250914 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

南風一の世界

2022/05/09
XML
カテゴリ:
  身の上話    南風一

薄々不思議には感じていた
なぜ既婚者でなく定年後の再就職者でも
ないにも係わらず
わざわざ専門員という低賃金の身の上に
甘んじているのか?

きみの賢さと
てきぱきとした仕事ぶりからすれば
もっと給料がいいきみの能力に見合った職場なんて
幾らでもあるだろうにと
思ったものだった

きみが平日に半休を取ったり
時間休を取ったりする理由が
今頃になって 薄々分かってきた

以前に昔からいる職員と女性職員の身の上話をしていたとき
何気ない会話の中で
きみには親の介護や世話があって
比較的時間に融通がきく専門職職員の身の上でいる・・・
そんな話しがあった

私のように年金に辿り着くまでの
時間稼ぎ程度の身の上ならば
大して高くない賃金でも取り立てて大きな影響はない

それに対して
きみのような若い年齢ならば
ましてや独身女性という身の上ならば
もっともっと高い賃金で働いておかなければ
将来的に受け取る年金額は非常に少なくなり
老後生活は厳しいものになる・・・

きみは親の介護という理由で
自分の老後人生を犠牲にすべきではない
だからといって
私には何もできない

(詩集の宣伝)
「青春17切符+1」3月26日発売。
購入は、

こちらからどうぞ

詩が良かったと思う方は
人気blogランキング






Last updated  2022/05/09 10:01:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
[詩] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.