166119 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

南風一の世界

2017/03/24
XML
カテゴリ:

    学生時代    南風一

偶然同じ学校に通うことになって
偶然同じクラスになって
偶然同じ机に向かい合って
1年授業を受けることになった

たったそれだけの関係に過ぎなかったのに
何十年が過ぎても
きみの姿はそのときの姿のまま

きみの姿は俺がもっと年老いて
歩けなくなっても
やっぱり屈託のない笑顔の小娘のままだろう

クラスメートの友人たちは
やはり3年間同じ学校に通い
同じ校舎に学び同じグランドで運動し
同じ空気や風に親しんだ

そのときは
同じ場所に同じ時を過ごすことを
貴重だとは思いもしなかった
1回限りの青春ということにも
思い至らなかった

全てが過ぎ去って
クラスメートが散り散りになって
会いたくても友たちが何処にいるのか分からなくなって
初めて過ぎ去った学生時代の貴重さに
思い至っている

 

(詩集の宣伝)
「青春17切符+1」3月26日発売。

購入は、
こちらからどうぞ


詩が良かったと思う方は
人気blogランキング






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/24 11:42:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.