000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Minami’s クラブ

*足長おじさん*

私の妹は夜パブでバイトしているのだけど、
そこでよく私の写真を見せるらしい。

そして必ずお客さんが言うのは

「お姉さん男受けする顔だねえーーCちゃん(妹)より
モテルでしょう?」
「お姉さんおじさん受けする顔だ」

と言われるらしい・・・・

そう、私若い男には昔からあまりモテない。
いわゆる「おじさんキラー」なのだ。

昔お水のバイトをしていた頃よく言われたのが

「五月みどりの若い頃に似ている」
「奥村千代の若い頃に似ている」
「木の実ナナの若い頃に似ている」

ということだ。みんな私はその人たちの若い頃を知らないけれど
おじさん達の青春時代にアイドルとして人気のあった
人たちらしい・・・・・・

あるおじさんは僕がプロデユーサーになるから
是非僕の作った歌でデビューしてくれないか?
などど言っていた人もいた。

そして作ってきた歌をいちおう歌ってあげたけど
どうにも昔っぽい青春ポピュラーミュージックで
絶対売れるわけはないと、低調にお断りした。。。

そんなおじさんキラーのMinamiちゃんでしたが
一人だけとても印象に残っている人がいる。

それは昼間働いていたデパートのビルのオーナー。
もう60は過ぎているおじさんだか、今までに一度も
結婚経験がないらしい。

黄色いスポーツカーを乗り回し、うん百万もするハーレーを
何台も持っている。

そのオーナー、ビルの中で「へんくつオーナー」で有名
なのに、何故か私にはやさしい。

「Minamiはオーナーの心を開いた子」

と別の意味で私も有名になってしまった。。。。

オーナー毎日のように私のお店に顔だす。
そして何かしら買ってくる。。。。

あるとき
「これからXXX百貨店に用があって行くけど何か欲しいもの
ある?」と聞かれ

「別にないよ」と答えると
数時間後には、ブランド物の靴を買ってきた。

「こんな高いものもらえないよーしかもこんな靴に合う
バックも持ってないし。。。。」

と私がいうと、次の日には同じブランドのバックを買ってきた。

んーーーこれに合う洋服もない、、なんて言ってしまったら
絶対買ってきてしまいそうな勢いだったので
ずうずうしくないMinamiちゃんは言いませんでした。

またある時は「明日デパートの定休日だろう?ゴルフに付き合って」
と言われ

「ゴルフやったことないよー」と言うと

ピンクのクレージュのかわいいゴルフ一式セットと
ゴルフバック、そしてゴルフ用シューズまで揃えてしまった。

そこまでくると、何か迫られるのではないかと
ドキドキしてしまう。でもあくまでも「足長おじさん的存在」
と言い張るオーナー。私たちにいやらしい関係は
一度もありませんでした。

そして1番目の旦那と結婚することになったMinamiちゃん。
オーナーに結婚の報告をすると
ちょっと寂しそうに

「足長おじさんはこれで終わり。これからは
旦那さんになる人にいろいろ買ってもらいなさい。」

と言った。その日の午後、「御祝儀」と書かれた分厚い
祝儀袋を渡された。

中を見て驚いた。「札束」が入っていたから。

「オーナーこれはもらえないよ。多すぎる」

私が初めて真剣に断った。今までさんざんいろいろもらって
きたんだから、それで十分だよ。

「一度あげたものを返すなんて事するな。」

とちょっと「へんくつオーナー」の顔になった。
だからちゃんともらう事にした。

10年以上たった今でもオーナー健在なのだろうか?
私の友達がビルで働いていたのだけれど
彼女が最後にオーナーに会ったときに

「Minamiは元気にしているのだろうか・・・・」

と懐かしそうに話していたという・・・・

70才をきっと超えているであろう「へんくつオーナー」
今でもスポーツカーをガンガン乗り回している
かっちょいいおじいさんでいてほしい。。。。

ハートNext


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.