934625 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

料理のレシピと日記 ENIGMA

PR

Freepage List

Category

Headline News

Profile


aozora003

Archives

May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019
December , 2018
November , 2018
October , 2018
September , 2018
August , 2018

Recent Posts

『ディズニーと我が子』 
旦那の上司の話です。亡くなったお子さんの話だそうです。
主人の上司のA課長は、病気で子供を失いました。当時5歳。幼稚園でいえば、年中さんですね。
昨年の今頃、不治の病で亡くされたそうです。
Aさんも、Aさんの奥さんも絶望の淵に立ち、誰が悪くて、誰に怒りをぶつけるべきなのか分からない。Aさんに対してもストレス発散のためなのか、皿を投げつけたりするDV行為を行ったそうです。
Aさんは事情が理解できていたので、黙っていたそうです。我が子を失った思いというのは、自分さえ深く深く傷ついている。ましてや、奥さんは自分が仕事でいない間もずっと一緒だった。たとえば入院してからも、自分は仕事で病院に行けない日があったのに、奥さんはずっと通っていたわけです。Aさんも悪いなあと思っていました。その時点では、いずれ退院したら、どっか連れて行こうか、女房と子供はディズニーが好きだから、連れていけばいいや、と軽く考えていたそうです。その矢先のお子さまの天界。Aさんも自分の過ちを気づいたそうです。その時、その一秒でも子供と、奥さんと共に接していれば。わずかな時間でも共有していれば。結果は一緒だったけれど、過程は全然異なる。そう自責の念に駆られたそうです。
『ディズニーランドに行ってみようか』。そう思ったA課長はその考えを奥さんに言いました。なぜなら、生きていれば我が子の誕生日だったからです。それに、子供は病院で息を引き取る前に、ミッキーのぬいぐるみを抱いていたほどディズニーが大好きだった。Aさんは、子供が亡くなるまで毎年、ディズニーランドで子供の誕生日を祝っていたのでした。今年も生きていれば当然ながら行っていただろう。我が家のイベントだから。それを思い出したのですね。一周忌に子供の約束は守ろうかって思ったんですね。
それで、Aさん夫婦はディズニーランドに行きました。最初は後悔したそうです。
 すれ違う親子連れ。ミッキーの帽子をかぶってじゃれ合う親子連れ。同い年であろう子供を見るたびに涙がこぼれそうになったそうです。だって我が子も一緒に来ていれば同じことをしていたわけです。手の温かさを思い出したそうです。『パパ、ママ』。脳裏で蘇る我が子の声

・・・続き・・・・・・

☆楽天のディズニーランドのホテル、ツアー情報

★楽々ダイエットならターボセル★
メタボもすぐに解消します 平均一ヶ月でマイナス5キロ
★ターボセル価格比較で一番激安店はココです★



アクセスアップ・SEO対策

January 12, 2013
XML
カテゴリ:ちょっといい話
楽天市場は安いです。







Last updated  January 12, 2013 08:36:25 AM
コメント(1) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Ranking

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

hoshiochi@ Re:四日間の奇跡・・・!!(05/21) はじめまして。先日この映画をDVDで見まし…
ぐるなび食市場 アフィリエイト事務局 岩井@ Re:ワケあり楽天市場特価特集(01/12) 管理者様 はじめまして。 ぐるなび食市場…
仕事中@ あかん これはあかん。。 マスクしてるので鼻水…
仕事中@ あかん これはあかん。。 マスクしてるので鼻水…
んー@ ・・・ もう少し日本語のうまい人が書いてほしか…
媛峯 愛菜香@ 愛菜香の嬉しい情報 私も最近気になったので、調べてみました…
伊藤真太郎@ 真太郎日記 ぶりsgsgs
ユデピロ@ この話 いい話すぎて読み終わる頃には泣いていま…

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.