076776 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ねぼすけの読書感想日記

PR

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

Rakuten Profile

設定されていません

Recent Posts

Headline News

読書が趣味のサラリーマンです。自分で読んだ本の感想を書評というかたちで、備忘録として残して紹介しています。


評価の星の数の意味は、以下のとおりです。

星五つ ★★★★★:非常に良い本、蔵書のつもりで是非読むべし
星四つ ★★★★☆:良い本、時間があれば読むべし
星三つ ★★★☆☆:普通の本、読んでも読まなくてもよい
星二つ ★★☆☆☆:良くない本、読まなくてもいい
星一つ ★☆☆☆☆:非常に良くない本、無視するに限る


2015.01.17
XML
カテゴリ:書評
著 者=ドネラ・H・メドウズ、デニス・L・メドウズ、ヨルゲン・ランダース
訳 者=枝廣淳子
書 名=成長の限界 人類の選択
発行所=ダイヤモンド社
発行年=2005.3
評 価=★★★★☆

書名としては非常に有名な「成長の限界=Limit to Growth」。1972年にローマ・クラブプロジェクトより出版された「成長の限界」、1992年の「限界を超えて」に続く、本書は30年間をアップデートした2002年出版のシリーズ第3弾となるようだ。シミュレーションによって、地球全体の経済成長はどの程度可能なのかを示したものである。

恐らく、各国の政策当局や経済学者を含めた様々な有識者から、徹底的な無視か容赦ない批判を受けてきたのだろう、文体にしろ内容にしろ色々な言い訳と断定しない表現に満ち満ちている。単純に、素人からも突っ込み所満載の内容である。結局は、エネルギー資源は有限であり人口の食糧を養う土地も有限なので、経済成長なり人口増加していくと、資源調達や食糧生産あるいは環境汚染除去に金がかかり過ぎ、資本が他に回らなくなり崩壊する、らしい。崩壊を回避し持続可能な社会とするためには、人口を抑制し増やさず・工業生産を増やさないよう(=経済成長させない)ことが必要、との言い分だ。違うと言う人もいるかもしれないが、自分自身は読んで内容をこのように理解した。

単純に言うと、資源エネルギー供給・食糧生産・環境汚染除去等への益々増える投資には限界があるので、成長には限界があるということ。結局は、ぐだぐだ言い訳しているが工業生産・人口増加が「ゼロ成長」であることが地球にとって持続可能ということ。らしい・・・。この「成長の限界」支持者にとっては、今の日本は、人口も経済もゼロ成長なので、ある意味、「理想的な持続可能な優れた国」とも言えるかな。加えて、優れた環境技術や「もったいない精神」、災害時にも暴動が起こらない慈愛に満ちた共同体であるし、非の打ちどころがない理想的な国かも。それにしては、日本人の環境活動家も海外の環境にうるさい人々も、日本という国を全く褒めないけど・・・。その点が残念。

また、エコロジカル・フットプリント(=地球の資源基盤と生態系に対して人類が与える環境影響の合計)という言葉を至る所で強調するが、その定義が明らかでない所が、非常にもどかしい。たまに「エコロジカルフットプリントを減らすことを意識しよう」・「世界全体が先進国並みの生活水準になると地球が○個必要」なんて、したり顔で言う人々もいるが、本当に正確な意味を分かって言っているのか怪しい。定義が正確でないデータで出た答えは、全く意味がない。まさしく、Gabage In, Gabage Outだ。



【楽天ブックスならいつでも送料無料】成長の限界人類の選択 [ ドネラ・H.メドウズ ]






Last updated  2015.01.18 01:11:51
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.