174255 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

南風一の世界

2018/04/24
XML
カテゴリ:

    知っている者    南風一

同級生や祖父母、父母が亡くなるということは
彼らと共有した人生の時間が消えるということ
だから
悲しく感じるのだろう

私が小さい頃に訪ねた祖父母の家は消え
父母の家も建て替えられた
付近の風景も一変して
カッコウが鳴いていた野山や谷や田んぼは
道路や整地された田畑に変わった

地形もすっかり変わってしまったから
子ども頃田植えや稲刈りに行った田んぼや畑は
盛土の下に埋もれてしまった

若かった祖父母や父母の後ろ後を追っかけて行った道も
谷の田んぼに降りる途中にたくさん実を付けていたイチジクも
今は何処にもない

亡くなってしまった祖父母や父母や
近所に暮らしていた人たちは盆正月に何処の土地に帰って行けば
いいのだろう?

帰る土地は何処にもないから
皆んな仲良く小高い丘の上に
石の姿で並んでいる
石の下から変わりゆく郷里の姿を見下ろして
呆れているかも知れない

 

(詩集の宣伝)
「青春17切符+1」3月26日発売。

購入は、
こちらからどうぞ


詩が良かったと思う方は
人気blogランキング







Last updated  2018/04/24 10:44:44 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.