3631113 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MINANIME ふたつ

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

お気に入りブログ

コメント新着

早めの返信がほしいです!@ Re:仮免取ったぞ~!(08/01) 突然失礼します! 明日豊島区自動車練習所…

バックナンバー

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

全9件 (9件中 1-9件目)

1

コードギアス

2008.09.29
XML
カテゴリ:コードギアス
※画像クリックで大きくなります





自分の望む世界に、
自分はいない。







微妙にいない人たち探し








<ルルーシュ>

あまりにも彼中心の世界の為に、彼が好きか嫌いかで見方が変わってくるのがこの作品。やることは過激だし何やら宗教じみた立ち振る舞いに、嫌悪感も示す人も多くいるはず。賛否両論な主人公だけど、それゆえに存在感はバツグンで彼なしじゃコードギアスは成り立たないよね。色々フラついたこともあったが、「世界をぶっ壊す」という観点において、一貫して押し通した。



■死をもってたどり着く終着点

C.Cの名前は?ギアスのルーツは?終わってみれば、色々な伏線を切り捨てたコードギアスだったけど(笑)全ての帰結点はルルーシュ(主人公)の死以外にありえなかったよね。これはアンチテーゼでもなんでもなくて、コードギアスには虐殺をしたキャラは多々あれど、味方も敵も殺しまくったという「主人公」という立場における「終わり」方としてはこれが一番しっくりくる締め方だと思うんだ。さらにそれはルルーシュが望んだ世界そのものであり、デスノのキラのように惨たらしい惨めで孤独な死ではなく、自分の愛する人たちには何だかんだいって理解されて大往生を遂げたのだから、これはハッピーエンド。まぁ、どんな終わり方であれ、1期の続編という形で期待されまくっていたので(サンライズからのプッシュなどもいれて)相当シビアな合格ラインに引きあげられた中で、よく頑張ったんじゃないかなぁと思います。ハッピーエンドだろうがアンハッピーエンドだろうが、どんなエンディングでも物議を醸すことになるに違いないです・・・。にしても、振り返ってみれば本当にカオスな作品だった。






<スザク>

TUEEEEEEモードが時にウザすぎるぐらい本領を発揮していた彼は最後まで自己矛盾の中で生き抜いたキャラでした。あの無茶な思考が彼の個性でしたね。1期の終わりから、大体はスザクとルルーシュの2大対決で決着がつくのだろうかと思われた筋書きは、終盤になって決して重なり合わなかった筈の運命の矢印が、あまりにも反りすぎて重なっちゃったって感じだったなぁ。




■ルルーシュのいない”事後”の世界

写真があてつけに幸せそうなのが、すごく偽善的なんですけど、こういうのも自分が穢れているからでしょうか(笑)
ゼロ・レクイエムとは世界中全ての人の憎しみがルルーシュへ向けて矢印のように集中しら鎖を自らの死を持って破壊することが、憎しみの連鎖を断ち切ることでした。世界を一手に担う王となった自らの死で世界を壊し、王という存在がいなくなった世界の再建を狙ったものです。レクイエムという名前からして、多分死ぬ気なんだろうなぁとは思ったけど、スザクがその先の世界でのゼロとして生きるというのは予想しませんでした。仮面を取ることを許されず、一生ゼロとして生きることこそ今まで自己矛盾に暴走し続けた彼への罰、そうした計画があの空白の月の間に行われていたんですね。でも言わせてもらえばあんなに弾丸を避けまくる超人的身体能力を有したキャラはスザク意外いないだろw
さて本題。「戦争もなくなり~」的なカレンのモノローグでアッサリ片付けていたが、これにはちょっと疑問が禁じえないな。そんなに世界は単純じゃないし、悪意のない世界など非現実的すぎて・・・。微妙にニッポンや中華など引き合いにだしている分、照らし合わせちゃうんだよねぇ。でも、話し合いができるようになったのは大進歩。憎しみの標的であるルルーシュが生きている状態ならブリタニアとに協定など結ぶ気になれないのがギアスでのニッポンの思考だろうし。




<C.C>
物語の核心にいながら、どこか他人事のようなクールさを保っていた彼女。カレンへのルルーシュに対する嫉妬心みたいなのがちょこっと垣間見えただけで、ルルーシュ以外に取った行動は本当に人間は離れした精神の持ち主だった。まぁ長生きしていると色々悟っちゃんだろうね。彼女を取り巻く謎は最も深くギアスの根底であったものの、皇帝が死んでからはそっち系の話はなくなってしまったので伏線回収ならず。結局、彼女はいつか死ねるのだろうか・・・?



<カレン>
恋と信念の狭間で揺れ動く乙女が最後に容赦ないスザクモードに突入した時は笑ってしまった。思慕をキスで断ち切った描写はあれど、戸惑う姿こそ彼女の本質だったと思っていたのになぁ。ランスロットと紅蓮のタイマンは結局、表歴史ではカレンの勝ち。スザクはあの闘いで表部舞台から消えなければならなかったワケだけど、生きろギアスが発動していたし手加減なしの死闘だったと信じたい。最後は廃人だったお母さんがあっさり復活してて笑った。



<ナナリー>
まさかのラスボス開眼。足は気合では治りませんでした。彼女は兄が全てだと、死に行くルルーシュに泣きながら訴えてましたけど、この話の冒頭では彼の死でさえ贖罪とあらば殺す覚悟でございます的な勢いだったのは自分の気のせいだったのだろうか。コードギアスにおいて自己矛盾を抱えるキャラは多々いるので、最早気にならない。結局、シュナイゼルは彼女の補佐となって王にはならなかったのかな?そういうのも今後の商品展開で明らかになっていくのだろうか(笑)




■終盤における怒涛の展開

最後に。谷口さんは1話に全てを注ぎ込んだらしいが、自分にとっては終盤の4話が全てだったような気がしないでもなくはない。今でもおパンツ回はいらなかったと思うんだ・・・。1期並に加速するのは(物語はそれなりに動いていたけども)本当に後半になってから。原因の一つとして、どうしても1期と2期の明確な区別をつけたかったのか、新キャラのおひろめにも時間がかかってしまったことかな?もともとひきだしが多い上に、広げた風呂敷を最後にはルルーシュと世界という点で畳まなければいけなかった点において、やはり新キャラは出しすぎでしたね。ジノとアーニャはそれなりにキャラは立ってたけど、やはり何かに欠けていた扱いだったです。って・・・もっと続けたいんですけど、文字数足りないんでここらへんで!




<勝ち組の人たち>



<ジェレミア>
本当にオレンジ畑を耕していた・・・。捕まった時に揶揄されたセリフが実現しようとは



<コーネリア>
2期では空気でしたが、生きていてウレしいです。でも、ギルフォード生存は不謹慎にも笑ってしまった



<ニーナ>
顔芸キャラからの脱却



<ヴィレッタ>
声優さんは「扇はいやー」と散々言いまくっていたんですけど、
この度はご懐妊おめでとうございます(笑)






  







最終更新日  2008.09.30 02:03:30
2008.08.31
カテゴリ:コードギアス




ラスボスはシュナイゼルじゃなくてルルーシュでした!!





残~念アナタ騙されちゃったのよ!!





■1期からの積み重ねが灰燼に帰した回であります!

とりあえず、公式サイトの予告と雑誌バレは作中のネタに合わせた故意的な"ウソ"でいいのかしら?微妙な線だけども。まぁそれはおいといて、もはやどこから感想を書けばいいのか分からない。なんといかもうカオス設定に大混乱w

マリアンヌを殺害したのはVVでした。てかマシンガンぶっ放つV.V怖いよ!理由は・・・えーと、弟(皇帝)と口約束した「優しい世界を作る」という目的がマリアンヌの登場で危うくなったから。これは小説補完でいいのかな?マリアンヌ襲撃の真相はVVの偽装工作により闇へと葬られる。当時、警備に当たっていたコーネリアを外したのはV.Vに呼び出されたマリアンヌの命令によるもの。彼女もまさか共犯者である自分が殺されるとは思っていなかった。そして目撃者に仕立て上げられたのはナナリー。ここで皇帝のギアス・記憶改竄が行われる。一人はマリアンヌとしての意識を宿しマリアンヌ襲撃の真実を封じられる。もう一人の少女は目と足の機能そして本当の記憶を失い、兄と共に日本へ送られる。ナナリーの目が見えなかったのはトラウマではなく、植え付けられたトラウマ=皇帝のギアスでしたか。全て計画通り!なハズだったが、その時既に誤算が生じていたのをV.Vは知る由もない。マリアンヌが死の直前にギアスの力に目覚め、傍で仕えていたアーニャに寸前で憑依していた事だ。皇帝は真実を知り、激怒する。「ウソ」を何よりも嫌ってましたもんね。





ここで、色々「???」なことが出てくる。
一つは、真実をアーニャを介してマリアンヌと話ができるようになったC.CがなぜかV.Vに教団を任せて去ったということ。この時点でC.Cは皇帝たちの「ラグナレク接続によるウソのない優しい世界」計画に加担していた。しかし、彼女の暗殺の真相を知た後の行動の意味がよく分からない。襲撃事件の真相をマリアンヌに聞いた際、シャルルとマリアンヌが子どもたちを手放したことで2人が自分たちのためだけに動いていることに気がついた為だろうか。さらに出て行く時のC.Cの姿がなんか大人の女性みたいにグラマスなのは気のせい?
それからもう一つ、皇帝がルルーシュとナナリーをVVから遠ざけるために日本に送ったと言った部分。情はあった?でも、それも自分勝手なご都合主義の前にルルーシュをブチ切れさせる加速要因となったワケだがw





ラグナレクを発動させるためには不死のコードがふたつ必要であった。これが発覚した時点でマリアンヌからCCにコードを渡せと再三言われていたと予想。「あなたが彼に渡していれば」という発言から。C.Cはここいらでもう二人に協力する気はなかったんでしょうね。消えたC.Cをおびき出す餌。それがルルーシュの憎しみ。ブリタニアと黒の騎士団の争いこそが誘い出す為の布石として利用されていたらしい。うーん。普通にクロヴィスさんが捕まえていたわけだけど。

さて、大題のラグナレク。哲学的なものに明るくないんでこれから説明することがすごいテキト-なのであしからず。まずは皇帝が執着していたラグナレクの接続。これは結果的に「死人と生人がひとつになる」でいいのか。生きとし生けるものは全て無意識の集合体であり、各々が意識してなくても集団・群体として目的を目指すっていう某ゲームの設定を思い出した。全ての人間の意識は奥底で繋がっており、その集合体としての存在がラグナレク。なので、それに接続して全ての人間の意識を支配下に置くことでウソのない世界を作る・・・ってことでいいのか??w
ラグナレクの接続こそ神へのし逆であり、神を殺せる唯一の武器がアーカーシャで・・・・・えぇっと。何だっけwまぁ、とにもかくにも、そんな理由で俺たち兄妹巻き込むなよ死ね!で皇帝とルルーシュが決裂。マリアンヌも長年の悲願達成間近とだけあって完全にイちゃってカオスな中、C.Cの力でCの世界に飛び入り参加してきたスザクとC.Cも来るからもうわけわかめ。意外なのはアレほど知りたがっていた母親の真実を前にして驚愕するものの、立ち直りが早い。いやいや、その母親が自分を騙していたのだから、普通は動揺しまくりで発狂ものだが。彼はナナリーの名前を連呼しまくっていたので、もはや彼女亡き今どうでもよくなってきた?

しかし、V.Vのコードを手に入れ不死の皇帝に敵なし。ギアスも効かない。ならば!と出した策が・・・



神にギアスはないわぁ…




押し付けなやさしさなどいらない。すべてをぶっこわす!!で覚醒。両目ギアスでパワーアップ。神に時を止めるなとギアスをかけたルルーシュ。これにより計画賛同者はすべてきえることになる。C.Cを除いて。彼女は既に計画には愛想をつかしていたので、賛同者とは判断されなかったんでしょうか。消えゆく皇帝が最後上半身になりながらロケットアタックかましてきたのにはワラタwいや~最後まで爆笑しながら見てました。マリアンヌの最期はなんか小物でしたねぇ・・・。親殺し達成です。Cの世界から帰還した時も(出口は壊したって言ってたじゃないですかー!まぁコードで開いたとかなんでしょうがw)同じく父親を殺したスザクとやっぱり揉めるルルーシュ。しかし、ここでミラクルが!



ミ ラ ク ル の 内 容 は 仮 定 で す 。


だって、本当に何も描写がないんですもん!目的は同じ?愛する人が望んだ世界をってことで協力するなんて・・・1期のもう俺たち戻れない的なあの絶望感は一体何だったんだコレ!もういいや何でも。解決ってことで。はい、コードギアス!



話は皇帝などの1か月消息不明の月日がたってから。相当な計画プランの練り時間を要したんでしょうね。
「皇帝陛下のおな~り~」で登場したのは学生服のルルーシュ。驚愕する観客。吹くリヴァル。死んだハズのルルーシュがなぜ?っていうか皇帝は?様々な疑問をよそに、玉座にふんぞり返るルルーシュ。
や は り こ う な る の か 。

まぁ、当然ながら皇族たちはカンカン。捕らえよと命じた瞬間、スザクが降ってきた!!天井に待機していたんでしょうか。涙ぐましい努力です。最後は困惑する人々に、ルルーシュが両目ギアスを使用して物語りは佳境へ。スザクはルルーシュの騎士に。ナイトオブワンより上のナイトオブゼロで行っくよ~ってことでキーワードだった「ゼロ」の称号がスザクに移行。
中継をTVで見ていた空気ラウンズとシュナイゼルご一向はポカーン。あれ?スザクって皇帝を抹殺しに俺たちが派遣したハズじゃなかったけ?まぁ彼は裏切りしまくってますから。みたいな会話で済まされるスザクさん・・・。シュナイゼルは流石にピクピクキテるように見えるが、あくまで優雅に不敵路線でいくようです。





シュナイゼル「世界を握るのはルルーシュのギアスか、それとも…」



続くセリフは何?力で推し量るならフレイヤでしょうか。それとも私のギアス?もうギアスのバーゲンセールはお腹一杯なので、これだけは止めてもらいたいなぁ。それからコーネリアの腕がさりげなく完治してます。

ここにきて黒の騎士団+シュナイゼル一派VSルルーシュとスザク率いるブリタニアになろうとは。おそらく戦力バランンスが悪すぎるので(スザクさんがルルーシュに加入した時点で勝てる気がしないw)中華含む超合衆国あたりもシュナイゼル一派に加担するんでしょうね。
しかし、オレンジの立場は?CCの本名は何?シンクーの病気悪化してるんじゃなかったの?スザクさんギアスは倒すべき悪じゃなかったの?っていうか、ギアスを使って皇帝になれるなら最初からそうしろよなど様々な疑問の伏線回収があと残すところ3話で出来るのか疑問でならない。今回でほぼシュナイゼルとの全面戦争が決まったようなものだけど、世界のあり方としては温厚な長男であるオデュッセウスが皇帝になった方が幸せな気もするな。





自分達が贖罪のために悪者になって死ぬ・・・なんて結末だけは勘弁
なんとなくカレンあたりに白羽の矢があたりそうなんだよねぇ・・・倒すの
もしくは意味ありげな表情をしていたC.Cか。さてはて




   







最終更新日  2008.08.31 21:28:07
2008.07.20
カテゴリ:コードギアス



ウwテwナw



元ネタ





■TURN 15 『Cの世界』あらすじ

V.V.との戦いの最中に踏み込んでしまった謎の空間「Cの世界」。ルルーシュはそこで最強であり最後の敵と対峙する!だが想像を絶する力を得ていた敵の前にルルーシュは絶体絶命の窮地の立たされる!その時、彼の前に現れたのは…。果たして真のギアスの秘密とは!?




■話の流れ


皇帝とルルーシュ対峙
突然のゼロ消失に戸惑う黒の騎士団
   ↓
ルルーシュ反射鏡を使ったギアスでシャルルを自殺させる
   ↓
スザク、リフレイン使用を寸前で拒絶
「俺は・・・アイツのようにはッ!!」
   ↓
扇とヴィレッタは昼メロ先生ごっこ
「でも、キミを好きになってしまったんだ!!」
「出会わなければよかったんだ!!><」
何この茶番・・・
   ↓
C.Cの本当の目的を暴露
「お前に生きる理由があるのならば、私を殺せ。さすればシャルルと同等の力を得ることができる」


   ↓
ナナリー奮闘。ウソを見破るコツは手をつなぐこと
隠し事をしているスザクとルルーシュに不安を抱く
一方、スザクは学園に。ルルーシュがゼロの記憶を取り戻したことを知る
   ↓
ブリタニア王国ダラス研究所。実験・・・。これは・・・核かな?
フレイアって称されてますけど。ダモクレスって何?
   ↓
C.Cの記憶。愛を得ることがきなかったC.Cにギアスが
扇とヴィレッタの所にはサヨコさんが登場。ヴィレッタと戦闘
庇って扇負傷で落下にヴィレッタダイビング。何この茶(略)
   ↓
C.C裏切られる。ルルーシュが皇帝の下へ戻ってくる。
「開いたのか思考エレベーターを」
   ↓
「最期ぐらい笑って死ね!!」
命を落とす瞬間、ルルーシュと愛(?)パワーで教団本部に戻ってくる
しかし、C.Cの額のギアスマークは消え、記憶を失ってるでEND




■Cの世界へようこそ!

で。結局Cって何。神の世界?時空の狭間?思考に直接干渉する世界だけっていうのは分かった。なんだか、謎が1つ増えて5つぐらい増えたような気がしないでもなくない。シャルルに不死の力(これがコード?)を取られ、V.Vは死亡ってことでいいのかな?V.Vがマリアンヌを好きだったとか、あれはどういった伏線に繋がるんだ?彼女を殺した犯人とか?

これはC.Cがまだ人間だった頃の話、ギアス能力者として契約を1期でチラ出したシスターと契る。C.Cのギアス能力は「愛される」という力。裸で教会にいるシーンは情事の後っすか。相変わらず5時台のアニメとは思えない反逆っぷりです。しかし、その能力も強くなり両目にギアスが。ルルーシュもやがてそうなるんでしょうね。本人もウザったくなった所でシスターが本音を暴露。

「アナタ騙されちゃったよ!」




シスターの本当の願いは自分が死ぬこと。やっと死ねると狂喜するシスター。
ギアスの力は不死をもたらす。これが「王の力はお前を孤独にする」という本当の意味?ギアスはその能力がある程度の深みまで到達しない限り、契約を持ちかけた者いわゆるC.Cのような不死者を『殺せない』もしくは、不死の者は『死ねない』らしい。C.Cの願いは死ぬこと。ルルーシュにコードを託して、彼を不死者にして自分は果てるということだったんですね。シャルルはV.Vの力を吸い取ちゃったみたいなんで(嫌な表現だがw)パワーアップしたみたいです。C.Cは自分を殺してくれるのは皇帝だと寝返る素振りをする。本心ではルルーシュに不死者としての暗い運命をなすりつけたくなかった迷いが最後の最後で運命を変えるキッカケとなりましたね。話が前後するけど、C.Cの記憶の話。過去のC.Cがここでお披露目。C.Cとはまた別人格が形成されている模様。シスターが死に、C.Cが不死者となった教会で嘆くシーンは1期EDで首から血を流しているカットでしたか。戻ってきたルルーシュに対し、皇帝が「思考エレベータを開いた」とかなんとか・・・。C.Cや皇帝が会話している例のあれと関連しているんですかね。「おまえは自分で、自分はおまえ」と称した皇帝の言葉はペルソナを思い出す。前回に出てきた欺瞞に溢れたこの世界をぶっ壊す発言といい、皇帝とルルーシュはそっくりさんなんですね。それから、命を奪うシーンはC.Cに無理チューするみたいな感じでワロタw


作画が綺麗でした。



■その他のみなさん

スザクは結局使わなかったですね。カレンがアレな状態になるのは見たくなかったんでよかったです。コーネリアは次回予告で片手監禁されてましたが、相変わらずボンテージ姿でエロい。最近ボコボコ死んでいくけど、おそらくニーナの開発したアレでまた死ぬんだろうなぁ・・・。核じゃないといいなぁ。彼女の名前からしても何となくそういう予感はふつふつとしますが。扇とヴィレッタは・・・。なんと言うか、綺麗な恋愛をしてますねとしか。いや、好きですけど、この二人。空気読め的な場面転換で出てくるもので、ついつい疎んじてしまったものの、扇はきっと黒の騎士団を裏切るんでしょうね。息もつかせぬ展開で盛り上がってきました。






●ALI PROJECT(アリプロジェクト)“TVアニメ コードギアス 反逆のルルーシュ R2 EDテーマ「わが臈たし悪の華」”CD(2008/7/30)






最終更新日  2008.07.21 00:44:06
2008.07.14
カテゴリ:コードギアス
ソウルイーター。来週の戦闘がすごいっぽいなぁ。

コードギアス本編配信中!




/(^o^)\  



枕が二つ・・・
千葉たん・・・







■TURN 14 『ギアス狩り』あらすじ

シャーリーが死んだ。ギアスによって運命を翻弄され続けた彼女は、ギアスの為に命を落とした。ルルーシュはその仇を討つ為にギアス嚮団の壊滅を決意。ロロとジェレミアから得た情報からその中華連邦にある本拠地を突き止め突入する。対するは嚮主V.V.! C.C.と同じく不老不死の力を持つ謎の少年との激闘が始まる!!



■カオスってきた

ルルーシュのママン,閃光のマリアンヌ様のあの髪型だけはどうもいただけないと思うんだ・・・。なんだろう。アーニャはカワイく見えるんだけど、マリアンヌは下ろした長髪の方が美しいというかぶっちゃけ若作り。髪と言えば、皇帝様の巻き毛もカツラかYO!!ヽ(`д´)ノと突っ込んじゃいましたwいや~ナナリーはもしかしてパパ似なのか(汗)

1期で怒涛の死亡フラグを回避しまくって生き残ったシャーリーがここにきて退場。犯人は本人が断言したので、ロロ確定。「彼女は記憶が戻ったみたい。銃を持って兄さんの所を向おうとしてたんだ。だから排除した」と都合悪いところはバッチリ差し引いて報告するロロ黒いよロロ。そして、そんな彼をさらに上回って黒いのはルルーシュ。笑顔で「よくやった」と褒めつつ、復讐に教団を潰す際に贖罪としてロロを殺すことも視野に入れているという。今回で、彼の体感時間を止めるというギアスの能力の欠点が明らかに。時間をとめている間は自分の心臓が停止してしまうそうで。V.Vいわく、負担が大きく、いつ死んでもおかしくない状況なので、ルルーシュに殺される前にそれが原因で死にそうな予感がするなぁ。
シャーリーの仇をうつために教団への襲撃を計画するルルーシュ。ギアスに翻弄される人間はルルーシュもしかりなんだけど、彼女を最も翻弄したのはルルーシュ自身なんだよね・・・。


注・カノンは男



■不穏な空気になる黒の騎士団

あのおっちゃん誰だろ?なんかいきなり出てきて、黒の騎士団のゼロ離反フラグを立てまくっててワロタ。千葉さんはもともと懸念の意が強かったからいいんだけど、藤堂と枕二つある部屋にいる時点でもーどーでもよくなった。\(^o^)/
扇はディートハルトにマークされつつヴィレッタと接触を図るみたい。彼が一番最初に離反しそうな勢いだ。思えば、ゼロは最初は復讐の道具として黒の騎士団を利用し、R2になってからは仲間の為にと動き出したんじゃなかったけ?このまま離反が起きてまた修羅道転落っすか?5時台に移動してから、カレンへの励ましの言葉なり、ソッチ系の熱い路線で来ると思ってたが・・・。
一方、シャーリーの死に嘆くメンバー。報せを聞いたニーナも涙する。カノンにギュッとされるシーンはいいね。その頃ルルーシュは出席せずに、教団を強襲。コーネリアはエロいボンテージ姿で拘束。(*´Д`*)彼女はユフィの汚名を雪ぎに、一人単身で乗り込んできたとかすっごく勇敢ですね。ちなみに彼の弟は、大量の手下と敵を騙すためのハリボテなんちゃってハウス持参でやってきましたが。。・゚・(ノ∀`)・゚・。


容赦なく虐殺されていく教団


教団の多くは非戦闘員でなすすべなく殺されていく中、例に漏れずバトレー元将軍もその命を落とす。どうやら、クロヴィスとバトレーは研究対象だったC.Cを皇帝に捧げるつもりだったか、当の本人は既にアバンの回想から彼女と間違いなく接触はしていたので、無駄だったみたいなことを言っていました。うらめないキャラだったなぁ。一歩的な虐殺に追い詰められたV.Vはジークフリートを駆使して反撃に出る。ジークフリートは改造されたジェレミアだけが使えるものではなかったそうで。チートな能力に苦戦を強いられるルルーシュ。ロロに特攻させ、動きを止めた所を彼もろとも爆破する外道作戦がルルーシュの奥の手。「兄さんのために」とルルーシュの真意は知らずに、彼だけを盲目的までに信じて一心不乱に戦うロロは、シャーリー他人間を殺したキャラであっても憐れみを感じるな。結局、ナイトメアが破損してV.Vを繋ぎとめることは失敗したが、そこにコーネリアが改造しまくったナイトメアで強襲。
姫様それはちょっとヤリすぎだwww
ガウェインとコーネリアの攻撃に木っ端微塵でV.V敗北。颯爽と爆発に巻き込まれないようお姫様抱っこして助けにくるオレンジかっこいい(笑)ギルフォードが見たら失神ものですね。

戦いに敗れ下半身を失ったV.Vは不死ながらも瀕死に。助けを弟のシャルルに求める。V.Vを見つけたルルーシュは神の島の時のようなエネルギー波に飲み込まれる。気がつくと、よく皇帝がいる黄昏の神殿にワープしていた。ラグナロクやら何やら神秘的な会話がここでされていたので、ここは次回予告であるようにCの世界だろうか。ルルーシュが憎しみを燃え上がらせ「貴様ああぁぁ!!」と怒鳴るシーンの福山さんの演技はここらで一番よかった。そんな感じで皇帝と直接対決です。


勝てる気がしません



■順調にアレな方向に歩むスザク

白く潔癖なタイプの彼が、黒いことをすると結構衝撃だっていうのが今回で分かった。いやいや、ルルーシュの方が遙かに黒いんだけど、悪党が悪いことをやるよりも、優等生が悪事を働く事の方がインパクトある、そういうことだろうか。尋問にリフレインを使い、カレンにルルーシュのことを吐かせようとするこのシチュエーションは、今年のギアス同人誌で流行るに違いないという下世話な話はさて置き、実際問題において過去の記憶にトリップしちゃうリフレインって自白剤になるのだろうか。警戒心を解き、無防備になったところを詰問するという意味合いでは自白剤なんだろうけど、カレンにとっての幸せはおそらく今回の話でも出てきたお兄ちゃん生存時だったと予測されるので、打ってみたらお兄ちゃんの話ばっかりされちゃいましたという結末にならなくもないだろうに。そもそも「このリフレインで・・・!」とカレンに脅しつけるシーンは、彼女の母親の人生を狂わせた薬物をカレンに見せ付けることで、彼の鬼畜っぷりを強調する演出と見た。なので、ここはジノなり助けにきて使われないことを願ういや、本気で願ってます。


カレンもスザク暗殺をこころみたこともあったけ



にしても・・・






グッズ展開が凄まじい・・・






最終更新日  2008.07.14 21:36:36
2008.07.06
カテゴリ:コードギアス
鉄腕バーディの作画すごいっすね~。りょーちも色満載で動く動く。しかし、主人公の服が宇宙スゴイ事にwエスパー蘭は色々突っ込みたいが子供向けアニメとは健全なのかな?あっさりみどり陥落と先生の発覚に泣いた。




玉城の総合力=40

1.jpg
あえて明るめの話題で始めました





■第13話『過去からの刺客』あらすじ

V.V.によって復活したジェレミア・ゴットバルト伯爵がトウキョウ租界に現れた。学園に迫る彼の目的はルルーシュの抹殺なのか!?新たな力を得た最強の刺客を前にどうするロロ!どうするルルーシュ!




■の前にOPとEDが変わったよ~


アーティスト:FLOW
タイトル:「WORLD END」
発売日:8月13日



【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】WORLD END / FLOW

1期1クールアーティストが戻って参りました!出来はう~ん。1の印象が強くてまだ実感が沸かないけど悪くはないかな。今回はみんな総集合大団円!みたいな感じで総出状態。中でもアーニャがすごく可愛かった。あと天子とシンクー。やはりナナリーがキーっぽく、シュナイゼル贔屓目。そんな感じかな。あと南キモイ。カレンは何となく不審なフラグとジノが険しい顔していて伏線なのかなと思ったけど。相変わらず、早くてコマ送り必須です。

imge01.jpg
クローズアップカットが多め




■シャーリー・・・・・・・・・

学園に、突如現れたオレンジことジェレミア。彼は百戦錬磨くの一(と信じている)サヨコとロロをギアスキャンセラーで不意打ちして勝利、ルルーシュがいる池袋へと向う。
場面変わり、記憶を取り戻したことによって疑心暗鬼になるシャーリーは、ゼロがルルーシュであることを告げる為にスザクとコンタクトを取る。しかし、そこにルルーシュと鉢合わせてしまう。彼女は思い切って真実を問いただそうとするものの、未だ混乱したままのシャーリーはビルから足を踏み外す。あわや腕一本で繋がったまま宙ぶらりんになるシャーリー。最初は拒絶の意思を示すものの、必死に自分を助けようとするルルーシュの言葉に、疑っていた心は霧散する。そんな折、ルルーシュの元にジェレミアが向っているとの連絡を受け退散。追うスザクを引きとめた彼女は、彼に
「(ユフィの事は)許せないんじゃなくて、許したくないんでしょ?私はもう(自分の父親の事は)許したわ」
と諭す。彼女の言葉に詰まった時、オレンジ襲撃で緊急事態が発生。ナイトオブラウンズの役目を果たすべく、現場の指揮を取るスザク。ルルーシュが何らかの事件に巻き込まれていると勘付いたシャーリーは彼を助けるべく、ルルーシュの元へ行ってしまう。

「彼は一人なんだわ。私が力になってあげなくちゃ」

記憶復活後もやはりルルーシュが好きだということは変えられなかったシャーリー。彼の為に力になりたいとロロに申し出るが、彼の瞳が不穏に光る・・・。
一方、ジェレミアがかつて自分の母親を敬愛し、忠義を尽くしていた事を知るルルーシュ。彼への対抗策であったサクラダイトを停止させる機械の束縛を解き、仲間を得る。そして、帰り際に倒れているシャーリーを発見。血を流し、横たわる彼女の命を必死に繋ぎとめようとギアスをかけるが効くことはなく、最後の言葉を残して息を引き取る。で、ルルーシュ慟哭でEDの流れ。

imge02.jpg


なんて、ちょっと入れこんだ書き方をしてしまった。

他に扇は千草=ヴィレッタと接触。コーネリアは教団に乗り込むも、予告を見ると拘束されてますね。カレンはナナリーによって救出、サヨコさんの戦闘能力はスザク並・・・など、他にも重要なシーンは多々あったけど、今回は何と言ってもシャーリーの死。1期で何度もフラグを立ててはへし折ってたけど、ここで退場ですか。来週のあらすじ見たとき嫌な予感がしたんだよなぁ。彼女は1期で退場して、幸せな学園生活を送って欲しかった。愛する者の腕の中で事切れる様はユフィと被って涙腺が。ルルーシュのギアス連打は暴発しているのかと思った。C.Cが言っていた「いづれ、それ(コンタクト)も効かなくなる」というギアス進化フラグかと思った。ロロはいつかやる子だと思ってたが、シャーリーでしたか・・・。てっきりナナリーだとばかり。

しかし、Aパートでルルーシュに疑惑の眼差しを向ける彼女から一転、私はもう許したのルルーシュの為に何かしたいのと猪突猛進に死亡フラグに突進していくシャーリーは一種のギアス発動かと思ったよ!あの突然の心理は何なんだ!?シャーリーが頭弱い子にちょっぴり見えちゃったなぁ orz
ま、まぁ、愛は全てを超越するということでいいよね。。・゚・(ノД`)・゚・。




■新ED

アーティスト:ALI PROJECT
タイトル:『わが臈たし悪の華』(わがろうたしあくのはな)
発売日:7月30日



★初回生産分「みつけて!ゼロ キャンペーン」くじ封入!(CD)ALI PROJECT(アリプロジェクト)/わが臈たし悪の華

美麗なクランプ絵
おそらく発注した際にはシャーリーの死は決まっていたんでしょうか。天使姿のシャーリーと、カグヤと対になる天子様のカットがいいですね。ルルーシュは止め絵では一番いいかも。耽美です。

imge03.jpg
シュナイゼルだけ別人






最終更新日  2008.07.06 23:04:20
2008.06.27
カテゴリ:コードギアス
第2弾~



■アリソンとリリア 第12話「リリアーヌの長い一日」


大陸横断特急事件は一件落着となり、アリソンたちは、スー・ベー・イルの町、リリアーヌに到着する。翌日、ベネディクトは郊外の礼拝堂でフィオナに求婚する。誓いのキスを交わす二人の姿を、うらやましそうに見つめるアリソン。アリソンにはずっとヴィルに言いたくて言えずにいることがあった。その時、ストーク少佐が現われ事件の報告をするが、それを聞いたヴィルは…。

imge02.jpg
パパー!

ベネディクトのプロポーズにフィーが2つ返事でOK出しちゃったのはなかったことにしますね。^^
アリソンはヴィルを教会へ無理矢理連れ込み、胸倉を掴んで告白という名の脅迫(笑)。一緒に暮らすことはヴィルも視野に入れてたんだけど、未だ同棲生活=男女の馴れ初め云々に現実感が沸かないのかいまいち煮え切らない彼に、アリソンがプッチン。気持のいいアッパー食らわして、そのまま押し倒すという強攻策に出るアリソンTUEEEEEE!\(^o^)/ そのまま、騎乗位で興奮したアリソンに迫られ「キスしてもいい?」という言葉にまたしても煮え切らない返事をするヴィルはどこまでいっても鈍感だな。キス描写がなかったのが妙に生々しいんだけど、教会花畑背景でのフェードアウトはそのまま2ラウンドへ行った、という解釈でよろしいのでしょうか。全くもって、赤面必至とニヤニヤ(・∀・)する回だが、見ていて幸せだった。
そういや、Aパートは謎解きだった。帰ろうとするストーク少佐に、ヴィルがゴム弾を彼の肩に撃つシーンはもっと普通に引き止めろYO!と突っ込まざるをえない。彼がアリソンの父親っていうのは、伏線からありありだったんだけど、それよりも激ヤセビフォー&アフターの方が笑撃すぎて、真相云々は果てしなくどうでもよかったw次回はさらに時期が進み、アリソンとヴィルの身長差が開いてましたが、タイトルにも出ている通り、リリアもとい、子作り話マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン






■コードギアス 第11話 「想いの力」

中華連邦の象徴である天子奪ったゼロと黒の騎士団であったが、予想を遥かに凌駕する戦闘能力を持った星刻、そしてブリタニア参戦により天帝八十八陵への篭城を余儀なくされていた。孤立無援の戦は徐々に、だが確実に騎士団を追い詰めていく。さらに大宦官は天子諸共、クーデターを起こした星刻抹殺も目論んでいた。果たしてゼロはこの窮地に如何なる秘策で挑むのか!!




見所はたくさんあったんだけど、次回予告のギャグパートで全てが吹っ飛んだ。シャーリーはあのサヨコさんが変装したルルのキスで記憶取り戻すんじゃないのかな?っというか、ここにきて学園パートですか。ラウンズのみなさんもなんちゃって留学したし、これはこのままドラマCD化されそう。違和感があったのは、ルルーシュが突如人の心情を汲み取り、ナナリーと重ねていい人になっちゃうところかな。ディートにとっては裏切りフラグになるんじゃないの?オレンジことジェレミアはそろそろ動き出してきた。中華と黒の騎士団、ブリタニアの3つ巴は結局、天子を利用した宦官たちの会話記録を臣民にバラまかれ、国としての威信をなくした中華をブリタニアが見捨てて終わり。介入する利点さえ覗けば、シュナイゼルは引くと見込んだルルーシュの戦略勝ちですかね。キーボードで操る珍しいメカに爆笑した。そんな感じ。






■仮面のメイドガイ 最終回

期間限定!DVD発売記念、1話無料配信(6月13日~7月13日まで)コチラ


仮面のメイドガイ(インカ帝国の逆襲ver.)

まさかの田中敦子氏がラスボスで吹いた。少佐何やってんすかw
最後は結局「俺たちの明日も強制ご奉仕だぜ!」ENDだったけど、なかなかに面白かったアニメ。小山氏をメイドガイに抜擢した時点で50%は成功してたといって過言ではないんだろうけど、このアニメはラストのEDとメイドガイがコラボしているのが結構好き。にしても、おっぱいとパンツしか思い出せないアニメってどうなの!?








最終更新日  2008.06.27 00:27:10
2008.06.15
カテゴリ:コードギアス
お志賀さま病んできたー!!
遙か4をキャンペーン期間中に公式で頼んだ人は、ほぼ確実に18日に届く事が判明。自分は学校帰りで普通にショップ買いなので、プレイレポは19日の公式発売後。発売から約1週間ぐらいはネタバレに配慮して日記を一部表示にして対応(タイトル部分だけになる)。あと、中身重大すぎるネタバレは時々反転でいく、そんな感じです。



簡易





ちょwwwやめっ



1.jpg
アーニャ、男子トイレ侵入




■第10話 『神虎輝く刻』あらすじ
ブリタニアと大宦官。困窮する中華連邦の臣民達。蒼天はすでに死した如く中華連邦は混迷する。そして戦場もまた…。敵味方が入り乱れ、戦局が寸刻で逆転する大混乱の最中、数々のテストパイロットを再起不能にした脅威のナイトメア「神虎」がついに牙を剥く!その餌食となるのは!?

imge01.jpg
9歳に政治の話をするゼロ・・・



■星刻大ハッスル中

面白かった。AからBパートまでロボ戦でした。星刻は一時的に拘束されたものの、宦官の手によって一時的に復職。天子を強奪し逃げた黒の騎士団を、スーパーチートナイトメア「神虎」を駆って奇襲する。この飛翔滑走翼がついた神虎とやらはインドが紅蓮と同時に開発したらしいが、あまりにも性能を追求しすぎて乗れるパイロットがいないという欠点持ち。ラクシャータいわく、マハラジャが中華に売り渡したらしいです。以下箇条書き

imge02.jpg
ラクシャータの表情がいい感じ


・スザクVS東堂戦。輻射波動が追加され、斬月もパワーアップしランスロットどは互角ではないにしろ健闘できる水準まで引きあがった模様
・神楽「こんなカタチで天子さまの夢をかなえることになるなんて」→天子「あなたも覚えてくれたんですか!?うれしい」
神楽・・・策士だな。
・カレンとルルーシュの関係が微妙に動いてきた
・天子強奪に伴う戦闘で浪費があだとなり、補給不足で紅蓮が神虎に囚われる
・ゼロ取り乱す。撤退を進言したディートハルトの意見を蹴り、奪還に望むが地の利を得ていた星刻に軍配があがる
「かならず助けに行く!」とアツいです。ルルーシュ
・大河の水でぬかるんだ地面に沈みゆく黒の騎士団は一時撤退。カレン救出適わず
・星刻はルルーシュ並の頭脳。スザク並のパイロット性能。しかし、時間は与えてくれなかった・・・。吐血で死にそう
・インド合流叶わず、篭城戦になりそうな2者の対立にブリタニアが参戦。これを受け、宦官が星刻一派もろとも排除の方針を打ち出すようだ。
・ルルーシュにはかねてから計画していた秘策が。「あれ」とは?
・一方、日本の学園ではミレイの連絡を受け取るルルーシュの姿が・・!?


強奪者だったゼロが反転、強奪される側に。この展開はおもしろい。このままおそらくブリタニアに引き渡される展開になる?急ぎ足ですが、今日はこのぐらいで



あと最後にCMでも出た・・・



ハルヒー髪伸びてるー!!






最終更新日  2008.06.15 22:37:55
2008.06.08
カテゴリ:コードギアス
秋葉原が大変なことに・・・。でも、これだけは言わせて・・・。





ニーナ
きたあああああぁぁぁぁぁぁ!!!!



1.jpg
オレンジ登場より吹いた




■TURN 9『朱禁城の花嫁』あらすじ

世界戦略を進める為、中華連邦に渡ったゼロと黒の騎士団。EUがブリタニアにより弱体化しつつある今、残る大国を手中にいれる事こそ打倒ブリタニアを果たす為の大きな足がかりとなる。
国の中枢である朱禁城。陰謀と策謀、様々な思惑が渦巻くその宴にゼロが姿を現した!




■天子さま結婚

中華連邦の助けあって、無事に日本人貸与地区・蓬莱島についた黒の騎士団と100万人の日本人たち。そういやグレイのライブ20万人で入場に9時間近くかかったことは有名ですが、100万人だともう想像を絶するんだろうなぁと思いつつ、まぁこれはアニメなんだしでめんどくさい部分は省いて、ちゃっちゃと到着した主人公たち。インドの助けもあり、着々と戦力が整う面々。イカルガ(戦闘空母?)にガウェインのシステムを移したことや、蜃気楼・ナイトギガフォートレスなど今後出てきそうなメカの名前もチョコ出ししてましたね。イカルガはブリタニアの沈没船なのかな?

場面変わってルルーシュはというと、カレンとブッチューしてました。もちろん事故ですがwしかも体勢はそのままで

ルルーシュ「カレン、この戦いが終わったら一緒に学園に帰らないか」

と言ってたけど、君はシャーリーにも、すべてが終わったら、君と・・・みたいなこと言ってたよね^^いいムードになりそうなところでC.Cがピザ食いおじゃん。そこにカグヤから緊急で呼び出しがくる。ブリタニアの第1皇子オデュッセウスと天子さまが政略結婚するそうだ。

・・・


・・・・・・


このアニメ何人いるんだよロリコン・・・。(^ω^#)

天子を利用してブリタニアに取り入ろうとするる宦官たち。このまま結婚されれば、中華連邦の保護を受けているゼロたちは一網打尽に。

玉城「何だよ!それじゃぁ、黒の騎士団結婚の結納品代わりか!?」

さぁどうするゼロ・・・!?

imge001.jpg
内容濃かった




■シュナイゼルは最もつれて来ちゃいけない人物をつれてきちゃったよね

凡庸なオデュッセウスがこんな迅速な作戦を考えるわけがない。考えたのはやはり第2皇子のシュナイゼルでしたー。星刻はこの状況に苦悩。

星刻「ブリタニアに売り払う!?天子さまを・・・?」

一方、天子さまご婚約パーティに招かれるブリタニアの面々。もう涙目の天子さまに優しく語りかけるオデュッセウスは変態決定でいいよね。スザクはやっぱりこういう政略結婚とか好かないみたいだ。にしても今回もというか、相変わらずファッションセンスがド派手なセシルさんと、ロイドの婚約者として出席したミレイのトンデモおっぱいドレスに釘付け。オカマ?のカノンや色々なメンツが出揃った所であの方が登場。

シュナイゼルに手を引かれおめかししたニーナキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

他のブリタニア貴族にやっかみを受けつつちょっと頑張ろうとするニーナかわいい。Aパートの時点ではそう思ったんだぜ・・・。

imge002.jpg
カノンの愛人発言は冗談に思えない・・・




■星刻の過去

かつて囚人に情けをかけた事から死刑になるとこだった星刻。話は命を助けられ絶対の忠誠を誓うっていうありがちなシチュだったけど、ロリ天子のさらにロリ天子が見れたのでOKってことで。彼は、彼女の願いである「お外に出たい」という願望をいつか叶えるために指きりの誓いを立てる。( ;∀;)イイハナシダナーかつて貧しい者の為に身を捧げていた星刻は選択の時を迫られる。天子さまを奪還すれば、ブリタニアとのバランスは崩れ戦争が起こる。

気落ちする天子さまの前に、招待したカグヤが到着。しかし、その傍らに佇んでいるのはゼロ。
工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工
驚愕する人々。 シュナイゼルだけは歓喜。Aパート終了。ちなみにスザクが驚愕する後ろで、何かいかがわしいものを入れてるセシルさん怖えぇ!!!!


Bパートの最初で段々とその片鱗を見せ付けてくれるニーナ。どうやらミレイと席を外してどこかのテラスにいたらしい。彼女が会場にいたらまた話は違っていたんだろうなwミレイの「元気そうで安心した」という投げかけに対して、ニーナがプッチン

ニーナ「ミレイちゃんのことは好きだけど、上辺だけの女は嫌い!」

まくしたてるように責めた内容は80%ぐらい私情の入った恨みでしたが、彼女ののらりくらりとした逃げ方をズバリ付いてきたカタチでした。でもきっと本人にも自覚があるんだろうね。寂しそうなミレイちょっとカワイソス(´・ω・`)


緊張する空気の中、カグヤが本領発揮。彼女は今回で大分、株をあげたなぁ。天真爛漫キャラならユフィがいたけど、カグヤは幼い容姿とは裏腹に大人の事情を大分読めている。そして、何よりも皮肉が上手い

カグヤ「柩木さん。憶えておいでですか?いとこの私を」

スザク「当たり前だろ」

カグヤ「京都六家の生き残りは私たちだけとなりましたね」

スザク「桐原さんたちはテロの支援者だった。死罪は仕方なかった」

桐原・・・死んだのか。

カグヤ「お忘れかしら?昔、ゼロ様があなたを救ったことを。その恩人も死罪になさるおつもり?」

スザク「それとこれとは・・・」

言葉に詰まるスザク。チクチク痛いところを突いてくるカグヤはドSだな

カグヤ「残念ですわぁ!言の葉だけで、人を殺せたらよろしいのに」

(((( ;゚Д゚)))カグヤ・・・
彼女がスザクをキョウト六家の生き残りは私たちだけと言ったことで、スザクが味方したブリタニアの手によって、他家の者は処刑されてしまった事、かつて自分が受けた恩義を仇で返す事、そして彼女自身は知らないであろうギアスの能力を揶揄したような最後の言葉などの言い回しは流石だなぁ。スザクは可哀想だけど。

imge003.jpg
カグヤかわいいよカグヤ




■チェスやらないか

緊迫する空気の中、ゼロからある提案が。『チェスで勝負し、自分が勝ったらスザクを差し出す。負けたら仮面を外す』というもの。スザクをカグヤにあげるらしいよ。そりゃもうトンデモない事になりそうだwでも、ぶちゃっけ、チェスで勝ったところであの人外魔境スーパー人間スザク様をとても捕縛できるとは思えません><
この無茶苦茶な勝負の時点で、相打ちか引き分け中断など決着がつかない事が大体見えたんだけど、ここいらでもしかして個別に部屋を移したことだしギアス行使するのかなぁと思ったり。「あの子、手配画像よりずっといいな」とジノがカレンに→フラグ立ててました。チェスの勝負はほぼ互角。しかし、シュナイゼルは挑発的にゼロの王手を誘う。キングは敵の駒が効いている場所には移動することができない設定とかはガン無視でOK。差し出されたキングに喰らい突けばチェスには勝てるがプライドとしての勝負には負ける。さぁどうするゼロ再びで彼が出した結論は、差し出された勝利は受けとらないという姿勢だった。負けず嫌いな彼の性格に気付いていたのか、それとも既に自分の弟であることに気がついていたのか、シュナイゼルは「皇帝陛下なら迷わず取っただろうね」と言う。勝負の行方がまだ分からなくなった折、ここでKYが登場。


ニーナ「ゼロ!ユーフェミアさまの仇!!!!」

キタ━━━(゜∀゜)━( ゜∀)━( ゜)━( )━(゜ )━(∀゜ )━(゜∀゜)━━━!!!!!

カwオwス。相変わらず盲目的信者のようです。スザクにもカレンにも悪態をついて泣き喚くニーナ。

ニーナ「必要だったのに!!私の女神様!!」

ニーナはユフィを神聖化したのに、○ナニーしてたよね^^
ミレイはカレンの「私は日本人よ」と言い切る誇り高さと、それでもニーナを気遣う姿を見てうらやましそう。そして、婚礼の儀へ・・・

imge004.jpg
リアルタイムであんな事件が起こったのでここらへんは自重します




■星刻、お・ま・え・も・か

婚姻の儀が今まさに始められようとしていた時、扉が開け放たれる。

「天の声 地の叫び 人の心。何をもってこの婚姻を中華連邦の意思とするか!全ての人民を代表し、この婚姻に異議を唱える!」

イキナリキタワー.*:.。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。.:*!!☆
なんというロリk王子様。暴れまくる星刻に結婚式場はもう大混乱。政府はクーデターを起こした星刻率いる軍が制圧した模様。彼は永続調和の契りを胸に蜂起。そんな星刻に天子さまが契りの手の形を作って手を振る

天子「星刻~!星刻~!!」

ぼ、棒だな・・・オイ。でもかわいいのでいいや。(*゚∀゚)=3ムハー
最早、星刻を止める者はいない・・・そう思った矢先、ゼロ登場。

ゼロ「ふはははははははははははははッ!!」

天子さまを人質に取るゼロ。
ううぉいッ!そこは星刻が花嫁姿の天子さまを連れ出して可憐に脱出する掟だろうがー!!!!
空気読めえええええぇぇぇぇぇぇ/(^o^)\
みんなから外道呼ばわりされつつも高笑いが止まらないゼロ。これで幕引きならず、場面は変わって、V.Vとどこかの島。この子も棒読みだな・・・w最後にオレンジが「全力」で幕引き。おわり!

imge005.jpg
10にも満たない子供が結婚していいの?







最終更新日  2008.06.08 21:43:32
2008.06.01
カテゴリ:コードギアス
トラバは宣伝が凄まじいので、今はちょっと中止しています。ごめんなさい。




うん。これは、その、あの、えっと・・・。



はい!コードギアス!



以上です。



img002.jpg
神楽ー逃げて!超逃げて!!



<キャスト>
有野晋哉(よゐこ)
サンドウィッチマン
夏川純
三宅ひとみ(コードギアス声優)
アメリカザリガニ(お宝プレゼンター・自称コードギアス好き)


<番組内容>
MBS・TBS系全国28局で、毎週日曜日午後5時から大好評放送中のアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュR2」。そのコードギアスですが、6月1日は急遽、特別番組をお送りすることになりました!
その内容は、芸能界随一のアニメ通・『有野晋哉(よゐこ)』!そして2007年M1グランプリ王者の『サンドウィッチマン』らがサブカルの聖地東京・「秋葉原」の街に飛び出し、ユニークなお店でゲーム対決しながらコードギアスの魅力、そしてみどころを全力!?で紹介!!
さらに、1万8千人の公募から選ばれ、コードギアス R2 にも出演が早々に決定した期待の新人アイドル「三宅ひとみ」さんが出演します。この特別番組は見逃せません!6月1日は午後5時は要チェックです!
『アキバで対決!コードギアス祭』では、なんと9話、10話の映像がちょっとだけ見られます!お楽しみに!



■黒歴史間違いないw

今回の緊急特番により、実質1話が減らされることになるんですかね?事前情報からなんとなく地雷臭がしたけど、期待を裏切らないというか、なんというか・・・これはファン怒るぞ~(((( ;゚Д゚)))という内容でした。大抵の事はネタ昇華回路が組み込まれている私のポンコツ脳も機能停止してました。こないだの次回予告であった新情報も特になく・・・なんというか1分程度の予告を見る為だけでOKな番組でしたね。^^;うーん。あんまりネガティブな事は書きたくないけど、これは一体誰が特する番組なのか小一時間問い詰めたい気持だぜ。・゚・(ノ∀`)・゚・。


<流れ>
まずメンバー紹介から。声優に挑戦した三宅さんが学園コスで登場したものの、「制服?」と言われ口ごもっていたのでやっぱりあんま知らないんだなぁと苦笑。サンドウィッチマンは「全く知らない!」とすがすがしいほどに断言してましたネ。PS3に書かれた谷口監督のサインをシンナーで消す発言は流石にヤヴァいなぁ。番組はおそらく外注なので、ちゃんとチェック入れてなかったのかも。あらら・・・。内容はDVDの販促がちらほら。他は既出シーンが別に流れる程度で、ほとんどギアスに関係ない内容だった。耳掻きしながら、映像を流すってどんだけwwwそれから、夏川の第六巻スゴス。彼女はもう完璧に割り切って番組参加してましたね。
問題は芸人たちが全くギアスに興味持っていないのがありありだった事かな。一般人を視聴者に取り入れたい意図があるから、総集編ではなくこういう企画を持ってきたんだろうけど、これだとファンには反感買うし一般人もギアス内容がよく分からず見たいという意欲をそそるとは到底思えないゾ。しかし、何度書き直しても辛口になってしまうなぁ雫よかったのは天子さまが涙目かわいいという所だけだ。彼女の政略結婚ってもしや第一王子のおっちゃんとか?犯罪だろwwwそれから中華の新ナイトメア出てきましたね。


<追記>
三宅さんが罰ゲーム商品の中で一番高い、ロックマン4のゴールドカセット59万円を引き当てたけど、あれ自腹でちゃんと払ったの??(´・ω・`)







最終更新日  2008.06.01 19:38:38

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.