000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

MIND-BODY THINKING BLOG        -こころとからだの対話

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Comments

fu-sha@ はい(~_~) 同感です。 そういったことがとても難し…
青虫@ Re:笑いの効用? はじめまして・・・ 最近体調を崩す人が多…
青虫@ Re:砂の器 はじめまして・・・ 最近体調を崩す人が多…
oriza@ Re:鎧(よろい)とボディワーク -その(1)-(06/16) 先生のHPをいつも拝読致しております。は…
BANBAN@ Re:バランス(03/21) Tommyさん コメントありがとうございます…

Headline News

2005.06.20
XML
テーマ:心の病(7214)
カテゴリ:
The Great Connection / アーニー・ワレン著 の訳本(ディスカヴァー・クリエィティブ訳)。

「本書は、主人公であるボブ・ハサウェイが人との-とりわけ自分自身との-関わり方を学んでいく物語である。あなたはこの本の中にあなた自身を見るだろう。そして、自分自身がどんな人間なのか、自分が本来の力を発揮できないのはなぜなのかを知るだろう。」
以上、「はじめに」より引用。

「上司からの無理な要求に悩み、川辺にたたずむボブのかたわらに、いつかひとりの老人がいた。『あなたは自分に満足していますか?』その老人の問いかけは、ボブの人生を大きく変えることになった-」
以上、表紙より。

このような類の本は物語ではないのが普通ですが、この本はストーリーがあるので読みやすい。そして、中味は示唆に富んでいます。

「成功の秘訣は、全面的に自分を信じることだ。
自分がどんな人間かも分からないのに、どうして自分を信じられる?
自分を知って初めて、自分が信じられるんだ。」

クレイター先生の言葉は重みがあります。
自分を認め、自分を信じることができれば、相手を認めることもできるでしょう。

「人に合わせる人生はもうやめるんだ。
きみにしかない長所に目を向けなさい。
きみはきみ自身にならなくては。」

クレイター先生の言葉によって、主人公のボブは自分の道を歩み始めることができ
ました。

自分を信じることができず、受け入れることができないと、アンビバレントな感情が生じたり、心の病に陥りやすいようです。
次のステップに進むには、まず現在の自己を知り、ありのままを受け入れるところから始めなくてはならない。そんなことを初めとして、いろんなことを教えてくれる本です。

この類の本は教説的になってしまったりすることも多いのですが、これなら一つの物語としても読めるのでお勧めです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2007.09.23 20:36:06
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

Category

Archives

・2017.04
・2017.03
・2017.02
・2017.01
・2016.12
・2016.11
・2016.10
・2016.09
・2016.08
・2016.07

Recent Posts

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.