3811711 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Minami’s クラブ

*初めての海外旅行の落とし穴!?*

Can3さんの日記で、サンフランシスコの空港での体験談があったので、私も記憶の戸棚から1つ思い出話を
引き出す事ができました♪

(激しい体験談がありすぎで記憶の戸棚はもう満杯状態の。。笑)

あれは私が2番目の夫J君と遠距離恋愛している頃・・・
東海岸方面に住んでいる彼に初めて会いに行く事になりました。

英語もままならない私にとって、生まれてはじめて一人で行く
アメリカ本土!
でもJ君はエアポートで待っていてくれる!!!と
ワクワク・ドキドキでした♪

J君の住んでいる所まで行くのに
成田から一度ワシントンDCで乗り換えがありました!

ワシントンDCで自分の次にのる搭乗口を探していると
「こんにちわ~」
と妙な日本語でアメリカ人に話し掛けられました。

( ̄ェ ̄;) へっ!!???

周りはアメリカ人ばっかりで緊張している私に
いきなりの「日本語」はかなり強烈で
思わず立ち止まってしまいました!(止まらなければよかった。。。。)

「旅行ですか=?」
「彼氏に会いにいくんですか=”?」\( ̄∀ ̄*)

なんて親しみやすく話してきたので
ついつい、ニコニコしてしまった私・・・

すると
「私達はこういうものです・・・」

とパネルのような写真の入った下敷きを見せられて
それは「戦争で親を失った子に愛の手を!」
って日本語で書かれていました。

それでなんだ~かんだ~と話し出し
要は「募金してくれ」と・・・・・

それでこれだけみんなが募金してくれています!
というようなリストを見せられて、
みんな$50とか$100とか$200とか書いて
ありました。

悩んだ末$50渡してしまった私・・・・

|||||||||||( ̄_ ̄|||)ショーック
今思うと「ひえええええーーーー50ドル~!!!!!!」

でもその当時ドルに対しての金銭感覚が全くわからなかった
、、日本円で5000円なんて寄付できないくせに
$50紙幣をいとも簡単に渡してしまった私・・・恐ろしい。。

実はその募金活動は実は詐欺まがいの連中で
いろいろな空港に出没しているらしいの。

空港にいるとよくアナウンスで流れているのよね。
「気を付けてください」みたいな事。。。
でもそういう人たちは、お上りさんのような
初海外旅行のお金持ち日本人を狙ってるらしいの。

もう10年以上前の話だけど、今でもいるのかしら?
これから旅行行かれる方、是非怪しい日本語話す
人に話し掛けられたら気を付けてくださいね!

まんまと$50取られたMinamiちゃん。
その後、搭乗ゲートでひたすら座って待っていました。

始め数人のアメリカ人がゲート前のベンチに座って
待っていたのですが、一人、また一人
ポツポツと席を立ち、いつの間にかそのベンチには
私一人だけになってしまったんです!!!

ひえーどうして~!!!???┐( ̄д ̄;)┌ ホワイ?

ゲート脇のチェックインカウンターにも誰も立っていないし
搭乗時間になっても誰も来ない。。。
絶対これはおかしい!!!

と不思議に思った私は
となりのカウンターの女の人に自分のチケットを
差し出しました。

すると「XXXXXXXXXXCANCEL!!!(キャンセル)XX」

早い英語で何かを言って、とりあえず乗るはずの飛行機が
キャンセルになったって事がわかりました。

キャンセル~??????ど、どうしたらいいの????

一生懸命説明してくれようとしているのですが
頭はパニックになって、英語が何も理解できません!

涙目になりつつある私に、説明するのをあきらめた
女の人は、どこかに電話しています。
「I need someone help who speaks Japanese!!!」
(誰か日本語を話す人のヘルプがいるんだけど!!!)
↑と、たぶん言ったんだと思う・・・・

すると数分して小走りに走ってきた男の人。
それはまぎれもなく「JAL」の名札を付けた
日本人の男の人でした!

「どうしました?」
彼の一言で、今まで貯めていた
不安がどばあああああーーーーっと溢れ出し
涙がポロポロと出てしまいました、、 (*ノ-;*)シクシク

彼が説明してくれたのは
”搭乗人数が少ない為に、予定フライトが急にキャンセルに
なった。私の行く方面にはもう明日まで飛行機が飛ばないので
となりの空港までタクシーで行って、そこから別の便に乗って
行く。タクシー代は飛行機会社がチケットをくれる”

というものでした。アメリカ人の女の人は必死に
この事を私に説明してくれようとしていたみたいなんだけど
頭が真っ白になっている私に、理解しようなんてのが
無理でした・・・・・

そこでJALの男の人は、何もわからない私の為に
空港外にある、タクシー乗り場まで一緒に行ってくれて
ついでにタクシーの運転手さんにも、次に向かう空港を
伝えてくれました!

なんていい人なんだ~!!ありがとう!!(†〇†)ああ、じ~ん

アメリカにいるのだから、周りは全て外国人なのが
当たり前なんだけど、こうやって困ってしまったときに聞いた
「日本語」は本当に心の底から安心できるものです。

アメリカでは飛行機のキャンセルは日常茶飯事。
よーーーくアナウンスを聞いてると、どこどこへ移動して
くださいとか言っています。

(不安な場合はすぐに搭乗口わきのカウンターで
自分のチケットを出すと、ちゃんと教えてくれます)

たぶん私そういうアナウンス全然聞いてなかったんですね。
ホント勉強になりました。

空港詐欺といい、飛行機キャンセル事件といい
初めての一人旅行で、こんなハプニングに合うとは
ホントMinamiちゃんならではですよ。。(トホホ・・)

でもそういう経験が人間を強くもしてくれます!

これから初めての海外旅行される方
是非このお話を思い出してくれたら幸いです♪

************

ちなみに現地でJ君に無事会えたかって???
もちろん空港で迷子になったMinamiちゃん。
だってゲート出口で待っていると言ったのに
いないんだもん。。。(おとなしく待ってりゃいいのに
スタスタ歩き出した私・・・・)

でもね、そういうとこは運の強い私。
辞書片手に空港内をうろうろ歩いてたら、
ばったりJ君に遭遇。
あああーーー神様ありがとう!!!!!
(大きな空港じゃなかったのが不幸中の幸いだったかも!?)

**************

ハートNext


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.