506721 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

映画大好き夫婦のパリ新婚日記

2008.03.30
XML
080330h

ポール・トーマス・アンダーソンの『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を鑑賞。

ネタバレ的な事は書かないしストーリーが分かってしまうところはいつも通り
マル秘マークの中に白で書くけれど、とにかく記したい事がたくさんあり色々書くので、
まっさらな状態で観たい方はこの続きを読まない方がいいかもしれません。

ただ、1つだけ言わせてください・・・
ふだんこのジャンルを観ない人にもお勧めできる「映画の王道」的作品です音符





映画の概要はというと・・難しいのでYahoo!映画から引用しますね。

マグノリア』『パンチドランク・ラブ』のポール・トーマス・アンダーソン監督の
最高傑作との呼び声も高い、石油採掘によってアメリカン・ドリームをかなえた男の
利権争いと血塗られた歴史を描いた社会派ドラマ。
原作は1927年に発表された、社会派作家アプトン・シンクレアの「石油!」。
『マイ・レフトフット』のオスカー俳優ダニエル・デイ=ルイスが、冷徹な石油王を熱演。
人間の計り知れない欲望や恐怖を、改めて思い知らされる。


上矢印ごく一部だけ賛同できない部分があったのでカットさせてもらいました。)





何が良かったかというとまずはもちろんダニエル・デイ=ルイスの小賢しくて獰猛な
ダニエル・プレインビューという男の演技・・いや「演技」というよりもそのなりきり具合が
前評判通り素晴らしかったです。

アカデミー主演男優賞も、納得。

このダニエル・プレインビューは元々自分の石油事業の為なら手段を選ばない男だったけれど、
信頼できない人間を冷酷に撃ち殺すところにまで堕ちてしまいます。

ほんの少しでも疑いがある者は生かしておけない ー この精神に私は
『ゴッドファーザー』3部作(コッポラ、1972年・1974年・1990年)を思い出しました。
(単に、偶然同じ映画館で観たからかもしれないけど・・・。)



展開の激しさという意味ではぱっと見、『ゴッドファーザー』の方が勝ると思います。
(何しろ3部作だし殺人シーンも、派手で華やかなシーンもこちらより遥かに多いし。)

だけどこのダニエル・プレインビューが本当に孤独で、守るべきものと言えば自分しかないのに
それでも必要以上にひたすら突き進むのを見ていると強烈なエゴを感じ、衝撃を受けました。





しかも、観ているこちら側にショックを与えてくる彼の行動の原動力は
「富と権力を手に入れたい」という願い。

これは程度の差こそあれ、人間誰しもが多かれ少なかれ抱く自然な欲求とも言えます。

この映画を観ているとどうしてもコーエン兄弟の『ノーカントリー』と比較してしまうのだけど、
無差別殺人を行う(様に私には見えた)シガーの性格よりも
ダニエル・プレインビューの考えの方が理解が容易くて、その分一層恐ろしく感じました。

『ノーカントリー』のシガーはここ数十年前になって発生した新しいタイプの殺人犯だと
知ってはいるけれど、平和ボケし過ぎの私には実感が沸かなかったしね・・・。

あちらよりも更に50年ぐらい前を舞台にしたこのクラシカルな狂気を描く作品の方が
万人に分かりやすいのではないでしょうか、もちろん良し悪しは別として。

逆に言えばこの映画は『ノーカントリー』に比べるとテーマに新しさが足りないという事でも
あるけれど、その分、私の様に「ジャンル慣れしていない」人にもお勧めできると思います。





良い映画というのは主役の質だけでは成立しません。

もちろん、脇をまとめる役者達も光っていました。

小さな村の牧師(?)を演じたポール・ダノ。

あまりの怪演に、まさか『リトル・ミス・サンシャイン』(ジョナサン・デイトン、2006年)の
お兄ちゃんと同じ人だとは思いもしませんでした。



H.W.役のディロン・フリーシャーも場数を踏んできた子役かと思う演技だったし
(実際は違うと後で知ってびっくり)、
ケヴィン・J・オコナーの気の弱い男っぷりもハマってる!

おかげで長さも全然苦痛に感じないですみました。


 


ただ1つ前半部分で残念に思えたのは、レディオヘッドのメンバーが作ったというサントラ。

私は音感ゼロのうえ音楽に詳しくないのであくまで主観で書くけれど・・・1番最初、
ダニエル・プレインビューが1人で石油採掘に励んでいるシーンから聞こえてきた曲には、
『砂の女』(勅使河原宏、1964年)に多用されている武満徹作品を思い出させられました。
(音楽の雰囲気も似ているし、「地中に居る」という状況が一緒なので・・・単純ですね・・。)



つい素人考えで、
「今となってはもう新しくない、あくまで『新しかった音楽』だなぁ」
なんて思ってしまう・・・。

それからもバイオリンとチェロを使った音楽が建築現場のシーンやら、マル秘事故のシーンマル秘やらで
雰囲気を変えつつも流れてくるのだけど・・・俳優も素晴らしいし映像も申し分ないのに
音楽がここまで前面に出てくる必要があるのだろうかと疑ってしまいました。

でも中盤あたりのブラックユーモアが利いてる場面(たとえばマル秘ダニエル・プレインビューの
やらせ懺悔
マル秘シーンなど)が出てくる頃には、ようやく音楽が映画にも私の耳にも
馴染んできた気がします。





話が飛ぶけれどそう、この『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』って恐ろしいシーンなのに
笑い出したくなっちゃう様な、でも本当に笑っていいのかよく分からない様な、
なんとも現実離れした感覚を時々思い出させてくれる、映画ならではの力を秘めた作品なんです。

そう考えて、大変な時も辛い時も空想の世界で歌って踊って現実を忘れる「セルマ」が主人公の
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(ラース・フォン・トリアー、2000年)を思い出しちゃうなんて
私はおかしいのでしょうか?



とにもかくにも、この『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は徹底したリアリズムを追及しつつも
映画ならではな非現実の感じがあるのが、バッチリ私の好みでした。

賛否両論になるかもしれませんが個人的にはマル秘あのちょっとすっとんきょうな感じのラストと、
そこに流れるバイオリンとチェロの芝居がかった音楽
マル秘も良かったし。

こう考えると逆に、なぜ私が『ノーカントリー』を好まなかったのかが分かってきます。

あちらは全く対照的で、音楽を使わなければ笑える瞬間もほとんど設けず
どこまでもどこまでもリアルさにこだわっていましたからね。

この2作を観て、ようやく自分の嗜好が分かったかもしれません。(遅っ!)





はっきりしたラストが好みの私なのにこの終わり方が気に入ったなんて、
それだけ作品にヤラれたという事なのでしょう。

宗教的な事はよく分からず、「この題名にも含みがあるなぁ」と思ったぐらいだったけど、
それでも見応えばっちりの映画でした星星星星星


(1番上の写真は映画とは無関係ですが、いつもある「何かしらの画像」がないと
さみしい感じがしたので、ミラボー橋近くで撮ったものをアップしました。)


ランキングに参加しています。
投票(
下矢印をクリック)していただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログへ






最終更新日  2008.03.31 09:57:34
コメント(6) | コメントを書く

PR

フリーページ

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(61)

お気に入り映画館

(17)

シネマテーク・フランセーズ

(5)

パリで(安く)映画!

(5)

映画雑感

(9)

日本映画(~1959年)

(8)

日本映画(60&70年代)

(11)

日本映画(80&90年代)

(3)

日本映画(今世紀)

(2)

フランス映画(~1959年)

(2)

フランス映画('60&'70)

(0)

フランス映画('80&'90)

(0)

フランス映画(今世紀)

(7)

アメリカ映画(~1959年)

(3)

アメリカ映画('60&'70)

(6)

アメリカ映画('80&'90)

(1)

アメリカ映画(今世紀)

(8)

その他の映画(~59年)

(0)

その他の映画('60&'70)

(4)

その他の映画('80&'90)

(1)

その他の映画(今世紀)

(5)

留学記・留学関連の話

(41)

パリで結婚・区役所と衣装周り

(49)

パリで結婚・その他の準備

(31)

フランス社会を泳ぐヒント

(14)

フランスのいいところ☆

(3)

フランスで安全に生活

(9)

パリのアパルトマン管理・・・

(5)

グルマン達の外食

(21)

グルマン達とカフェ

(9)

グルマン達の食卓

(16)

おうちでTea for two

(16)

その他、食べ物&飲み物の話

(6)

パリでショッピング

(3)

Paris&近郊おでかけ記

(19)

パリ・プール日記

(4)

今日はうちでFete(フェット)!

(9)

パリの不思議な出来事

(1)

その他の日記

(31)

My favorite things

(10)

ランダム読書

(3)

Musiques

(8)

必勝?! 語学学習

(3)

Photo日記

(11)

主人の肖像

(52)

夫とその家族

(14)

バックナンバー

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09

コメント新着

たかぶう☆@ Re:ご無沙汰しまくりですが・・(03/23) 今更ながら、更新に気がついてしまいまし…
元young yakuza@ Re:『Young Yakuza』 ~リモザンの新作は『ヤング・ヤクザ』(04/11) 追伸 懐かしさにyoung yakuza検索してたと…
元young yakuza@ Re:『Young Yakuza』 ~リモザンの新作は『ヤング・ヤクザ』(04/11) 偶然通りました 私はこれに関わった者です…
foo@ Re[2]:『Young Yakuza』 ~リモザンの新作は『ヤング・ヤクザ』(04/11) >>それにしても「熊谷組」って...。 …
foo@ Re[2]:『Young Yakuza』 ~リモザンの新作は『ヤング・ヤクザ』(04/11) >>それにしても「熊谷組」って...。 …

お気に入りブログ

本屋さんへ Blue*Hawaii**さん

クリスマス たかぶう☆さん

行きかふ人も又 はる **さん
思えば遠くへ来た私 兎遊月子さん
ペルー人女性と結婚… ☆イーグル☆さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Minicar

ニューストピックス

楽天カード

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.