3649900 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MINANIME ふたつ

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

お気に入りブログ

コメント新着

早めの返信がほしいです!@ Re:仮免取ったぞ~!(08/01) 突然失礼します! 明日豊島区自動車練習所…

バックナンバー

2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

全9件 (9件中 1-9件目)

1

ソウルイーター

2008.11.10
XML
カテゴリ:ソウルイーター
喰霊あげられるかな?

・スキビ
昨日の回はなかなかよかった。主人公たるキョーコがドス黒い。自分がおもりをするアイドルに挑戦状をたきつけてガチバトルを繰り広げる。川澄さんとキャラ容姿も声も似通っているので、原作未読者は少し混乱するだろうなぁ。

・星野先生がどうやら休載する模様
復活の予定などはまだ何も分からない。打ち切りされそうだった漫画がこれで首一枚繋がったとのもっぱらのウワサ。公式HPで(終)と書かれていたにも関わらずいきなり訂正されたとか。見ていないから何ともいえないけども、誤植の可能性だってあるしなぁ。とにもかくにも星野先生はゆっくり休んでください。

・マクロスFのいわゆる痛車
公式での車で早速職務質問されたらしい。実物を見てこれは仕方ないと苦笑してしまった。前席の窓左右以外は見えないだろwコレは!

日記はコチラ

・11月から放送されているBLEACH Fade To Black のCM
youtebe動画
ポルノの曲と共に解禁







エクスカリバー(天災)再来。



公式HP重すぎる・・・通算3回目。





■ソウルイーター第32話「聖剣伝説3~死武専番長物語?~」あらすじ

ある日ある時死武専に、一人の職人がおりました。彼は一見どこにでもいる普通の少年。でも、ただ一つ他とは違うところが・・・彼は並外れた「へっぽこ」職人だったのです!いつもみんなにパシらされる日々。どうしても断れない自分にすっかり嫌気がさした彼は、ある日一冊の文献を見て決意します・・・「自分を変えるため、僕は絶対に聖剣を手に入れる!!!」と。――己を変えたい少年・ヒーロの野望が、今死武専に大嵐を巻き起こす!


CMもエクスカリバー仕様




■ヒーローくん

イケメンだけどショボいヒーロー君。そんな彼が誰も耐えられなかった伝説のエクスカリバーとのコンビに挑む!この凡庸性には並ならぬ才能を感じます。武器としては最強クラスのエクスカリバー。ただし、その武器としての性質としては別に、彼の人間(であるかは疑問が残る)として付き合える人物が今までおらず、そのウザい正確ゆえに誰も扱えなかった伝説の剣。千びも及ぶ条件をいとも簡単にクリアするヒーローであったが、何故か彼の連続クシャミに嫌悪感を覚えやはりエクスカリバーを手放してしまいましたというオチ。原作よりも無駄にイケメン仕様ですね。


それにしてもマカたち主人公が空気回多いなぁ




    







最終更新日  2008.11.10 20:50:27
2008.09.16
カテゴリ:ソウルイーター

■雑談

懲りずにFEでお絵かき中。萌えキャラってムズいですね。自分はネタ絵を描く際に、ペイントソフトや画像処理など多数使ってますが、大体の構図を描く時は断然saiを使ってます。なめらかな書き味と線修正機能が秀逸です。文字入れや図形を描くには適してないけど、PSD形式で保存可能なのでそれで補うことが出来ます。
フリーソフトでしたが、今年から1ヶ月間だけ無料の制限が設けられました。それでも、saiはペイントツールとしてはマジでおすすめ。そんなに高くないしね!お試しでダウンロードする方はペンタブをご用意できる方と1ヶ月間有効に使える人が(期間を過ぎると保存できなくなる仕様なので)望ましいと思われます。

公式サイト



まだまだ下塗り段階です









■ソウルイーター

第24話「神々の闘い~デスシティ 崩壊の危機に?~」


ついに復活した鬼神。キッドとブラック☆スターは死に物狂いで倒そうとするが、呆気なく戦闘不能にされてしまう。絶望的な状況下、最後まで諦めずに鬼神にしがみつく存在が――マカだ!そして地上へと出現した鬼神を待っていたものは・・・。デスシティ上空にて人知を超えた決戦が今始まる!!!


エルカかわいいよエルカ


グロさ満点、ソウルイターの感想です。本誌でも相当グロかったですが、アニメでも顔変形シーンをやるグロ担当のキッドくん。鬼神が復活し手も足もでない死武専の生徒たち成すすべなしです。ソウルイーターにおいて主人公たちレギュラーが歯が立たないことって結構多かったりする。
今回はなんと言っても、死神さまマジかっけぇっす!の一言。死神チョップが本当に技名だとは思いませんでした。でも、最後の方のブチギレ方は某時間制限ドラマのジャッ●・バウアーさんが光臨してましたね。そんな中、キャットファイトでアレな格好になっているミズネとブレア。大きなお兄ちゃんたちが大喜びです。鬼神の人はなんか普通の声の人だなぁと思ったら、笑い方はすごく上手い人なのね。結局、活動範囲に制限がある死神さまは鬼神を取り逃がしてしまいましたとさ。次回は死神さまの武器・デスサイズが招集。
シュタインはメデューサの蛇に最後の最後で左首筋をかまれてましたけど、あれってまんまサスケみたくなるフラグなんですかねぇ~?


(コミック)ソウルイーター(13)/大久保篤 【2008年10月22日発売予定】





■アリソンとリリア

第23話「偶然の旅行者たち」


春休み、リリアはアリソンとルトニ河口に旅行に出かけることに。その頃、トレイズは、お忍びでイクストーヴァを訪問したベゼル王国のマティルダ王女を案内していた。20歳までに結婚相手を見つけられなければマティルダ王女と結婚することになっているトレイズ。トレイズは、訪問を終えた王女を送り届けるため、護衛役のトラヴァスとともに列車に乗車するのだが・・・。



間違いなくメグ(左上のツインテール)はアリソンとリリアにおけるヒロイン格のかわいさ


前回のなんちゃって「イクストーヴァの秘宝」については黙秘します。
さて今回も列車で事件です。この時点ですでに暗殺者と大体のターゲットが(写真からして王女ではない?)割れてるんですが、こういう演出ってどうなのだろうか。もうちょっと「誰が犯人?」とか「誰が狙われてるの!?」とかこういうワクワク感が欲しいなぁ~なんて。そして、共に重要なポジションにも関わらずOPEDであんまり出てこなかったメリエル王女。しかし早速、退場してもらいたくなってきたw このアニメにおいて猪突猛進キャラはリリアで充分な気がするんだ・・・。もうマティルダ王女と結婚するのはメリエルでいいんじゃないかな?そもそも公に認められていないトレイズと結婚するにも、ベゼル王国の国民が認めないと思うんだけど。う~ん。しかもなんか年が離れてていまいち婚約者相手という風に見えない。
列車事故(おそらく故意)によって、足止めを食らってしまったアリソンとリリア。マティルダ王女が秘密裏に乗っている列車に乗り合わせることに。どう見ても怪しい男がいるのに「怪しいものはいません」とそう自信満々に言い切る護衛陣は無能すぎ。アリソンもリリアとトレイズが邂逅する恐れがあると思うなら食堂にリリアを行かせちゃ駄目だよね。まぁ、なんだかんだいっておもしろいです。勧善懲悪のアニメ。残す所の話数は少なくなってきたので、ちょっと寂しかったり。



《送料無料》(ドラマCD) アリソンとリリア ドラマCDII ~リリアとトレイズ Another Story~(CD)






■テレパシー少女 蘭

第12話 「蘭と三つ目の涙 ~髑髏は知っていた~」


何者かに襲われ意識を失った蘭が目覚めると、傍らで章平が傷つき横たわっていた。霜月のことを調べている最中、三つ目の絵が描かれた祠を見つけた章平は、そこで霜月の妨害を受けたという。一方、蘭と同じく連れ去られた麗香は、霜月と共にいた。霜月は、部下が間違って麗香を連れてきたと詫びるが・・・。二人の行方を捜す翠たちは、蘭がいると思われるかつて三津埋という村があった場所へと急ぐ!


兄ちゃんは生存


麗香が霜月につれさらわれ、蘭もまた拉致られてしまうのが前回のあらすじ。もう壁の模様が「私三つ目族です!!」と言わんばかりの装飾に泣いた。まぁ今回で決着がつくから、隠しておいても無駄なんですけどね。というか、三つ目族とバレたら迫害されるのに、こういうのを部屋に残しておいていいのだろうか。ガードマンは三つ目族じゃないだろうし。
結局、麗香が第三の目を発動して事なきを得るのですが、てっきり麗香のお父さんも亡くなっている設定だったもんだから、死んだハズの霜月の娘が実は生きていた!?奇跡の再会!感動の嵐!!とか期待していたんですが、普通にただ似ているだけの赤の他人だったようで・・・。さすがテレパシー蘭です。


「テレパシー少女蘭事件ノート」セット(既8巻セット)








最終更新日  2008.09.16 22:57:48
2008.09.10
カテゴリ:ソウルイーター
滞っていたアニメの感想。隠の王の感想がないのは・・・お察しください。
まだまだ撮ったままのアニメが山ほどあるよ・・・





■マクロスF



アニメ雑誌によるとミシェルの死はほぼ確定。しかし、裏に潜む本当の敵までバラしちゃっていいのかしら?しかも、あと数話で決着がつかなそうな上にランカの光るお腹の伏線など、視聴者の判断にまかせるような丸投げの予感がしてならないwもしかして二期・・・いやいや、そんなわけないか。アルトはシェリルのアレがなかったらオズマと一緒に行ってたらしい。フロンティアにはシェリルが、でもランカを助けに行きたいという板ばさみのジレンマがあの「くっそおおおおお」という叫びに表れていたんですね。彼は赤面したり、動揺したり、怒ったり割とピュアに感情表現を出すので盲点だったんだけど、役者としての一面を持っているということはすっかり忘れていました。どういうことかというと、どうも自分の気持ちをだませちゃうかもということだそうです。このままの関係ではいられないフラグな気がするなぁ。最終回はほぼ歌を新しく録り直したって、これはつまりデカルチャーエディションCDが出るんですね。分かります。最終話は映画並のクォリティだった1話や7話などのの作画陣の名前が連ねてあったので、すごい期待しちゃうな。終わりよければすべてよし!



名刺入れ。ランカが見当たらない・・・






■ネオアンジェリーク abyss act.10 「罪の代償」


「犯した罪は償わなければならない。」それはかつて、マティアス自身がエレンに言い聞かせた言葉だった。その言葉の意味を身をもって受け止めながらも、マティアスはもはや自分が後戻りできないことを知っていた。ルネの言葉は彼に届くのか――!?




前回見逃したんだけど、話があまり進んでいないのを見ると、ヨルゴ理事サイドの話だったのかな?
それにしても、まるでルネとマティアスの恋愛劇を見ているようだ。
あっれー?アンジェとニクスの憎愛劇は何処。マティアスはあっさり改心しちゃうし、なんかもうね。タナトスのボス・エレボスの正体は、アンジェのような女王候補たちが怨念と化した思念体のような集まりだったことが発覚。ナ、ナンダッテー!?とここは驚くべきところだが、正直ありがちすぎてさほど驚かない。前々回でニクスがアンジェの足を割って押し倒したシーンぐらいインパクトがないと!強い浄化力を持つゆえに迫害を受け、彼女たちの無念が執念とかわり、エレボスエネルギーになったんだっけ?でもタナトスに迫害を受けていた人類が浄化能力を持つようなスーパー人間を迫害するのか疑問だなぁ。実際、タナトスを撃退できる銀樹騎士団なんかはその確固たる地位を築いているのに。むしろ奉ってあがめそうなものだ。さらに銀樹騎士団らしき制服の人物が女王候補を連行するシーンとかも???となった。
話はボロボロになりつつもロシュが大活躍・・・する話・・だったようなそうじゃないような。まぁルネ様のピュアハートがマティアスの氷を溶かしたってことで万事解決です。次回ニクスとラストダンス。





■World Destruction ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~
第10話「カラクリロボには108の原則がある」



秋の大陸にある機械文明が発展している街クロックタウン。
カラクリロボットが街中に存在するその街はデストラクト・コードの研究家と知られるワニ師が支配していた。世界撲滅委員会がその地に足を踏み入れてほどなくして、ワニ師率いるカラクリ兵団がモルテたちに襲いかかる。追い詰められた世界撲滅委員会、彼らの前に一体のロボットが現れるのだった。




世界を撲滅する必要性が微塵も感じられないワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~。デストラクト・コードの起動キーは明らかにキリエなのに、それにまったく気づかない旅一向はワニの学者が支配するロボ王国へと足を踏み入れる。彼はOPでも出てるので、それなりに重要人物なんだろうけど、いささか棒読みすぎるんだぜ!そして案の定ちょっとしたドジで捕まるキリエとモルテ。だからトッピーがいなかったら君たちは何回死ぬんだと(笑)あーでもクマかわいいよクマ。もうそれだけで見る価値があるよ。このアニメ。水嶋ヒロが声の出演するゲームもやりたくなってきたクマー。
心を持たないロボとのふれあいはありがちだったけど、いい話だったよね?でも敵を振り切る際に、つたってきたロープを自ら切り離し、敵ロボと谷底に落ちるシーンね。あれって、足元から切ればよかったんじゃないかなって思うんだけど、どうだろう。まぁ突っ込んでも仕方ないか。デストラクト・コードが導くままに冬の大陸へ誘われる一向。リアが絡んでくるんでしょうか。

最後に最先端のスパーテクノロジーロボの見た目がどうしてもクロマティ高校にご出演するあの方にしか見えない。そう・・・絵本になっているあの方です。


メカ沢せんぱ~い




■ソウルイーター 第23話「デッド オア アライブ!~復活と幻惑の狭間で?~」


封印の社-死神様により封印されし「鬼神」が眠る場所。狂気と幻覚が渦巻くその場所で、鬼神に黒血を注入せんとするエルカ・フリー達と、それを阻止しようとするキッド・ブラック☆スター達の最終攻防戦が始まった。一方、シュタインとメデューサの死闘もついに佳境に。果たして勝つのはどちらか?戦いは今、誰も予想だにしない結末を迎える・・・!




うわーグロい。感想はまずこれ。シュタインVSメデューサとキッド&ブラックスターVSエルカ&フリーの鬼神復活攻防戦が主な内容。エルカは終始かわいかった。
なんとか膠着状態に持ち込んだものはいいものの、集中がきれた瞬間に殺されると悟るシュタインとスピリット。途中からシュタイン先生が大解放しはじめちゃって、狂気全開で戦いだすもんんだから、どっちが味方か分からなくなった。でも狂気顔のシュタインの方がイカレてていいなぁ。セーブするマカパパは大変だけども。決め手になったのは鬼神復活で慢心したメデューサの隙。半身ごとまっぷたつでした。血も赤黒く降り注ぐシーンは緩和してあったけど、やっぱ血だよコレ!
鬼神が復活したのは、普段第6感が異常に鈍く鬼神の狂気すらもものともしないブッラクスターが最後の最後で、幻影を見てしまった為にエルカの注射器を切断することができなかった為。決死の行動が無に帰り、絶望に打ちひしがれるブラックスターの前に肉塊となった鬼神が不気味に蠢いて復活・・・で次回。










最終更新日  2008.09.10 20:58:03
2008.07.24
カテゴリ:ソウルイーター
NARUTO疾風伝は腹抱えて笑った。アニオリはもうすぐ終了で、8月21日からやっとヒダンとカクズ篇スタートですか。それから、ヘタリアアニメ化にもワロタ。スレイヤーズはとうとう来週にゼロス登場。ヴァルキリープロファイル─咎を背負う者─は10/2に発売決定かぁ。アイマスは相変わらずボロい商売だなオイ!!



■ファイアーエムブレム新・暗黒竜と光の剣

TVCMとPVを公式

リンダぱんつ履いてない・・・?


■マクロスF

先週の感想まだだってばよ・・・。今夜で新OPEDお披露目なるか。


クリックで記事

「ライオン」/May'n・中島愛
 作詞:Gabriela Robin 作曲・編曲:菅野よう子
「ノーザンクロス」/シェリル・ノーム starring May'n
 作詞:岩里祐穂/Gabriela Robin 作曲・編曲:菅野よう子

ガブちゃんwww

【メール便なら送料無料】【8/20発売 新作CD】シェリル・ノーム(May'n)&ランカ・リー(中島愛) / ライオン 《先着予約特典付:内容未定》 :TVアニメ『マクロス F(フロンティア)』新OP&ED曲<2008/8/20>




■第16話「激闘!幽霊船~ボクの頭の中の地獄?~」


激突するキッドとクロナ。凄まじい魔剣の攻撃は幽霊船を破壊し、キッドを追いつめる。そしてキッドもまた死武専と父死神に一抹の不信を抱いていた。一方死武専では、メデューサに血液を調べてもらうマカの姿があった。ソウルの時と違い、何故か消えているマカの黒血。その原因を探るメデューサをシュタインとシドは疑惑の目で見つめる。「魔女」たる証拠を掴もうと、シドは彼女のアジトへ乗り込むが・・・。


クロナがキモかわいい

AパートはキッドVSクロナ戦。Bパートはメデューサの正体にシュタイン先生が迫るという話。キッドはエウレカ張りに空飛ぶスケボーを駆使して、クロナと激闘・・・するハズが例のシンメトリー狂いが発動して敵を取り逃がすというアレレな展開で幕を閉じました。カーン。本編としては、メインはメデューサということか。共鳴したことで、ソウルの黒血の影響がマカにも及んだ彼女のことだったが、体内にはもう黒血は残されていないらしい。マカは精神的にも清いので黒血を浄化しちゃったとかのオチだったりして?血液検査の結果に訝しがるメデューサ。そんな彼女の元にシュタイン博士が訪れる。
「これ、何ですか?」
とチラチラ見せたのは、先ほどマカに与えた黒血の吸収を促進させる薬だった。どうやら、シュタイン博士とマカパパは早くも彼女の正体に気付いているようで。危険を感じたメデューサは先手を打たれる前に、自分の家を捜索しにくるシド先生とミイラ姉ちゃんの始末をエルカに指示。あァ・・・シド先生サヨナラですェ・・・。。・゚・(ノД`)・゚・。シュタインはまだまだ闇落ちフラグ立ってますけどね。今回もおもしろかったです。このままシリアス展開に突入と思いきや来週はウザいあの方が登場!
来週はエクスカリバー回なので、例によって公式HPが・・・


このミイラ先生誰?




■D.Gray-man 第93話 「旋律」

「14番目の秘密の部屋」にやってきたアレン。視界に飛び込んだピアノの前に立つと、頭の中にメロディがあふれ出し、腕が鍵盤を弾き始める。唖然とするアレンにクロスからの連絡が入る。「方舟を操れ! お前の望みをこめて弾け!」・・・指示の意味がわからず、さらに戸惑うアレン!しかし奇跡を信じ、ありったけの願いを込めて、アレンは鍵盤を弾く。


仲間との再会

例の唄にメロディが付けられて作中にずっと流れてましたが、クレジット見ても誰が歌ってるかワカリマセンでした。完全な女声なので、アレン役の小林さんだろうか。彼女歌うまいらしいし。ノアとの激戦を終了し、方舟を修復。ティキは伯爵によって回収され、今回の方舟戦に限って言えば死んだのはスキンだけ。・゚・(ノ∀`)・゚・。Dグレは非美形と女性には厳しい漫画です。クロスとリナリーを心配するシーンは何回見ても、神田が「2人っきり!?」と反応する所に違和感がw 
次回は帰郷とのことですが、新たな動きがあるとのことなので打ち切りなしに、OPにも出てた例のあの人たちが登場ですね。そうなるとますます原作のストックがなくなるので、ここいらでテキトーなオリジナル話に入ったり、そういう調整しとかないとマジで追い越しそうな勢いだ。


クロウリーどんな夢を見ているんだw




■World Destruction ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~第3話「獣人には二通りある」

キリエ、モルテ、トッピーの三人は監獄の中にいた。彼ら世界撲滅委員会の手配書は世界中にばら撒かれており、流れ着いた先で捕らえられてしまったのだ。世界救済委員会に引き渡される日が刻々と迫っている。
今までは成り行きで共に行動していたキリエたち世界撲滅委員会であったが、この非常事態に一致団結して脱獄を図る。しかし、時を同じくして囚人アヤの脱獄計画が密かに進行していたのだった。


クマかわいいよクマ

石川さんやりすぎっすw手を抜くところはバッチリ抜いてましたけど、ここは抜いちゃどうなの?というところも抜いてたような??まぁクマさん目当てで見ているので、大した違いはないのですが。IGには珍しい、超手抜き回でした。が、「ヘタ」ではなく「抜いている」と分かるあたりは流石IG・・・なのか?劇画チックにモルテがクマさんを投げるシーンは普通の作画ならあんまり印象に残らないけど、ああも線画だと非常にインパクトはあるので、これはこれで正解なのかも。自分は好きです。
話は悪人蔓延る監獄に入れられる撲滅委員会の人たちだったけど、その中でも怖がられる3人www

クマ「監獄の中で悪名を馳せる勇者なんて聞いた事がないクマ!」

そんなドッピーも今回は穴掘りに鍵入手にボス(?)撃破に大活躍だったクマ!にしても話はホントに世界を破滅に追いやろうとする緊張感も実感も必要性も感じない話が続きますね。




■RD 潜脳調査室 第16話 透明な力

毎日のようにホロンと組み手を交わすソウタ。だが、ソウタは一度もホロンに勝てないでいた。メタルの格闘コミュのAI相手であれば勝てるのだが、実際のホロンに勝つことがなぜかできない。なぜ俺は勝てないのか。そのことについて悩むソウタ。そうした中、『ハナマチ』の風俗店でホロンと同型の公的アンドロイドが流用されているという報告がなされる。ソウタは単身、この調査に臨む。



RDは「大いなる悪に立ち向かう!」とかそういった仰々しい作品ではないにしろ、なかなかおもしろくてオススメ。今回はアンドロイドいわゆるAIであるホロンへの気持ちに気付かずに悩むソウタの話。ホロンに複雑な感情を抱いてもやもや→ホロンと同じ形番のアンドロイドと戦闘→劣勢をホロンの一声で逆転勝利という、お決まりのような設定と結末だったけど、演出面もあってなかなかよかったです。何気に戦闘シーンも多めだった。にしてもRDはエロが多いなぁ。睡眠・食欲・性欲これの二つはすでに題材としてピックアップされたしね。電脳化するとそういったものが裏にこもる分、人間の欲望がやましい事に使われちゃうのはリアルで笑える。現実とはかけ離れた妄想の域まで達しちゃうから、さらに赤裸々に顕在化しそうだ。その先の結果が今回みたいなセクサドールとか電脳セックスなんだろうなぁ。あかほりさとるの作品をちょっと思い出した。でもホロンは乙女回路なんてものは持ってなくて、いたって淡々としていたけどね!彼女が「AIと擬似恋愛をするのは愛を語る行為と同等」みたいなこと言ってたけども、最終的にはソウタとのコミュニケーションの蓄積が経験となったとかでホロンのAIが発達した、とかでいいのかしら?感情が芽生えました!よかったですね!ハッピーエンドです!ちゃんちゃんという安易なオチを出さずに、視聴者に判断を委ねる形になってる構成。RDがいまいちパッしないのもそこに原因があるんだろうけど、こういった視聴者に何かしらの考えを「させる」作品は大好き。


【お取り寄せ】士朗正宗CD-ROM画集2 Intron Depot D2 Blad : 小学館
【20080822】 (コミック)直感少女☆ミナモ~RD潜脳調査室~(01)/吉川博尉 【8月発売予約受付中】







最終更新日  2008.07.25 19:14:47
2008.07.15
カテゴリ:ソウルイーター
教習所でシゴかれる日々。でも夏休み前に申し込んでよかった。下旬から混み始めてくるので、これから取る人は要注意。


■秋の新アニメ

新番組アニメは早速夏目を落としてしまった。寝過ごしたよママン・・・。今期は結構男性向きが多いので、逆に助かる?秋からはガンダム00、アビス、のだめ、ラインバレル、地獄少女、ヴァンパイアなど視聴するか。この時点で色々出てるけど、黒執事・喰霊零・伯爵と妖精・屍姫・かんなぎなども気になるなぁ。efはOP楽しみ。





酔拳?




ちょwww



■ソウルイーター 第15話「魂を食う黒き龍~臆病リズと愉快な仲間たち?~」

何者かに街ごと魂が飲み込まれる事件が起きた。犯人はまことしやかに囁かれる伝説の「黒龍」。手がかりを求め、海へ出たキッドとトンプソン姉妹は早速謎の幽霊船を発見するが、そこには大量の人間の魂と、幽霊船・ニーズヘッグの船長がいた。さらに船長の罠により、なんとリズが何処かへとばされてしまう事態に。左右非対称スタイルを恐れ一転攻撃できなくなるキッドとパティ。一方超ビビリのリズは、はぐれた先で一人の少女の霊に出会ってしまっていた・・・。


死神さまとまんま同じ格好。ということは死神さまって変装してるってこと?w


パティアホカワユス。リズはどうしても同じお色気系であるギアスのヴィレッタのイメージが抜けなくて違和感が。渡辺さんは子供役の方が個人的に好み。ソウルイーターの2話に渡る戦闘回は、必ずといっていいほど後半戦が素晴らしいので自然と次回に期待してしまうな。予告を見た感じ、エウレカ真っ青のボードテクをキッドが披露していたけど、レイトショーでそれをもじったネタが来るに違いないw同じゴンゾでDTBネタ来たしね。
話は幽霊船に乗り込むキッドたち一同のドタバタ劇。人の魂を食らう敵には松本さんがご登場だったのに、その真価を問われることなくソッコーでクロナに殺されてしまいましたとさ。大量の魂を喰らいラグナロクが進化。今でも充分グロいのに、さらに翼が生えて剣が分離。それを見たキッドが銃を構えるこの構図。激しくワロタ。リズたちが、黒血から武器が出てくる異様なグロさに「こいつ私たちと同じ人間か!?」と驚愕するシーンはそっくりそのまま貴方たち姉妹にお返しいたします><


リズ暴走回





それで、あの、主人公たちは・・・?^^





少年ガンガン 2008年 08月号 [雑誌]


漫画を初めて読んだ。ソウル表紙いい感じ
まさか先週アニメでチラ出だったあの人が
活躍する話になってるとは思わなんだw






■World Destruction ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~ 2話


タイトル長いYO


世界撲滅委員会と称されて追われる日々を送ることになってしまったキリエ、モルテ、トッピーの三人。砂海を航海している最中に世界救済委員会の攻撃に遭い、乗っていたバギーが大破してしまった。偶然に通りがかった運び屋アガンのサンドシップに拾われて命拾いをした三人はその後、非合法カジノや秘密クラブがある快楽船ジフニールにたどり着く。一方、世界救済委員会のナジャとリ・アの二人も、快楽船ジフニールを目指していた。



前番組にティエリアが。当番組にはハレルヤと刹那が。後は三木さんだけだなw


にしても、冒頭のモルテの曰くありげな過去は世界撲滅を決意したキッカケの出来事なんだろうけど、特に獣人に迫害されることもなく、平和でのほほんとした世界をやっきになってブチ壊す彼女の正当さがもうちょっと欲しいですェ・・・。今回の舞台は獣人も人間も無差別の無法地帯快楽船と称するならよけいに必要だと思うんだけど。こっちにはゆかいなプリチークマさんがいるし、本当はオマエラ仲いいだろ!?と突っ込みたくなるアニメ。キャラデザはいいんだよなぁ。特にリ・アね(またか)小林さんがまた二面性ブチ切れキャラをかましてくれてるけど、彼女は武器の銃よりドラゴンに化身した方が100万倍強そうに見える。が、実際はあんまり強くなってなかった気もするなぁw
ありがちなお助けエピソードだと思ったら、最後に多重債務で捕まったお父さんを助ける為に娘もギャンブルしますENDって、ホスト代払えなくなったら体で稼げよ的なオチと何ら変わらないと思うぞwwwこれはどーなのよ。




OPもいいけど、CMに使われているゲーム音楽もいいね。
AAA Crash









最終更新日  2008.07.16 00:02:22
2008.07.07
カテゴリ:ソウルイーター
今月発売のアニメ誌でガンダム00の情報が解禁されるようです。
刹那カッコヨスw



■マクロスF2巻ジャケットおめみえ

ランカのヘソォ・・・

マクロスFDVD&BD発売
マクロスF 2(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!
【ご予約受付中】08年10月24日発売!DVDマクロスF 3(初回版)

にしても、濃いなwランカCDジャケと同じ人だろうか。




■「テイルズ オブ ジ アビス」アニメ化決定!

今秋MBS他。公式サイト
う●こロード・・・じゃなくて、テイルズのアニメキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!ゲームのアニメ化はウレしいです。どっちも好きなので。 ということで、キャストはどうなるんだろう。そのままがいいなぁ・・・。


一時期は主人公のアレっぷりに物議を醸したアビス






■ソウルイター第14話「超筆記試験~ドキドキ、ワクワク、ソワソワ、ウソーン?~」

タイトルw

年に一度行われる武器と職人の共通試験「超筆記試験」。"一位をとった者がデスサイズを作る"というジンクスのあるこの試験に、マカをはじめ他の生徒たちはみな俄然ヤル気を燃やす。懸命に勉強する者、なにやら怪しげな動きをする者、影よりこっそり娘の勝利を祈る者...。果たして一位を掴むのは誰か!?大いなる信念と野望が渦巻く中、いよいよ試験が開催される...!!!

濃いwww
明日のジョーネタがw


なんというギャグ回。この超試験とは、1位を取った歴代の職人たちは死神さまの武器デスサイズを作るというジンクスみたいなのがあるらしい。尊敬している母親も1位をとったということで、いつもより数段ヤル気のマカ。そんな彼女を差し置いて、男勢の情けなさときたらもうね・・・


ソウル→全身カンニングペーパー。試験開始後速攻で発覚後パンツ一丁で試験
ブラックスター→前日に試験を盗みにいき捕縛。ボッコボコにされたあげく、黒板に釣られる。
キッド→名前欄で玉砕。『K』の文字が上手く出来ず試験終了。最後は血を噴出して倒れる。
マカパパ→3日間祈祷し、完璧な変人化。


良い子も悪い子も真似しないようにね~!結局、オックスフォード大学の名前をパクったライバルキャラを押しのけてマカが1位。やはり努力に勝るものはないということですね。オメ!お祝いにマカパパはブレア(猫ちゃん)に内緒で本を買ってあげるように頼む。しかし、彼女が買ってきたのはお色気パン●ィだったもんだから、マカはドン引き。放送用語スレスレの
「淫乱にしたいのか!」
と突っ込むシーンはちょっと焦ったぜ!そんなことは露知らず、満面の笑みで月夜を眺めるマカパパにこれから起こる災難を考えると。・゚・(ノ∀`)・゚・。パパン18歳でマカを作ったのか。若すぎ。
実写CMはあいかわらずおもしろい。マカチョップネタも浮気ネタも笑える。レイトショーもはじけまくりで、ブレアの猫をダーカーのマオ?といじったカットをやったり、他にもネタバレ上等な予告をやったりで、スタッフの遊び心が満載で愛されてるなぁソウル。ボンズがんばって下さい。

マカ幼少期
マカの目www




■新ED

新EDもオシャレ

【メール便なら送料無料】【8/13発売 新作CD】
西野カナ / Style. 《初回盤》:TVアニメ『ソウルイーター』7月クールED曲<2008/8/13>


すごい上手いですね。機械いじりが無いほうがもっといい気がします。曲も凄く好みだw歌詞は・・・全部見ると実は・・・(((( ;゚Д゚)))この英語発音は帰国子女っぽいなぁ。かわいらしい歌い方がYUIを彷彿させる。

新ED『Style.』西野カナ
動画 リンク先はzoome

西野カナ公式サイト

実は8月にマカ&ソウル椿&ブラックスターのキャラソンが出るんだよね・・・








最終更新日  2008.07.07 23:35:30
2008.06.16
カテゴリ:ソウルイーター
椿かわいいよ椿、の回


椿.jpg
今回も素晴らしい作画でした






■第11話「椿の花~悲しみを越えた先にあるもの?~」あらすじ

明かされた妖刀・マサムネと椿の関係。精神世界の中、二人は互いの魂を吸収し合う戦いへ突入する。一方、外では針の村人達から罵倒されながらも、ただ黙って椿を見守るブラック☆スターの姿があった。果たしてマサムネは何故妖刀の道を歩んでしまったのか?「所詮おまえは香りのない陳腐な花だ」?そう言い、魂を奪おうとするマサムネに対し、椿が見せた答えとは...?

imge01.jpg
自分へのコンプレックスに苛まれる椿




■前回よりもザクッザク

6時台限界の流血シーンでした。思いっきり椿の顔に刀で刻むシーンやブッ刺すシーンあり。作画がよかっただけに妙に生々しいんだよなぁ。
結局、兄は中務家という特殊な武器を継承する家柄の長男として生まれたものの、実際のほとんどの継承は妹である椿がぶんどってしまいましたよ、という事でいいのかな。生まれ持った才能だけに、どうしようもなかったんだろうね。自分に残されたのは日本刀のみで、相手を気遣い嘘をつく椿のその心が彼を鬼神への道を歩ませ、結局は妹の手でその命を断たれるという悲しいストーリーでした。昨日のアニメで隠の王を見たばっかりだったので、妹が道を外した兄を討つという境遇が随分被った内容だったけど、結局双方共に兄がヘタれなんだよね。しかし兄妹の壮絶なバトルなのに、ここまで終わった時に感じるものに差が出てしまったのは、やっぱり兄が死ぬか死なないかという結末ゆえなのだろうか。「陳腐な花なんて言わせない!そう分からせてくれた人がいます!椿だって・・・椿だって香りがあるんです!!」と覚悟を決めた後の椿の演出は素晴らしい。音楽作画共に短いけど、イチオシ。

それから、ブラックスターと椿の出会いは想像通りだった。内気な椿と勝気なブラックスターは相性バッチリってことでいいのか。コミックスだと随分若いけど、アニメだとあんまり大差は感じないな。妖刀に一時的に取り込まれた時は「アンコール!アンコール!!」といいながら村人に相当ボコられ血だらけになりながら必死に刀を棒でつつく姿は何だかガラにもなくウッ(´;ω;`)ときちゃったな。椿が無事に(胸部を2回も刺されてたけど)帰還し無理に平静を装うとする彼女に対し
「抱いてやるよ」「抱っこしてやるよ」
と腕を広げるその姿、惚れるわ~。その後、即効でギャグに移行したけどな!
椿は武器形態・妖刀モードも取得。

imge02.jpg
クレジットに中村さんの名前があったんだけど、やっぱり最後の椿の戦闘シーンかな?椿の決意表明した後の凄まじい攻撃のシーンだけは群を抜いていたので一見の価値あり。






■あまつき

話進まないなぁ。蔵で起こった不審火の正体は、アヤカシではなく、空気中にまかれたアヘンの粒子と金属部分の摩擦によって生じた爆発。急激に酸素が入ったことによって起こるバックドラフト現象でいいんでしょうか。アイディアはいいけど、1話丸まるつかって、収穫がこれだけだとマジでこのまま最終回まで1本の筋でいくつもりなんだろうなぁ。露草は位は高いのに、そんなに強くないのが泣ける。


読んでみようかなぁ・・・


■メイドガイ

思い起こせば、パンツかおっぱいの話がない話など存在しないメイドガイ。今回は名前すら出してもらえないリーダー君の話。なえかのおっぱいに執着するあまり、階段から転落→現代の医学では治せないと言われ昏睡状態に→なえかのおっぱいが揺れる→覚醒。でも、記憶が戻っていない。いつもと違った男前のリーダー君に揺れてしまうなえかだったけど、結局おっぱい執着は変わらずにぶん殴られ記憶を取り戻すというお決まりの話。。・゚・(ノ∀`)・゚・。







最終更新日  2008.06.17 23:40:18
2008.06.12
カテゴリ:ソウルイーター
アニメはお休み。来週NARUTOは・・・NARUTOは・・・工エエェェ(´д`)ェェエエ工 で。さらに工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工




■第10話「妖刀マサムネ~破れ魂憑依、雨に詠う心?~」あらすじ

「針の村」を訪れたブラック☆スターと椿。彼らは、恐怖を持った魂を食うという魔武器「妖刀」を狩りに来たのである。今までと違い妖刀は、もはや鬼神になりかけているという強敵。そして今回は椿自らが志願した事だった。だが、村に到着するや少年・リョクをはじめとする村人達に「星族出てけ」と追い出されてしまうブラック☆スター達。星族とは一体何か?椿がこの戦いにこだわるワケとは?様々な思惑が蠢く中、ついに妖刀が動き出した...。

imge04.jpg
”気味悪く散る花。香りがない花。それが椿”という花に対しての言葉はそのまま自分に向けたもの



■椿かわいいよ椿

今回は椿回想編。冒頭アバンで肉親である兄がおそらく妖刀であると予想できる流れで構成。椿が死武専に入った理由が兄を倒す為らしい。規制が入りやすいテレ東アニメにしては血がドバドバ出たけど、来週も必須な感じだ。にしても椿おっぱいデカいなぁ。ブッラクスターは今まで、実力があるのにどうもカラ周りばっかりでカッコつかなかったけど、いきなりのシリアスモードでイケメンにw あ、あれ?こんなにカッコイイキャラだったけ??^^;罪悪感を抱く椿の心をしっかり受け止め「俺をもっと頼れ!」と自信気に言い切る様は漢前すぎてホレそうです。
雨でコケてチ○コぶつげる所以外は。
にしても、前々から思っていたんだけど、ブラックスターの声優さんって演技がムチャ上手いのね。焼きたてジャパンの人かな?今回、影が薄かったソウルとマカも負けないで!><
あと途中で太○の塔が出たりしたけど、あれいいの?

imge03.jpg
星族の最後の生き残りがブラックスター。暗殺家業をしていた星族は忌み嫌われる存在だったことが分かる回。ちなみに一族は鬼神になりかけ、死神さまによって粛清された




■RD潜脳調査室 第10話「至高の話手」

全編動画配信情報!
4月9日(水)から順次「RD 潜脳調査室」全編配信がスタート!
お手持ちのパソコン・携帯電話から本編を丸ごとお楽しみいただけます!
コチラ

ミナモの通う学校で、メタルの中によく当たると評判の占い師がいることが話題になっていた。すべてを見通すような答えは、その対象者をとりこにしてしまうのだという。その占い師の名はエライザ。だがエライザと接触した人間たちの記憶に一部欠損が認められたため、電理研がエライザの正体を探るために調査を開始していた。そして時を同じくして、波留も事務所でメタルでのチャットに興じていた。そしてその相手は、エライザと名乗るのであった。
占いが当たりまくるという時点でイライザという人物が電脳を読み取って、相手の趣向に沿うような話内容をあてていることは大体予想がついたが、正体は完全AIでした。ハルさんがそのAIに気に入られ、人間探究心に長けたイライザに取り込まれミナモが助けにいく話。最初にいき込んで助けに行ったお兄ちゃんはホロさんのエロ悩殺であえなく轟沈された模様。ミナモは電脳化していないので、特別な機械をつけるんだけど、それがなんとも不恰好なデブアーマーで爆笑した。ハルさんはやっぱりイライザの正体には気付いて一人で乗り込んで行ったんだけど、じゃぁ必死こいてダイブしたミナモの努力は!?最後は地球率に興味を抱いたAIが2人を開放して終わり。う~ん。どっかで観た事ある話だ。

imge02.jpg
この先、兄貴とホロとの禁断の愛はあるのか




■ヴァンパイア騎士 第10夜「闇の姫(プリズナー)」

試験に備え、優姫は零に勉強を教えてもらうが、どこか零の様子がおかしい。同じ頃、月の寮では、枢が自室でまり亜と対峙していた。まり亜の素性を知っているような枢。そして、まり亜もまた枢を知っているようで…。一方、優姫は、零がまり亜を気にしているのはなぜなのかを確かめる為に仮の寮へと足を踏み入れる。すると、そこには零がいて…
まり亜に付き従う仮面の男の正体は、生き別れとなった零の双子の弟、壱縷。幼い頃から体が弱く零をとても慕っていた壱縷は零になつきまくっていて、顔を赤らめながらベットで寄りそうシーンにドン引きだぜ!枢の出番は優姫の記憶を処理するシーンぐらいしか見所はなかった。途中、零と優姫がピッタリくっつくシーンがあったけど、アニメで見ると生々しいなぁ。まんま恋人って感じだ。この後、まり亜が優姫にチョメチョメして、それで次は夏目にバトンタッチでいいのかな??

imge01.jpg
零のお父さんとお母さんも相当美形なんだろうな







最終更新日  2008.06.12 22:31:02
2008.06.02
カテゴリ:ソウルイーター


エクスカリバーうぜええええええぇぇぇぇ/(^o^)\


top.jpg
公式HP(おそらく期間限定)
http://www.souleater.tv/







■第9話「聖剣伝説~キッドとブラック☆スターの大冒険?~」あらすじ

魔剣騒動が一段落。だがマカの気は晴れない。自らの非力さが原因でソウルを危険な目に合わせてしまったと落ち込んでいるのだ。一方、ブラック☆スターとキッドは偉大なる聖剣の話しを耳にする。手にしたものは「勇者」と称され「勝利」と「栄光」を手に入れるという伝説の剣。「俺こそ勇者だ!」-大いなる野望を胸に秘め、聖剣を取りにいく2人だったが、そこに待ちうけていたものは2人の予想を大きく、遥かに超えたものだった…。

img003.jpg




■エクスカリバーうざぃ^^

アニメ誌のインタで子安さんを放し飼いもとい、エクスカリバーの放し飼いの意味が明らかに。公式HPに言ってみれば、放送前にカウントダウンが始まり、TOPのキャラ絵をおしのけてエクスカリバーが大きく出張っていて笑ったが、それで悪夢が終わると思ったら大間違い。キャラ紹介に限ってはエクスカリバーしかいねええええ!!っていう有様。ムービーもキッドトリオを弾き飛ばして陣取る暴れっぷり。出演キャストも主役でもないのに名前が一番大きくしたウザすぎるアピールに、スッタフのとてつもない愛を感じます。話も大爆笑の内容で、日曜日に総集編があったので、興味を持って初めて公式行った人はエクスカリバーのでっぱりぶりに驚くんだろうなw
冒頭はシリアス&グロだった。ラグナロクの黒血が入ったことにより、彼が鬼神になる可能性が出てきたらしい。マカはそのことを今のところ知らない模様。ちなみに彼女は「なんで浮気するの?」と直ストレートパンチをおやじさんに食らわせていた。なんという直球勝負wしかも、その前にはさまれたCMで、

「男の浮気に、理屈があんのか」

とマカがバッサリ斬ってて爆笑した。ここでも本編と共鳴するのか。おそるべしソウルイーター。
ちなみに、友達が浮気された時に「男はみんなチ○コだから仕方ない」と慰めてくれたのは私の友人です。
img001.jpg
次回は椿回?




■「私の伝説は12世紀から始まった!挨拶が遅れたな・・・・・私がエクスカリバーである。私の職人になるにあたり、守ってもらいたい1000の項目がある!レポート用紙にまとめておいた。しっかり目を通しておくように。特に452番目の私の5時間に及ぶ講演会には是非参加願いた(略)」

伝説の聖剣エクスカリバー。このネタを使えるのはスクエニならではということか。とにもかくにも反則的な強さの武器にも関わらず、魂の波長は結構誰とでも合ってしまう尻軽武器なんだけど、性格ウザすぎて誰も職人になりたがらないというケチのついた最強の武器。それがエクスカリバー。変態マッドサイエンティストであるシュタイン先生も汗をかくほどの超ウザ級の武器が登場です。それを取りに行くブラックスターとキッド。もちろん最後は全く話を聞かないエクスカリバーにプッチンして「誰がおまえの職人になるか!」と死武専に帰ってきた2人を待ち構えていたのは、悪趣味なエクスカリバーの花の山だったというオチで幕引き。途中にあった「ガバガバ」や「やちゃったの?w」というセリフはもしかしてスタッフの言葉遊び?そして、最後の予告もウザい。マカが「うるせぇよカバ」と言ったところだけは棒読み子じゃなくマジで素っぽかったのに爆笑した。レイトショーできっと予告を変えてくるに違いないです。

img002.jpg
顔www



ソウルイーター(5)

ソウルイーター(6)

ソウルイーター(7)







最終更新日  2008.06.03 09:28:21

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.