153544 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

●研究美術●ミマキング診療所

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

夢日記

2008.03.20
XML
カテゴリ:夢日記
はじめて夢の中で動物を生かせることができた。
32年間、夢によく出て来るパターンがある。
必ず、動物(小動物)や赤ん坊を飼ってることを忘れて
気がついたらぐったりしていたり、動かなくなってしまったりする夢。
しまった!えさ(水)をやり忘れた!と思った時はもう時既に遅し。
というか飼ってたことすら忘れていたことにショックを受ける。
現実では携帯でたまごっちを育てた時も完全に育ててることを忘れて
ネグレスト(育児放棄)してしまい、ものすごく性格の悪い
たまごっちに育つことがほぼ毎回だった。
ところが、今回初めて、夢の中だけど、もらったうさぎがいて
一瞬は忘れかけたが、ぐったりする前に水を与えられた。
そして調子が悪くなればちゃんと医者にも見せに行き、
猫を飼ってる友達に手伝ってもらって、
死なせずにえさもちゃんとあげられた。
なんてことはない夢だし、ただの夢だけど、
みまきんぐがちょっとやさしくなれたような気がする。






Last updated  2008.03.20 19:42:23
コメント(0) | コメントを書く


2008.02.25
カテゴリ:夢日記
天変地異が続いている。
稲妻の次は竜巻。
学校の校舎から外を見ると竜巻が2種類
近づいて来ているのが見える。
学生のほとんどが校庭に出て竜巻と戦うべく
みんなで様々なフォーメイションを組んで待ち受ける中
私たち数名が校舎に立てこもって竜巻を待つ。
小さい竜巻は校庭の学生たちを襲い
それぞれがほうきでたたいてがんばっている。
大きなかたまりの竜巻の方が私たちのいる校舎を狙い
ものすごい超音波とともに暴風が来る。
校舎ごと持ち上げられて、投げ出される。
でもうまいこと受け身をとって助かる。
一人の科学者が校舎の中でその様子をパソコンにデーターとっていて
もう一度再現するから、飛んだ校舎にまた戻ってくれと
言われて、また体験する。
そして今朝の夢は、みまきんぐが女のままで男化する。






Last updated  2008.02.25 10:29:08
コメント(2) | コメントを書く
2008.02.23
カテゴリ:夢日記
ものすごい嵐。
ものすごい稲妻が走る。
そしてそれは確実に私を狙っている。
外部から襲われる夢の場合必ず実家の自分の部屋の
窓から見える風景として現れる。万博公園近くの
実家に引っ越しして初めて見たのが、
私を追いかけて来た太陽の塔だった。
最後に自分の部屋で震えて太陽の塔が去って行くのを待つ
というもの。毎回、襲われてもそこからの侵入はなかった。
今回、はじめて、その最後の砦の窓が破られる。
稲妻の勢いで土がえぐれ、窓が割れ、入って来た。
母親に「あれはあなたが呼び寄せたんだから、あなたに
すきがあったんだ」と言われ、次は稲妻が確実に私めがけて
入ってくるだろうと思われるところで、目が覚める。






Last updated  2008.02.23 17:50:52
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.06
カテゴリ:夢日記
久しぶりに夢を見た。
今からお風呂屋さんに向かう途中なのに
忘れ物を思い出す。
夜、寒い路地裏に自転車を止めて
夫を待たせて、家に取りに帰る。
駐車場からすぐそばの自分の家の戸が開いたまま
になっている。古いおんぼろアパート。
畳もぐんにゃりしていて寝室のすぐ横に
お勝手。ちょっと高台になっている部屋が
もう一つあってそこが玄関。
狭い部屋に友達が勝手に作品の試作だと言って
水を加えるとゼリーになるベッドを作り始めている。
どこで寝ればいいんよ!と聞けばこの上に布団を
ひいたらぷかぷかしてて気持ちいいで。との答え。
待たせている夫はそのまま路地で寝てしまい、
私は家でそのゼリーを砕き始める。

暗い夢だった。家の夢は自分の居場所を表していて
よく見るモチーフではあるが、また変換機を迎えたのか
変動があっても耐えられるということなのか。
去年の今頃は自分たちの結婚式もあって意識が
広がっていたのか、異様に広い豪邸になっていた。
久しぶりに芸大時代のような間取りと質感の家に
戻ったような気がする。あの頃のぽーよーの家。
そのイメージだった。私たちの原点。







Last updated  2007.11.06 20:33:22
コメント(0) | コメントを書く
2007.09.21
カテゴリ:夢日記
この一週間に起こった夢の出来事。
細胞が増殖して身体の一部がカエルの卵のように
増えていく病気がはやる。人間はそれには耐えられなくて
死んでしまうので、その細胞としては失敗だろうと思いながら
みまきんぐはどうにか回避する。
ある日なんかで空から街を見下ろした時
その細胞が無機物の新幹線に感染して増殖に成功していた。
カエルの卵のようにうねうねとそして行き場をうしなって
とぐろを巻く、新幹線。

砂浜を東京の太極拳の先生に引率されて進んでいる。
足下が時折さらさらとして落ちそうになる。
白い蛇がついて来るが、なんかよけいなことを言ってしまって
白蛇の機嫌を損ねてしまう。ぷいっとそっぽを向かれ
指をかまれてしまう。

とぐろを巻くのも蛇の陰の姿。白蛇が出て来るだけなら
吉夢だけれど噛まれたりするのもとぐろを巻いているのも
運気が下がるらしい。あ~さがるのか~!?






Last updated  2007.09.21 19:07:15
コメント(2) | コメントを書く
2007.08.24
カテゴリ:夢日記
ここのところ劇的すぎる。

まず、夫の実家に行くと夫の兄弟たちがみんな
となりあわせのマンションに住んでいて
そこのお風呂に入ることになる。コンクリートむき出しの
冷たそうな風呂場で、風呂桶もプラスチックだけど
外付け。中はつるつるに研磨してあるけど外側の加工は
してなくてFRP樹脂をガラス繊維にひたして固めた状態が見て取れる。
そんな風呂に、備え付けの透明な黄色の入浴剤を入れて入ると
次々とみんな不調になる。私なんかたっぷり
入浴剤を入れてしまった。どうやらそこに原子炉の
廃材が混入していたらしい。みんな被爆してしまった。
吐き気や頭痛やなんかの症状がみんな明日は我が身。
しかも一族みんな被爆。。。

そして次は空からの攻撃にあう。(実際には明け方雷が鳴っていた)
空爆に襲われ、古風な土産物屋さんや、木造家屋の民家に
逃げ込む。外は明るいのですぐに木造の家の陰が暗く
目がまわる。爆撃機に追いかけられているわけなのに
なぜか家の梁や柱や調度品にいつも目がいく。
どっかへ行く途中なのになかなか目的地にたどりつけない。
そうこうしているうちに国が滅び、ロシアへ投降。以降
ロシア人として生きていかないといけなくなる。周りは
大きな白い石作りの街になる。夫婦で住み着くが、日本人が
入ってはいけない場所がたくさんあって、うっかり街の施設の
扉の彫刻なんかに気をとられ柵を超えてしまうと憲兵に見つかって
銃をむけられる。なんか子供もできるが、全員、病気にかかって
しまい、親子3人で隔離病棟に入院する。子供はロシア語しか話せない。
ロシア語で私らの代わりに看護婦さんに「ティッシュくれ」と言ってもらう。

そしてあげくの果てに自分の乗っている電車がジャックされる。
南イタリアの学校に通うことになり、ようやく慣れた頃、級友と
大学時代の友達rokoとその娘のharuさんとで電車の旅に出る。
座席に座っていると、斜め向かいの席のお兄さんたちの足下のおおきな
ビニール袋に(松屋町=今住んでいるところの近くにあるおもちゃ問屋
で買った)莫大な量の花火と(おもちゃの透明プラスチックの黄色と緑の
水)鉄砲がちらっとのぞいている。それではっと気ずいてしまったある予感。
あれで列車ジャックするんだ!その人たちをそれとなく観察していると
隣の車両に移っていく。良かったーと思うと遠くの車両から爆発音。
その音が正確な間隔をおいてだんだん近づいてきて、
最後に私たちの車両にそいつらがやってきた。
やさしげにみんなに声かけ。うまいことみんなを盛り上げ、
輪になってゲームや遊びでなごやかな雰囲気をつくりつつ、
陰では花火(爆弾)をしかけ、着実に誰も逃れられないように銃
(水鉄砲)をつきつけている。でもそれを見たと言っても誰もうそだという。
rokoの子供もいることだし、とにかく外部に助けを求めよう思って
私一人、ばれないように自然に車両の連結部まで来て、列車のスピードが
落ちた頃に、飛び降りる。熱い地面に枯れた雑草だらけの殺伐とした大地。
通りすがりの女の人に助けを求めるが。。。言葉が通じない~!
残り2両しかなくなった列車もどんどん先に行ってしまった!

これがここ三日の間に起こった出来事です。






Last updated  2007.08.24 11:28:04
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.12
カテゴリ:夢日記
夢の中でも眠くて眠くて
それでも眠っては殺されるシチュエーション。
独裁者の統治する世界のなかで講義を受けている。
国語の授業のような教室で、何かの歌詞の文章の穴埋め問題。
必死で眠らないように文章の空きに絵を描いている。
休憩時間。トイレに並ぶもあまりもの眠さに断念。
トイレの横の駐車場に敷き詰められたじゃりのうえで
ふーっと眠りに入る。
その独裁者のイメージが東京の整体の先生で
眠っている間にあの先生はたくさんの人に技を伝えるだろう。
「でも眠っていたらミマキング診療所を他の人に伝えられないな」
となぜか思う。がんばって目をさまそうとする。夢。

そして夕方。たそがれ時に部屋が暗くなりつつあるけど
明かりをまだつけず、知り合いからもらった
中国語のDVDの「平成ぽんぽこ狸合戦」を観る。
ムービーCDとのことで中国語字幕さえ出せずまったく音声
中国語。ほとんど理解していないのになぜか
最後のクライマックスで涙してしまう。
狸子(リーズ)があまりにけなげで一生懸命で
がんばっていてかわいそう過ぎる!
最後に数のすくなくなった狸たちでめちゃめちゃがんばって
力をあわせて、壮大な日本の原風景の幻想を
見せるシーンから、涙がとまらない。
言葉があまりわからないせいで、感情が入り込んだのか。。。
だれも平成ぽんぽこ狸合戦で涙する人はいないだろうに!






Last updated  2007.05.12 20:54:44
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.02
カテゴリ:夢日記
最近夢見の日々。
強烈なのを三つ。

ひとつは、外国で政変に巻き込まれてバスで
どこかに連れて行かれる。小さな子供も一緒。
そのバスがすぐにバスジャックにあう。
銃を持ったグループのあじとへ。
壁だけの射殺場に並ばされてランダムに
選ばれて殺すか逃がすかの判定をうける。
となりの子供は逃がされ死ぬのを見ずにすむ。
自分の番が来る。頭をうたれた。
でも死ぬんは自分が死んだと思ったときだけやから
今は怪我したと思ってるから頭撃たれても死なへんねん
と思っている。学校で授業中にトイレにたつときのように
すんません病院行きますと言って出て行くが
もう撃ったから誰にも相手されないで次の人の
選別にいそがしそう。
その後は永遠に言葉と文字のわからない外国で
病院行きのバスを探し間違い日系人に聞いて
教えてもらい、お世話になった日系人の家で
一服するという話。。。

ふたつめは、知り合いの家に泊めてもらっている。
そこは水上家屋で木の床の下は深い水。
ちょっと外出するのにも泳いでいかないといけない。
その家の子供に泳ぎを教えてもらう。
なぜか一人で遠くの町まで行かないといけなくなり
あまり泳ぎに自信ないのに巣もぐりで細い路地を
浮力にあらがいながらどんどん降りていく。
そしてこんどは人が一人通れるほどの狭いところを昇っていくと
視界が一気に開け、広いところに白い巨大な遺跡が見える。
なぜか涙がでる。

みっつめ。
尾てい骨の裏の何かを手術でとらないといけない夢。
手術の準備を手際よくされるが、なぜか唾液4時間分の点滴。
など変なものばかり管でつながれる。
そして横でプリンターで印刷する音。
今から手術するやつのやり方をダウンロードしたから
プリントアウトしてんねん。といわれる。
永遠とプリントが続く。そんなんでええんか!と思うが
その後の40日間は安静しないといけない説明だけは
しっかりされてげんなりする。






Last updated  2007.03.02 10:48:43
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.26
カテゴリ:夢日記
何年か前も剣を持って大変しんどい戦いをする夢を
よく見た時期があった。久しぶりに最近また
闘う夢を見る。しかも以前のようにちゃんとした
中国武術的でなく、ショッピングモールで相手が
カマを持って襲ってきたから、対抗できる鍋を
水木さんと探して、買い込み、鍋をつかって闘う夢。
あまり記憶にはのこらない夢も多いがどうも最近は
夢の途中で目覚ましが鳴ることが多くてしんどい。

明日は新曲に太極剣を覚えたてながら表演します。
鍋でも持って行こうか。。。






Last updated  2007.01.26 21:00:09
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.19
カテゴリ:夢日記
最近見た夢で印象的なもの。

屋外の見はらしのいいコンクリートの広場に
直接布団をしいて寝ている。目が覚めると
遠くの海のそばにショッピングモールが見える。
その後ろで空の雲行きがおかしい。
他の通行人は誰も気づいてない様子。
私一人なにか危険を察して飛び起きると、雲がうねうねと
形を変えて、やがて天変地異が起こる。
ショッピングモールは崩れて、アスファルトの地面が
亀裂が入って割れていく。必死で布団をたたむ自分。
逃げまどう人たち。

また別の日の夢。
女子美の展示場所にパーてーションをたてて
展示兼作業場所をもらえる。そこで作品を作りながら
生活する夢。時たま自分の作業場所を忘れてしまい、
帰れなくて迷い、大きな滑り台をすべったりしながら
女子美の中を放ろうする。

最近、1日の中でやらないといけない事の要素が多い。
その代わり何もやらない日は一つくらいのことしかすすまない。
日曜日は、久しぶりの(休み明け)みるみるらいぶ。
台風接近の屋外ライブだったけど、何も心配してなかった
おかげでライブの後、片づけてから少々大粒の雨が降ったが
問題なくやれた。風の音はマイクに入ってきたが。
久しぶりだとまだまだ自分たちが気持ちよくなるまでには
到達しなくて、もっともっと頻繁に繰り返す必要を感じた。
新曲がかなり楽しくて次ぎのくだらない学校ではきっと披露できるはず!

そして今朝の夢。
くだらない学校のきんぐコラージュの準備をする夢。
本当にそろそろ手をつけないといけないということだー!






Last updated  2006.09.19 16:47:35
コメント(0) | コメントを書く

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Profile


mimaking

Favorite Blog

オカリナの調律につ… New! 岡梨奈孝至さん

1月25日 岸井大輔さん

重心移動が大事。 林沖さん

飛鳥兼オカリナ自転… 飛鳥兼さん
気まま日記 rei麗さん
宇宙のしっぽ 小林とむぼさん
rokoのくろっきー帳 roko777さん
水晶 クリスタルゆきさん
フラワーページ フラワー8700さん
みらいノ素(もと) miraicciさん

Comments

岡梨奈孝至@ Re:我が子の喜怒哀楽(02/13) 観生ちゃん、9歳のお誕生日おめでとう! …
samuel@ ZRPiXfxEJVRGAVg jv3sVM <small> <a href="http://www.FyL…
sammy@ VtGxAEBaZazaJQuGCL gFpKeJ <small> <a href="http://www.QS3…
sammy@ KjVwyhsimnlUus tSslGf <small> <a href="http://www.QS3…
sally@ ZXFydXXLcrIZTjwf dfHy7n <small> <a href="http://www.QS3…

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.