930583 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みなりっちの心晴天

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


みなりっち0716

カレンダー

お気に入りブログ

【コロナは風に弱い… 榎本!さん

私らしく幸せに☆ 魔法っ子さん
やってしまうま物語 ゆかいな妻さん
くまちゃんギラギラ☆… くまちゃんギラギラ☆さん
ありが父さんの"光… f.hidekiさん

コメント新着

みなりっち0716@ Re:ガネーシャがやってきた!(04/14) smile yokoさん どうも!私もyokoさん…
smile yoko@ ガネーシャがやってきた! Yさんの友人です。メールで知らせてくれて…
みなりっち0716@ Re[1]:ガネーシャがやってきた!(04/14) ヤッズ★さん 見た見た見たよ!! なん…
ヤッズ★@ Re:ガネーシャがやってきた!(04/14) ヤッズ★も「夢を叶えるゾウ」を読んで、関…
みなりっち0716@ Re[1]:ガネーシャがやってきた!(04/14) レモンティーさん いつも、ありがとう…
レモンティー@ Re:ガネーシャがやってきた!(04/14) うわー、どちらもかわいいゾウですね♪ 大…
みなりっち0716@ Re[1]:ガネーシャがやってきた!(04/14) あるてさん あるてさん。 メールの方…

ニューストピックス

2009年08月29日
XML
カテゴリ:スピリチュアル

おひさしぶりぶりっす。

少し暑さも和らいだかなと思ったら、やっぱP←(今の旬) また暑さがぶり返しましたね。

ケータイ小説がまるで、中毒のようにやめられましぇん。。。。

んで、今は、阿刀田高先生の「奇妙に怖い話」のシリーズにはまっておりまして、寝る前の真っ暗な部屋の中で読んでみたりするくせに、後になって怖くなって、岩塩ランプだけを灯して寝たりしてる小心者なのですが、

読んでる中に、全く知らない人から深夜12時に、石川県より「これから死にます。」って電話がかかって来るんだけど、相手は、こちらの名前とか住んでる所とか、前に済んでた住所とか知ってるくせに、自分の事になると、一切言わない。みたいな、かかってくる方からしてみると、超不気味なお話が出ていた。

でこの話の恐ろしいところが、同じ人ばかりじゃなくて、全くの別の人からも同じ内容の電話が石川県からかかってくるってとこで、超気持ちわりぃ~~話なんだけど、なんか、そんなに怖くないな。とどこかで感じていて、それはなぜだろう????と思っていたら、思い出した!

今日は、そんなみなりっち~の奇妙に怖い話です。

今から、約10年ぐらい前の秋ぐらいのある夕方。

携帯に電話がかかってきました。

ディスプレイには、公衆電話と出ています。

当時のみなりっちは、仕事柄携帯2本持ってまして、だいたいかかって来るところは決まっており、公衆電話なんて初めてで、へぇ!こんな出方するんだ~~~。と、ちとドキドキしながら電話に出てみると、おばさんの声で、

「あ、えーと、○○さん?占いの予約取りたいんですけど。」

ちなみに、○○さんには、ワタクシの苗字が入ります。

当時の私は、確かに占い好きでしたが、カウンセリングも心理学もまったく興味ない時代でしたので、

へ???????????????????????????って感じでした。

当然、お断りするわけですよ。当たり前ですけど。

で、なんで私の名前を知っているのか?(あまりありふれた苗字じゃありません)どこからかけているのか?誰からこの番号を聞いたのか?聞くんですけど、そうなるとガチャッって切られちゃう。

今なら、相当神経質になってしまう話なんですけど、当時は、あまり深く考えていませんでした。

それから1週間か2週間かしてまた公衆電話から着信がありました。

出てみると、今度は、おじさんの声で、

「あ、○○さんですか?占いの予約取りたいんですけど」

薄気味わりぃ。。。。と思いつつ、どこからかけているのか?なんでこの番号を知っているのか?問い詰めようとすると、

ガチャッ

また、切られる。

気持ち悪いと思いつつ、またそんな出来事も忘れて暮らしていると、またある日の夕方に公衆電話からの着信が。。。

出ると、

「あ、○○さん?占いの予約をお願いしたいんですけど」

今度は、若い女性の声。

で、問い詰めようとすると、なんだかんだ意味の分からないことを言いながら切られた。。。

気持ち悪いんだけど、あんまり神経質にならなかったのは、かけて来た人たちに共通して、悪意みたいなものが感じられなかったこと。

嫌がらせ的な感じがしなくて、本当に占いの予約を取りたかったような感じだったのだ。

けっきょく、携帯電話の機能に着信拒否の機能があり、公衆電話着信の拒否機能を見つけたので、それを設定すると、以後全くかかって来なくなった。

もしかすると、どこかの公衆電話に私の携帯番号が載せられた占いのチラシでも貼ってあったのかもしれないが、それならそう言えばいい。

なのに、占いなんてやっていないこと、どこでこの番号を知ったのか聞くとガチャ切りされる。

そして、必ず公衆電話着信なのだ。

今考えても本当に分からないのだけど、唯一、ちょっとびっくりするのは、今の私の仕事の一部には、カードリーディングなる一見占いと何が違うの?的な部門もあり、商品を購入してくださった方全員にお付けしている無料のリーディングもそのお客様にとってピッタリの物がちゃんとお届けされているようで、占い師の人の助け方とはまたちょっと違うのだが、心理学の知識を活かして、私が出来る範囲の私にしか出来ないやり方でのサポートを提供させていただいている。

奇妙に怖い話シリーズの中にも、時空が歪み、あの時僕が見たのは、未来の僕だった。みたいな話も出てくるのだけど、時空間て、やっぱり、私達が意識するしないに関わらず実は、簡単に歪んでいるのではいか?なんて思ってしまう。

実際、みなりっちも、たまに意識して、時空を歪めることがある。

この技のお陰で、今まで乗れないはずの電車に何回乗ったか分からない。

ま、ある条件が重なった時だけ出来たりするんだけど。

こんな話、誰にしてもみんな意味わかんないだろうなぁ。と思っていたら、札幌でご一緒した、ものすごく霊能力の高い女性が、急に、「ねぇ、みなりっち、時空間て歪められるよね?」って話しかけられて、話してると、やっぱり彼女も何度も乗れないはずの電車に乗ったそうなのだ。

この女性、みなりっちを見て、

「あんた、アトピー顔には、出てないようだけど、自分の意識で止めてるね?」

 

 

なんで、分かったん。。。。。。。。。。。。(冷や汗)

 

 

「昨日晩、私のところに魂が来てたよ。図星でしょ?」

 

 

 

マジ、こえぇよ。

あまりにも、暴かれるので、怖くなって、必死でクレンジングしてたんだよ。。。

 

私にとっての、最近の1番のホラーは、

やっぱり、彼女だったかもしれない。。。。

 

世の中、すげぇ人っているもんだ。。。。

自分の意識の中によく人が入ってくるので、結界張ってるって言ってたけど、そりゃ、張りたくもなるよなぁ。

 

 

**************************************

至福の石けんは、9月3日より、8日までお休みをいただきます。

岡山~東京~宮城と行って帰ってきます。

東京ポノポノでは、久しぶりの友人と参加したり、セミナーは出ないけど、長らく会えなかった友人と久しぶりに会う予定があったり、超楽しみです。

おきゃーまは、一番長く住んだ土地だけど、当分ご無沙汰だったので、ご無沙汰の友人と、ご無沙汰な街を楽しんできます。

宮城は、赤ちゃんの頃に暮らしていた土地で、今回のカートアップも、仙台市の方がめっちゃめちゃ多くて、びっくり☆引き寄せてるなと思いました。仙台は、実にン十年振りで楽しみです。

 

 

 

 

 

 







最終更新日  2009年08月29日 21時40分20秒
[スピリチュアル] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.