000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まだまだ続くし~付点の足音~

句と首 ~その3~

緑陰


昨年の分は月毎に~その1~~その2~とまとめることができました。
これからは日記に更新しなかった分についても フリ-ページにまとめて
いく予定です。







句と首  ~その3~



     *2008年 1月*


1月1日
新年。
小さな松ぼっくりに予感を感じました。






   小さくも


   松ぼっくりの


   つきし枝




   ひとつふたつの



   善きこと ありや





     み







1月2日
恒例の箱根駅伝。
アクシデント続出でした。勝負の世界の厳しさを見るおもいでした。






   覇者さへも


   膝を折りたる


   登坂ゆえ



   守りたまえよ


   箱根の魔物




     み







1月4日
お正月のお料理。飽きてしまいました。






     木は森に


     隠して笑う




      椀一つ





     み







1月5日
今年の「初」は高齢者のデイサービスからでした。
ズボラな主婦は年末年始が特に苦手です。






   強引に


   みそか 正月


   やりすごし




   やれ ひとやすみ


   コートでも探そうか





     み







1月7日
七草のもう一つのいわれを知りました。
ふと遠くの友を思います。






   爪を切る

  
   友の言葉も


   思い出す





   カップのチャイは


   冷めてなお香る







     み







1月9日
高齢者の現実。
今年も避けては通れない問題です。






   「ボクは今日


    どこへ行くか」と


    問う義父に





    日課となりし



    初期化設定








     み








1月13日
チャイの美味しさに目覚めました。
小さな楽しみはいくつあっても嬉しいものです。






   反抗期の


   娘に吐息


   つかせるは



   a cup of chai



母はかなわない




     み







1月16日
いろんなことが重なります。
少し疲れたみたい。

いちご





   赤きもの


   黄色きものより


   出るちから



   
   私の不調も


   治してくれる?




     み







1月23日
初雪が降りました。
まだほの暗い駅までの道。みな急ぎ足でした。







     朝方の


   ライトに浮かぶは


     雪なれど




    出かける人の


    今日もたゆまず





     み







1月25日
古い梅なのです。
父はこの梅が気に入って辺鄙な里に家を建てました。






     春待たず


     出かけて逝きし


     父宛てに




     庭の古梅は


     ひっそりと咲く





     み






1月26日






     日の出など


     待たずに歩む



     その老女ひと




     徘徊道の



     師範となるか




     み









1月27日





   飲み込めぬ

  

  塊ひとつ抱いたまま


  

   刺さる言葉を


   再びなぞる



     み









 *2008年 2月*




2月3日
雪の節分になりました。
雪国の方には笑われそうなくらい都会の雪は大騒ぎです。






   それぞれの


   予定もかえし



   たまの雪



     み










   湿雪の


   音まで消して



   早じまい




     み









2月4日
立春です。





   鮮やかに


   光とじこめ


   垂れ落つ





   昨日の雪は



   今日の賑わい




     み







 2月5日






    おもむろに


    飛び立つ羽は


    きみどりの




    細かき実 散らす


    雪どけの庭




     み











2月7日
中華街では春節が始まります。
ふるさとの街ではランタンフェスティバル。
父の命日と重なるお祭となりました。








   旧暦の


   祭にぎわす爆竹に




   思い出すのは


   やはり亡きひと




     み









2月9日
義父の認知症。
もうすでに超人間かもしれません。





    まだ しかし


    「限界」の言葉


    使うまい



    疲弊 閉塞


    次は何くる





     み












    「凌ぐしか


     道はないの」と


    泣く義母に




    時には晴れよ


    晩節の空





     み









    度々に


    境界越える


    義父なれど




    実は哀しき



    己のすがた





     み








2月10日






     雪もとけ



     甘い香りも


     まだ漂う




    めいめい平和な



    連休の午後



   
     み








2月13日






     今日はまだ

     
    詫びる理性の



ある義父の



     遠くに見ゆる





     吾はつめたき




   
     み








2月16日







    細枝と




戯れながら



    啄ばむ子





    白きメークの



    目元すずしき





     み









2月19日







    憂きことも



    嬉しきことも



    ひとつずつ





    このバランスが


      塩梅か




     み











2月27日







    迂闊さを


   
    笑って終う



    さらの月




     み
















     久々に



     二月の長さ



     憂く思う




     み













     *2008年 3月*


3月2日





   一株の


   蕗を見つけて



   沸く声は







   薹のパワーか


   漲るものあり





     み








3月3日





   またひとつ



   うちあけ話




    雛の宵
  




     み











3月4日
寒施行。みかんを枝にさすと すぐに羽音がしたり鳴き声が聞こえたり。






 鳥達の目のよきことに


   驚きつつ


 
   今年最後の



   おふるまいする




     み












   陽だまりに

 
   あずける背中


   ぬくもりて




   金柑の種など


   並べてみる






     み








    3月8日








   咥えたる


   ボール忘れて



   寝転ぶ




   空は深いか



   空は丸いか


 



     み








3月11日


笑い顔文字 \(~o~)/









    満面の


    笑み整いたる


    花姿





    笑い顔文字に


  似てるともおもう





     み








3月16日







    うなだれし


    細き首元



    荒ぶれる

    
    挙動と言葉



  
    どれも義父なり




     み















   悔いはなし



   刻みたきもの



   すべて鍋




     み














  聞こゆるは




  普通に過ごせの



  声ひとつ




     み








3月18日






    塊も


    疎らにあるも



    白木蓮





     み












    ふるまいの



    鋏たたずや



    白木蓮





     み










   3月19日

チベットにも柔らかい春は来るのでしょうか。








     まつろわぬ



     人等のつぶて



     春さ中



     み












    ほろにがの


    ほろは何色


    春あした




     み








3月20日







    池浚う



  借りたきものは



   かえるの眼




     み











    スイッチは


  思わぬ時に入るもの




  
   「ボクだけ普通」


   言い切る義父よ





     み






 3月26日







     背筋伸ぶ



     見知らぬ街の



   
     春はつめたき
     




     み











3月27日






    渾身の



    力集めて




    つぼみかな


     



     み












3月28日








    工事など



    そしらぬ風の



       古桜




     み












     いびつも可



     三枚ほどの



     
      春来る



     



     み








3月29日
さくら 1










 目映ゆさに



   くうへ溶けゆく



       桜かな



     み












幟咲く



  ぼんぼりと人と



  花さへも




     み



















~その4へ~









































Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.