657258 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ミコ助くん日記

★大島優子豆知識【AKB48卒業曲決定編】

大島優子、AKB卒業曲で大暴れ「マイク飛ばしちゃった…」

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』でAKB48からの卒業を電撃発表した大島優子(25)が、新曲「前しか向かねえ」2月26日発売)で単独センターを務め、同曲が卒業シングルとなることが24日、わかった。都内で行われた『AKB48リクエストアワー セットリストベスト200 2014』の2日目公演で発表され、同曲を初披露した。

 アンコールで選抜16人が一人ずつ発表され、最後に「三度目のセンター 大島優子」の文字がスクリーンに映し出されると、2000人の観客が割れんばかりの拍手と声援で祝福した。「私らしく最高に暴れますので、ついてきてくれますか~」とあおった大島は、マイクスタンドをブンブン振り回し、マイクを客席に吹っ飛ばすほどの暴れぶり。後列の渡辺麻友(19)のマイクを半分借りて急場をしのいだ後は、こぶしを突き上げ、ヘッドバンギングし、飛び跳ねまくった。

 歌い終わるなりヘトヘト状態の大島は「マイク飛ばしちゃった…」と反省。前日の同イベントでサプライズをネタバレし、冷や汗をかきまくっただけに「絶対、きょうは“やらかさない”って決めてたのに…」と苦笑いし、「大丈夫ですか? けがなかったですか?」と肩で息をしながら観客を気遣った。

 AKB48の春恒例の卒業ソングは、明朗快活な大島センター曲にふさわしい「ロックな前向き魂ソング」。大島の思いを受けた秋元康総合プロデューサーは「今が楽しくても 永遠に続くわけじゃねえ しがみつくな」「新しい世界に ビビってるけど もう後には引けねえ」「旅立ちの時 思い出は捨てて行け」と歌詞で背中を後押しした。

 過去5回の総選挙で1位2回、2位3回と圧倒的な人気を誇る大島だが、単独でセンターを務めるのは、総選挙選抜シングル「ヘビーローテーション」(10年8月発売)、「ギンガムチェック」(12年8月発売)に続き、1年半ぶり3回目。秋元氏から指名されたセンターは本作が最初で最後となる。(オリコンより)



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.