど、
うちの場合は家賃補助が三万と月二回の自宅との往復交通費の支給がある。
他は全て電気水道ガスなど二重生活。

だけど、金銭面よりももっと大変なことがある。

長男が生まれた時なんか、
まだ携帯電話も持ってなくて、寮に電話して呼び出してもらって
「今週中に生まれるかもしれないってさー」と話した一時間後に破水して(; ̄O ̄)

子供が急に入院となった時も(;_;)

急いで車飛ばして来てくれたけど、離れて暮らしていると困ることの方が多いのが現実なんだな。

どちらも親兄弟、それとご近所さんの協力があったからこそ今がある。
本当に心から感謝している。

空き巣に入られた時は夜が本当に怖かったし、育児のことで今夜話したいという時に居ないし、長男が中学生反抗期真っ只中の時にも亭主不在で困ったぞ‼︎って思ったものだ。


最近は、本人も単身アパートに戻るのがイヤだと子供のように言う時がある。

君にはバイクがあるじゃないか(^-^)とニヤリと笑って済ますけど、内心ではちょっとかわいそうだと思っている。

食生活はもちろんだけど、男が50過ぎて一人で買い物して洗濯回しながら食事の支度して…。
健康面が心配になることもあるし。

暮らし方は様々だけど、いつの日も互いを思いやる心を持ち続けたい、
そんなことを感じた朝です。

11月もとうとう最終日ですね。
お日様が出てきましたよ。
この週末もお天気が良さそう(^-^)

ではでは皆様、良い週末をお過ごしください♪


















最終更新日  2013年11月30日 09時18分53秒
2013年11月24日
カテゴリ:家族
おはようございます。

いつもありがとうございます。


昨日の、23日土曜日は
今年初めてオーナーとなったリンゴの木の
収穫の日。


家族四人で出かける最後のイベントと、ずっと楽しみにしてきましたが、息子が教習所に通っているため行けなくなり、父さんと娘と三人で行ってきました。









車で見る山並みの紅葉や澄んだ空気に包まれた町など、景色を、楽しみながら現地へ向かいました。

上信越道。上田菅平インターを降りて10分ほどでりんごの郷に到着。


お天気にも恵まれて、たくさんのりんごが収穫できましたよ(^-^)













この3倍くらいは獲れたかな〜




我が家のかごガール♪




袋掛けしたり、シールを貼ったり、楽しみながらりんごか赤く色付くのを待っていました。

どうしてもバイク絡みです(≧∇≦)




クマもんのシールも作って貼り、しっかりシルエットが、浮き出ました(^-^)



初めてにしてはなかなか良い出来かと思いました。

箱詰して、発送もしましたよ。




発送を終えてから、現地では豚汁の振る舞いがあり、美味しくいただきました。

そしてお蕎麦を食べに行きました♪
前回と同じお店の福田さんへ。
10割なのに細くてとても美味しいお蕎麦です。



お蕎麦が美味しいのはもちろんの事、お店の中にはさりげなく季節感のあるざくろや弾けて開いた綿などが飾ってあり、私的にとても気に入っているお店です^_^

この後、お決まりのパターンで軽井沢に向かいました。

鳥居峠、既に雪が降ったので日陰で雪がシャーベット状に残っていて、まさかのノーマルタイヤのため超ヒヤヒヤ。
嬬恋やら万座の山々の風景を見ながら
キャベツのないキャベツロードから真っ白な浅間山を見たりして。









軽井沢で、ブラブラ。
娘と一緒だったので、洋服見たりして(*^o^*)
帽子とバイクウェアになりそうなジャケットを、買ってしまいました(^O^)
アウトレットの安いやつです。
暖かくなったら着て出かけたいですね♪




帰りは横川のドライブインに寄りました。
昔は古びたドライブインでしたが、すごく綺麗でオシャレなドライブインに変わっていてびっくりしました。



お土産に息子には釜飯を買って帰りました。




リンゴの収穫は無事に終了。
今年のイベントはほぼ終わりました。


そして、今日は那須までバイクでやってきました。
娘が父さんのリヤシートデビューです♪
ちょっとデビュー遅すぎだけど(≧∇≦)

ブランチを終えたので、これから塩原抜けて帰ります。
まだお昼前(*^o^*)
早起きすると一日が有効に使えて良いですね(^O^)






最後まで読んでくださりありがとうございました。
バナーをポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ 夫婦ライダーへ
にほんブログ村



にほんブログ村 花・園芸ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村










最終更新日  2013年11月24日 11時47分27秒
2013年11月15日
カテゴリ:家族
おはようございます。

嬉し楽しい女子ツー♪の後、うしちゃん、ピラちゃんのおかげかと思いますが、多くの方が見てくださっています。
本当にありがとうございます。

さて、今朝は仕事について書きたいと思います。

私は高校卒業後、なりたい職業につけませんでした。
おっこっちゃったんですね。最終段階で。
で、その関係団体に就職することができて、翌年再度チャレンジすれば?と言ってくださる方もいたんですが、学力を保つ自信がなくて諦めちゃったんですよね。

でも自動二輪の限定解除した時に、チラッと白バイ隊になりたいな〜、
なんて思ったこともありました。
でもその時既に結婚を考えていましたので、チャレンジすることもせずに夢を果たすこともなく、今に至り、現在は事務員として働く日々です。

今は就職難といわれています。
私はやりたいと思う職業につけることは幸せなことだと思います。
ただ、その職業についたからと言って、思い描いていた仕事ができる環境にある人はごくわずかだと思います。

娘は調理師になりました。
板前になり、二年修行して帰って来てしまい、今は別の職業についています。

一人前の板前になる前に板前を職を離れてしまいましたが、私はそれでもいいと思いました。
女の子だからというのもあるけど、仮に男の子であっても、やりたかった仕事をやってみて現実を知る、現実を知って身の振り方を考える、それでいいかなぁ、と。


娘が半人前のまま板前を辞めても何も言いませんでした。

先日彼女はその当時の技術を駆使して、家族に美味しい刺身を提供してくれました。
へえー、すごい〜。こんなことができるんだ〜と感激いたしました。
確実に経験が生かされていました。

もしも辞めたことを私が責めていたら、娘は包丁を握らなかったかもしれないし、私も刺身を作って、と頼めなかったかもしれない。


画像を並べますので見てくださいね。




大島から持ち帰った魚。

アイナメ。





出刃包丁でおろします。




開きます。




小骨があるので取り除き、(専門用語あるのかな?)




とりあえず完成。

次はヒラメ。







お塩でぬめりを取り

目を離していたらこうなっていました。







ビヨーン。




ズズッ。




スー〜〜。




切って。




盛り付ける。





飾りを作り。




完成。



二作目。

皮を引いた後に、
あー親方に怒られるな、と言うので、
なんで?と聞くと、
皮の模様が綺麗に残せなかった、と言っていました。

刺身を作ると自然と親方の顔が浮かぶのでしょうね。





食卓奥にはムニエルも。

と、まあ、
私にはできないことが出来る様になっていました。

もちろん、なりたい職業につくために、本人の努力は必要ですが、親として出来る事、それは見守ることでしょうかね。

親の役目が終わっても、見守って行きたいですね。


いつも見てくださってありがとうございます。

今日は金曜日。
ラスト一日、頑張ります。
皆さんも頑張ってください。








最終更新日  2013年11月15日 23時34分41秒
2013年11月14日
カテゴリ:家族
息子へ

まずは合格おめでとう。
11月8日の発表の時まで、お母さんはずぅーっとどきどきしていたんだ。

9日のツーリングは、最初はお前が不合格なら延期にするつもりだった。

だけど、お前が不合格でお母さんがツーリングやめたら、お前にも気を遣わせてしまうから…。
というのはウソで、
受かっても落ちてもお母さんは行きたくなって計画を、実行に移したんだ。

だから
お前のおかげで、すごーく楽しいツーリングになった。
嬉し楽しいが二倍になった。
ありがとう。

あと、お母さんにブログをやるように勧めてくれてありがとう。

おふくろもブログとかやればいいのに。

お前のこの一言がなかったら、今のお母さんは居ない。
きっとバイクにもこんなには乗ってやしない。
ブロ友さんとも知り合えていなかったわけだし。


本当にありがとう。



それから
21キロの減量、よく頑張ったね。
つらかっただろうね。
食べたいものを我慢するのがどれだけつらいか、
お母さんはそれがどんだけ大変かよく知ってる。
妊娠してから赤ちゃん産むまで、いや産んだ後も、厳しい先生に食べるな我慢だ歩け!と言われ続けたからね。


あんなにたくさん食べていたご飯をお茶碗一膳にして、
甘いものや油ものを控え、
間食も外食もやめて。

早弁のでっかいおにぎりもやめて。


部活で踏ん張っても力が出ないのもつらかったろう。

帰り道、自転車こぐのもフラフラだったろう。


お母さんも真似すれば痩せるはずだとわかっていたけど、
お母さんにはできなかったよ。
よくがんばったよ、ホントに。

停滞期も良く乗り越えたよね。

勉強してるようには見えなかったから、落ちるかもしれないって、お母さんは心配だった。

本当にお前は運のいい奴だ。
花園でラグビーボールをもらって来た時にはマジでびびったよ。
くじは運。だけど、
減量はお前の努力の結果だからね。
お母さんはお前のこと、見直したよ。


4月からは社会人だ。
訓練は厳しいぞ。
辛くても歯を食いしばって負けるな。
一人前の自衛官になるにはさらなる努力が必要だ。

まわりの人への感謝の気持ちを忘れることなく、
自分を見失うことなく、
一日一日を大切に生きていってほしい。


やればできることを自ら実行して証明したわけだから、お前にならできるはずだから。


すいません。まだ卒業ではないんですが、
彼が家を出るときにメールでおくろうかと思い今の気持ちをかいています。

ラグビー部に入部して、もっと太れと言われて喜んでいた息子です。
だって、それまで痩せろとか太るなとかしか言われたことがなかったのに
もっと太れ!!と自分の身体を認められたわけだからそれは嬉しいにきまってる。
フォワードのプロップとして頑張っていた。

進路を決めるとき先輩の影響もあってか、
6月中旬にそこへ行く決心をし、そこから始めたダイエット。

いや~親としては食べさせたかったですよ。

いいじゃない、一回くらい食べたって平気だよ、と言っても(ご飯のお代わりのこと)

イヤ、一度食べたらだめになる!と頑なに拒んだ。

そしてその結果、21kg減。

でも実は3キロリバウンドしているらしいんですが。


いつもありがとうございます。
おはようございます。
季節はもう冬ですね。















最終更新日  2013年11月14日 06時20分34秒
2013年11月01日
カテゴリ:家族
こんにちは。

今日から11月。
早いですね、あと二ヶ月で今年も終わりです。

先日の火曜日、29日。

息子の高校生活最後のラグビーの試合が行われました。
花園への切符。
夢をかけた試合。
相手は強い。
でも彼らの闘志はもっと強かった。






















相手は何度もトライを決めた。
駿足だった。

入学後の部活紹介で、顧問の先生の熱い話に感動し即入部を決めた。
勉強はしなかったけど部活だけはがんばっていたみたい。
太っていることを重宝がられて更にやる気を出した。

でもラグビーは怪我の絶えないスポーツでした。
息子は腰を痛めたり、歯の脱臼、捻挫、とすべて軽傷でしたがそれでも医者にかかりました。
同級生には肩の脱臼を繰り返したり、靭帯を損傷し、手術を受けたりと重傷の子もいました。
でも最後は三年生全員揃って試合に臨むことができました。
結果は出せなくて負けてしまいましたが、それでも顧問の先生がいい試合だったと言ってくださったので彼らは全力で闘えたということだと思います。

ラグビーで鍛えた闘志を今後の活躍の場で発揮してほしいとの願うばかりです。



コメントいただいたまま、お返事遅れていますが、夜にでもまた。

木枯らしが吹く11月ですが、
今月も頑張っていきましょう。







最終更新日  2013年11月01日 20時47分04秒
2013年10月21日
カテゴリ:家族
みなさんこんにちは。
朝の気温がぐっと下がってきましたね、
そしてまた一週間が始まりました。

今日は家の鍵を持たずに会社に行ってしまいましたf^_^;
お昼休み、家にはいれなくてセブンイレブンでパンを買いましたo(^▽^)o
食べながら書いています。

ガッツリと、きのこグラタンパンとカレーパン食べました( ^ω^ )

昨日は息子の高校で学校祭がありました。
雨が強く面倒になり、行くのをやめて、
カーポートのしたで花苗の植え込みをやったり、午後からはお友達とあったりしていました。

帰宅した息子が、

へぇー。学校祭には来ないで、お出かけでしたかあ?
とおこっていました。

無理して来なくてもいいよ、と言ってたのに、
やっぱり来て欲しかったのかな。

父さんと娘に話したら、二人とも息子のことを、
かわいいなぁー、と笑っていましたが、
私は自分の趣味を優先にしてしまって悪かったな、と思いました。
息子よ、ゴメンね!
最後の学校祭だったのにね。


さて午後も仕事頑張りましょう。












最終更新日  2013年10月21日 12時51分39秒

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.