014613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Dampflok BR-01

PR

全1件 (1件中 1-1件目)

1

史跡

2018年07月03日
XML
カテゴリ:史跡

ブログ【越天楽】、不調のため、当予備ブログ
にUPします。 

滋賀県米原市朝妻の朝妻神社にある彦星塚と云われる

宝篋印塔の北側15mほどの所に、もう一基の石塔が

安座している。添付写真上の矢印 左側で、層塔である。

右側の矢印は、宝篋印塔。

 

天の川伝説由来という「彦星塚」という宝篋印塔は

雄略天皇 第四皇子 星川稚宮皇子の墓だという。

石塔の形式から、作は鎌倉時代末期の可能性がある

ので、星川稚宮皇子の墓というのは である。

天野川を挟んだ対岸にある蛭子神社に安座の自然石

の方は「織姫塚」は 仁賢天皇の第二皇女 朝嬬皇女

の墓だという。

この二基でもって「天ノ川(※)」における「七夕」

のストーリーが仕上がっている。

ている。

しかし「七夕」奇譚から漏れたのが、添付写真下の

層塔である。軸部に仏像が陽刻され屋根は三重だが、

相輪には五輪塔の風空輪が代わりに乗せ

られているから、あるいは屋根も五層だったのが

欠落したのかもしれない。

神社に石塔が二基、、、廃仏毀釈時にお寺が廃絶し、

石塔だけが残ったのか。あるいは石塔がどこかから

移設されたのか。経緯は不明だ。

 

※「天ノ川」= 天野川。米原山中に発し、琵琶湖に

注ぐ一級河川。

 

by HP【舞!組曲】www.photoland-aris.com/myanmar/









Last updated  2018年07月03日 23時56分10秒


全1件 (1件中 1-1件目)

1


© Rakuten Group, Inc.