140778 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


魔婆斗

Calendar

Favorite Blog

再喫 ベントレー「… New! SS900IEさん

秋桜日記 もんちゃん0709さん
碁盤を囲んで hexagobanさん
朝はパン、夜はごはん pinceanaさん
碁法の谷の庵にて 風の精ルーラさん

Comments

Geneva@ Re:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) t_g_sabaki様 ご無沙汰しています。 お元…
魔婆斗@ Re[15]:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) happynobuさんへ 心配させてごめんなさい…
happynobu@ Re:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) sabaki! sabaki! sabaki! sabaki師匠 改…
魔婆斗@ Re[1]:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) happynobuさんへ 改めましてお久しぶりで…
魔婆斗@ Re[12]:かつてのネット碁(YAHOO!)仲間(03/12) happynobuさんへ ナニ?happynobu? その…

Headline News

2017.04.11
XML
カテゴリ:


真っ向勝負

前戦からじつに6年半が経過していた。
初対局で惨敗を喫し、もはや一生かかっても勝てないのではないかとさえ思えた。
しかし、魔婆斗は地獄から這い上がってきた…なんて書くとやや大げさだが、ほとんどライフワークとさえ思っていたのは事実だ。その間、世の中が大きく変わった。もはや最強プロにさえ勝つAIが出現し、一方、級位者レベルには手ごろなソフトがごろごろ―PCは高段級、携帯ゲーム機や携帯電話アプリでも、魔婆斗レベルにはかなり近づいている。そんな中、手軽というか安易な世界に逃避していたのも事実だ。
だが、眠っていた「天頂の囲碁」を引っぱり出し、再びカンを取り戻したという自信が、「天頂2」への再挑戦につながった。
前戦では初手天元という、奇を衒った戦法に出た。今思えば気負いというか、潜在的な恐れがあったのだと思う。
黒1―。今回は奇策を用いず、まずは正攻法で行こうと思った。正面からの真っ向勝負である。
天頂は白2と星。同じ星でも左下だったので、黒は左上3の小目を占める。白2で左上の星だった場合、黒右下の小目を占めるのと同じことである。当然、次は黒5とこちらにカカっていく。白6の受けに、黒7はミニ中国流。よくある戦法である。
白8の高ガガリに、黒9は好きな定石。続いて白10のハネに黒11とノビるのが好みである。9の右のヒキではない。実利派の魔婆斗でも、こういう手がけっこう好きだったりする。白ツキアタリに黒13とノビたとき―


       <参考図>

弱いソフトだとAとかBとかツイだり、あるいはCあたりにヒラいてくるが、さすがに天頂2、そんな甘い手は打たない。白14の定石手順に、黒15の切りは当然。戦闘開始である。






Last updated  2017.05.10 00:31:01
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.