3805558 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Minami’s クラブ

*ゲームセンターで出会った親子編*

今日は久しぶりにMinamiちゃん切れちゃった事件のお話


あなたがMinamiちゃん又は妹だったら

どうするか読んだ後に感想を聞かせてくださいね★


hartline



実家のそばにできた巨大ショッピングセンター。


そこへ家族で出かけたときのこと。



おいしいランチを食べ、同じフロアにある


ゲームセンターに入ってみた。



主にUFOキャッチャーばかり置いてある大きなゲームセンター



かわいいぬいぐるみ欲しさに


100円200円と惜しみなく投入しては

あともうちょっとという所で

取れなかったり、運良く取れたり・・・



その中でも子供に人気なのが


ポケモンのUFOキャッチャー。



ポケモン大好きな妹の子供Kくんは


100円をしっかりと握り締め


自分の順番がくるのを待っていた。



Kくんと一緒に待っていた妹も

「もうすぐだね」と

ワクワクしながら前の人がやっているのを

見ていた。




K君の前の家族は

ごく普通のお父さんと


ごく普通のお母さん。


そしてK君と同じくらいの男の子だった。



その親子は500円を一気にいれていた。


100円で1回のゲームだが

500円を入れると6回できる。



K君は6回終わるまでじっとその家族を見ていた。






しかし





6回終わっても更にお金を投入する彼ら。




なかなか終わらない・・・・






しばらく再投入が続いた後



ようやっと彼らはお目当てのぬいぐるみをゲットした。




さ~K君の番だね。




妹はK君の肩をポンっと叩いた。








が、しかし





その母親、小銭入れから新たなお金を取ろうとしている。




それを見た妹はたまらずこう言った。



「すみません、他の人も待っているので

そろそろ順番を変わっていただけませんか?」








妹を横目でちらりと見た父親。



何を言いだすかと思ったら



「いいよ、いいよ。やっちゃえやっちゃえ!!」




その親子、妹の言葉を完全に無視!!




また500円を投入しやがった!






K君が狙っていたピカチューのぬいぐるみ。





その親子が入れた新たな500円で




しっかりゲットされた・・・・







「よかったね~2つとれて!さ、帰ろう~~♪」







何事もなかったように去ろうとする親子。




妹は「信じられない!何あれ!」




そう彼らに聞こえるように言うと




その母親、子供たちの目の前で



あったま悪そう~~~~





妹に向かって捨てセリフを吐きその場を去った






「ずいぶん時間かかってるね~~~」




事情を何も知らない私が妹のところへ行ったのは


ちょうどその母親が妹に最後の捨てセリフを吐いたときだった。





????何??どうした???






妹はぐわああああああああーーーーっと






全ての経緯を話してくれた







( ̄_ ̄メ ピキン!





私の中で何かが切れる音がした・・・・








すぐさまその親子を追いかけると



私を見つけ「何よ」というような目で睨んだ母親。



以下私と母親の会話~~~




「頭悪そう~とはどういう意味ですか?」




母親 「頭悪そうだから悪そうと言ったのよ」




「妹たちはずっと順番を待っていたんですよ

      順番を待つ列ができているのに、

      ずっと占領しているなんて

      ひどいんじゃないですか?」



母親 「自分の順番にいくら使おうが関係ないでしょう?

       順番をかわれと言うほうが常識ないのよ」




「あなたたちは欲しいものをすでに取ったのでしょう?

       次に待っている人に代わってあげるのが

       常識なんじゃないですか?」



母親 「何いってんのかわけわかんな~い。

       頭悪い人とこれ以上話しても無駄だわ~

        行きましょ!」





そして親子はスタスタと歩きだした。



父親は何も口ださず、ニヤニヤと笑っているだけだった。



(おめえもなんとか言え~~~~~~!!!!)




「子供の前ではずかしくないんですか?


そういうマナーを守れない親を見て子供が育つなんて


かわいそうね!」



彼らの後ろ姿に向かって私も捨てセリフを吐いた。




すると母親ピタっと立ち止まり


くるりと振り返り私にこう切り出した。



「あんたさ~大学でてんの~?

中卒とかなんじゃないの~?」






(" ̄д ̄)はぁ~~~~????????






呆れた!




こういう言い合いのときに、学歴を持ち出すなんて!







正直Minamiちゃん大学は出ていない。


音大の推薦を蹴ったからだ。

(詳しくはこちらのコンテンツで・・・)


しかしこんな時に何の関係があるのだろうか???





「出てるわよ、アメリカのね」

(神様嘘ついちゃいました。

ごめんなさい(*・_・)m 〔+〕 懺悔。。)




私がそう答えるとすぐさま彼女はこう言った。




「アメリカの大学出たからって


何が偉いのよ。どうせ3流なんでしょ!」




私もすかさず言い返した。


「アメリカの大学に行ったことないのに

何を基準に3流とか決め付けるんですか?」





彼女は一言「あるよ~~アメリカの大学!」





私には見えた。





彼女はきっと日本の名の知れた有名大学を


出ているのだろう。。


そしてそれが自慢なのだ。自分のステイタスなのだ。



一見若く見える妹を見て


きっと中卒で高校もろくに通わず


若くして子供を出産したと思ったのだと思う。




だから初めから妹に対して馬鹿にした態度を取り

そして「あったまわるそう~」という人を見下した

言葉を吐いたのだ。




なんだかこういう人間と言い合いしている自分が

馬鹿らしくなってきた。


せっかくの里帰りに


こんな人と言い合いし、腹が立つなんて時間の無駄。




呆れ返った私が何か言おうとする前に


彼らは逃げるようにゲームセンターから出て行った。




どうした?どうした?




心配して駆けつけた白熊君に事情を説明すると



「なんで僕を呼ばないんだよ~

僕が英語でまくし立ててやったのに・・・」






気持ちはうれしいけど・・・





意味ないかも・・・・(⌒o⌒;)










あなたが妹、またはMinamiちゃんだったら


どうする?





★余談・・・親子と別れてからふと気が付いた。


あの母親は

「アメリカの大学出たからって


何が偉いのよ。」と私に言っていたのに


その後の会話で「あるよ、アメリカの大学に」と

矛盾ともとれるような事を口走っていた・・・

(じゃああなたも偉くないのね。。と
突っ込みを入れたくなった)


やっぱり白熊君に英語で文句言ってもらいたくなった。


買い物途中にまたその親子に出くわしたら


その時は白熊くんの出番よ!


と張り切っていたが、


再びその親子に遭遇することはなかった・・・・


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.