3790108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Minami’s クラブ

*怒鳴りあいの喧嘩で得たものは。。*

4月30日でうちの旦那と知り合って
10年だったの。

今朝旦那に

「1週間前は何の日でしょう?」

って質問されて、すぐに出てこなかった。



うちの旦那は結婚記念日とかよりも

何故かこの”出会った日”をよく覚えているのね。



婚約者のいる私が

10年前の4月30日。


友達に誘われて、プールパーへ行かなければ

きっと人生はかわっていたはず。


なんだか運命って不思議だよね~~~


なんて朝食を取りながら私たちは

笑いながら会話していたのだけど・・・・








久しぶりに怒鳴りあいの大喧嘩をその後することなんて




誰が想像したでしょうか・・・!!!!











今日は旦那の両親が


オハイオからハワイに来る日。


みんなでソワソワしながら


義父さんからの電話を待っていたの。

(空港に着いたら電話するって言われていたから)



到着時間になっても電話が一向にない。



「空港に行ってみようよ」



そういう私に


「電話するって言ったんだから

電話かかってくるまで待てばいい」と旦那。



それならば、空港に電話して


お父さん達の乗った飛行機が何時に到着するのか


聞いたらいいんじゃないのかな?と思って


旦那に提案してみたの。




そしたら


「そんなに電話したいなら、自分で電話しろよっ」


と意地悪を言ったの。



というのも、ちょっと前に


違うことで「電話してよ」って

頼んでいたからなのね。

でもうちの旦那は、気分が乗らないと

「今は電話する気分じゃない」って

断るの。それでも何度も言ってたものだから


イライラ状態にあったらしい。。。




私も自分で電話をすればいいのだけど



どうしても英語に対しての

トラウマ

があって、
「何言ってるの?」とか「意味がわからない」とか

言い返されることが嫌で


どうしても私が電話しなくちゃいけない状態の時
以外は

旦那についつい頼んじゃうのね。。。

(英語に対してのトラウマのお話は
左コンテンツ
英語の苦手な私を読んでね☆)


「Minamiは俺に毎日1000Phone Callさせる。

いいかげん疲れたよ。自分でやれよ」



って怒ったの。




だから


「私たちが日本にいたときは


なんでも私が手続きやってあげたでしょう?


日本語でやったほうがスムーズにいくからよ。


お互いさまなのに、そういう言い方しないでよ!」



私もいつになく言い返したわ。



それで、結局空港に行くことになって


外に出るときに、私もイライラしてて

無言で玄関のドアをバタン!!


って閉めたら、


旦那は それがまた気に食わなかったみたいで



「そんな態度なら


FU○○○N STAY HOME!!


って怒鳴ったの。





私は酔っ払ってるときのふざけてF言葉を言うのは

許せても


こういうときにマジで言うのが絶対許せないの!





それで


「FINE!!」


ってまた家の中に戻った私。




そしたら電話がなって
「来るのか来ないのかはっきりしろ!」

みたいなこと言われて



「F言葉を使われることが嫌いだって

知ってるくせに、あなたは

FU○○○N STAY HOME!!って言ったのよ。」


と怒ったの。



・・とちょうどそのとき

旦那の両親から電話があって


空港についたよ~~~


というので、仕方なく車へ向かう私。



でも空港へ向かう車の中でも


さらに私たちは言い合い真っ最中。



普段から言葉に対して気をつけていないから

ふとした拍子にもFU○○と

子供の前でも使う旦那。



今日はとことんわからせないとだめだ!


と思っていたら



「お前が怒らせるから、F言葉を使ったんだ


使われたくなければ、怒らせるな!


電話をかけてほしかったら、


俺の気分のいい時を見計らって聞けばいいだろっ」



みたいな、なんとも怠慢な言い方に



(_ ̄Д ̄;)∂信じられない、こいつ・・・




と思っていた矢先・・・・・







後部座席から



歯をくいしばるような



すすり泣き声が聞こえてきたの・・・





はっと我に返って後ろを振り返ると





涙をいっぱいにためたアンシーの姿・・・







「けんかしないで。。。(ρ_;)ヒックヒック 」









アンシーも久々に見たママとパパの言い合いに




きっと胸がはりさけるぐらい



悲しかったのでしょう。。






旦那はそれ以上なにも言わず


運転を続けました。





私はアンシーの涙を見て




我慢していた涙が
どば~~~~っとあふれ出てしまいました。





空港につくと




お父さんとお母さんは待っていました。





目を真っ赤にした私は







ハイビスカスのレイを





お母さんにかけてあげました。





「Minamiどうしたの?


なんで泣いてるの?」



お母さんが心配そうに聞きます。





「なんでもないのよ。。。。」



って言うと



お母さんはアンシーに

「ママどうしたの?」と聞きました。





アンシーはちょっと悩んで・・・






「Grand Maに会えて


うれしいんだよ、ママ。。。」





と言ったの。。。



そしてアンシーは私に

抱きついて、顔を隠しました。




「アンシーごめんね。。。」



私はそっと頭をなでてあげました。。。




両親がレンタカーの手続きをしている間




旦那が言いました。



「Minami,ごめん。。。」



意地っ張りの旦那の精一杯の言葉だったと思います。






海外で生活していく上で


どうしても旦那に頼ってしまう部分がある。



でも、頼ってばかりいたら


いつまでたっても私の英語は上達しないのよね。



「あなたの言葉がわからない」




本当に悔しい一言だけど



それを跳ね返せるようになりたい。




明日から、



もう電話してって頼まないよ。




自分でできる限りのことはやってみる。




それでも通じなかったら


そのときは旦那に聞こう。





久しぶりの


怒鳴りあいのけんかだったけど



お互いにとって勉強になったかもしれない。





そして子供たちへ・・・






約束するよ。




もう二度とマミーとダデイーは




喧嘩しないよ。




悲しい気持ちにさせて本当にごめんね・・・・


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.