000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Minami’s クラブ

*ハイウエイでの危機一髪*

カリフォルニアで”危機一髪”な出来事を経験した事がある。
それは2才半の娘がまだお腹の中にいるとき。
臨月だったかなー
定期検診で1人で病院に行かなくちゃいけなくて、
ハイウエイを30分くらい走ったところの病院からの帰り道にそれは起こった。

アメリカのハイウエイは片車線5レーンはある。
しかもラッシュ時なんてその5レーンにはびっしり車が走っていて、
みんな時速100キロ120キロのスピードを出している。

そんな中で私も運転していた。
ふと見ると前を走っているトラックの様子がおかしい。。。。
急にブレーキを踏んだかと思ったらフラフラしながら走ったりしている。

こういう車の後ろを走るのは危険とばかりに、
左に車線変更を試みた。時速100キロの世界でだ。
するとそのトラックも私と同時に突然車線変更してきて、
しかもブレーキを踏んだ!!!キャーーーぶつかる~


そう思った私は何を考えたのか左に急ハンドルを切ってしまったのだ。
何度も言うようだが時速100キロで。

もうそれからはスローモーションの世界。
よくテレビや映画で事故を起こすシーンでは
みんなスローモーションになってるよね。まさにそれ。

全5レーンを使いながらクルクルと車を回転させながら
私は必死にハンドルを切ってなんとか車を元どおりにさせようとした。

数秒後、私は進行方向とは逆向きで中央分離帯の壁ギリギリで
停止した。車に傷ひとつなく、誰にもぶつからず、無事故無傷の
状態で・・・・よく見ると私の目の前には5レーンにびっしり停止した車の数々・・・・みんな驚いた表情で私を見ている。
何人かは降りてこちらへ来ようとする人もいた。

でも私はそこで車をUターンさせ、何事もなかったかのように
走り出した。
でも心臓バクバク!目には恐怖と安堵感からの涙、臨月のお腹は
気のせいか張っている。。。。。

運がいいのか、守護霊さまに守られているのか忘れもしない
生死をわけた出来事だった。。。。。

ハートNext


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.