000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミムゾー日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ミムゾー

Category

Favorite Blog

“優良株”600万円を買… 山田真哉さん

小哲姉の毎日。 小哲姉1116さん
デジタルカメラで記… デジタルカメラで記録を残そう.COMさん
ハッピー読書日記! ハッピーしんちゃんさん
福岡・はかた(博多… はかた麺さん

Freepage List

Comments

たかなし@ Re:何気なくサイトを開いてみたら・・・(09/21) 毎月、三村さんに笑うととても似ている 横…
無料@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
無料@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
土屋@ Re:気がつけば1年…(12/17) お久しぶりっす、行方を捜していましたわ…
王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

テニス

Dec 21, 2008
XML
カテゴリ:テニス
来月末で松本を離れる僕のために、テニスの同学年の友人が壮行テニス大会を
開催してくれました。

なんと大会名には、自分の名前を冠してくれました。
自分の名前が大会名になるなんて、自分で開催する以外にはありえないことだ。


その前日には、小学生からの付き合いであるOgiくんがわざわざ新潟から駆けつけて
くれました。
友人のYokoやんとHiroさんとも一緒に派手に前夜祭をしましたよビール


大会は9時30分くらいにスタート。
形式は6チームによる団体戦方式。


午後からは雨が降り、強風の悪天候にもかかわらず、ジュニアを含め30名くらい
の方々が参加してくれました。


何よりも良かったのは、小学校からのライバルであった同学年のMasaやHiroさんが
楽しそうにプレイしていたことや、元北信越チャンプだけど今は97キロのOgiくん
がフラフラになりながらもプレイしていた光景を近くで見られたこと。

長野県を代表するレベルのメンバーが真剣に、そして楽しくテニスをしてくれた
ことは本当に楽しかったです。


夕方4時30分くらいにお開きとなり、1位タイの2チームには、ささやかながら
御礼の商品をお渡しさせてもらいました。
宝くじは当たっているといいなぁ。


表彰式の後スピーチさせてもらいましたが、そこで思わぬサプライズが…


なんと今日の大会の参加費で、参加した皆さんがラケットバッグを選別にプレゼント
してくれました。
10年以上使っているボロボロのラケットバックを見かねて買ってくれたものです。

本当に感動です大笑い



企画そして運営してくれた、Ajiくん、青ちゃん、Aoi,Masa 本当にありがとうござい
ました。
また、忙しい中参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

Katoちゃん、残念ながら参加できなかったけど、いつもThanksです。


夜は午後からかけつけてくれた、Yoshimichi、山慎、Masa、Ajiくん、Aoiと食事をする
ことができました。



今日は、なんだか結婚式を思い出すような1日でした。


テニスを通じた縁ですが、いつか必ずテニスを通じて恩返しをしたいと思います。



皆さん、最高の1日+前夜祭をありがとうございました!

















Last updated  Dec 26, 2008 10:50:14 PM
コメント(33) | コメントを書く
Oct 13, 2008
カテゴリ:テニス
長野県テニス選手権のダブルスは、10月4、5、13日の3日間に渡って行われました。

ペアは同学年のAJIくん。
参加数は40でしたが、AJIくんのランキングが高いので、なんと第7シードとなりました。


10月4日(土)
シードということで1回戦がなく、2回戦からのスタートとなりました。
会場の南部屋内が4面しかなく、3セットマッチということで、15時くらいまで朝から
待ちました…

2回戦の相手はダブルス巧者のベテランペア。
できれば緒戦で当たりたくなかった相手だ。

ところが立ち上がりから2人で絶好調で、6-0、3-0と9ゲームを一気に連取。
そこからシーソーゲームになったものの、6-0、6-4で2回戦を突破。
翌日の3回戦に進出!!


10月5日(日)
3回戦の相手も、ダブルス巧者のベテランペア。
早い球は来ないものの、ボレーが上手い。

遅い展開になると相手ペースになると思い、AJIくんも自分も打ちまくる。
2人ともリターンの調子が良く、6-4、6-2で3回戦も突破!
シードを守る形でベスト8に進出しました。


準々決勝の相手は、第3シードの社会人になったばかりのヤングペア。
サーブのスピードは超一級品。

立ち上がりは硬さがあったのか、ファーストセットはあっさりと2-6で
落としてしまった。
セカンドセットに反撃に出て、相手のビックサーブのブレークに成功し、逆に
6-3でセットを奪取。

ファイナルセットは一進一退の攻防が続き、5-5まで競り合う。
5-5で相手サーブが乱れ、なんとブレークに成功。
6-5の場面で自分のサービスゲーム。
とにかくファーストサーブを確率良く入れることに集中しました。
ほとんどファーストサービスが成功し、がっちりキープに成功して、ファイナルセット
7-5で勝利!!

なんとベスト4進出!!
本当にシビれる試合でした!



10月13日
準決勝の相手は、第8シードの実業団ペア。
Nくんは同学年で、Kさんは自分がジュニアの頃コテンパンに負けたことがある。


立ち上がりから一進一退の展開で、ファーストセットはタイブレークへ。
4-2とリードしたものの、そこから反撃され、結局6-7でファーストセットを失い
ました。


第2セットは、自分のフォアリターンはことごとくネットに突き刺さるものの、
ペアのAJIくんのプレイが素晴らしく、6-2でセットを奪い返す。
勢いは最高潮。


準々決勝に続いて、この日もファイナルセットへ。
ファイナルセットは相手が再び集中力を増し、ワンブレークを許した結果、3-6で
敗れてしまいました _| ̄|○


勝った試合も負けた試合も紙一重。
ベスト4まで行けたのは、本当にペアのAJIくんのおかげです。

同学年ペアだと、気兼ねなく作戦が立てられるし、支え支えられる関係性が50-50
な感じで、とてもプレイしていて心地いい。


長くテニスをやってきたけど、ダブルスでこれほどの充実感を感じたのは今回の大会
が初めてでした。
ダブルスレベルが上がってきているのを実感できた試合でした。


AJIくん本当にありがとう。
次回はもっと高いレベルの試合ができるといいね。
もっとレベルを上げるように練習するので、またよろしく!!


結果はこちら













Last updated  Oct 22, 2008 09:12:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 28, 2008
カテゴリ:テニス
今日はジュニアの大会のロービングアンパイアに参加してきました。

大会は、中牟田杯という15歳以下の年齢の北信越予選。
男女16人ずつがエントリーし、初日が4人一組のリーグ戦、2日目が順位決定トーナメント
なのですが、自分は2日目の順位決定トーナメントのロービングアンパイアに行きました。


そういえば、昔自分がジュニアだった頃は、まだこのような予選はなくて、北信越から
協会推薦という形式だった。
自分は早生まれの特権を生かして、1回出場できた。
福岡までわざわざ行って、1回戦でボロ負けしてスゴスゴ帰ってきたな…


北信越から全国へは5名の切符があるので、順位決定戦はまさに真剣勝負。
最近のジュニアはとてもハイレベルである。
どの試合もとても激しい。


このジュニアの試合を見ていて感じたことがある。



この予選に出場している選手は、この北信越の高いレベルで切磋琢磨して、この試合
中にかなり進化している。
そして、全国に出る選手は、全国大会でさらに強くなる。
つまり、トップの環境にいる選手達は、ドライブがかかるように強くなっていく。


これはビジネスの世界(特にプロフェッショナルな職種)でも同じことが言えるのでは
ないかと思った。
高い能力がそろう厳しい環境に身を置くか、漫然と過ごす環境に身を置くかで、成長
スピードは全然違うことになるのだろう。


また、こういったトップの人たちを超えるには、下のレベルの人は、きっと3倍くらい
努力しなければならないのだろう。
トップの人たちは、トップの人たち同士でもまれて、更に伸びる。
その人たちを超えるためには、相当な努力が必要なはずだ。




ジュニアの試合のロービングをしながら、ふとそんなことを考えておりました。
ジュニアのひたむきな試合姿勢に、とてもインスピレーションをもらった1日でした。














Last updated  Oct 5, 2008 09:06:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 13, 2008
カテゴリ:テニス
今日は長野県テニス選手権のシングルスです。

テニス選手権は、長野県で最も権威のある大会で、優勝者は全日本テニス選手権の予選に出場することができます。
男子シングルスは、長野県ランキング上位56名、主催者推薦8名の合計64名が出場できます。
権威が高いだけあって、なんと3セットマッチです。


自分は現在ランキング33位なので、出場することができました。


初戦は学生のSくんと対戦。
先日あるダブルスのトーナメントで、第1シードに勝っていた試合を目の前で見ていたので、試合前はタフな試合になることを予想していました。
ところが試合が始まってみると、自分のミスが少ない展開で、意外にも6-1、6-0の完勝でした。


そして2回戦。
相手は第6シードのKくん。
過去2回対戦しているが、いずれも一方的に負けている相手だ。
相手は22歳と若く、ストローク力と脚力が素晴しいので、こちらはスライスとボレーを中心に、イージーミスを減らそうと考えていました。

いざ試合が始まると、なんと互角の展開。
こちらのサーブはブレークされるものの、相手サーブをなんとか粘ってブレークし、ファーストセットはタイブレークに。しかし、地力に勝る相手に押し切られてしまい、第1セットは6-7(4)。

第2セットはリードする展開となったものの、5-3から3ゲームを連取され、逆にピンチに。ここで開き直って意地のネットプレーで、セカンドセットも6-6のタイブレークに持ち込みました。
このタイブレークは集中していてよく覚えていないのですが、ネットプレーが冴えた気がします。最後はポイント6-5から、フォアの強打がいいところに入って、なんとセカンドセット7-6(5)で奪取。この時点で6-7、7-6と、今までの長いテニス人生の中で初めての展開になりました。
このスコアボードを写真に撮っておけばよかったなぁ。


3セット目に入ると、ニューボールにチェンジになります。
ファーストゲーム、ニューボールになった自分のサーブがうなり、なんとサーブ4本でサービスキープ。
行ける!と思ったものの、相手のサーブもニューボールで強力になり、触るのが精一杯。
第3ゲームをブレイクされたのが響き、相手の開き直った強打が炸裂。
最後はサンドバック状態に…
第3セットは流れを完全に持っていかれて、2-6で落としました。

6-7、7-6、2-6。12時30分に始まった試合は、終わったのが3時30分でした。
おそらく今までのテニス人生の中で最長の試合だった。


相手のKくんは人間的に素晴しい人なので、本当に気持ちのいい楽しい試合でした。
負けてしまったのは残念だけど、またこういった内容のある試合がしたい。

長野に戻ってきて3年。今日は今まで一番いいテニスができたと思う。

来月の選手権のダブルスがんばるぞ!


試合結果はこちら

















Last updated  Sep 15, 2008 06:01:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 12, 2008
カテゴリ:テニス
今日は信州室内オープンという3セットマッチのシングルスにエントリー。
2008年度の初戦です。


久しぶりのシングルス。
今日は一つの課題を持って臨みました。


その課題とは、とにかくアグレッシブにプレイすること。


試合前はKREVAのアグレッシ部を聴いて、コンセントレーション。
試合中もこの曲を常にイメージ。


1回戦は、ベテランのYさんが相手。
とても粘り強いストロークをする人で、単発系の自分には苦手なタイプ。

強打したい衝動をおさえつつ、とにかく打点を前にすることを考えてラリー中心の組み立て。
浅いボールは積極的にアプローチして前に詰める戦法。
ファーストセットは5-5から相手のサーブをブレイクして、最後のゲームも苦しみながらキープして7-5で先取。
自然と声が出る。
セカンドセットは精神的に楽になったことで、6-3で押し切る。

技術的な課題はあったものの、精神的な課題はクリアできた試合でした。



2回戦は、休憩がほとんどないまま、第2シードのTさんとの対戦。
Tさんは粘りが身上のオジサンで、2年前に負けている。
テニスに復帰したての頃だったけど、あまりの粘りに脂汗をかいた覚えがある。


ストロークの粘りにお付き合いしていたらやられると思いつつも、序盤はあえてストローク勝負。
バックはスライスで丁寧に返し、浅い球は積極的にネットダッシュ。
勝負どころだけ相手のバックを狙ったサーブアンドボレーという戦略。
ファーストセットはこちらのショットの確率が良くて、6-4で先取!


ここで一息入れてしまったことから、セカンドセットは立ち上がりリードを許す。
中盤追いついていったものの、立ち上がりのリードが響き、3-6で落とす。


勝負はファイナルセットへ。
この時点で1時間半は経過していたように思う。
相手もクタクタに見えたけど、こちらの体力ははっきり言って限界を超えていた。


体力自慢の相手にファイナルになった時点で勝負はほぼついてしまっていた。
ファイナルセットは相手の勢いを跳ね返す体力がなく、勝負を急いではカウンターを食らう悪循環。
結局ファイナルは2-6で敗戦…


■今回学んだこと
・気の持ちようでプレイは変わる
・アグレッシブにプレイすることを心がければ、プレッシャーが緩和される
・アグレッシブさと打点の前さは比例する

■次回の課題
・体力。特に持久力。乳酸がたまる感じを味わいたくない。
・横のゆさぶりだけでは決め手にかけるので、今度はドロップを試したい。
・勝負どころでのバックのダブルハンド。


次回のシングルスは5月の後半。
監査の繁忙期をいかに体力を落とさず乗り切るかが課題です。






















Last updated  Apr 14, 2008 09:27:24 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 5, 2007
カテゴリ:テニス
今日は友人に誘われ、平日の19時からテニスの練習。
2時間半コートを借りて、5人で総額1,500円。
これが長野の醍醐味だったりします。


東京から長野に戻って2年。
東京で10年間塩漬けにしていたテニスを再開してから1年半くらいが経過しました。


学生時代までにうんざりするくらいやっていたテニスですが、東京から長野に帰って
きて再び本格的にトーナメントに出るようになってきて、正直とても楽しくなって
きました。

再開したばかりの昨年くらいまでは、しょせん社会人の趣味の一環だから、楽しくで
きればいいかと思っていました。
ところが、感覚や体力が少しずつ戻ってくると、ちょっと欲が出てきました。



すなわち、 テニスが強くなりてー! と純粋に思うようになってきたのです。



そのためには
「強いショットが高い確率で入らないといけない!」


そのためには
「強いショットに耐えられる肉体的な強さがないといけない」


そのためには
「ちゃんと体を鍛えないといけない」


そのためには
「仕事を時間内に効率良く終わらせて、時間を作らないといけない」


そのためには
「仕事に全力で打ち込まないといけない」




つながった…

テニスと仕事が。



演繹的な論法(?)ですが、テニスを強くするには、日々の仕事を一生懸命やること。
そう考えると、より日々の仕事に集中できそうです。


趣味のために仕事がおろそかになってしまってはいけませんが、全力で取り組める
趣味があるというのも、日々に張りが出ていいものです。


仕事も趣味も全力投球。
それを許してくれる優しい奥様に感謝しつつ、今週末の試合もがんばろう!




気がついたら、全然「テニス論」じゃなかった…




【参考】
長野県テニスランキング








Last updated  Sep 6, 2007 12:49:10 AM
コメント(4) | コメントを書く
May 13, 2007
カテゴリ:テニス
久しぶりのテニス日記です。

今日は今年度のシングルスの初戦となる伊那大会でした。

現在長野県のテニスランキングでは40位。
40位だとまだシードがつきません。
当面の目標はランキングを上げて、シードがもらえるようにすることです。
そうすれば初戦から強いシード選手と対戦することがなくなるからです。


さて、今日の伊那大会では、好不調がはっきりとしていました。

初戦である2回戦では、立ち上がり苦労したものの、6-2で勝利。

3回戦は第3シードで、県のランキング5位の選手が相手でした。
この試合は好調でした。
とても集中できて、ミスが少なく、なんと6-2で勝ってしまいました。
これでベスト8進出です。


準々決勝は、余勢を駆っていきたいところでしたが、シード選手を倒して気が抜けたのか、なんと1-6の完敗でした。


今日はコート面数がたくさんあって、3試合とも連戦になってしまった影響か、最後は完全にガス欠になってしまいました。

自信がついた面と、反省の面と、両方得られたので、今大会は非常に有意義でした。


試合前に読んだこの本がとても良かった。
これを実践していきたいと思います。

インナーテニス こころで打つ







Last updated  Jun 1, 2007 12:06:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 17, 2007
カテゴリ:テニス
4月から松本市のナイターテニス教室のコーチ役をつとめることになりました。


時間は火曜日の夜。
3月決算を抱えたこの時期は正直言って仕事との時間調整が厳しい。


そもそもなぜそのような状況の中でコーチを引き受けたかというと、自分が子供の頃からお世話になってきた人達に頼まれたからです。


人生において自分を育ててくれたのは、間違いなくテニス。
地元に戻ってきて、何かしらテニスで恩返しのようなことができればいいなと、ずっと思っていました。


今回たまたま声をかけてもらったのですが、正直引き受けるかどうか悩みました。
出張も多いし、とにかく仕事が不規則なので、周りのコーチに迷惑をかけてしまうことが心配でした。

でも思い切ってやってみることにしました。

コーチの仲間は、高校時代に凌ぎを削った他校のライバル達だったりします。
時を越えて改めてこういった形でまた一緒にテニスができるのは、本当に素晴らしいことだと思います。


まだ今日で始まって3回です。
任期は2年。

今は見習いコーチですが、次回のタームからはチーフコーチをやることになるらしいです。

この際きちんとテニスを勉強して、松本のテニスの発展に少しでもお役に立ちたいと思います。



関連サイト
松本テニス協会ホームページ










Last updated  Apr 18, 2007 09:10:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 1, 2006
カテゴリ:テニス
今日は目標としている国体の予備予選の日です。

朝は5時30分くらいにぱっちりと起床し、6時半に自転車で家を出ました。
会場までは自転車で約40分くらいなので、ついた頃には汗だくでウォームアップは完了。
しかも会場で練習までできたので、アップは万全でした。


意気揚々と臨んだ1回戦。
相手は若いあんちゃんです。
強烈なフォアとサーブがあるものの、「どうせ確率は低いだろう」とタカをくくっていたら、完全に相手を乗せてしまいました。

その強力なフォアの逆クロスとサーブにまったく対応できずに、気がついたら3-8であっさりと負けていました…

試合後に聞くと、相手は学生でテニススクールのコーチをやっているとのこと。
どうりで生きのいいボールを打つわけだ。


まさか初戦で敗退するとは夢にまで思ってなかったので、本当にガックシでした。
2回戦の時間に合わせて応援に来た嫁と娘には非常に申し訳ないことをしました。


謙虚に反省してみると
・立ち上がりにチャンスがあったのにアンフォースドエラーをして相手を立ち直らせた
・大事に行き過ぎてショットが甘くなり、相手につけこまれた(特にバックはスライス打ち過ぎた)
・相手の速い球に対応できなかった


決して大差で負ける相手ではなかっただけに、余計に悔いが残ります。
何よりも悔いが残るのは、振り返ってみると思い切って打ったショットがゼロだったこと。
「しっかりとコートに返して相手に先にミスをさせる」というゲームプランだったのですが、それを意識しすぎて逆に「弱気」なテニスになってしまいました。


自分の力を出し切れないままの敗戦…
それが実力なんでしょうが、頭を使う以前に、もっとファイティングスピリッツを燃やさないといけないと感じました。
来年は必ずやリベンジします。









Last updated  Jul 9, 2006 10:18:44 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 18, 2006
カテゴリ:テニス
そういえば、テニス日記を最近全然書いていなかったですね。


5月のダブルスの試合で肩を痛めてしまって、サービスは3割くらいの力で、しかもトップスピンサーブはお医者さんに禁止されています。
そのため最近は控えめにテニスをしていました。

今日は軽井沢でのシングルスにエントリーしました。
あいにくの雨でしたが、オムニコートだったので無理矢理決行しました。

肩の調子が心配だったので、初戦はほとんどハードヒットせずに試合を進めました。
逆にそれが良かったのか6-0で突破し、2回戦も6-0で勝って、順調にベスト16まで進出しました。

ここまでは今までとあまり変わらないパターンです。
いつもはここでシード選手に負けるんです。


今日はちょっと違いました。


3回戦は第7シードの人との対戦でしたが、遅いサーブが幸いしたのか、丁寧な試合運びができて、意外にも6-2で勝ちました。


続いての準々決勝。
相手は第3シードの人でした。
肩の調子が良くなってきたので、7割くらいの力でサーブを打ってみました。
このくらいのスピードが出ると、やはりサービスゲームがぐっと楽になります。
リードしては追いつかれという嫌な展開でしたが、最後はサーブアンドボレーが炸裂して、6-4で勝ちました。


なんとベスト4まで残ってしまいました。
試合の後に結婚式に行かないといけないのですが、完全に遅刻しそうです。

そんなことを考えているうちに、準決勝は現役大学生に一蹴されました。
時計を見ながら試合をしてしまったので、完全に集中力が切れました。

試合後は汗もそのままに車を飛ばし、結婚式には少しの遅刻で行くことができました。



それにしても、トーナメントで5試合もやったのは久しぶりです。
最後はコテンパンにやられましたが、サーブ抜きで県の上位ランカーに勝てたことで自信をつかめまし、心地いい疲労感が味わえました。
結婚式で飲んだビールはおいしかった…



7月1日は目標とする国体予選ですが、いい手ごたえをつかめました。


現在の長野県テニスランキングは…

まだ56位です。

トップ30までの道はまだまだ遠いですが、肩の調子もだいぶ良くなってきたので、これからガンガンランキングを上げたいと思います。






Last updated  Jun 22, 2006 11:06:04 PM
コメント(0) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.