000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

minitonyのメモ帳

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


minitony

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

minitony@ Re:HTC U11 lifeでポケモンGO(5/6) レイドに参加できない(レイドバトル開始エ…
minitony@ (8)の訂正 (8)は-pオプションが悪いと分け前がもらえ…
minitony@ Re:MultiPoolMiner + MPH, zpool(12/18) (7) Config.txt  Config.txtを使えば別の…
minitony@ レイドしてきた 屋外に出るとGPSを探さなくなって普通にプ…
minitony@ ビデオメモリのオーバークロック ビデオのメモリをOverClockするどころか、…

Freepage List

Headline News

2018.01.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
先月の日記でMultiPoolMiner + MPH, zpoolに落ち着きそうと書いた数日後に
AhashPool+Sniffdogに変えて、マイニング中です。
SniffdogはAhashPoolからダウロード可能で使い方はbatファイルのWalletアドレスを書き換える
だけです。(AhashPool用にカスタマイズ済みのようです。寄付について考える必要もありません。)

一月に入ってからGTX1080Tiを4枚買って2つ目のリグを作りました。

↓上段がGTX1080Ti 4枚、下がGTX1070 5枚。合わせて壁から1600W強引いています。

(スパゲッティ ジャングルの図)

グラボは全部 PalitのSuperJetStreamで、1070の方は着替えるために近づくとOS再起動がかかる
ことがあるくらいで問題はない(?)のですが、1080Tiの方は数時間、十数時間後にccmaimerが
エラーで止まることがあり、試行中です。エラー時にはThuderMaster(メーカー提供ツール)や
GPU-Zでコア情報が読めなくなってしまう(マイニングもできない)こともあり、ちょっと不安定
です。24時間以上問題ないこともあり、なんとも言えない状態です。ただ、コア情報が読めない
ときは、理由は分かりませんが経験上、ThunderMasterでBIOSのファイル保存して正常に戻す
ことができます。なお、4枚のうち1枚が買ったときからそういう状態で、なんとも言えない。

電力70%設定で、1080Tiのリグの方が若干電力を食うが、ハッシュレートは2~3割高い
(NeoScriptのようにほぼ同じものもある)という感じで、値段を考えると1070で良かったかなと
思っています。
(中古で売る時に1080Tiが割りのいい価格で売れると仮定するなら1080Tiも有力ですが)
GPU-Zで調べるとメモリは全部マイクロンでした。Palitはマイクロンなのかなぁ。
(サムスンが当たり)

稼ぎは2台あわせて一日あたり3強~5弱mBTC、アルゴリズムを全種類指定するのではなく
限定する方が絶対いいので限定しているのですが、1つに限定したら裏目に出る日が多いので、
今は 2つ指定してやっています。
MPMなりSniffdogなりを起動すると、ベンチマーク結果のSpeed(MH/s等)とPoolStatus
(BTC/GH/Day)とProfit(BTC/Day)が表示されていて、Profitの高いものが実行されている
訳ですが、Profit = Speed * PoolStatusで、Speedは変わらないのでPoolStatusが分かれば自分で
Profitを計算できます。プールのWebサイトを見ると24時間平均(Estimate値なり実績値なり)が
表示されているのでこれにSpeedをかけて1日平均のProfitが推定できます。で、指定すべき
アルゴリズムを絞ることができます。
マイニングソフトがローカルで表示するSpeedに対してサーバが実際に受信するハッシュレートは
異なる(通信路やサーバ処理が遅かったりして)上、分け前発生タイミングによって分け前計算に
使われるハッシュレートが変わるので、実際の収入はベンチマーク結果のSpeedから計算する値
より低くなります。
アルゴリズムの切り替えが頻繁に起こるとさらに低くなります。マイナー起動時に空白時間が
あり、ローカルでSpeedがMaxになるまで2、3分かかり、サーバに反映されるまで時間が
かかり、分け前の計算に使われるハッシュレートに反映されるまで時間がかかります。

2、3日前からahashpoolのWebサイトにアクセスするとAVGがマルウェア警告を出してブロック
してくれるようになったので、困惑してます。






Last updated  2018.01.27 16:55:42
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


知見を書き足し   minitony さん
・SSDの容量
 インストールできればいい(128GBで十分)説が主流ですが、
 Windowsでやるなら仮想メモリファイルの容量をたくさん確保
 できるよう、256GBをお奨めします。

 仮想メモリを使用した高速化機能である
 アクセラレーション・ブーストのため、、
 ではなく、ccminerを使うなら30GB以上とか、
 ビデオボードのメモリ合計の60%以上確保とか、
 60%と言わず100%+メインメモリ+4GBとか、
 仮想メモリ60GBにしたらccminerがエラー出なくなったとか、
 技術的理由は理解できませんが、そういう話があります。

・OverClock
 Coreは無理がなくClock上昇できる範囲で設定するとして、
 メモリはClockが上がれば良いという訳でなくて、
 ベンチマークして成果を確認しないといけないようです。

 見えないところでエラー修正するため正常動作するが、
 ある程度OverClockすると性能が上がらない、むしろ下がる
 ということが起こるようです。

・プール掘り時のハッシュレートと分け前について
 次の記事が勉強になります。
 Effective Hash Rate
 https://blog.slushpool.com/effective-hash-rate-af9c90529f6d

・メーカ保証
 メーカによりOverClockすると保証が効かなくなったり、
 それ以前にマイニング禁止だったりするので留意する。
 逆に、EVGAは自分で分解掃除したり、他人から中古を
 買っても三年保証されるらしい。
  (2018.02.03 18:33:53)

ビデオメモリのオーバークロック   minitony さん
ビデオのメモリをOverClockするどころか、-500MHzダウンさせる
という話もあって、理由がわからなかったが、理由は
・メモリをあまり使わないアルゴリズムならメモリクロックを
 ダウンさせてもハッシュレートはあまり下がらない
・メモリクロックを下げた分、電力節約・温度上昇抑止できる
ということのようで、メモリクロックを500MHzほど下げてみたら
逆にハッシュレートがほんの少し上がった。
TDP抑制してマイニングしているから、メモリの電力節約の分、
コアで仕事できるようになったようだ。

なお、昨年12月のブログにコメントとして追加しているように、
今はAHP配布のsniffdogからMPMに変更して試行している。 (2018.03.11 10:17:28)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.