000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

●研究美術●ミマキング診療所

診療結果5/4.03



どんなイベント?「アートマーケット/弁天ふ頭魔法商店街」

診療結果5/4

本日も薄曇りながらも暑い。
弁天埠頭はかなり私好みの場所のようだ。
一眼レフを持って行けばよかった。
昔の船着き場跡。
本日の診療所
本日の診療結果。9人。
連休中日のせいか、古い疲れをのこしているタイプが多く、(5人)
モんぐばがモという日常的なストレスに対抗してでき
あがったモ普通のモこりのある人が少なかった。(2人)
今回以外によく見られたのは通常は頭と首の付け根に
生息するモ化石モが肩の前側についていて支えている人
だった。(2人)いままででも何人かみられたが
一日に二人いることはなかった。
あと一見やわらかい背中だが中の芯が異様に固まっている
モ疑似こりなし肩モ(1人)堅さはモアスファルトモ。
これは本人の自覚通り、完全に凝っている状態。
堅い芯がすぐ皮の下に存在する者(3人)
堅さはモ乾きかけの粘土モモさびた鉄モモ均等にただ固いモ。
モタイヤのゴムモに覆われた者。(1人)
合計5人もの人が芯に固いものが広がっていた。
2人に1人は芯ありということになる。
この確率も今までにない堅さだ。
季節が関係しているのかもしれない。
寒暖の差が激しいので、身体の内と外のあいだにある背中に
シャッターをおろして内臓が温度差にやられるのをふせいで
くれているのかもしれない。
あと特筆しておかないといけないのは、
身体の凝りの害をじかにこうむらないようにするために
身体がみずからモ疑似こりモをつくりだして
それを肩甲骨と背中の奥との間に挟み込み、
なにか違和感を感じればすぐに腕をまわしてごりごり
ゆわせて緩和させてくれるモノ(今回のはモ砂袋モ)の
存在。一見悪いものに見えるし違和感が強いのだが
どうもそうでもないらしい。本来ならばモみるみるモが
いればもっと潤滑にクッションになってくれるのだが
まだそこまで滑らかではなく、とりあえずの代物のようだ。

携帯用みるみるは9匹売れました!

いい一日でしたー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.