3026893 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

誘いの果実

誘いの果実

PR

プロフィール

無度。も度。高度

無度。も度。高度

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

ヒプノセラピー‼️@ Re:東方神犬(チベタン・マスティフ)(07/04) チベット犬=戦中にチベット人が島民全惨…
369@ Re:スフィンクスの耳の後ろに入り口が?(10/24) 約10年経ちましたが全くもって調査する気…
もんぷち@ Re:666は獣の数字にあらず(07/05) 炭素は6個の陽子、6個の中性子、6個の…
無度888@ 山をすり抜ける太陽? ttp://spaceweathergallery.com/indiv_upl…
無度888@ 色んな変わり目かな・・・ UFO関連のニュースも増えて、空に関心…

フリーページ

ニューストピックス

2009.04.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 なんともロマンチックな国名じゃないですか。

「ユダヤ賢人会議(カハル)」が提唱したものですが、かなり前のことです。

1838年に「ソロモン帝国」の樹立を宣言しましたが、帝国というイメージに反発が多かったので改めたら、こんな「お伽の国」のような名前になってしまいました。

そうであって欲しいという願望が見てとれるようです。

南米のアルゼンチンに建国する案が有望視されてた頃のことです。

後にイスラエルに変更となりましたが、拠点は3箇所保持されたままです。

エルサレム・トレド(スペイン)・バリローチェ(チリ)であり、名称は「地中海連邦政府」と今風になってます。

世界制覇のイメージも払拭されており充分実現可能な手応えを感じさせてくれます。

実は、これが予言にある「忌むべきものが立てられて数年後にハルマゲドンが訪れる」という忌むべきものの候補の一つであります。

ならば、実現して欲しくないんですが、Y民族4000年の歴史的課題だそうですから、彼らにとっては「悲願」なのであります。

漂泊の民の悲願ですから、悲願の成就をお祈り致しますってことで済めばいいのですが、ハルマゲドンとセットにされるのでは叶いませんです。

今は「地中海クラブ」なんて金持ちのサークル的な呼称ですがね・・・

彼らがヒトラーに莫大な資金と伴に依頼したのは、この悲願を忘れ、他民族との同化を目指す者たちに「祖国の必要性」を思い出させることでした。

そして、ヨーロッパのY人をパレスチナに追い払う・移住させるという密約が結ばれたのです。

あの「ナチスの戦犯アイヒマン」がイスラエル最初の死刑囚となりましたが、彼ほど熱狂的にYシオニズム運動に共鳴してた人物はおりませんで、死刑がヤラセであった可能性が大です。

あの天才ゲッペルスなどは、奥方がY財閥の娘であり、作らせたメダルはナチスの本質を表現するものでした。

表に卍、裏にダビデの星ですから、堂々たるものです。

ヒトラーも当初からY人のイスラエルへの移住に積極的であり、ドイツ海軍は移民船の護送を何度も行ってました。

チャチル首相がヒトラーを「ヨーロッパのジョージ・ワシントンである」と褒め称えていたことの意味を受け取るべきでしょう。


戦後もイスラエルへの移民は自由意志に任せられて行われています。

その移民の一人一人に手渡されたのが「匿名の寄贈者」という署名入りの小切手でした。

匿名でありながらも、その名がエドモンド・ロスチャイルドであることは、彼がYの王と呼ばれるようになって周知のこととなってます。

世界の富の大半を所持しながらも、王として君臨することなくヒッソリと暮らすこの一族がイスラエルの失われた10支族の貴族階級の流れであると私は考えてます。

10支族が歴史から姿を消す前に、15000人の貴族階級の子弟がユダ族に預けられました。

つまり、王は別に居るのだから、それは当然の態度というわけです。

10支族の本隊が向った「東方の国」に・・・



ナチスがY人を虐殺したという歴史観をいつまで持ち続けるのか!?


20世紀最高のスパイであったベラスコの言葉です。

彼が殺されなかったのが超A級のスパイであった証であります。

ヒトラーとYネットワーク双方から信頼を得ていたのです。

ベルリンの総統官邸を去るヒトラーが彼につぶやいた言葉が印象的です。

「動機の無い男は何処へ行くのだろう」

ヒトラーは総統官邸で最後を迎えるつもりであったのが、副総統のマルチン・ボルマンに睡眠薬を飲まされて連れ出されたと言います。

ふらつく足取りでベラスコにつぶやいた言葉が彼の「予定外の行動」を表現したものだったわけです。

そして、ヒトラーは生き延び、シャンバラへの道(洞窟)にてこの世での使命を終えたと伝えられてます。

彼の命日には、ワシントンDCの上空にて、ラストバタリオンのUFO軍団がデモンストレーションを行ったとも伝えられております。

彼の転生の目的・真の使命を担う「最後の軍団」もまた「天上に舞うオーロラ」のイメージであることは歴史の皮肉というべきでしょうか。

現在のナチスは3層に分断されているようです。

ネオ・ナチス 
メーソン・ナチス
ラストバタリオン

3者伴に連携は無いとされます。

メーソン・ナチス(IBM・GM・エッソスタンダード・CIA・FRB・原子力機関etc)

どうでもよろしいが^^今でも資金に事欠かない理由が分かりますね。

スパイーベラスコがアルゼンチンに逃れた「副総統」に会いに行く為にどうしたかという回想記は面白いです。

闘牛ショー団を率いて、巡業しながら南米の山奥まで行ったとか・・・

女闘牛士が人気で繁盛^^自分も闘牛士として働きながらで、次の日のウシを用意するのにエラク苦労したそうです。

最後は馬で一人会見場に向かい、副総統と会見しましたが、ナントそこで、「モー疲れたから引退する」と宣言したそうです。

その後、彼は日本にも来ました。

彼は日本軍に、アメリカ(連合軍)に楽勝するだけの情報を流したが、軍部首脳は誤って解釈して負け戦になったなんてことまで言ってます。

広島に落とされた原爆だけは「ナチス製原爆」であったなんて事実も明らかにしたのです。

ウラニウム原爆であり、この実験はアメリカでも行われておらず、長崎に落とされたプルトニウム原爆の実験だけが行われたと言います。

ナチスの英雄ロンメル将軍がナチス原爆の管理者であり、アメリカへ横流しされた4個の内の一つが広島に落とされ、残りの3個は今でも保管されてるらしいです。

ベラスコが日本を去る時に言い残した言葉も印象的です。


「日本はどこへ行った?」


さぁ~ねぇ~^^と言うしかないですけど・・・

日本の先端はラストバタリオンにくっついてますけど・・・

ナチ(NAZI)の意味は、National Assosiation of Zionist International(国際シオニスト連盟)の略であり、

かつ、那智の滝 のイメージも併せ持つことの意味深さを理解する必要があります。






最終更新日  2009.04.01 14:07:49
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.