000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Minami’s クラブ

*~その2~*

アンシー学校初日に
ランチボックスを持たせるのを忘れた私。。

届けなくちゃ!と学校までの果てしない道を
延々と歩き続けた。

朝のラッシュ時の道路は
車がビュンビュン飛ばす。
誰も歩いてる人などいない。

歩道も本当に狭い。大人一人が歩ける幅だ。

私の横をバスが通過した。
たしかにところどころにバス停はある。

でもそのバスがどこへ行くのかさっぱりわからない。
バス停にも時刻表などはない。

バス停2つほど歩いたところで
ようやっと学校までの1本道に出た。

あともうちょっと!

ジェンはすでに歩き疲れて歩かない。
だからずっと抱っこしていた。

14キロの重りを持って歩いているのだ。
私の腕も足もお尻も、棒のように疲れ果てていた。

ようやっと学校に到着。


アンシーのクラスルームへ行き、
ドアを開けるとすぐに先生と目があった。

「アンシー。It’s Your Mom!」

先生が呼ぶと、アンシーは目を真っ赤にさせて
私の元へ駆け寄ってきた。

「彼はとっても心配してたのよ。
でもきっとママが届けてくれるわよって言っていたの。
I Told You~~(先生の言ったとおりでしょう~)」

先生はアンシーの頭をなでた。
アンシーは自分のランチボックスがないことに気がつき
不安になって泣いたらしい。。。。


アンシーの安堵の顔を見て
「届けにきてよかった・・・・」

とつくずくそう思った。

さて・・・・帰りはどうするか・・・


もうあの来た道を歩いて帰りたくない。

私の腕も足も、すでに限度を超えていた。

すると、学校の前にひとつの細い道を発見!

「サイクリング用」という表示がある。

自転車道なのだろう。。。
きっとあの地図上の細い道はこのことだったんだ!


私は迷わずその道を歩き始めていた。

右は塀。左は林。。
いかにも熊でも出てきそうな雰囲気だ。

いや、熊がでるはずはない。
もし熊がでるなら

「熊にきをつけろ」ってサインがあるはずだ!

そう思いながらどんどん歩いていく・・・

しかし見知らぬ道を歩くというのは
本当に不安なものだ。

「引き返すなら今しかないよ」

と私の脳裏でもうひとりの私がささやく・・・

どうしようかな。。。


悩んでいると、いきなり曲がり角で
男の人が現れた!!!

(”ロ”;)ゲゲッ!! 


一瞬焦ったが、男の人はマラソンしていたようで

「Hello!」と一言言って通り過ぎた・・・


少し歩いたところで、
またマラソンカップルに遭遇。


二人とも私に「Hello!」

と声をかけてくれる。


”もしやここはマラソンコースなのか?”


私は少しホッとした。


しばらく歩いていると、

右側の丘の上に私のタウンハウスが見えた。


しかし道路は更にまっすぐ続いている・・・・


どこかで右に行かなくちゃ・・・
でも道路がない。

どうしたらいいのだろう???


すると、舗装されていない砂利道があった。

車の痕跡がある。

ここを曲がったらタウンハウスまで帰れるかも?

そう思って砂利道を歩き出した。

すると


ワンワンワンワン~~~~~~~!!!!


ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ ヤバヤバ   

犬の姿は見えなかったが

とりあえず逃げた・・・・・

う~んどうしよう・・・・(-"-;) ??

しばらく悩んでいると、
何かを燃やしているおじさんが見えた。

「エクスキューズミー・・・」

おそるおそる声をかけた。


「丘の上のタウンハウスに戻りたいけど
どこを曲がったらいいですか?」


おじさんは日系人のようだった。
すごいやさしいそうな顔をしていて


「案内してあげるよ」


とそう言った・・・


おじさんと歩きながらいろんな話をした。

おじさんの孫もアンシーと同じ学校に通っている事。


このサイクリングコースは
以前線路が引かれていて

タウンハウスの方まで
列車が走っていた事。。。。

ここらへんは農家が多いこと・・・


犬が放し飼いになってるから
気をつけなくちゃいけないよ・・

などなどいろいろ教えてくれた。


さっき犬のなき声で逃げてきた
あの砂利道を通っていった。

やっぱり犬は吠えていた。

でもおじさんが

「あの犬は大丈夫。(⌒∇⌒)

誰が通っても吠えるんだよ。

でもつながれているからね」


そう言ってくれたのでちょっと安心した。


その砂利道を通っていくと

だんだんと丘の上につながっているのがわかった。


タウンハウスが見えたところで

おじさんが

「ここまで来たら大丈夫かな?

学校までの近道だけど

犬がいるから気をつけるんだよ」


と言って帰って言った。。。


m(;∇;)mTHANK YOU、THANK YOU!!!!!!


何度も何度もお礼を言った。


私は本当にラッキーだったと思う。

ちょっとした冒険心から、
こんな怖い思いもしたけれど


親切なおじさんに道を案内してもらって
地図上の細い道も発見できて


本当によかった・・・


しかし、、、、


みんなが掲示板で書いているように


不幸中の幸い。


たまたまラッキーだっただけで

知らない道を歩くというのは本当に危険。

しかも舗装されているとはいえ、

隣は林。何がいつ飛び出してくるかわからない。

最初で最後のデンジャラス体験


もう2度と行くことはないだろう・・・・

と、いいながら


一昨日朝寝坊したため
バスが行ってしまった・・( ̄Д ̄;; 汗。。。


仕方ないので

アンシーとジェンと3人で
あの近道を通って学校へ行った。


途中あのやさしいいおじさんがまた
外で何かを燃やしていた。


「いってらっしゃい」


おじさんはやさしく手を振ってくれた・・・


ハートNext


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.