000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NO DAY BUT TODAY

PR

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

フィギュアスケート

2012.11.25
XML
昨日NHK杯が終わり、ファイナル進出の6人が決定。

男子に至っては、6人中5人がオリエンタルで、4人が日本人。
それほど身体能力が高くないはずの東洋人が強いのは何故か。

・コツコツ練習する気質があるから
・細かい表現を諦めないから
  などなど


大会に先だって、NHKで過去のNHK杯ベスト10を放送していて。
キャンデローロのゴッドファーザー。
すてきでした(蕩)

しかし、どんどん盛り込まれる要素が厳しくなっているのね。
アスリートで、表現者。
その両方を兼ね備え、評価されるところに、魅力があるのかも。



男子の優勝は羽生選手。
カナダに行って、タフになったのね。
私は、EXの「花になれ」が好きです。
等身大で無理なく表現できてて魅力的。

それにしても不思議な17歳ね。
ときどきすごーく幼い。
でも、精神力は強いような。
これからどんな大人のスケーターになるのかな。



高橋選手は4回転成功の2位。
くやしいよね、すごく。
2回決めることが目標だったし。
5冠を逃したし。
ま、これもソチへの一歩。これからも応援します。

「道化師」はますます深みを増しているわ。
解説者さん曰く、音の捉え方がすごい、と。
オペラを聴いてなくても、世界が解るよね。
最後は泣ける(イタい)


EXのタンゴは、ときどき、ほんとときどきだけどリーダーを思い出す(苦笑)
もちろん別物なんだけど、どうしてかな。



女子は、辛くも真央ちゃんの優勝。
ショートのガーシュウィンと、EXのメアリーポピンズ。
もうね、ディズニーランドのような楽しさ。
真央ちゃんにぴったりでいいプログラムね。
豊先生も太鼓判w

白鳥と黒鳥も真央ちゃんらしさがあって、いいですね。
身体能力が高いなー。
体力あるなー。
感心です。


鈴木選手は、キルビルもシルクも好き。
この、表現力の幅が魅力。

さて、次はソチ。







Last updated  2012.11.27 22:51:03
コメント(2) | コメントを書く


2012.04.21
ようやく・・・ が付いて、おめでとうです

鈴木選手は、ミスが続いても笑顔で心温まる「こうもり」でした。

国別対抗は、お祭りのようで楽しい。

ジュベールがカブリものして応援するのなんて(笑)

いいパフォーマンスにはチームを越えて拍手を送り、

試合が終わればハグ。

Love and Peace晴れ

明日も楽しみ。






Last updated  2012.04.21 22:52:05
コメント(2) | コメントを書く
2012.04.01

表彰式を見ないで、フテ寝して。

起きてからスコアを確認。

SP FS

うーーん。
よくわかりません。

特に5コンポーネンツって・・・。


ともあれ、高橋選手、本当にお疲れさまでした。
表彰式ははればれとしてましたね。
最後に最高の演技。
ありがとう、です。

優勝してほしかったけど、これで守りに入ることなく、次のシーズンに、即ちソチへの道に向えるってことで。

おもいっきりクロワッサン食べてください(笑)


羽生くん、すごいね。
感動のロミジュリでした。

アモディオ選手も身体が絞れてきて、モロゾフコーチもうれしいことでしょう。

ジュベールのマトリクスもうれしかった。


表彰台の三人は全てアジア人(人種的に)。
こんな日がくるとは。

 


さて、今日は(めずらしく)お天気もよく。

銀河劇場に行ってきます。













Last updated  2012.04.01 11:49:42
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.25

男子。
まずは、織田選手の欠場がなんとも残念。

SPは、小塚選手がますます攻めてきて、負けじと4回転に挑む大ちゃんと羽生選手。国内大会でも、世界と変わらない緊張感で面白かったー。4-3を決めて、ガッツポーズ!すばらしい!
          ・・・・・・・・・でも、マイベストはNHK(笑)


FS。小塚選手のナウシカは今シーズンのマイベスト。演技、アピールというのが得意じゃないのだろうけど、小塚styleの自然な表現が好感でした。
大ちゃん。結果は残念だったけど、ブルース感は今シーズン1番だったんじゃないかと。


女子。
真央ちゃんの「愛の夢」に涙号泣
そりゃあベストじゃないけど、このメンタルの強さ。
やっぱり世界トップのアスリートはすごいなぁ・・・きらきら







Last updated  2011.12.25 22:17:18
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.12
高橋選手、二位、おめでとう!


SPはパッとしなかったけど、FSは良かったですね。

冒頭の着氷が決らなかったのも含めて(笑)、五位からの攻めのブルース。


観客の気持ちを離さない滑りは、高橋大輔ならでは!でしょう。

次の羽生くんも、これに刺激されたのか、素晴らしい出来栄え。
こうした流れが、ファイナルらしくて楽しかった!

この喜びと感動をキープしたいので、プロトコルは敢えて見ないことにしました(笑)


次は全日本。

大ちゃんが、四回転をバシッとキメてくる予感がします\(^o^)/






Last updated  2011.12.12 22:33:59
コメント(2) | コメントを書く
2011.11.13

SP FS

高橋選手のぶっちぎり優勝です。おめでとう!

歴代第3位の90.43のSP「イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ」、大好き。
2分30秒が大ちゃんだけ短く思えるよ。

今までの、マンボ、タンゴ、HIPHOP・・・のようにダンスナンバーじゃないし
ロミジュリのようにお話が了解されてる曲じゃない。

だから、難しいけど魅力的。

メロディや音色、リズムの変化。間の緊張感や、一瞬の呼吸。
彼ならではの表現で構成されてる。
ジャンプとジャンプの間のつなぎにもきれいな動きが入っているから、大変だろうけど飽きない。

音楽を聴いて魅力的な振付や構成を考えられるスタッフ。
それを共有して表現できる選手。
あー、いいもんを観させてもらいました!ありがとう!!



残念だったのは、ベルネル選手が不調だったこと。
どっかケガでもしてるのかな。


さて、ファイナルも楽しみ。







Last updated  2011.11.14 00:11:44
コメント(2) | コメントを書く
2011.07.08

 長い目で考える。
 かっこいいねー(嬉) 

 次のシーズンも楽しみ。

 







Last updated  2011.07.08 22:35:36
コメント(2) | コメントを書く
2011.04.30
安藤選手の昨日のSP「mission」は、何度観ても泣ける(アナウンサー無しの映像が欲しい)。

他の選手とは違う次元の表現を目指していたような感じ。

結果はついてくることを確信してたんじゃないかしら。

強いなぁ。

優勝インタビューでも堂々としていて、風格というか、オーラというか。

あっぱれきらきら



浅田選手は、不調なシーズンでもここまで持ってきて、努力の人だなぁ。
お疲れさまでした。

レオノワ選手は、バンクーバーより表現の幅が広がって、観客を巻き込むプログラムが合ってるね。観てて楽しいです。

キムヨナ選手も、大ちゃんと同じく、このままでは終われないはず。
次のシーズンはどうなるのか?
気になるところです。






Last updated  2011.04.30 23:50:41
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.29

勝利の女神か幸運の女神か。
P.チャンのSP。
神様が降りてきた感じ。
そしてFS。
自分が「持ってるヒト」って確信してたよね。
怖いもの無しの金メダルでした。


神様を振り向かせようとした小塚選手のFS。
完璧な四回転。
いい形でシーズンの締め括りができて、本当によかった。
おめでとうです!


高橋選手にはどうしてこうも予想もしないアクシデントが付きまとってしまうのでしょう。

運命の神様は悪戯が過ぎる…




ガチンスキーは(目元は良知くんに似てると思いますけど)、ジャンプも演技も見れば見るほどプルシェンコーーー!!!

コーチが一緒ってだけでそこまで似るか(笑)
このまま行くと、ソチには金メダル候補。
これからもチェックしなきゃ。




SPが終わった段階でチャン選手の優勝がほぼ確実だったけど、目が離せない点おもしろい試合でした。

高橋選手には返す返すも無念だと思うけど、このままでは終われないはず。
次のシーズンの糧にしてくれることを、期待します。



…と、書いて。
今朝の朝刊を見たら、「このままでは終われない。ソチも考えようかと」とインタビューが。


…全く。



運命の神様って…(笑)。



結果: SP  FS

FS、5コンポーネンツ以外の合計は、チャン < 小塚。
健闘したね。








Last updated  2011.04.29 14:07:08
コメント(3) | コメントを書く
2011.02.20

結果  

ショート 

フリー 

 

高橋選手の演技に引き込まれてしまう原因はなんなのか・・・・と思いながら観ていたんですが。

目線。

4回転失敗したら、次は・・・ などなど考えてしまうでしょうが、そこは出さない。
徹頭徹尾、とにかく作品の世界を表情でも表現する。

いわゆるガンサーです(笑)。

演技が上手くいけば、表情も生きるし、表情が良くなれば、演技も艶を増す。
このスパイラル。


そういう意味で、安藤選手の「ミッション」もいいプログラムだったー。
映画は重いものだったと思うけど、こちらは魂の浄化。癒し系です。
むずかしいテクニックをふんわりみせるのは、すてきだね(女子ショート


 
来月が楽しみ。


小塚選手の演技も、すごく印象に残るようになってきて上向き矢印
調子は良くなかったみたいだけど、ずーーっとオチることがない。ショート・フリーとも最初から最後まで目が離せなかった。

で、リッポン王子のラフマニノフも好き・・・と思ったら、ブライアン・オーサーとデビット・ウィルソンが付いてるんですね(納得)。







Last updated  2011.02.20 12:19:48
コメント(2) | コメントを書く

全103件 (103件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.