000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Minami’s クラブ

Minamiちゃんの過去のお話*習い事*

最近よく子どもの習い事について考えてしまいます。
友達のママさんは「今日はピアノの日」「今日はダンスの日」
「今日は~の日」って3つも4つもかけもちさせているんです。

アメリカに住んでいるママさんなんだけど、
日本の習い事事情ってどうなんでしょう?
もっとすごいのかな?それともそんな必死に
習い事とかしてないのかな????

私は無理矢理やらせたくない派なんです。
本人が好きでやりたいならやらせてあげてもいいけど・・・・・
と、いうのも私は3才から18才まで
ピアノを「やらされていた」からなの。

武蔵野音楽大学出の母とギターの講師兼ギター販売会社を経営する父。
音楽教室を家で開いていた母は3才からピアノを私に教えはじめました。

小学生の頃から桐朋音楽大学の教授という人のところへ通いはじめた私。
当時の月謝が毎週日曜日1時間で1万円。
(昭和50年代頃の物価を考えると・・・・・)

走ることが好きだった私は中学で陸上部に入りました。
部活動で疲れて帰宅しても、待っていたのはピアノの練習。

夕飯までの時間練習させられ、夕飯後も10時くらいまで練習、練習。
そして毎週日曜日には東京まで習いに行きました。

高校では今度は先生が変わり、
もっともっと厳しいどこかの大学の教授で、
ピアノもかなり難しくなっていきました。

高校生の私は友達と遊びにも行きたかったし、
好きな人の事も考えたい年頃。。。。
アイドル歌手のコンサートに行きたかったし、
休みの日には映画にも行きたかった。

でもすべてピアノの為にあきらめなくちゃいけなかったんです。
本当にピアノを練習するのが嫌でした。
それがだんだんストレスになってきました。

3才の頃からずーーーーっとピアノ・・・
きっと私は好きでやっていたわけじゃなかったんですよね。
「やらされていた」だけ。
だからちっとも身についていなかったんです。

音楽大学推薦面接の日。私はそれを放棄してしまいました。
家に戻った母は泣いていました。父は激怒していました。

今でこそ親の気持ちが痛いほどわかる。私にかけた金額も
すごい金額になる。。。
でも当時の私はとにかくピアノから逃げたかったんです。
いい子でいるのがいやになってしまった瞬間です。

高校卒業を期に一人暮らしを始めた私。
今までいい子でいた分人より弾けてしまったみたいです。
「一般人デビュー」ってやつですね。。。(^_^:A

3才から18才までピアノをやっていたと人に言うと必ず
「じゃあ何か弾いてみて」と言われます。でも何も覚えていない、
何も弾けないんです。嫌々やっていた結果ですね。

ここの掲示板で時々遊びにきているNorkさんのご主人。
特別習ったわけではない、15才の頃から独学で始めたピアノ。
もうプロ並みです。とーーーーっても上手なんです。
これこそ自分が好きでやった証拠だなーって思いました。

息子はスポーツが好きみたい。だから野球かサッカーを、、、
娘は歌とダンスが好きみたい。
その子どもの意志を尊重した習い事をやらせたいな。。。。。

ハートNext


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.