1070803 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本を考える三島のブログ

PR

プロフィール


yamato019

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

楽天カード

2014年02月15日
XML
カテゴリ:日本を知る
   

   

  宇摩説の「大人の事記講座」47 冒頭19 建国と護持

   

  はじめに 日本建国・ウケヒ・奉納が日本の政治

   

  

 前回の豊受大神と豊雲野神によって、日本建国と国体維持は、日本は話し合いの誓約(うけひ)で建国され、人々への公約(ウケヒ・誓約)して実行し、人々の生活向上が達成され、感謝の奉納で維持した。

   

 現在の民主政権は、公約をほとんど果たさず、国の維持に金が要ると、人々にたかり、要求する。古代日本の状況とは、まったく逆の最低政権である。人心が離れるは当然である。

   

 この、相手を思う日本本来の政治を行えるのは、日本では自民党政権だけであり、その他の政党は、民主党と同じように、私利私欲の上に反日・反国民・売国思想である。

   

 さて、日本人が「お上」を信頼するのも、弥生・神話時代の政治、公約が実施されて、人々が豊かになり、感謝の奉納をしたのである。この名残が各地の神社なのだ。



民主政権のようにマニフェストで騙し、「増税なし」を反故にし、タバコなどで直ぐ増税を要求するようでは日本の政権能力が皆無である。つまり、公約を無視で、たかりの増税要求はするという、無責任な最悪・最低の政権である。

   

 この民主政権を様々に支援・援護した新聞テレビの反日左翼は、無責任情報を垂れ流し、重要な事実を隠す売国奴思考であり、共に打倒・粉砕が必要である。

   

 歴史は本来、自分や国に役立つから、歴史学であり、創作・妄想の小説とは一線を画した学問である。そして、この宇摩説まで、戦後日本に歴史学と呼べる学問は無かったのである。

   

 具体的に言えば、歴史の時間に習った知識で、人生が豊かになったであろうか、人生の岐路で参考になっただろうか?歴史は人生をかけた壮大な人体実験データーなのである。

   

 正しく知って、役立てないと先人の人生・経験が無駄になるだけでなく、知らないと、無いに等しい。0からの人生だから、同じ失敗を繰り返すもだ。

   

 歴史は正しく知らないと、判断を誤り、人生をも間違える。古事記の歴史的、全体的、実証的解明の宇摩説で、日本の起源から、現在に至る日本の事実を正しく認識したい。

   



 さて、古事記解説に移ろう。先の、クニノトコタチ、トヨクモノを含めて、次の夫婦の5代を合わせ、神代7代とと呼ばれる。その夫婦の神の最初が、ウヒヂニ・スヒヂニである。

   

 宇摩説では、この夫婦の神は、古事記冒頭の建国前の伝承を神名に込めて、残していると、解釈している。

      

   

  「やさしい古事記講座」11、神代7代、ウヒヂニ・スヒヂニ

   

 前に書いた、「やさしい・・」にも、この神の説明がある。多少のずれは、その後の研究成果の追加であるが、基本的解釈は変わってない。

   

 やさしい古事記講座11 神代7代、ウヒヂニ・スヒヂニの神

http://kabu003himiko.iza.ne.jp/blog/entry/365630/

   

    

  ウヒヂニ(宇比地邇)とスヒヂニ(須比智邇)



 この夫婦の神は、史学では「泥や砂の神格化」と説明している。これは、天地創造・宇宙創成に合わせた解釈である。歴史は無縁の解釈である。

   

 宇摩説では、語義重視であり、ウヒは初々しいのウヒであり、初めの頃を示している。この二人は、ヒヂニが共通している。最後のニは直ぐ判る。

   

 女神の名、スヒヂニの「すいじ(=炊事)」で、ニ(邇)は煮炊きの「煮」である。史学が泥や砂に関係すると解いているが、宇摩説では、10.000年以上前の縄文土器と煮炊きの神と解いている。

   

 つまり、建国は2,000年余り前だが、炊事は土器発生と共に生まれている。縄文草創期は、10.000年以上前であり、世界に飛び抜けて古い。

   

 縄文土器は飾り物ではない。生活用具で煮炊きに使ったものであり、先に、箸の発見は日本であろうと書いたが、箸は煮物が底に溜まって焦げを防ぐ必需品、つまり、煮炊きに必要で発生した道具であり、当然、かき混ぜた折った小枝が箸に変化したのである。

   

 ウヒと合わせて、最初の煮炊き、土器の神となろう。これは、継承された名である。その後も土器や煮炊きや炊事の道具れたことは、間違いないだろう。



余談ながら、反日左翼の史学者は、[箸は中国から伝わった]

と言っている。アホですね。こう言う欠陥知識か、汚染知識の学者の本は読まないようにしたい。

  

 日本文化・文明は、10,000年以上前の超古代から世界に先駆けて芽生えているのであり、磨製石器と”もったいない”思考で生まれた細石刃の文化である。

   

<2012,1,24「大人の古事記講座」47、冒頭19、スヒヂヒ>



* 日本は何万年も前から独自の文明を築いてきた凄い国である。例えば中国土器は、8000年前程度が最古である。日本のように進歩の過程が無く、この頃完成品を学んだようだ。

   








最終更新日  2014年02月15日 12時21分18秒
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

お気に入りブログ

五月端午の吊るし飾… New! 十五屋お照さん

学術会議騒動に欺瞞 ムッシューアラダさん

ピアノ発表会でハー… 47弦の詩人さん

古代史から、現在を… yamato021さん
ながと忠恕 渡辺雅春さん

コメント新着

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.