3804687 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Minami’s クラブ

*キャメロン監督「あの頃ペニーレインと」

映画監督キャメロンクロウを知ってます?
私の映画の思い出コンテンツにもある
トムクルーズの「ザ・エージェント」
や同じくトムクルーズの「バニラスカイ」の
監督さんです。

私は何故か彼の作品がすごく好きなんだ。
特別アクションがあるわけでなく、
大衆映画と呼ばれるほどの、盛り上がりが
あるわけでもなく
途中クスって笑えるところもあれば
全体的な流れが、ゆっくり温かく
最後はジーンとやさしさに包まれる感じ
なのです。劇中に流れる音楽もまた
クロウ作品ならではの素敵で透明感のある
曲調になっています。

私が初めて自分で買ったビデオも実は
彼の作品「シングルス」でした。
(ブリジットフォンダ、マットデイロン)

私がアメリカにいるときに公開になったこの映画

原題は「Almost Famous」です。
有名女優ゴールデインホーンの娘「ケイトハドソン」が
ペインを演じるということですっごく見たかったの。

でもアメリカにいる時は幼子2人抱えて映画をゆっくり
見る暇なかったので、日本に来るまで我慢我慢と。。。

ケイトハドソンアカデミー助演女優にノミネートも
されたんだよね。ますます期待が高まるわ!!
(同じく少年のお母さん役もノミネートされてました!)

*****あの頃ペニーレインと******

キャメロンクロウ監督が
ロックジャーナリストになった15才の
自分をモデルに作った作品。

15才のウイリアムは厳格な母に育てられながらも
姉からこっそりもらったロックのレコードを聞き
ロックジャーナリストになる道をめざす。

ひょんな事からロックバンドと知り合い、
コンサートツアーに同行することに。。。
そこでバンドのグルーピーとして
中心的存在だった「レニーペイン」と出会う。

ツアーに同行していく中、友情、恋、裏切りとさまざな
経験をしてウイリアムはまた一つ大人になっていく

*******************

レニーペインを演じていたケイトハドソン
なんかアメリカ人ぽくないんだよね。。。

「菅野美穂」に見えて仕方がなかったよ。(笑)
ノミネートされただけあって、やっぱり演技は上手でした。

でも、主演をやってたウイリアムに納得がいかなかったの。
この映画が初主演となる、新人パトリックフュジット君
なんだけど、演技がね、、、素人っぽい・・・

でもきっとそのピュアなところがキャメロン監督の目に
止まったのかもしれないね・・・


ハートNext


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.