1976373 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

・・・・・ みみスタイル ・・・・・

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

幼少の「みみ」は・・・

2008年05月05日
XML
探し物があってダンボールの中を漁っていたら、久々に見つけたのは・・・

チビみみダー.jpg 何みてんデチカ~!

ぬああああ~っ!

チビみみ写真だ~~~!!

ちっちゃかったんだよ~、可憐だったんだよ~~!!!

       チビみみダ~.jpg オイラのおとうたんデチ~!

細かったんだよ~、こけしみたいだったんだよ~~!!!

そして鼻の頭と口がピンクだったっけぽっ

それが今じゃあ・・・

ふてぶてしいみみ.jpg おい!こっち来て足もめニャ

ふ・ふてぶてし~しょんぼり

ま~ね、今の方が丈夫そうでいいけどね~。


こどもの日、みみのこどもの頃を懐かしく思い出しました。






Last updated  2008年05月06日 00時13分32秒
コメント(8) | コメントを書く


2005年05月22日
よく考えたら、明日で「みみ」がうちに来てから2年でした!

結婚してわりとすぐに拾ってきたので、お互いに新米家族だったんだなぁ。

みみちゃん、はーい 仔みみです。
可愛いみみちゃん! はいニャー!

みみを拾った神社の前(通称:みみ神社通り)を通る時に、よく、みみはどこで産まれたんだろうと考えます。

1.出会った瞬間から私に甘えてきたので、生粋の野良猫の子供ではないに違いない。

2.飼われている猫が産んだ仔が、1匹だけ迷子になった?

3.飼われている猫がたくさん子供を産んだため、神社に捨てられてしまった?

4.神社の中に、箱にいれて何匹かの兄弟と一緒に捨てられたが、みみだけが箱を抜け出して歩いているところを私が拾った?

5・ちゃんとかわいがられて育っている仔猫(みみ)が、迷子になってしまったところを私がみつけて連れて帰った?

などなど・・・。いろいろ候補があります。

もしも5番が正解で、ホントの飼い主さんが探してて「張り紙」があったりしたらどうしよう・・と、みみを拾ってからしばらくは、ちょっとビクビクしながら神社前を通りました。

または、3番・4番が正解で、他にも捨てられた兄弟が近くにいたとしたら・・・というのも考えました。

みみは、どこで産まれたのか?

生後約2ヶ月の間はどのように育てられたのか?

今となっては分からないけど、そこから先を私が引き受けることができて、よかったよかった。

みみちゃん、はいよー 大人みみです。
うちの可愛いみみちゃん! はいニャー!







Last updated  2005年05月22日 21時05分53秒
コメント(12) | コメントを書く
2005年05月02日
「寝る子は育つ」といいますが、うちのみみも小さい時から寝てばかりいたから大きく育ったのでしょうか?

実は、みみの奴、体重5.2キロもあるんです!

病院で体重を量ってもらったときに、「太ってますか?」って聞いたら、

「そんなことないですよ。この体格なら、これくらいでも大丈夫」って言われたから、安心してるんですけど。

うちの旦那さんは、時々、「でぶ」と呼びます。

「違うから!太ってないから!」と私は反論し、せめて「てふ」って呼ぶようにと、頼んでいます。

でも、ご飯もそんなにたくさん食べてないし、ほんとに太ってませんから!

拾った時は、ガリガリの仔猫でした。

私の膝に乗って寝てても、そんなに重いと感じなかったっけ。

にゃっはー なんて、無防備な・・・。

むっふー まー!幸せそうな顔だこと。

今は大きくなっちゃって、膝に長時間乗られたら血が通わなくなりそうだけど、

みみの寝顔が間近にあって、楽しかったなぁ。






Last updated  2005年05月02日 22時38分28秒
コメント(10) | コメントを書く
2005年04月28日
甘えみみ
昨日の「みみ」です。「なでられるの、だーい好きにゃ」

ゴールデンウイーク突入です!

今年は、映画を観に行くことと、1泊旅行に行くことが計画済み。後はどう過ごすか考え中です。

ところで、動物と暮らしている方々は、旅行の時、どうしているのでしょう?

うちは、2泊までは、みみに留守番として頑張ってもらっていました。(トイレは、2個設置)

しかし一度だけ、みみが生後5ヶ月位の時に1週間ほど旅行に出たことがあります。

新婚旅行でした。

その時は、いつもお世話になってる動物病院のペットホテルに預かってもらいました。

ついていくにゃ
旅行の準備中、トランクに入り込み荷物の一部と化した「みみ」。涙を誘う・・。

旅行中も、何かと「みみ」を思い出しました。

無事に旅行から帰り、すぐに迎えに行くと・・・・

「ぶにゃー」

??????声が変!声変わりでもしたみたい・・・・。

多分、病院でずー―っと鳴いてたのではないでしょうか。

不憫で、またもや涙を誘います。

家について落ち着くと、やっとゴロゴロと甘え始めた「みみ」。

ごめんね、みみ。あの、かすれた声を聞いた時、とっても心が痛んだのよ。

旅行は楽しみ。だけど、みみも一緒に楽しめたらいいのになぁ。











Last updated  2008年02月03日 14時22分55秒
コメント(10) | コメントを書く
2005年04月25日
みみが小さかった時は、まだ私もバイトを始めてなかったので、ずっと家にいました。

午前中、洗濯とか掃除とかをしている間、みみは部屋を走ったり窓の外を見たりして楽しんでました。今も大体そんな感じですが・・・。

んで、やっと一息ついて、お茶とか飲みながら本を読んでると、みみが私の方へ走ってくるのでした。

そして、あたりまえのように「どっこいしょ」という感じで膝に乗る、みみ。

伸びるみみ
一番好きな写真です。うれしそうに笑ってるみたい・・・。

一度寝ると2、3時間は起きないので、その間の私は、たとえ足の裏がかゆくても、たとえトイレに行きたくなっても、たとえお昼になってお腹がぐうぐう鳴ってても、我慢してましたっけ。

伸びるみみ
よく寝てるので、足をつかんでみましたが起きませんでしたね。

だんだん「長い猫」の片鱗を見せ始め、すくすくと伸びて(成長して)います。

どっちにゃ?
どっちも、同じ「みみ」だよー。

お気に入りの写真は大きくして額に入ってます。

起きてる時の顔は、まだまだ子供の顔してますね。






Last updated  2005年04月25日 20時52分13秒
コメント(16) | コメントを書く
2005年04月24日
昨日、みみが子供のころの写真を出してみてたら、まだ2年しか経ってないのにすごくなつかしく思えました。

「やーっ、こんなに小さかったっけー?(私)」

「昔はもっと、膝の上に乗ってくれたよなー(旦那さん)」

ものすごく人なつっこくて、拾って来たその日から、私にも旦那さんにもベッタリくっついてたっけ・・・・。

仔みみ
まわりには何があるにゃ?

仔みみ2
わーい、もっと遊んで遊んでー!

仔みみ3
はぁ、疲れちゃったニャ。おとーたんのお腹あったかいニャ・・・。

拾った時は、おそらく生後2ヶ月くらいだったのでは・・と思います。

仔猫の雄雌の見分け方をよく分かってなかったので、いろいろ検索して調べたものでした。結局、間違えたけど・・・・。

みみを拾ったのは神社の前の歩道だったので、今ではその神社を「みみ神社」と呼んでいるのでした。







Last updated  2005年04月24日 22時13分53秒
コメント(20) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.