911368 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みなりっちの心晴天

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


みなりっち0716

カレンダー

お気に入りブログ

​(ご飯を炊いてる間… 榎本!さん

私らしく幸せに☆ 魔法っ子さん
やってしまうま物語 ゆかいな妻さん
くまちゃんギラギラ☆… くまちゃんギラギラ☆さん
ありが父さんの"光… f.hidekiさん

コメント新着

みなりっち0716@ Re:ガネーシャがやってきた!(04/14) smile yokoさん どうも!私もyokoさん…
smile yoko@ ガネーシャがやってきた! Yさんの友人です。メールで知らせてくれて…
みなりっち0716@ Re[1]:ガネーシャがやってきた!(04/14) ヤッズ★さん 見た見た見たよ!! なん…
ヤッズ★@ Re:ガネーシャがやってきた!(04/14) ヤッズ★も「夢を叶えるゾウ」を読んで、関…
みなりっち0716@ Re[1]:ガネーシャがやってきた!(04/14) レモンティーさん いつも、ありがとう…
レモンティー@ Re:ガネーシャがやってきた!(04/14) うわー、どちらもかわいいゾウですね♪ 大…
みなりっち0716@ Re[1]:ガネーシャがやってきた!(04/14) あるてさん あるてさん。 メールの方…

ニューストピックス

全500件 (500件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >

2017年03月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
時々、問い合わせ頂くのですが、このブログ自体の更新をもう何年もしていないので、
情報も古いものになっています。

このブログで紹介している占い師等につきましては、現在は営業しておらず、所在も
分からない方が大半です。

記事を書いた当時は、紹介させて頂いた事はありましたが、現在は、全く紹介などは致しておりません。

喜楽の会は、現在もありますが、紹介などは一切行っておりません。

従いまして、このような問い合わせはご遠慮くださるよう、お願い申し上げます。

至福の石けん






最終更新日  2017年03月02日 16時55分44秒
2013年07月03日
カテゴリ:出来事
 
048.JPG

 




前回記事より、かなりの長い間の時間が空きましたね。

いろんな事に心の余裕がなくて、リフォームに関わっているのが煩わしいと感じている時もありました。

こんな、有難い話なのにね。

亡き祖父が私に残してくれた物なのにね。

おじいちゃん、ごめんなさい。

昨年の12月に突如湧き上がった寮のリフォームの話。
今年の2月までに、契約書を交わす勢いで行って。
そうすると、その後がすごく良くて、ますます発展していくから。

と信頼しているサイキックに言われ、おまけに税率がどうのこうのという理由も上げられ、

う=======ん。。。。

って、感じだったみなりっちですが、

なんと!本当に年明け早々に、建築関係だけ消費税が8%に上がることが公に発表されました。

5%⇒8%の3%って、大きいですよね。

そればかりか、融資の金利も2月から現行の変動なしの最安値から絶対上がる事が決まっているとのことで、あれよあれよという間にリフォームすることが決定してしまった。

恐るべし!!!!

で、わたくし個人事業主であり、株式会社でもなんでもない屋号だけの経営者で、なおかつ、これまで事業目的で融資などを受けて返済した実績も無いことから、融資も下りないかもしれない。というギリギリの瀬戸際だったのですが、どういった訳か融資も下りて、正式に書面を交わして、リフォームが決定したのが、2月の14日だったのでした。

後で、契約日を調べてみると、偶然大吉の日だったので、びっくり。

1千万以上のお金が動く、大きな買い物なので、契約の日とかすごく大事みたいですね。

しかし、借金ゼロで返済が焦げ付いた事など一度も無く、お金との関係はちり一つ落ちてないクリーンをモットーにここまでやってきた私ですが、事業用での融資の実績が無いだとか、女性経営者だからとか、そんな理由で、融資を決定するとかしないとか、ビックリした。

でも、それが普通なんでしょうね。

貸す方にしたら、どうしても慎重になっちゃうんでしょうかね。

 

肝心の金利ですが、2月も半ば近くになっての正式な契約でしたが、ちゃんと2月までの変動なしの最安値で融資してもらえました。銀行はそもそも貸してはくれませんが、銀行よりもはるかに安い金利なので、それも助かりました。

 

融資が降りてからは、本当にスムーズで、最後の最後になって、2階の仕上がりと、外壁、玄関ポーチが今月半ばまでずれ込んだのは、計算外でしたが、おおむね、うまくいっていると感じております。

特に、石けんを作成するキッチンも、普通はオプションでつけるものが標準でついて、普通よりも値段が安いものでシステムキッチンが揃えられたり、大工さんのお蔭で、上から降りてくる引出しも、同じメーカーのリクシルの物がもらえたり。(買うとけっこう高い)

浄化槽も、もうダメかと思っていた昔の物が生きていたので、その分の費用が浮いたりなど、数えきれないラッキーが重なりました。

そうそう、物件の設計や建築、デザインを担当してくれた建築士さんですが、

なんと!

僧侶の資格を持つ方なんですよ。

知識も非常に豊富で、たくさんの事を教えて頂きました。

私がどれだけ無理を言っても穏やかに聞いてくださり、感謝しています。

明日、とうとう引っ越しです。

引っ越しなので、7日までお休みを頂きますが、その間カートは開けておきますので、良かったらご来店ください。

皆様に、たくさんの良いことがありますように。



至福の石けん*ショッピングカートはこちら

商品購入代金1万円以上で送料無料キャンペーンは、7月も継続します。
この機会に是非どうぞ。







最終更新日  2013年07月03日 16時48分02秒
2013年06月09日
カテゴリ:出来事

rblog-20130609185429-00.jpg

 

みなりっちです。

昨日仕事を終えて、帰宅途中に、多くの人がわらわらと。。。

これは、もしかして、


ホタル‼


この辺りは、川の水が綺麗なので、この時期になると、川辺での乱舞が見られるんです。

そうとわかったら、もうじっとはしておれませんよ。

 

早々に帰宅し、夕食をとったら、すぐに家族でレッツゴー!

 

川沿いに歩いていくと、大勢の人、人、人。。。。

そして、対岸の草叢や、雑木になっている辺りには、蛍がたくさんいて、とても幻想的な眺めとなっていました。

途中で帰ると言い出した家族と別れ、私はどんどん先へ先へと歩いていきました。

上へ上へと川沿いを歩いていくと、蛍の数もどんどん増えて、神秘的な空気が増していきます。

ぼんやりとその空気感を感じながら、幸せな気持ちに浸っておりました。

 

帰り道。

 

おじいちゃん、おばあちゃんに連れられた2、3歳の男の子とすれ違いました。

 

すると、その子が、なんにもいない所を指さして、

 

犬、犬

 

と言っているのです。

 

ちょうど、その頃私は、今は亡き福助とよく蛍を見に来たてたな~。と少し思い出に浸っている時でしたので、ビックリしました。

 

あぁ、一緒に来てる。

 

そう思いました。

 

実は、福ちゃんがしていた首輪。

福助が天国へ旅立ってからずっと私の部屋にありました。

 

そろそろ、どのようにすればよいのか?と思っていた時に、自宅の庭に入ってすぐの所に埋めてあげたら、悪い物から家族を護ってあげる。って言ってますよ。というメッセージをくださる方がいて、つい先日、アジサイの根元に埋めたばかりでした。

 

蛍一緒に見てたのか。

あの頃と同じように。

 

くすぐったいような、姿が見えないのがもどかしい夜でした。

 

画像ですが、蛍です。

蛍に向かって、iphoneのカメラで写すと、こう写りました。

綺麗と思っていただけると、嬉しく思います。

 

2009-11-20 22:41:40

 

在りし日の福助。

やんちゃだった。

 

 



 







最終更新日  2013年06月09日 19時26分40秒
2013年06月01日
カテゴリ:出来事
rblog-20130601201713-00.jpg





みなりっちです。

私は、至福の石けんというハンドメイドソープのお店を運営しております。

2007年に創業し、お蔭さまで今年で丸6年が経過しました。

昨年の9月に、それまで自宅でやっていた仕事を移転という形で、近くの山の中にある住宅地に移しました。

ところが、ひょんな事から、自宅の敷地内にある、元々は学生寮だった建物でこの6年ぐらいは、入居者も撤退し、ただの物置になっている築40年の建物をリフォームして事務所として使わないか?という話が持ち上がりまして、現在7月の完成に向けて着工しております。

 

最初は、全くやる気が無かった私でした。

だって、9月に引っ越したばっかりなんですよ。

その話が来たのは11月だったので、正直ムカッとしたのを覚えています。

 

 

でも、ムカッとしながらも

ずっとずっと、この寮だった建物が朽ち果てるまで置いておくのも気がかり・・・。

とか、

今の事務所、家賃高いなぁ。

とか、

いつかは、あの建物をリフォームして事務所として使いたい夢が実はあって、先に賃貸を借りたのもその前準備みたいな所があったので、気になる話ではありました。

しかも、今の事務所の家賃よりも安い月の支払いになるとのことだったのですが、慎重派の私は、経営状態を見て、するのであれば、何年か先の話として考えておりました。

するとですね、やはりどこかで気にかけていると、情報は引き寄せられてくるもので、節税にもなるという情報が耳に入ってきました。

で、私が信頼するサイキックな方に相談したところ、

 

 

●リフォーム考えているのであれば、絶対にやった方がいい。

●やるのであれば、2013年の2月までに決めること。

●ご先祖様の後押しが凄い。特に、私の亡くなった祖父。あの寮を蘇らせてくれることを希望している。

●その物件は、神様の通り道に建っていて、イメージ的には酒蔵、神社といった感じ。

●座敷童のような存在がいる。

●天使がいつも舞い降りてきている物件。

●風水など気にする必要もない物件。気にするなら掃除や整理整頓だけにして。

●ここで作られた石けんは、今以上にパワーのあるものになるだろう。作品の質がこの先どんどん上がってくる(これは、後に、他のヒーラーさんにも全く同じことを言われる)

などなどのお告げが、その方の口を通して伝えられたのでした。

それが、昨年の12月初めの話だったので、翌年の2月と聞いて慌てたみなりっち。

どうしても、2月までに決めた方がいいのか?

と聞いてみた。

すると、

あなたが、ゆっくりしたいのなら、ゆっくりすれば、それはそれでいいけど、ご先祖様がね、

消費税が上がるもしくは、なにかの税率が上がるイメージがあるので、早く決めた方が良いと言ってる。

それに、2月から着工して、夏頃までに引っ越しを済ませたら、より今以上に繁栄していくし、なによりもプライベート運がめちゃくちゃ上がります。

という事だったので、本気で考えてみることになりました。

それが、昨年末の話。

続く

********************

使うと、幸運が訪れると言われる石けんを販売しています。お客様の幸運体験多数!

至福の石けんショッピングカート

皆様のお越しを心よりお待ちしています(^-^)

 

 

 







最終更新日  2013年06月01日 20時25分04秒
2013年05月29日
カテゴリ:スピリチュアル

rblog-20130529151213-00.jpg



さきほど、至福の石けん日記にて、

100%を目指さない訳

という、記事をアップしました。

 

これまでの私は、完璧主義でした。

幼い頃から、他の子ができることができなかったり、みんながそうだ。と感じることを一人だけ違う、もしくは理解できないと思っていた、変わった子だったので、ものすごく自分は不足している(完全にはほど遠い)と感じながら生きてきた訳です。

そんな私にとって、完璧を目指すことはまるでそこから抜け出すたった一つの方法のように思えました。

 

完璧を目指す中で、

 

努力

 

を忘れてはならない。

 

この度、完璧主義を手放すことで、

では?

努力することは、どうなのだ?努力も手放すのか?

と思った時、

 

 

そんな事をしたら、私が私でなくなってしまう。。。。

 

 

という恐怖を感じた。

 

でも、これは、私の中の「努力」の定義を私自身が勘違いしていて、

それは、

努力とは、怖れが現実化しない為に行うもの。

だったり、

努力とは、自分に厳しくするもので、修行のテイストを含んでいるようなものなのかもしれない。

 

そうではなくて、

 

 

愛からの努力。

要するに愛を原動力にした努力だったり、喜びの為の努力だったりが、本来の私たちがするに値する努力なのではないかと気づいた。

 

 

思い出してみると、

 

 

愛や喜びを原動力とした努力は、今まで、

アッという間に実を結んできたような気がする。

そういう努力をしている時は、完全に完璧主義からは遠ざかっていて、なおかつ有り余る恩恵を受けていたと思うのです。

 

という訳で、

 

私は、これから愛や喜びを基点にした努力を自分の気持ちに正直に行うことにしました。

苦労すれば、するほどいい。とか誰が教えたんでしょうか。私たち人類に。

人間は、もっとシンプルな生き物なのだなと改めて確認する今日なのでした。

 

完璧主義じゃないよ・・・。でも、パセリは残さずに食べよう。

 

***************************

 

至福の石けんでは、現在石けんの販売を行っています。

この6年間の間でご購入者様が1万人を超え、そして数々のミラクルを起こしてきた石けんです。

よろしければ、ご来店お待ちしています(^-^)

至福の石けん*ショッピングカート







最終更新日  2013年05月29日 15時19分40秒
2013年05月23日
カテゴリ:スピリチュアル

尊敬する先生が亡くなられたのをきっかけに最近、死というテーマに向き合ってみる。ことが増えた。

あれだけ才能豊かな先生で、まだまだやり残したことがあったのではないだろうか?とか勝手に推測してみる。

私のハイアーセルフは、6次元のハイアーセルフで、和美香というのですが、和美香にこのことを聞いてみた時に、こう答えが返ってきた。

 

 

 

その人のお役目が終えた時に死という現象がやってきます。

死とは信じられないかもしれないけれども、セレモニーなのです。

魂の観点から見たら、新たなる門出です。

この世でお役目を十分に終えた魂を祝福しましょう。

魂にしてみたら、死とは洋服を着替えたり、隣の部屋に移動するぐらいの簡単なもの。

あなた自身も、過去そうやって、何度も何度も死と再生を繰り返してきました。その度に新しい肉体に乗り換えながら。

 

 

そして、この楽天ブログの壁紙デザインである蓮の花をぼんやりと眺める私にこう語りかけてきました。

 

 

蓮の花は、どうしてあのような美しい花を咲かせることができるのだと思いますか?

泥の中から生まれてくるのに。

 

 

 

そう、プログラムされているからじゃないの?

とみなりっち。

 

たしかに、そうですね(笑)

でも、それは蓮の花の選択でもある訳です。

人とは、可能性の宝庫です。

あなたが、たとえ、泥の中にいるように感じていても、あなたの選択次第であのような美しさで復活することが可能なのです。

なにを選択するのか、あなたには、選択の自由があります。

大切なのは、怖れからの選択ではなく、それが自分の喜びだったり、愛からの選択を行うこと。

何かを選ぶ時、

自分のハートにいちいち、尋ねるといいのです。

この選択は、愛から?それとも怖れから?ワクワクするかな?

愛でも、喜びでも、ときめき・ワクワクでもなかったら、そこから選べるものをまた選択すると良いのです。

 

自分に、最高善の選択ができるよう意図して、日々を生きてみます。

自分がまだ元気だということは、まだまだお役目があるということ。

日々味わうように生きてみようと思いました。

 

 

 

 

 







最終更新日  2013年05月24日 17時38分05秒
カテゴリ:スピリチュアル

みなりっちです。

最近、ものすごくショックな事がありました。

それは、私には、心から尊敬するヒーラーさんが3人いて、

そのうちの一人である

コスミックハーモニー代表の大久保恵先生の訃報でした。

今年に入り、体調を崩されているのは、知っていました。でも、あの明るく元気な大久保先生の事だから、必ず復活してくださることを信じていました。

でも、まさかの訃報でした。

聞いてしばらくの間はしばし呆然としていました。

大久保先生と言えば、シータヒーリングの日本人初のインストラクターで、多くのインストラクターを育てて来た人です。

私は、たまたまその時親しくさせて頂いた方から大久保先生を紹介されたのをきっかけに大久保ワールドにはまっていきました。

私は、忙しく2,3日休んでも翌月に響くようなスタイルで仕事をしていたために、なかなか神戸までセミナーを受けにいくことができず、その代りに定期的に個人セッションをお願いしていました。

先生の叡智は本当に素晴らしく、様々なことを教えていただきました。

特に、直接ソウルメイトセミナーで教えて頂いた△〇法というシータヒーリングの手法は、今までなんだったのだろう?と思うほど癒しの速度と、処理できる範囲が広く目からうろこでした。その後の私自身の進化に大いに貢献してくれいて、今もメインで使っている手法です。

それに、先生がお元気になられたら、現在空物件をリフォームして7月には事務所の引っ越しが待っていることなど、是非報告したいと思っていました。

なので、ただただ残念で。。。。。。

たくさん助けて頂いたお礼もまだ言えてない。感謝してもしきれないぐらいの多くの物を先生に頂きました。

今は、悲しい気持ちでいっぱいなのですが、一つ本当に気づいたことがありました。

私は、いつか大久保先生の基礎、応用クラスのアシスタントに入って一から学び直したいと思っていました。

ただ、仕事が忙しいので、いつか入りたい。いつか必ず入るぞ。といつも思っていました。

でも、この「いつか」がある限り、「いつか」が延々と現実化されちゃうんですよね。

もしかしたら、誰かに迷惑をかけちゃったかもしれないけど、3日、4日ぐらい、えいっ!って思い切って休んでしまえば、休めたんですよね。

先生がいなくなっちゃって、もうその夢が叶うことは無くなりました。

私は、本当に大好きな心から尊敬する先生から学ぶというチャンスを、「いつか」という言い訳で失ってしまったのです。

もう、2度と永遠に戻ってはきません。

ちょうど、バシャールを再度読んでいて、

ワクワクすることを選びなさい。

毎瞬毎瞬ワクワクを選択し続けなさい。

というメッセージが私の中をぐるぐると回っている時でした。

後悔をこの先することがないように・・・・。

本当の自分自身の幸せの為に・・・・。

自分がやりたい!と思ったことは、なるべくできる範囲ですぐに実行する。ことを自分に決めました。

思えば、

いつか、またいつか。

この先延ばし癖の為にどれだけのチャンスをふいにしてきているのでしょう。

そして、家族を含めて周りの人たちに対して、愛で接したい、愛をあげたいと思いながら素直にできなかったこと。どれだけあったでしょう。

愛してあげたい。

優しくしたい。

そう思った時に、もうその人はいないって事もあるんですよね。

大久保先生が最後に私にくれた最大の気づきは、その2点でした。

今までお疲れ様でした。

ありがとうございました。

先生に心からの感謝を捧げたいと思います。

 







最終更新日  2013年05月23日 15時23分46秒
2013年05月03日
カテゴリ:スピリチュアル
どんなに辛い時でも
孤独を感じて泣きたい時も
私たち人間の顔は、基本的に前に付いていて、前に向いてしか歩けない。
後ろ歩きもできるけど、ほとんどやらない。

人間は、常に進化し続ける生き物だ。
人類が誕生した頃は、狩りをして、衣服すらまともなものを着ていなかったけど、今のこのテクノロジーの進化はどうだろう?

今の自分がどうであれ、進化の過程にいるのは間違いない事だ。

現在のテクノロジーだって、完成するまでは、紆余曲折があり、ドラマがあった。

泣いたり、悲しんだり、嘆いたりしながらも、昨日よりも今日、明日の自分の方が、進化している。

進化とは、今以上に良くなっている事だ。

人類のテクノロジーの進化とは、人類の意識の投影である。

私たち一人一人の。

だから、今がどんな状態であろうとも、私たちは、良くなっていくしかないんです。

その為に、前に向いてしか、真っ直ぐに、スタスタと歩けないようになっている。

私たちは、大いなる存在に望まれて、ここにいる。



rblog-20130503214417-00.jpg











最終更新日  2013年05月03日 21時44分36秒
2013年02月21日
カテゴリ:スピリチュアル

私は、神社が大好きだ。

行くと必ずおみくじを引く。

広島市にある多家神社は、至福の石けんの鎮守神社なのでよくお参りするのだが、この神社のおみくじは、どういう訳かめちゃくちゃ当たるのだ。

というか、ぴったりなものを神様が渡してくださるという感じ。

今回は、建国記念日の日に、用事があり、車を走らせていたら、突然、多家神社の神様からお呼びがかかったような気がして、急きょ予定変更してお参りさせて頂いた時のおみくじの内容がこちら

 

↓↓↓

憂さもつらさも腹立たしさも、心ひとつのおきどころ。

大空に澄む月の光も見る人々の心によって、楽しくも悲しくも腹立たしくも眺められる。

自分の身辺に起きるすべての事柄の中に神様の有難い御教え、かたじけないみさとしを味わって、感謝の気持ちで眺めれば、身も心もほがらかに禍も自ら転じて幸いとなって来る。

 

私たちの心の持つ作用に「投影」というのがあって、

どれだけ美しく晴れ渡った空でも、大失恋の後に眺めれば、悲しい空だと感じます。それは大失恋による悲しみを空に投げかけて見ているから。

心一つのおきどころ。

というのは、「投影」とは、心のフィルターであり、喜びで満たされていれば、喜びのフィルターを通して見るので、何を見てもハッピーで、怒りで満たされていれば、何を見てもムカッとくるのです。

心を平和な位置に置くのか、戦争状態に置くのか自分自身で選択できるということ。

そして、自分自身に起きるすべての事柄は、すべてが必然であり、そこから学べることがたくさんあるということ。

どんな出来事をも感謝の気持ちで眺めることで、禍転じて福となり、平和が戻ってくるよ。

といった事が書いてあり、どうやら神様とは、そうやって一つの出来事から学ぶごとにご褒美をくれる存在であるらしい。

 

そして、

 

はなされし、かごの小鳥のとりどりに楽しみ多き春ののべかな。

籠の中にいた小鳥が話されて自由に飛び歩くように苦しみを逃れて楽しみの多い身となる運です。世の為、人の為に尽くしなさい。幸福まして名も上がります。

 

 

とありました。

私は、酉年です。

そして、前もどこかで書いたかもしれませんが、鳥のモチーフ好きです。

子供の頃は手乗り文鳥を飼ってました。

そして、最近になりやっと外れてきたかな~と思っていたのですが、なぜか子供の頃からものすごい閉塞感、窮屈な感じ、いろんなものに縛られている感じが常にしていて、ずっと自由に憧れ続けてきました。

母親が厳しかったので、育った環境も多少ありますが、それよりも魂が持つ何かのようにいつも感じていました。

まさに、私は籠の中の鳥だ。とか、囚われている感覚があり、心理学からスピリチュアルをこの10年研究し続けていたのは、まさにこの感覚から自由になりたかったからなのです。

もう、解放されたんだよ。

神様からはっきりとそう告げられたような気がして、本当に嬉しくなりました。

そして、ちょうど

私が世の為、人の為になれることが他にもあるなら教えて欲しい。私自身が自分を犠牲にすることなしで、出来うる限りの私のやり方で貢献したいとお願いした直後のおみくじだったので、

あ、

被せて言われた(笑)

 

と思いましたし、

私が願ったことは私にとっての真実だったのだと思いました。

 

生きているといろんな事が起こり、その都度私たちの繊細なハートは揺れ続けます。

そんな時は、近くの神社にお参りして、おみくじを引いてみると、神様が答えをくださいます。

お参りの時に、日ごろの感謝を述べた後で、ぴったりのおみくじを引かせて欲しいとお願いしてから引くと、良いでしょう。

突然呼び出しがあったように感じて行った多家神社でしたが、帰る頃には、ずっしりと重かった肩がめちゃくちゃ軽くなっていて、びっくりしました。

やっぱり、神様って、

当たり前ですが、

すごいです。

 

 

 

 







最終更新日  2013年02月21日 23時18分55秒
2013年01月31日
カテゴリ:家族

あまりにも似すぎてて・・・

笑いとともに、涙。

 

子犬を背中に乗せて泳ぐけなげな犬

ま、私に言わせれば、けなげというよりも、

 

残念

 

の方がピッタリくるのですが。

 

背中に乗っかっている子犬よりも、口に咥えているボールの方が

 

100倍大事

 

というか、背中に子犬が乗っていることさえ、意識にない。

忘れている以前に意識にない。

 

ところとか、

 

犬かきが必死な所とか

 

ふっふっ

 

という息遣い、

 

体の大きさ、体毛の色、肉付き、や体長の長さに、鼻の色、鼻から口にかけての丸み、お耳の位置

 

に至るまで、

 

去年、天国にいっちゃった

 

 

福ちゃんにそっくり!!!!!!

 

極め付け、一度持ったら飽きるまで絶対に離さないボールの種類も全く同じ物を咥えていて、

 

生き写しってこのことか?

と思ってしまった動画でございます。

 

彼が死んで1年以上たちましたが、きっと何年経っても

 

会いたい。

 

と思ってしまうものなんでしょうね。

 

でも、会いたい会いたいと思っていると、

 

会いたいと思えば思うほど、会いたいと思ってる状態の現実化が続くので、そろそろ止めたら?

 

と今では天使となった福助に笑われてしまうのでございます。

 

笑われないよう、努力しよう。

 

 

 

 

 



最後、水の中に振り落とされる子犬が健気ですね。
たくましく、育てよ〜‼






最終更新日  2013年02月01日 00時42分49秒
このブログでよく読まれている記事

全500件 (500件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 50 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.