112923 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミムゾー日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ミムゾー

Category

Favorite Blog

コロナショックの暴… 山田真哉さん

小哲姉の毎日。 小哲姉1116さん
デジタルカメラで記… デジタルカメラで記録を残そう.COMさん
ハッピー読書日記! ハッピーしんちゃんさん
福岡・はかた(博多… はかた麺さん

Freepage List

Comments

たかなし@ Re:何気なくサイトを開いてみたら・・・(09/21) 毎月、三村さんに笑うととても似ている 横…
無料@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
無料@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
土屋@ Re:気がつけば1年…(12/17) お久しぶりっす、行方を捜していましたわ…
王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
Nov 10, 2006
XML
カテゴリ:会計・仕事
 先週の週間ダイヤモンドは「中小企業の悩み全解消」というタイトルだったので、興味をひいたので読んでみました。
その中で、節税に関して「資本金1億円以下にするとこれだけお得」というコラムがありました。




【法人税の特典】
1.法人税の計算上、軽減税率(22%)が適用できる
2.交際費が経費扱い(400万円までは9割の経費処理ができる)
3.少額減価償却資産の特例(30万円未満の減価償却資産は全額損金算入)
4.特定同族会社の留保金課税(自己資本比率基準を適用できる)
5.欠損金の繰戻還付制度
6.各種特別償却及び特別控除など

【地方税の特典】
1.事業税の外形標準課税(赤字でも課税)が対象外
2.都道府県民税及び市町村民税の均等割(東京都なら330,000円の減少)

【税務調査の特典】
資本金1億円未満にすると、原則国税局管轄から税務署管轄に変更になる





赤字で強調した「外形標準課税が対象外になる」というメリットは、多くの企業で意識していることだと思います。



最近読んだ産業再生機構事業再生の実践という本においても、再生の対象事業者のグループ子会社や関連子会社について減資手続きを実行するケースもあったそうです。


個人的には、事業成長のための資本政策がまず第一優先だと思うので、成長ステージでは節税を意識して資本金1億円以下にこだわるべきではないと思いますが、成熟産業で今後ファイナンスの予定がない企業にとっては、減資ということも一つの選択肢かもしれませんね。







Last updated  Nov 10, 2006 05:46:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
[会計・仕事] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.