031182 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

minitonyのメモ帳

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

パソコン

2017.12.18
XML
カテゴリ:パソコン
​NiceHashが死んでから右往左往してましたが、MultiPoolMiner(以下、MPM)に落ち着きそうです。

MPMからはMiningPoolHub(以下、MPH)とzpoolを使っています。両方とも各種Altコインをビット
コインにAutoExchangeする機能があります。
昨日朝から一日の増分を計算したら、NiceHashより若干多い程度、稼げていました。

導入方法を書いておきます。
 RedditのMiningPoolHub (*1)にある記事(*2)に基づいて、+αして導入します。
(*1) https://www.reddit.com/r/MiningPoolHub/
(*2) NiceHash Users - Here is how you set up MultiPoolMiner to avoid using AwesomeMiner
https://www.reddit.com/r/MiningPoolHub/comments/7it604/nicehash_users_here_is_how_you_set_up/?st=jbbf97cj&sh=446eff08

1. MPM ダウンロード
 (*3)からzipファイルをダウンロードして中身を展開する。
(*3) https://github.com/aaronsace/MultiPoolMiner/releases

2. start.batを編集
 次の(1),(2),(3)について自分のものに書き換える。
 なお、(6),(7)の数が多いと、全ての組み合わせでベンチマークするのでエライことになる。
 (1) ビットコインアドレス (-walletオプション)
  zpoolなど登録不要で指定のビットコインアドレスがアカウントになるプールに対し使われる。
 (2) ユーザ名 (-username MPHのアカウント)
 (3) ワーカー名 (-workername MPHのワーカー名)
  MPHのワーカーはあらかじめMPHで作っておく。パスワードは x にする。
 (4) サーバ名 (-region 接続先サーバ) 私は asiaにした。
 (5) 使用リソース (-type)  amd,nvidia,cpu から使わないものを削除。私は nvidiaだけにした。
 (6) プール名 (-poolname) 使用するプールだけ残す。私はMPHとzpoolにした。
 (7) アルゴリズム (-algorithm) 使用するアルゴリズムだけ残す。
  しぼった方がいいのだが、よく分からないので全部残した。
 (8) 寄付採掘 (-donate)  MPMの作者に寄付する時間を指定する。10以下だと10分/日になる。

3. Excavatorを使わないようにする。
 使いたい人は(*2)に記載のアドレスからダウンロードして Bin\Excavatorの下に展開する。
 一方で、よく分からないうちに、HDDの中にあるのを勝手にコピーしてくれたりする。
 (私が作った jsonファイルもコピーされていた)
 もしかしたら勝手にダウンロードするかもしれない。(未確認)
 私はExcavatorを使いたくないので、Miners\Excavator*.ps1 を削除した。

4. 大きな文字では書けないが、寄付について考える。
 起動後一時間たつと最初の寄付採掘がはじまる。一日10分って多くない?と思う人は
 MultiPoolMiner.ps1を編集する。
 "$Donate =" で検索して、一回あたりの寄付採掘時間を変更する。
 "$Timer.AddDays" で検索して、寄付採掘を何日ごとに行うか変更する。(if文 2ヶ所)

5. ベンチマーク
 start.batを起動する。必要なファイルのダウンロードが始まる。終わるとベンチマーク採掘が
 始まる。
 が、私の場合、C:\Program Files\NVIDIA Corporation\NVSMI\nvml.dll がよろしくないと
 エラーが出た。それまで動いていた Awesome Minerも同じエラーが出るようになった。
 困ったが、よく見ると、MPMの展開フォルダだか、その親フォルダだか忘れたが、nvml.dllが
 何気にコピーされていたので、やけくそで、それをエラーが出てるファイルと置き換えると
 エラー解消した。何が起こったのか不明だ。

 エラー解消できると、start.bat実行時にベンチマークが始まる。長い。
 MPMのバージョンアップする場合、Statsフォルダをコピーすれば情報引き継ぎできるようだ。
 MPMのREADME(*4)にあるが、ベンチマークやり直したい場合は、ResetBenchmark.batを
 実行する。
(*4) https://github.com/aaronsace/MultiPoolMiner/blob/master/README.md

6. 採掘
 引き続いて start.batが採掘を始める。

 プロフィット見直し(必要に応じてアルゴリズム変更)の間隔が短い気がする(切り替え頻繁は
 ロス多し)が、MultiPoolMiner.ps1をいじって間隔を長くすると、プールが変だったりで採掘
 エラー発生した時にすぐ切り替えてくれない。元に戻した。

7. プールステータス
 (1) MPH     https://miningpoolhub.com
  Balanceは見れるけど採掘中の様子(ダッシュボード)が分からなかったりするのは諦めた。
  改善中という話もあるが。
 (2) zpool http://www.zpool.ca/?address=(ビットコインアドレス)
  分け前があると表示できるようになる。こんな感じ
http://www.zpool.ca/?address=138X1aUyMcnk5Lhk2qHbN3vMKcULKpJjr1
  zpoolのビットコイン払い出しfeeが明記されてなくて気になっていたが、Total Paidの値が
  そのまま追加されていました。






Last updated  2017.12.18 11:54:31
コメント(4) | コメントを書く


2017.04.22
カテゴリ:パソコン
Windows10上BOINC(*)で、特定のGPUだけ使わないように設定したメモです。
 (*) BOINC: ボランティア的にCPU資源を科学計算の分散処理に提供するフリーソフト

(背景) 今までパソコンにはビデオボードがなく、BOINCでGPUは不使用にしていた。
 GTX1050Tiのカードを増設したので、これをBOINCに使用したかったが、
 CPU(Intel)内蔵のGPUは使わないようにしたかった。

(設定) BOINCのWebページ
  Client configuration
  https://boinc.berkeley.edu/wiki/Client_configuration
にあるように、D:\ProgramData\BOINC に cc_config.xml を置いて制御する。
使用したくないGPUに応じてタグが異なるので、上記Webページを参照する。
cc_config.xmlの内容は下記のとおり。(0は「1個目」の意味)

<cc_config>
   <options>
      <ignore_intel_dev>0</ignore_intel_dev>
   </options>
</cc_config>

(設定の反映) boincクライアントを再起動する必要がある。管理者コマンドプロンプトで
BOINC導入ディレクトリに移動して
boinccmd --quit
すると、boincクライアントが終了する。70秒ほど待つと自動的に再起動する模様。

(苦労話)
まず、xmlの置き場所を間違えてえらい苦労した。(ProgramDataがProgram Filesに見えて…)
また、GPU無効を反映するには boincクライアント再起動が必要だが、再起動の方法も分からず、
えらい苦労した。(ちょっと、パソコン再起動はしたくない状態だったので)
boinccmd --quitでクライアントが終了することは比較的容易に分かったが、クライアント起動
方法が分からず。

boinc.exe(クライアントプログラム)を直接起動したら、コンソール画面(黒い画面)が出てきて
cc_config.xlmがない的なとメッセージ出力された。cc_config.xmlの置き場所が違うことが
明確になった。Webページをよく見ると Windows7/8.1は ProgramData ってなってる。

再起動方法を調べるために "boinc client restart" でググッて出てきたBOINCの掲示板
  BOINC client is restarting automatically
  https://boinc.berkeley.edu/dev/forum_thread.php?id=5879
を見ると、何言ってるか英語がよくわからないけど、30秒後に再起動のようなことも書いてある。

悩んでたら、勝手にクライアントが起動してる。再び --quitして、自動再起動までの時間を
測ったら1分ちょっとだった。

(GTX 1050Ti)
ドスパラの NE5105T018G1-1070F (GeForce GTX1050Ti 4GB STORMX) を買った。
(税込み 14,980円) ちょっと、CUDAを使うGPGPUを目指して勉強しようかと思って。。
ファンレスタイプに興味があったが、安物ミニタワーなので空気がよどんで冷却しそうにないし
こっちの方が5000円ほど安いし、サイズも小さいしで、こっちにすることにした。

付属のユーティリティー(Thunder Master)の「Over Clocker」で、
消費電力上限とGPU温度上限を最小の 70%、65℃に設定した。(電気ケチケチ作戦)

BOINCでNVIDIAのGPUを使用している状態で、GPU-Zでセンサー情報を見ると、
  Power Consumption 約70% TDP
  GPU温度 39℃、FAN Speed 30%、GPU Core Clock 約1700MHz
になっている。(GPU Clockのカタログ値はベース 1290MHz、ブーストアップ 1392MHz)
(FAN Speedは 30%が最低で、これ以上は下がらない)
冷却十分な模様。なお、VRAM 4GBも積んでるが、BOINCだけだと 1GBも使用しない模様。

Intelの内蔵GPUでも消費電力上限が設定できたらいいのに。






Last updated  2017.04.22 23:50:22
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.01
カテゴリ:パソコン
(無線LANカード AtermWL54AG 購入)
工事前にイー・アクセスから到着したモデムAtermWD701CV(K)Lや
説明書を見てみると、モデムには無線LANカードを挿すスロットが
あり、説明書には型番(AtermWL54AG)が書いてあった。
アマゾンの中古品で一番安いのが \1,200(送料込)だったので、
試しに買っておいた。(箱なし説明書なし)
外観に異常はないので、モデムを壊したりはしないだろうと期待
して、これを挿して使うことにした。

(Yahoo!BB 終了)
5/1朝6:52頃に一度WANが切れた。ロードオブウルティマのコマ
ンド入力中なのに、早朝から仕方ないな、と思って、半時間ほど、
ほぼスマホのテザリングでネットにつないだ後、試しにYahoo!BB
につなぎに行くとつながった。けど、すぐ切った。

それから、早速、Yahoo!BBのモデムを送られてきたときの箱に
詰めて、郵便局から発送した。(送料 \700)

(無線LAN 設定)
イー・アクセスのモデムに無線LANカードを挿して、電源を入れ
ようとしたがPOWERランプが点灯しない。(一瞬だけついたような)
無線LANカードを抜いてやり直したがダメ。焦った。
電源コードの本体に対する差し込みが甘かっただけだった(^^;

無線LANのSSIDとWEPキーはモデムの底のシールに書いてある。
(自力で探せない人も居るようですが)
パソコンから http://192.168.0.1/ でモデムの設定画面に
あっさりつながった。

WEPからWPA-PSK(TKIP)に変更して、MACアドレスフィルタリングを
有効にして、送信出力(電波強度)を最小の12.5%に変更して、
パソコンから接続OK。
次に、ほぼスマホもつなごうとするがつながらない。困った。
もう一台あるパソコンもつなごうとするがつながらない。困った。
WEPに戻しても、最初のパソコン以外はつながらない。困った。

設定画面にルーターの項目はあるのでルーターには違いないし、
MACアドレスも複数登録できるんだけど、もしかして、

  いつからHUBになると錯覚していた?

ということなのか、と焦った。
でも最初のパソコンからの接続を切ってもつながらないし。。

結局、キーを大文字で入力したらパソコンもほぼスマホも同時に
つながった。一時間以上苦しんだ(^^;
最終的に WPA-PSK(AES)に設定して無線LAN環境が完成した。

最初 TKIPにしたのは、最初にほぼスマホをWi-Fi接続したときに
AESだとつながらなかったからです。日常的に、ほぼスマホのWi-Fi
接続は調子がいまいちです。

(イー・アクセス接続成功)
午前から待っていたが、モデムのADSLランプが点滅したままで、
つながらない。
モデムの説明書のトラブルシューティングを見ると、
モデムの背面にスイッチがあって、そのスイッチが1になっている
か確認しろと書いてある。工場出荷時には1になっていると書いて
あるのでスルーしていたが、念の為見てみると2になっていた……
1にして再起動するとつながった。13:35
もっと早く確認しておけばよかった。

むき出しのスイッチでなくて、通常は開けません、みたいに説明書に
書いてある扉を開けないと見えないスイッチだったので、確認が
遅くなった。

(回線速度)
NTT西日本の線路情報開示システムによると自宅の線路条件は
○線路距離長(エンドユーザ~NTT収容ビル) 870m
○伝送損失 22 dB

モデムの設定画面の回線速度欄を見ると
_________________下り____上り
回線速度[kbps] 11456  1216
線路損失[dB]  18    6

http://www.bspeedtest.jp/
ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
下り受信速度: 6.1Mbps(6.16Mbps,770kByte/s)
上り送信速度: 1.0Mbps(1.04Mbps,131kByte/s)


5/23朝 追記
下り受信速度: 9.1Mbps(9.14Mbps,1.14MByte/s)
上り送信速度: 940kbps(947kbps,118kByte/s)






Last updated  2013.05.23 07:46:55
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.23
カテゴリ:パソコン
ほぼスマホ申込みと同時にBiglobeのADSLに申込み。

4/13土曜 Yahoo!BBに電話して解約書類の取り寄せ。
 撤去工事は、(1)解約書類がYahoo!BBに到着してから6営業日後、
 (2)次の月の1日、の二択から選ぶことになると説明を受ける。
4/14日曜 イー・アクセスから電話。既存のADSLの契約状況確認。
 解約進捗を説明し、とりあえず、5/1工事でお願いした。
4/18木曜 Yahoo!BBからようやく解約書類が来る。
 回線撤去日として(1)解約日翌日、(2)最短日の二択からの選択と、署名して
 返信するですが、よく分からんのでYahoo!BBに電話する。
 4/22に解約書類がつけば、5/1に間に合うか、間に合わないか、みたいな
 よく分からん状況だった。プンプン
 すぐさま解約のはがきを書いて、兵庫中央郵便局まで行って、速達で出す。
 (1)解約日翌日を選ぶとともに 5/1希望と手書きしておいた。
 (なかなか書類が来ないから、半休取って、来てなかったら
  電話しようかと思ったのです。ちょうど書類が来てました。)
4/21日曜 Yahoo!BBに電話して工事日を確認。
 解約は4/20に受け付けた、NTTと調整中と自動応答。
4/23火曜 Yahoo!BBに電話して工事日を確認。5/1工事予定と自動応答。

 Yahoo!BBに対する私の信頼度が少し上昇した^^
 電話して不満を垂れた効果かも(^^;
   
Yahoo!BB 8M ADSLは2001年7月から契約していて、モデムも最初のものです。

何年か前に3万円か5万円か忘れたけど、モデムを買い取ったらレンタル料
なくなって、ADSL使用料が月千円弱になるよ、みたいな人を馬鹿にした
申し出を受けて、ちょっと腹が立ったこともありました。(余談)


ほぼスマホは、パズドラ機と化しています。






Last updated  2013.04.23 19:14:21
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.