1965004 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゆめみごころ ❤

ゆめみごころ ❤

PR

全4905件 (4905件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2022.08.10
XML
カテゴリ:家庭生活
​​




義母ですが、なんともうまく兄弟を使い分けているようなんです。ウィンク


大体は、義兄は仕事柄、週末夜遅くに来て

土日は一緒に義母と過ごしてくれて、

週明け早くに出てしまうので、

その引き継ぎをしながら

夫は介護に勤しんでいるんだけど、

長男が寮から帰る日の前夜に家に帰ろうとすると、

「今夜はお兄ちゃん来ないって行っていたよ。」あっかんべー

と口から出任せを言って夫を引き留めたり、

毎日、泊まっているのに、

夜に帰宅すると、

「今夜も来てくれてありがとう!目がハート

と言ってみたり、

義母の発する言葉に振り回されている夫です。ほえー


そして、昼間は、ヘルパーさんが

デイサービスに送り出したり、

食事を用意しに来てくれているし、

報告では、楽しそうにおしゃべりをしていたとのことでも、

夫には、

「知らない人が家に上がってウロウロしている!ぷー


とまた困らせるんだそうです。わからん



何より自宅で老後を気ままに過ごせるって

この上ない幸せなはずなのに、

義母にとっては当たり前のことで、

以前の生活に比べれば不便だと感じるようです。失敗


それだけ食事もちゃんと摂っていて、

入院で減っていた体重もかなり増えてきて

体力もついてきてるので、

夫に言わせると、事故の前に戻ったようだそうです。びっくり



ただ、それで油断していると、

勝手に外出したり、転んだりしてしまうと

それこそその時は寝たきりになってしまうので、

大変でも兄弟で協力して

義母を見守っているんです。目


なんともしあわせな義母です・・。^^;





一昨日は、往復1時間の場所へ

自転車で映画を見て来たんです。自転車




ポスター画像


​私だけ聴こえる​​​



耳の聴こえない両親から生まれた耳の聴こえる子どもたち
「コーダ(CODA=Children Of Deaf Adults)」
にスポットを当てたドキュメンタリー。

(作品紹介文より)



以前に観たCODAよりもより切実に、

生れた時から障害者の親を持った現実を綴るドキュメンタリー。


勿論、子どもは親は選べないんだけど、

やはり親に障害があることで

親はどうしても子供に頼り、依存してしまうことで

それを喜びとする子と、

逆に逃げ出したくなるほど辛いと訴える子と、

親子の関わり方の難しさを感じる作品です。失敗


子どもは知らない間に

親を越えて自分の居場所を見つけるようですね。(^_-)-☆











​​









最終更新日  2022.08.13 08:00:10
コメント(2) | コメントを書く


2022.08.09
カテゴリ:家庭生活




早朝に長男が出て行って、

風呂の残り湯で洗濯を終え、

浴槽を洗おうとシャワーを出そうとすると、

タラタラと水滴が落ちるだけ。雫


他の水栓は出るのに、

風呂場の洗い場のシャワーと繋がった蛇口からも

水は出ず、

結局風呂の残り湯で、風呂を洗う羽目に。わからん



この家に新築で移り住んでから

早8年を迎えていて

そろそろ老朽化が出始めたようです。失恋


早速に部品の業者に電話し、

症状を説明すると

やはり中の弁の劣化で取り換えが必要とのこと。電話


ただ、今日はもう来れないので

明日の午後になると言われ

仕方なくそれで修理を依頼したんです。ウィンク


でも、何も長男が盆休みで帰宅している時に・・、

と思いつつも、

お盆さながらのできごとってあるんでしょうね。お化け


長男にもシャワーや蛇口からのお湯が出ないことを伝え、

なんとかお風呂のお湯で入浴を終え、

明日の修理を待つだけ・・。月


我が家のお風呂は

浴槽の蛇口が無くて

お湯張りボタンのみなので、

こういう時は、きれいなお湯が全く出なくなり、

困った仕組みです。ムカッ


ただ、思ったより、

長男が物分りが良く対応してくれたので、

たまにはこういう経験もありかな?

と感じた出来事でしたよ。(^'^)







空の青さを知る人よ..♫




















最終更新日  2022.08.12 07:45:11
コメント(10) | コメントを書く
2022.08.08
カテゴリ:家庭生活
​​



人の心と真っ向から向き合う作品の紹介です。ウィンク






ポスター画像

​​プアン / 友だちと呼ばせて​​
​​[映画『プアン/友だちと呼ばせて』公式サイト (gaga.ne.jp)]


​​




「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」
で注目を集めた
タイのバズ・プーンピリヤ監督が、
余命宣告を受けた男と親友の旅を描いた人間ドラマ。

(作品紹介文より)



余命宣言を受けて、最後の挨拶に出向くも

何度も会いたくないと拒まれるほど

酷い仕打ちをしていた自分に

いささか嫌気を感じながらも、

最後は親友に

告げられなかった真実を打ち明け、

それまでのわだかまりをすべて解く。鍵



命のある限り、立ち尽くす姿に

余命を知らされていない者まで

圧倒されてしまう。雫


本来、日々もっと丁寧に暮らしていれば

わだかまりも出来ずに過ごせたはずが、

其れこそが人間の弱点だったり、

死角なんでしょうね。失恋


主人公プアンの友人ボスは、

どことなく大谷選手に似たイケメン。目がハート


タイにも日本人似の美形の方がいるんだと

新たな発見でしたね。OK



今週は毎日長男は帰宅します。歩く人

夫は祝日を除いては義実家です。歩く人


まるでシングルマザーのような生活ですよ。(^^ゞ



















最終更新日  2022.08.11 07:55:49
コメント(8) | コメントを書く
2022.08.07
カテゴリ:週末





今週も長男、元気に帰宅しています。ウィンク


実は今週は更に3人の感染者が作業所で出たようで、

その度に通達の配信メールがあったけど、

特に濃厚接触者もいなくて

今週も無事に過ごしています。OK


昨日は朝カラの後、歯科検診へ。歩く人


特に虫歯もなく、クリーニングの処置が

後一回残っています。うっしっし


そして、今日は今期3回目のリトミック教室。音符

しっかり先生からも信頼を得て

模範生で頑張っていますよ。スマイル


寮がこの1週間盆休みに入るので、

今週は家から作業所を行き来することになります。歩く人


残暑が厳しそうなので、

体調崩さないように頑張って欲しいです。(*^_^*)






歩いて帰ろう..(^^)/✌

















最終更新日  2022.08.10 08:00:02
コメント(11) | コメントを書く
2022.08.06
カテゴリ:家庭生活




マイナンバーカードの更新の文書が届き、

駅前の事業所が耐震工事で

事業所が閉鎖していたので、

隣駅まで手続きに。自転車





でも行ってみて初めて

事業所の移転先が決まり、

今月から開所しているとのこと。びっくり


こういうことも、

全く何の知らせもなく、

区報も届いたり届かなかったりなので

やはり回覧板が無いからかと・・。ぽっ


特に予約の必要もなく、

直ぐに窓口で受け付けてくれたものの、

発行当時の4ケタの数字のパスワードは

覚えていたものの、

英数字8ケタの認証をすっかり忘れていて

結局思い出せずに再登録する羽目に。しょんぼり


当時、何か控えを貰っていたことも

すっかり忘れていて

こういう更新があることさえ

考えもしていなかったんです。失恋


でも、手馴れた様子で係りの職員が

再発行の手続きをしてくれたのをみると、

そういう方が割と多いのかとも思いましたね。


「次は5年後です。」クール


写真は変わらずでも、

まるで免許の更新でしたよ。チケット


書類をちゃんとしておかないと、ね。(^_-)-☆



今日は奨ちゃんの誕生日。ハート(手書き)

ケーキでささやかなお祝いです。ケーキ





















最終更新日  2022.08.09 07:54:54
コメント(11) | コメントを書く
2022.08.05
テーマ:徒然日記(20550)
カテゴリ:介助員




思春期の一番の多感期、

中学生のドキュメンタリー映画を観て来たんです。ウィンク







ポスター画像

​14歳の栞​​​



ある中学校の3学期、
2年6組に在籍する生徒35人全員に密着した青春リアリティ。
(作品紹介文より)



何より、実在の中学校のクラスの人物を短期間密着したことで、

一人一人の考え方、生き方など

客観的に観察できたりと

今は主に小学生相手の支援だけど

実際に中学生だったら?

とまるで自分もそこにいるかのような

錯覚に陥りましたね。ぽっ


大人の階段を上り始める年頃に、

大人になりたい、

いや、もう少し子どもでいたい、

誰でも通って来た道でも

紆余屈折したり、

行き止ったり、足踏みしたりと

おぼろげな将来へ向けて

ただがむしゃらに生きるこの世代が

今では懐かしく、羨ましくも

感じる作品です。スマイル



あまり混まないよう、平日のみの上映です。(#^.^#)















最終更新日  2022.08.08 07:44:56
コメント(13) | コメントを書く
2022.08.04
テーマ:徒然日記(20550)
カテゴリ:家庭生活




先週末は、直立不動で帰宅した夫。わからん


暫くぶりにぎっくり腰となったようです。失恋


たまたま誕生祝に買ったキャンプ用のチェアが

腰がすっぽりと収まり固定されるタイプで

腰を固定するには持ってこいだったんです。OK


こういう状況を予測した訳ではないけど、

たまたま買ったものが

こういうにも役立つとはびっくりでしたね。目がハート


半日それに座っていたら

殆ど快方に向かったようで、

下手な通院をせずに治って大喜びの夫でしたよ。ウィンク



義母が事故に遭うまでは

自宅で殆ど動かずにリモートの日々だったので、

この1年、かなり身体にも変化が及んだんだと思います。泣き笑い


それにしても、

日々元気に回復する義母に疲労困憊だった夫。ほえー

何より、甘え上手で息子たちをうまく使い分けているようです。うっしっし


そんな中、息子が腰を痛めたので

デイケアを最近は渋っていた義母も、


「デイケア、ちゃんと行くからね!スマイル


と改心したようで、

怪我の功名、しっかりと効いているようですョ・・。(*^^)v



kanade..♫


















最終更新日  2022.08.07 08:02:26
コメント(10) | コメントを書く
2022.08.03
カテゴリ:介助員




先日の英語の時間の追記事項・・。(^^ゞ


英語の時間はローマ字の名札を

各自胸元につけて臨むんだけど、

実は今年、珍しいことに

同じ名の女子が3人いるんです。きらきら


今の流行りの名なのか、

たまたまの偶然なのか、

それで黒人の先生も

同じ名の登場にちょっと戸惑ったようです。ほえー



その名は、

“HONOKA”


さっきも読んだはずの名を

2度3度と呼ぶ羽目となり、

先生も・・!?


としばらく空白の時間が・・。


“So we have 3 HONOKA`s!!

と漸く納得するも、

珍しいできごとに、クラスも大笑い。大笑い


私も言われてみて初めて確認!


珍しい名が増えている中でも、

思わぬ現象もあるものですね。(^_-)-☆


実際には​​​​​​​​​「陽」​​​​​​​​を使った名が

多いようです。






ほのか、、でも当て字で陽香と

書く子がいますよ。(^.^)



















最終更新日  2022.08.06 08:02:51
コメント(8) | コメントを書く
2022.08.02
カテゴリ:家庭生活




O先生に御煎餅を贈ったら、

早速にお礼の素麺が届いたんです。プレゼント


O先生は親戚が多く、

地元から沢山の品が届くようで

お裾分けかと思いきや、

何と​​​​愛知の老舗​​の逸品。りぼん


『一丈そうめん』詰合せ





とても律義なO先生、

早速のお礼のメッセージを送りましたよ。メールする


まだまだ続く酷暑の日々、

有難いばかりです。ウィンク










O先生はやっと夏休みに入ったばかりなので、

少し落ち着かれた頃に、

また近況報告を兼ねてお茶でもと思っていますよ。^_^;


















最終更新日  2022.08.05 07:45:55
コメント(10) | コメントを書く
2022.08.01
カテゴリ:家庭生活





フランスの作品で、

実際に監督が体験した実話から成るもの、

感動でしたね。スマイル







ポスター画像

1640日の家族





幸せに暮らす里親と息子に突然つきつけられた、
家族として過ごす時間の終わりを描いたフランス発のヒューマンドラマ。
(作品紹介文より)




生後間もなくから家族として育った息子と、

ある日、訣別の日が訪れるとしたら・・。失恋


預かっていたからこそ、

我が子以上に大事に育てていただけに、

より深い情愛が涌いてしまう。ダブルハート


子ども自身の不安、そして兄弟の気持ち。赤ハート


預けた側の親の都合でこんなにも

生活が揺さぶられるのは、

実に辛く悲しいこと。しょんぼり


大切なのは愛しすぎないこと。

この一言に尽きるのかもですね。(^.^)



















最終更新日  2022.08.04 09:01:14
コメント(8) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4905件 (4905件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.