000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

・・・・・ みみスタイル ・・・・・

PR

全385件 (385件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 39 >

できごと

2015年07月20日
XML
カテゴリ:できごと
20数年ぶりくらいで、偏頭痛になった。

小学校後半から高校前半にかけて、私を苦しめた偏頭痛。

大人になって、すっかり忘れていた。

あの、ぴりぴりとした徐々に視野が欠けていく感覚を。

視野が欠けて、もとに戻った後にどれだけ頭が痛くなるのか・・・という不安な気持ちを。


たまたま街に出ようとバスに乗ったところで偏頭痛の前兆が起こった。

すぐに目的地に到着したので、夫に事情を説明して、お昼ご飯だけ食べて、一緒に急いで家に戻った。

家に戻ったときには、すでに頭の右側がズキズキしたけど、昔みたいに耐え難くて泣くほどの痛みでは無かった。

だからといって、起きているのは辛い。

寝室を暗くして、痛いほうの頭に保冷剤を乗せて、とにかく横になって休んだ。


この痛みは、これからまた頻繁に起こるようになるのだろうか?

たまたま三連休の真ん中だったから家で休むことができたが、仕事中にも痛くなったらどうしよう。

不安と、ズキズキした痛みが、ぐるぐるぐるぐる駆け巡る。


みみが、私のまわりをぐるぐるにゃ~にゃ~まわって、頭をゴチンゴチンとぶつけてくる・・・・・・。


そのうち、すーっと寝入ってしまって、ふと目が覚めると、頭の痛みはさっぱりと消えていた。

手のひらがふわふわした。

ふわふわみみ

あったかい。

ほわほわ。

なんだろう、大丈夫。

なんとかなるや。

連休が明けたら、病院に行って、偏頭痛に効く薬を処方してもらおう。






Last updated  2015年07月20日 16時18分25秒
コメント(2) | コメントを書く


2011年08月21日
カテゴリ:できごと
1ヶ月くらい前の話・・・猫


蔵王のお釜を見に行ってきました。

実は前にこちらに住んでいたとき、何度か見に行こうとしたことがあったのですが・・・しょんぼり

1度目:夫の職場の秋の一泊旅行(私はみみたんと留守番)
温泉旅館に一泊して翌日にお釜を見に行く・・・というプランだったらしい。

飲みすぎて具合が悪くなった夫は、とてもお釜を見に行ける状態ではなく、ひとり断念して帰ってきた・・・ほえー

2度目:リベンジのお釜
「お釜を見れなかったから、一緒に行ぐべ!」・・・ということで、夫とドライブ。

天気もよく、ドライブ日和。あとちょっとで着くのかな??

期待も膨らんだ・・・が!

まさか!まさかのガソリン不足!!

なんであらかじめ満タンにしておかね~んだ!何で途中で気付かね~~~んだ!

憤りながらスタンドがあるところまで戻ったものの・・・ナンダカンダで・・・「もう帰るか~」

引き返したぷー

3度目:さらにリベンジのお釜
11月頃だったっけか・・・ふふふ・・・エコーライン・・・冬季閉鎖でした泣き笑い

こうして三度もお釜にフラレ、そうこうしているうちに転勤。


あれから4年ほど経ったんだっけか・・・

再び戻ってきたので、今度こそ!と4度目のお釜ぐー

それはそれは暑い、晴天の日。

そもそもお釜がどういう場所にあるのか・・・、何度も行こうとしたわりには全く調べようともせず聞こうともせず、予備知識ゼロの私。

素足にサンダル履きの、とんでもなく軽装で車に乗り込みました。

途中、車が何台か停まっている場所があり、「絶景のビュ~ポイントなんじゃね?」ってなことでチョイと降りてみることに。

階段を少し登ると、お釜までの登山ルートの看板。

それを見ていた夫は、「このまま登るぞ!」と言い出したびっくり

いやいやいや、このカッコで?サンダルですが??

バッグも水もタオルも、車に置いてきちゃったけど???

「大丈夫だ、たいしたことねェって」夫がスタスタと登り始めたびっくり


途中、何度か「もうそろそろ引き返した方がいんじゃね?こんな軽装で、山の神が怒るんじゃね?」と言ってみたものの、夫、聞き入れず・・・。

30分以上登っただろうか・・・ようやくお釜らしきものが見え始めた!

もうすぐ目的地か??

               お釜1 001.jpg ヤル気がみなぎってきた!

ダダダッと駆け上がる嫁!

               お釜2 001.jpg

せっかく登っても、ガスで雲って見えないことが多いとのことでしたが、それはそれはくっきりとキレイに見えました。

                    お釜4 001.jpg

私達が登ってきた反対側から、人が続々と・・・

・・・みんな、リフトに乗ってきたらしいびっくり

そんな便利なものが、あったんか~~~ィ!

               お釜3 001.jpg 勢い付いて疾走!

走って下界へ戻りました・・・。

ま、キレイなもの見れたし、いい運動したってことで結果オーライですな。

さすがに、しばらくの間、疲労で膝から下がガクガクブルブル震えて大変でしたがナほえー

しかも・・・

                催促みみ.jpg お膝に乗せろニャ

暑くなってからは滅多にくっついてこなくなったくせに、急に膝に乗ってきたし・・・。

ガクガクブルブル震えながら乗せたし・・・。

                 催促みみ2.jpg ビクリとも動いたら駄目ニャッ

こんなカワイイの乗せてたら、動けないし・・・。







Last updated  2011年08月21日 22時49分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月06日
カテゴリ:できごと
ふぃ~!

長い長い停滞期から、ようやく少しずつ浮上。


あの3月11日を境に、私のまわりの色んなことが一気に変わってしまった。


あちこち移動することは慣れているつもりだった。

だから、離れることになっても、わりと速く気持ちを切り替えて立ち直ることが・・・できるつもりたった。

今までずっとそうしてきたから。

・・・たった1年と5ヶ月。

あんなに「坂が多すぎて住みづらい」と文句をたれていたのに・・・。

たった1年と5ヶ月で、私はいわき市を好きになっていた。

いや、いわき市で出会った人たちを好きになっていた。


4月末、震災の関係で転勤の話が持ち上がった時、自分が積み重ねて育んできたものが、音を立てて崩れるのを感じた。

立ち直れなかった。

それでも時間は残酷に過ぎて、やることは盛りだくさんあって、グッと我慢しながら引越しの準備に没頭した。

みんなと別れるのが辛くて、合間を縫って職場に顔を出した。


これまで、人付き合いは淡白な方だった。

その方が別れるときに辛くないから。

前に過ごした職場で、「もっと自分を出したほうがいい!勿体無いよ!」って言ってもらえて、今回は最初から自分を出して何事も頑張った。

それがこの苦しみを生むのならば、ひっそりと過ごしていればよかったのだろうか、とも思った。

でも、きっと違う。

努力に無駄なんか無いのだ。

私はまた新しい土地でも自分を出してやっていけるし、これまで出会ったみんなともつながっていける。

            水仙畑.JPG 心和む水仙畑

            一本桜2.JPG たくましく咲く石割桜

キレイなものをたくさん見ることが出来た。

決して忘れないし、また戻りたい。

必ずまた、訪れる。


               移動猫2.JPG しっかりシートベルト締めるニャ

                 移動猫.JPG 次はどこに行くのかニャ!


いわき市を離れ、以前も住んでいた杜の都に戻りました。

ここもまた被災地。

何かの役に立てる自分でありたい。


引っ越しが済んで半月経って、ようやく気持ちがストンと前向きになった。

今日からまた、日々の出来事や気に入ったもの、何より、みみたんのことを綴っていこうと思う。

           落ち着く猫.JPG この場所がお気に入りニャ~!

            落ち着く猫2.JPG オマエもはやく落ち着けニャ

常に前向きなみみたんを、私も見習わなければ!






Last updated  2011年06月06日 15時52分32秒
コメント(10) | コメントを書く
2011年04月24日
カテゴリ:できごと
私は、道の駅巡りが好きだ。

旅行やドライブなどで道の駅を発見したら、ほぼ必ず立ち寄って何かを買う。

転勤先の近辺に道の駅があれば、かなりの頻度で通う。

その地域の農産物・水産物を身近に楽しめる道の駅が、私はとても好きだ。


先々週、道の駅よつくら港は今、どうなっているだろうかと気になって立ち寄った。

四倉海岸沿いに位置している為、そこら辺一体はほとんど津波に襲われたという。

夏場はキラキラと太陽の光きらめく観光地の一つだった。

        道の駅.JPG 道の駅2.JPG

        道の駅3.JPG 道の駅4.JPG

芝生の上で子供達が走り回り・ベンチで思い思いノンビリくつろぐ人々の姿が見える、憩いの空間だった。

言葉もなく正面入り口付近に近づくと、数名の方々が、中の瓦礫を片づけている姿が見えた。

23日に、道の駅よつくら港復興支援イベントとして、会津の道の駅(9駅)がこの場所に集結して、自慢の料理を無料提供するのだと言う。

チラシを1枚頂いた。




そして23日当日。

外はかなりの雨。

        当日.JPG 当日2.JPG

道の駅の建物周囲の瓦礫は片付いていたものの、パッと外から見ただけでは、中でイベントなどやっているようには思えなかった。

                  当日3.JPG 正面に回りこむと・・・

                 当日4.JPG

                  当日5.JPG

手打ちそばや、玉こんにゃく・焼きそば・・・たくさん。

「ふるまいですよ!炊き出しと一緒ですから!頑張りましょうね~、一緒に頑張りましょう!」

そうやって、声を掛け合っていた。

                  当日6.JPG

「これから、じゃんけん大会やりますよ~!」の掛け声に、急いで夫と列に並んだ。

大きなテーブルに、お菓子の袋やら喜多方ラーメンやらアレコレ。

「勝ったら、好きなものをもらってちょうだい。負けたら・・・また並び直してね~!」

私の番!ジャンケンポン!!

勝った!

「お好きなの、ど~ぞ!」

あまり迷っていると後ろの人(夫だが・・・)に悪いので、パッとお菓子を手にして列から外れた。

次は夫。

ジャンケンポン!

負けた・・・。

が、係の人はそのまま「ハイ!ジャンケンポン!」と続けてくれた。

後ろに回らなくても、必ず勝たせてくれるつもりだったらしい。

負けて負けて負けて負けて負けて負けて・・・「どんだけ負けるんじゃいっ!」と思わず声をかけてしまったくらい負けて・・・。

やっとのことで勝った夫は、少し涙目。

周りの人も、笑っていた。

たくさん美味しいものを食べて楽しませてもらったので、私達もいつもよりたくさん買い物をした。

                    当日8.JPG

またこの場所が、みんなの憩いの場となるように


                 当日7.JPG 羊の親子も応援

                
                    ☆☆☆ そして報告会 ☆☆☆

みみたん、これこれこういう催しがあったんだよ。

                     しあわせ猫1.JPG フム・・・

嗚呼、みみたんのお土産ないんだった・・・怒ってらっしゃる・・・?



                     しあわせ猫2.JPG ・・・ヨカッタニャッ






Last updated  2011年04月25日 22時19分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月22日
カテゴリ:できごと
昨年の今頃は自転車でほぼ毎週、川沿いをサイクリングしていた。

                新川沿い.JPG 新川沿いの桜

あまりキレイな川ではないのが残念なところだけど、菜の花の黄色と桜のピンク色が春らしくていい眺め。

駅方面とか、よく行く目的地への最短ルートだと気付いてからは、しょっちゅうこの道を自転車で走った。


雨で散ってしまう前に撮っておいてヨカッタな~。



           外ねこ.JPG 外猫、発見!

                外ねこ2.JPG スタスタと行ってしまった・・・

あの最悪の日からちょうど1ヶ月後の4月11日。

またしても震度6弱の大きな地震があった夕方。

刻一刻と辺りが暗くなっていく中、電気も点かず懐中電灯を持って、数分ごとに繰り返す余震をみみと一緒に我慢した。

外は雷雨。

窓の外をみると、1匹の猫が雨の中を右往左往しながら逃げていくのが見えて、涙が出た。



先日、職場の友達Mさんが18リットルの給水缶を返却しに来た。

私  :「また断水するかも知れないから、ずっと持っててよかったのに」

Mさん:「いや~、また断水するかも知れないから、私も買ったんだ」

お礼にと、ビール6缶、置いてった。

                 桜ビール.JPG 期間限定の桜吹雪~♪

しかし、なぜ、ビールくれたんだろ?

                  桜ビール2.JPG わかりきってることニャロ

みみたん、何で?

                  桜ビール3.JPG オマエが飲兵衛だからニャッ!

いい気分で、ビールを飲みたいねェ。






Last updated  2011年04月22日 23時49分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月19日
カテゴリ:できごと
市内の桜をいろいろ見て歩いた中でも、恐らく一番「キレイなもの見たな~さくら」と満足度が高いのではないかと思われる、小川諏訪神社のシダレザクラ。

例年ではライトアップもされて賑わうところだろうけど、今年はひっそり・・・。

それでも見事に咲いていた。

                   小川諏訪.JPG

                小川諏訪2.JPG

                小川諏訪3.JPG

                小川諏訪4.JPG

少し曇り空だったけど、それはまるで降り注ぐ光の雨のように美しかった。

                   小川諏訪5.JPG

今週末くらいで見ごろは終わりかな。


しっかり目に焼き付けたよ!

必ずまた、この桜を見に人々が集い・賑わいをみせるよ!



                   ☆☆☆ みみたんのカタカタ ☆☆☆

空気清浄機が作動すると、その上の風車がカタカタいう。

                   カタカタ.JPG カタカタ、始まったニャッ!

みみたんが、夢中でガン見目

みみたんが、変なボタンをピッ!と押す(ケツで・・・)。

                    カタカタ2.JPG カタカタ、止まったニャッ!

空気清浄機も、止まってますが~~~しょんぼり






Last updated  2011年04月19日 18時55分55秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年04月16日
カテゴリ:できごと
東北でいち早く桜が開花する、いわき市。

              大畑公園.JPG   

                大畑公園2.JPG


相次ぐ余震やら原発問題やらで不安がいっぱい・灰色な毎日を支えてくれるのは、やはり自然の美しさ。

淡いピンク色は希望の光。


三崎公園の桜を見に向かう途中、目に留まった桜。

             桜さく.JPG

              桜さく2.JPG

津波で倒壊した家屋に挟まれ、折れ曲がりながらも・・・潮を被り一時は水没したであろうに、ひっそりと健気に咲いていた。

               桜さく1.JPG

車を降りると、あたり一面ものすごい磯の匂い。

そんな中、瓦礫を片づけている浜のお母さん達の声の響きは、決して暗くは無かった。



             海.JPG 何事も無かったような海

             爪あと.JPG しかし爪あとは確かに





           小名浜.JPG 復興に向けて少しずつ前へ


みみたんはみみたんに出来ることを探して・・・

                  日常.JPG 箱に入るニャ

私も、私に出来ることを探して突き進むのみ!






Last updated  2011年04月16日 17時32分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月12日
カテゴリ:できごと
今までにないくらい隅から隅まで新聞記事を読んだ、実家での日々。

       新聞よむ.JPG ソロソロ・・・

                新聞よむ2.JPG 戻る時が来たニャロ

ぬるま湯につかってるかのように、妙にノンビリした守られた日々。

でも、私が今、生活していく場所は、ここではないのだ。

       いわき2.JPG 静かに浜辺に波が打ち寄せ・・・

            いわき4.JPG のどかに水遊びを楽しみ・・・

                いわき3.JPG 海水浴で活気付く・・・

                  いわき5.JPG 自然が美しいところ

坂が多くて、なんて不便で自転車生活に向かない街だろうかと最初は憤ったけど、ここでの1年間は、私を劇的に変えてくれたと思う。

色んな魅力を発見して、私は私なりにこの場所に根付いている。


様々なことが一度に襲ってきて、周囲は一辺してしまった。

生活も変わった。

テレビでは全く伝えきれていないほど、ダメージは大きい。

               いわき.JPG 潮風に揺れる可憐な浜昼顔

今年も咲くだろうか?


頑張れ・頑張れと言われても、そんなに頑張れるかよ。

もう充分頑張ってるぜ。


          でも・・・「がんばっぺ!」・・・この柔らかさが、いい感じ

                   みんなで乗り越えっぺ!

                                           
                日常.JPG 日常が戻ってきたニャ


まァ、地面がガタガタ言ってますが・・・、負ける気はしてません。







Last updated  2011年04月12日 22時23分22秒
コメント(8) | コメントを書く
2011年04月04日
カテゴリ:できごと
実家で、くーたくんの歓迎を受け・・・

                   コンニチハ.JPG アハッ!お久しぶりですゥ♪

余震の揺れもほとんど感じることなく、はやい時間にバタンキュ~!


朝。

腰にかなりの鈍痛を感じ、うつぶせの状態で目覚めた・・・ショック


何?この痛み・・・と思いながらゆっくり振り向くと!

                目の前.JPG ニクキュー?

                  足?.JPG ニクキューが私の肩に?

                    寝みみ?.JPG モゾモゾ動くニャよッ!

むィむィたん?

私の腰から肩にかけてをフルに活用して、熟睡していらっしゃいました大笑い

             ナメネコ.JPG 朝のお手入れ開始ニャッ!

               ナメネコ2.JPG 美猫はお手入れが大変ニャッ!

・・・美猫のお手入れが済むまで、ちょっとも動くことができなかったのでした。

腰の、鈍痛がヒドイんですけど~。

                 カユイ!.JPG ムグムグムグ・・・カユイにゃ・・・

あ、聞いてねェし・・・ほえー


そんな感じで、一時避難生活が始まったのでした(もう帰ってきてますが)。







Last updated  2011年04月04日 14時16分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年03月14日
カテゴリ:できごと
今日は、「自宅待機しつつ様子を見て自主的に出勤」というアバウトな指令を受けていた為、いつもよりちょっと遅めに、片付けに適したアクティブな服装で職場に向かった。

自転車でいつも通り慣れた道を走っていると、通勤時間よりもかな遅めのわりに大渋滞。

すぐ近くのスーパーで買出しの為かな?と思ったら、その斜め向かいのガソリンスタンドで給油待ちの渋滞らしい。

あの日はみみたんのことで頭がイッパイになりながら自転車に乗っていたのであまり気付かなかったけど、あらためていつものルートを冷静に見てみると、道路は何箇所も亀裂が入っていた。

壁が一部崩れた店舗。

塀が壊れた家。

今日の午前中はものすごく天気がよく・暖かくて、そして奇妙なことに、モヤがかかったように辺りが煙っぽくみえて気持ちが悪い。

職場の敷地にたどり着くと、ちょうど、見慣れた人たちが数名ワラワラと入り口から出てきた。

自転車に乗っていたので気が付かなかったけど、結構大きな余震があったのだそうだ。

1日に何度も何度も大きな余震があるので、かなり私は鈍感になっているのかも知れない。

老朽化した職場の建物は、震度3でも震度5くらいかと思うほどの揺れを感じる。

いつ崩壊してもおかしくない不安感から、揺れがある度に建物の中から避難し続けなければならない。

「来なくてもよかったんだぞ」

着いた途端から、上司に言われた。

「そんなこと言ったって、家にいてもオッカナイし、皆どうしてるかと思って」

職場に来ていたのは、私を含めると9人だった。いつもの半分ってとこか。

男性職員の数名は土曜日にも少し出勤したそうで、凄まじかった室内は、もとの通りではないけれどかなり片づけられていて、私は自分の席に座ることができた。

皆あれからどうしていたか、それぞれ話したり、冗談を言って笑ったり・・・そんなやりとりに心が落ち着いた。


余震がひっきりなしなこと・室内の惨状・原発の不安・・・、まだ仕事が再開できる状態ではないということで、着いて数十分くらいだというのに、すぐに解散となった。

ガソリン代を節約する為に自転車で来たという同僚と一緒に、スーパーへ買出しに行くことにした。

スーパーはすっかり品薄。スッカラカン。

あるものの中から、何を買ったらいいかアレコレ話しながら、同僚と一緒に買い物。

普段から無計画なので、私はこんな時、ホントにダメだなと痛感。

買い物を済ませ、「じゃあね」と言って、左右に別れた。

「じゃあね」

いつも安易に使っていた言葉が、何だかズッシリ重かった。


それから何時間か自宅で部屋を片付けたりして過ごしていると、突然、玄関のチャイムが鳴った。

ドアを開けると、午前中に職場で会ってバカ話したばっかりの上司二人が立っていた。

「はい!」っと渡された紙袋の中をみると、なぜか串焼きベーコンがギッシリ!

「ホワイトデーだから」「晩に焼いて食えばいい」とか言われた。

こんな時だから、お菓子をもらうよりもずっと実用的で嬉しい。

なんていい人達なのだ。

夫にも親にも言われたが、そして自分でもそう思うが、私は「人との出会い」に恵まれている。

しばらく外でバカ話の続きをした後、二人は水の調達に立ち去った。


ウチは集合住宅なので貯水タンクがある。

この2日間、大事に大事に使ってきたつもりだけど・・・もうすぐ尽きるだろうな。

19時過ぎに夫が帰宅して、ベーコンの串焼きメインで食事を済ませた頃、ついに貯水タンクの水は尽きた。

夫が「ぐわ~」っとタメイキ(?)をついた。

できるだけの水は溜めておいたし、給水所の場所はチェックしてある。

ガスはまだ止まったままだけど、電気は点く。

何より、私らは、一緒にいる。

                足 団結.JPG 足団結ニャッ!

足で、スミマセン・・・。


地震・原発・水・食料・・・まだ自分らのことでイッパイだけど、もう少し落ち着いたら、必ず何か、自分でも役に立てることをしたいと思う。


☆追記☆

メッセージをくださった方々、本当にありがとうございます!
皆さんの暖かい気持ちが伝わってとても嬉しく、すごく勇気付けられました。






Last updated  2011年03月15日 09時48分23秒
コメント(2) | コメントを書く

全385件 (385件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 39 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.