1062729 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本を考える三島のブログ

PR

プロフィール


yamato019

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

楽天カード

2014年02月20日
XML
カテゴリ:日本を知る

 

   

  大人の古事記講座56、国生み イザナギ・イザナミ4

   

  はじめに

   

 前回はイザナギ・イザナミの国生みは、通説は結婚の話であるが、宇摩説はふらふらしている国内の再構築であり、演芸で説得したが失敗と、解いた。

   

 話は、この再構築が失敗して「子の内に入らず」の所までであった。今回は不調原因究明の相談に高天原に戻るところから始まる。通説・原文を、「やさしい古事記講座」から、コピーする。

        

 なお、「やさしい古事記講座23」は、ここまでの宇摩説のイザナギ・イザナミのマトメを書いているので、宇摩説の解釈がどのように関係するか、読んで欲しい。

   

 また、大人の古事記講座の国生みの失敗の後の動きは、「やさしい古事記講座24」にあるので、ここから一部コピーと、URLを載せる。   

   

   

  やさしい古事記講座23  イザナギ・イザナミ4

   

http://kabu003himiko.iza.ne.jp/blog/entry/379837/

    

 この23は、宇摩説の国生みのここまでのマトメを書いている。宇摩説の解明がどれほど多くの謎を同時に解くかなど、面白いマトメである。

   

  

  やさしい古事記講座24 国生み イザンギ・イザナミ5

   

http://kabu003himiko.iza.ne.jp/blog/entry/380050/

   

<コピー>

 

 通説


        ***** 講談社学術文庫 ******
 ここに二柱の神議(はか)りて、云わく、「今、吾が生む子良からず。なほ、天つ神の御所(みもと)に白(まを)すべし」と云ひて、即(すなわ)ち共に参上(まいのぼ)りて、天つ神の命(みこと)を、請ひたまひき。

   
 ここに天つ神の命もちて、フトマニに卜(うらな)ひて、詔(の)りたまはく、「女先に言ひしによりて良からず。また、還り降(くだ)りて改めて言え」とのりたまひき。
  
 故(かれ)、ここに返り降りて、さらに、その天の御柱を往き廻ること、先の如し。
  
 ここにイザナギの神、先に、「あなにやし、えぇ、をとめを」と言ひ、後に、妹、イザナミの神、「あなにやし、えぇ、をとこを」と言ひき。
   
 かく言ひ竟(を)へて、御合ひして生み子は、淡路之穂之狭別島。
   
次に伊予之二名島。この島は身一つにして面(おも)四つあり。面毎に名あり。

   
伊予国を愛比女と云う。讃岐国を飯依り比古と云う。
粟国を大宜都比女と云う。土左国を、建依別と言う。
        *****         ******


  原文
 於是、二柱神議云、「今吾所生之子、不良。猶宜白天神之御所」
即、共参上、請天神之命。

   
爾、天神之命以、布斗麻邇爾卜相而、
詔之、「因女先言而、不良。亦、還降改言。
  
 故爾反降、更往廻、其天之御柱如先。
   
於是、伊邪那岐命、先言、「阿那邇夜志愛袁登売袁」
後妹、伊邪那美命、言、「阿那邇夜志愛袁登古袁」
  
如此言竟而、御合、生子、淡路之穂之狭別島。
  
 次生、伊豫(予)二名島。此島者、身一而、有面四。面毎有名。

   
故、伊予国謂(言)、愛比売。讃岐国、言飯依比古。粟国、言大宜都比売。土左国、言建依別。
   

* 史学の夫婦の子供が良くないので、高天原に相談に行くとの解釈より、宇摩説の国固めの演芸で失敗したから、高天原に相談に戻った解釈のほうが適切であろう。

   

* 宇摩説の解釈では、イザナミは国津神の役であり、国側からの要求を無制限に聞いていると交渉は失敗するから、高天原役のイザナミから、声をかけるように言ったものだ。

   
* つまり、国津神(相手)に主導権を取られると、交渉は失敗するということであり、これは様々な交渉、国交から商品販売までの現在に通じる基本的知識であろう。

   

* 古事記は宇摩説のように、科学的・歴史的・合理的に読めば、国の外交から、自分の人生・仕事にも役立つものであり、歴史学となるのだ。

   

<2012,2,3、「大人の古事記講座」56 国生み>

 

   

* 現在の団体交渉と言えば"労組"であり、イチャモンと屁理屈で無制限に経営側に要求する。団体交渉との名の元に幹部が賃上げをチラつかせて組合費ほかで、組合員も食い物にする組織である。

 

* 古事記で宇摩説が解いたように日本は2000年以上前の古代から話合いの社会を作っていた。世界では紛争や戦争を経て現在の話合いの場が出来た。平均的に世界は2000年遅れている。凄い日本である。

 

 







最終更新日  2014年02月20日 10時47分01秒
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

お気に入りブログ

つるし雛 第205番手… New! 十五屋お照さん

封書の切手 ムッシューアラダさん

「文化芸術による子… 47弦の詩人さん

古代史から、現在を… yamato021さん
ながと忠恕 渡辺雅春さん

コメント新着

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.