041837 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんなで決めよう!東村山駅西口再開発

PR

プロフィール


西口2006

お気に入りブログ

ついつい銀杏を買っ… はてなのゆりさん

東村山グルメ日記 マサ@東村山さん
スナネド地下 カブチプスさん
2006年12月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
12月20日(水)午後3時、住民投票条例案は、本会議において惜しくも否決されました。
採決では12対12の可否同数となり、議長が反対で、結果、否決。
これだけの賛成を得ながら、住民投票が実現できないことは残念でなりません。

賛成12…共産5(田中・保延・黒田・福田・清沢)
     民主3(木内・勝部・荒川)
     草の根2(矢野・朝木)
     生活者ネット1(桑原)
     希望の空1(佐藤)

反対12…自民6(清水・高橋・渡部・鈴木・肥沼)
     公明5(川上・木村・もたい・山川・島田)
     市民自治1(島崎)

午前10:45からはじまった本会議場には、多くの市民がつめかけ、傍聴席と音声が聞こえる別室での傍聴と合わせて160名にものぼりました。マスコミ・新聞各社の取材により記者席も埋まり、関心の高さがうかがえました。

島崎・矢野・朝木の3人の議員より、修正案が提出されましたが、いずれも否決されました。
島崎議員修正案の内容は、
・40日以内の実施を50日にすること。
・現時点での見直しは不可能であり、反対の定義は中止を意味すること。
・50%の投票がない場合は無効とすること。

矢野・朝木議員の修正案はわかりにくい内容でしたが、
見直しではなく、西口再開発そのものの賛否を問う住民投票にすることを求めるものでした。

誰の目から見ても、この条例案が通るかどうかの鍵は島崎議員さんが握っていたとする見方は否めません。「現時点での見直しは不可能」と言い切り、市側の代弁者のような発言が続きました。
"市民自治"を一番うたっていた島崎議員さんがこの条例案に反対の立場をとられたことは、驚きであり、これだけ市民の関心を寄せた大きな問題だけに落胆せざるをえません。

住民投票実現のために署名活動等ご協力していただいた市民のみなさん、本当にありがとうございました! みなさんの声は無駄にすることなく、また別の方法で市政に反映させるよう、皆で知恵を出し合い、がんばりましょう! 誰のまちでもない、わたしたちのまちなのですから!








最終更新日  2006年12月21日 00時40分06秒



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.